Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 

稀勢の里、本割、優勝決定戦を連勝し逆転優勝


13日目に左肩付近を痛めた横綱・稀勢の里(30)=田子ノ浦=は、千秋楽で大関・照ノ富士(25)=伊勢ケ浜=を突き落としで破り、13勝2敗で並び、優勝決定戦に持ち込んだ。場内から「キセノサト」コールが巻き起こる中、新横綱は15日目の土俵に上がり意地を見せ、続く優勝決定戦で小手投げで勝った。

新横綱の優勝は年6場所制となった昭和33年以降では4人目で、平成7年初場所の貴乃花以来、22年ぶりの快挙。

新横綱の稀勢の里は初日から12連勝を飾り春場所を盛り上げたが、13日目の日馬富士戦で左肩付近を負傷。救急搬送される事態にも休場せず、この日も左肩付近に痛々しいテーピングをしたまま雲竜型を披露し、満員御礼の観衆から大喝采を浴びた。



footer