Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 

全米テニスで大坂なおみ優勝 日本選手初の4大大会制覇

テニスの4大大会最終戦、全米オープン第13日は8日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝が行われ、第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が4年ぶり7回目の優勝を狙った第17シードのセリーナ・ウィリアムズ((米国)を6-2、6-で破り4大大会のシングルスで男女を通じて日本選手初優勝の快挙を成し遂げた。
これまでの日本選手の4大大会シングルス最高成績は、2014年全米の錦織圭の準優勝、女子は1973年全豪の沢松和子、96年ウィンブルドン選手権など計3度進出した伊達公子のベスト4。4大大会の女子シングルスで日本選手初の決勝に臨んだ大坂は、日本のテニス史を一気に塗り替えた。


footer