Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー20 件(合計 380 件) 次ページ
日付2017-08-10情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県東京都
題名取調官が中学生2人に「牢屋に入れ」と自白を強要/弁護士会が警告
概要2015年12月に万引きに関わった疑いをかけられた東京の男子中学生2人が警視庁・高井戸署の取調官から「否認すれば牢屋に入れるぞ」などと自白を強要されていたことが10日わかった。その後、2人が関わっていた事実は確認されず、東京弁護士会は重大な人権侵害だとして高井戸署に警告を行った。東京弁護士会によると、東京の当時中学3年生の男子生徒2人が別の少年の供述をもとに万引きに関わったとして高井戸署で任意の事情聴取を受けた。2人は関わったことを否定したが、50代と40代の取調官から「否認すれば牢屋に入れるぞ」「お前の人生終わりだ。高校行けないから」などと激しい口調で自白を強要され2時間にわたって事情聴取を受けた末、関わったことを認めたという。しかし、警視庁によると、その後の調べで2人が関わったことは確認できなかったという。東京弁護士会は重大な人権侵害だとして10日、高井戸署に警告を行った。東京弁護士会の磯谷文明副会長は「少年を乱暴な口調で萎縮させ供述を迫っている。二度とこうした行為を行わないよう警告した」と話している。警視庁は2人の両親に謝罪したということで、「不適切な言動があったのは事実で、真摯に受け止め指導を徹底し、再発防止に努める」とコメントしている。自白を強要された男子生徒の父親と弁護士は、事情聴取のやり取りの録音を公表し、「記録していなければ泣き寝入りするしかなかった」と訴えた。男子生徒2人の父親と弁護士は10日、東京・霞が関で会見を開き、生徒のうちの1人が両親から勧められてICレコーダーを持ち込み事情聴取の様子を録音していたことを明らかにした。そのうちの一部が会見の中で公表され、生徒が万引きに関わったことを否定したのに対して取調官は「発言次第ではお前の首が飛ぶぞ悪いけど。てめえ高校なんか行かせねえぞこら。学校じゃねえんだぞここは、おら。高校なんか行かせねえよお前。お前の言い方次第じゃやってやんぞ」と、どう喝するようなことばを浴びせていた。取調官は、もう人の生徒は関わりを認めたと告げて「向こうは反省、ごめんなさいができている。てめえだけなんだよ。お前おちょくってんのかお前。じゃあお前だけ事件として取り上げるぞ、悪いけど」と言って関わりを認めなければ逮捕するかのような話をした。さらに事情聴取の後半には、別の取調官が「俺たちはお前にチャンスを与えているだけの話だから。チャンスがいらないんだったら逮捕して牢屋に入れ、じゃあ。お前の人生終わりだからな。高校も行けないから。訳のわからないこと言ってんじゃないよ、いつまでも。このやろう。わかったか」などと自白を迫っていた。ICレコーダーを持たせた男子生徒の父親は「事情聴取が終わったあと、息子の服は泣いた涙や鼻水で汚れていて、私の前では『俺はやっていない』と話した。記録していなければ泣き寝入りするしかなく、こうしたことは二度と起きてほしくないです」と話していた。両親から相談を受けた大谷恭子弁護士は「別の少年の虚偽の供述だけで典型的な見込み捜査をして2人を巻き込み、1人が認めたと大声で脅迫して自白を強要する最悪の捜査手法だ。音声を明らかにすることで再発を防ぎたい」と話していた。

日付2017-08-05情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県兵庫県
題名墓地で熱中症か89歳男性死亡/妻も倒れる/兵庫県香美町
概要5日午後0時40分頃、兵庫県香美町香住区下浜の墓地で近くの男性(89)が倒れているのを家族が発見し119番通報した。男性は豊岡市内の病院に運ばれたが約1時間後に死亡が確認された。熱中症が原因とみられる。兵庫県警・美方署によると、男性はこの日午前、妻と2人で墓掃除に出掛けたが帰りが遅いのを心配した長男(62)が見に行ったところ2人とも倒れていたという。妻も熱中症になっていたが命に別条はない模様。墓地には日陰がほとんどなかった。気象庁によるとこの日の香住の最高気温は36.2度で今年最高だった。

日付2017-08-04情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県東京都
題名警官が事故死の遺体を放置/業者が一時回収/警視庁
概要警視庁は4日、7月に目白署の署員が電車にはねられ死亡した80代女性の遺体の一部が入った袋を誤って署のごみ集積所前に放置し袋を業者が一時回収していたとを明らかにした。一部の中身は発見できなかったという。女性は7月26日午後、東京都豊島区の西武池袋線の踏切で電車にはねられ死亡。遺体を収容していた20代男性巡査が誤って遺体の一部が入った袋を署のごみ集積所前に放置した。27日朝に別の署員がごみと勘違いし集積所内に運び業者が回収。同日午後に紛失が発覚し28日に中野区内のごみ集積所で発見したが遺体を全て取り戻すことはできなかった。遺体は本来、署内の霊安室に保管されることになっているが男性巡査は「(遺体の一部なので)不要だと思った」などと説明しているという。警視庁は女性の遺族に事情を説明し謝罪したという。

日付2017-07-31情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県大阪府
題名森友・前理事長夫妻を逮捕/国の補助金を不正受給の疑い/大阪地検
概要大阪地検特捜部は31日、国の補助金を不正受給したとして補助金適正化法違反の疑いで森友学園の前理事長の籠池泰典容疑者(64)と妻・諄子容疑者(60)を逮捕した。

日付2017-07-28情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県滋賀県
題名カラ出張50回して120万円着服/滋賀県東京観光センター元所長
概要滋賀県の外郭団体の「びわこビジターズビューロー」は28日、県の委託を受け運営するPR事務所・滋賀県東京観光物産情報センター(東京都千代田区)の元所長の男性(60)3年間で50回のカラ出張を繰り返すなどして計約120万円を着服していたと発表した。ビジターズビューローは、業務上横領の罪で元所長を警視庁・丸の内署に刑事告訴した。ビジターズビューローによると、元所長は他の職員の印鑑を無断で使い虚偽の書類を作成する手口で平成27年7月~今年4月に大津市や仙台市などに計50回のカラ出張を繰り返し計約119万円を着服したという。今年4月には虚偽のコピーリース代約4万円も不正に請求しており着服額は計約124万円にのぼるという。元所長は25年4月から今年4月までJTB首都圏から派遣。退職後の5月、出納帳を確認したセンター職員が覚えのない出張に気付き不正が発覚。元所長は不正を認め着服した金は飲食代や雑誌の購入などにあてたと話しているという。元所長はすでにJTB首都圏を退職。同社は「今月6日付で社内規定に沿って厳正に処分した」とする一方、処分内容は明らかにしていない。

日付2017-07-27情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県福岡県
題名女性宅侵入や交通事故などで職員ら書類送検/福岡県警
概要福岡県警は27日、女性の部屋に侵入したとして住居侵入容疑で同県警施設課の男性職員(25)を書類送検した。重傷事故を起こしたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑で、直方署の男性巡査長(30)も書類送検した。県警監察官室によると、職員は昨年夏の深夜、福岡市の自分と同じマンションに住む20代女性の部屋に無施錠の玄関から侵入。今年3~4月に3回、同マンションの別の20代女性の部屋に合鍵を使い無断で侵入した疑い。監視カメラの捜査などで職員が浮上。「女性の生活をのぞいてみたかった」と容疑を認めているという。巡査長は4月19日夜、福岡県飯塚市の国道で車を運転中、スピードの出し過ぎで対抗車に衝突。運転していた男性に約2ヶ月の重傷を負わせた疑い。県警は27日付で職員を懲戒免職、巡査長を停職6ヶ月とした。このほか通勤手当約15万円を不適正に受給したなどとして薬物銃器対策課の警部(54)を減給3ヶ月とした。近藤康徳首席監察官は「県民の信頼を裏切る行為で深くおわびする。職員の人事管理と業務管理を徹底し、信頼回復に取り組んでいく」とコメントした。 

日付2017-07-20情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県東京都
題名太陽光発電会社役員2人を復興補助金詐取で逮捕/東京地検特捜部
概要東京地検特捜部は20日、福島県が交付する復興企業立地補助金約2億5,000千万円を騙し取ったとして詐欺容疑で大阪府岸和田市の熱交換器・太陽光発電関連会社「CKU」代表取締役の男(35)=同市=と兄で同社取締役の男(38)=東京都台東区=の2人を逮捕した。CKUは熱交換器の研究・製造拠点となる白河工場を設置するとして福島県から補助金の採択を受けていた。逮捕容疑は、平成24年12~26年9月頃、同社が福島県白河市に建設する工場の機械設備の購入などをめぐり福島県庁で虚偽の購入金額を記載した請求書を提出。26年9~10月に虚偽の補助金交付請求書などを知事に提出、同11月に「ふくしま産業復興企業立地補助金」約2億5,000万円を騙し取った疑い。登記簿などによると、同社は資本金1,000万円。大阪府の本店のほか東京や白河市に事務所、営業所がある。福島県によると、補助金は24年当時、1億円以上の設備投資や地元で新規に5人以上雇用した場合、200億円を上限に交付していた。特捜部は2人の認否を明らかにしていない。

日付2017-07-18情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県東京都
題名「コストコ」のスロープ崩落、担当者ら再び不起訴/東京地検
概要東京地検は18日までに、東日本大震災で東京・町田市のスーパー「コストコ」の駐車場スロープが崩れて8人が死傷した事故で再捜査の結果、当時の担当者らを再び不起訴処分とした。この事故は、2011年の東日本大震災で「コストコ多摩境店」の立体駐車場スロープが崩落し2人が死亡、6人が怪我をしたもので警視庁は建築士4人を書類送検した。東京地検はこのうち構造設計をした1級建築士(70)を業務上過失致死傷の罪で起訴していたが2審の東京高裁が逆転無罪とし他の担当者らの責任について言及していた。昨年10月にこの判決が確定し東京地検は別の担当者らの再捜査に乗り出していたが18日までに担当者らを嫌疑不十分で不起訴処分とした。事故の刑事責任を問うのは難しいと判断したものとみられる。

日付2017-07-14情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県神奈川県
題名自立支援施設職員が約900万円相当着服、解雇/横浜市
概要横浜市の生活保護受給者の自立支援施設「横浜市中央浩生館」(同市)の男性職員(50)が利用者9人の現金などを着服したとして、運営する横浜市社会事業協会は14日までに、この男性職員を懲戒解雇した。処分は6月30日付。施設は主に心身に障害があり、生活保護を受けている人たちの自立を支援している。市や同協会によると、この職員は2014年7月から昨年10月までの間、利用者から依頼され銀行から現金を払い戻した際に現金を着服したり、利用者が退所する際に株券を預かり、本人に返さなかったりするなどし9人から計900万円相当を着服していた。 

日付2017-07-10情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県宮城県
題名法廷切りつけ事件で30歳男を再逮捕/宮城県警
概要先月、仙台地方裁判所で判決を言い渡されていた山形市鉄砲町の無職の男(30)が警察官2人を刃物で切りつけ重傷を負わせた事件で宮城県警・仙台中央署は10日、7日に仙台地方検察庁が殺人未遂の罪で起訴した男を威力業務妨害や銃刀法違反などの疑いで再逮捕した。事件は先月16日午前10時過ぎ、仙台地方裁判所で迷惑防止条例違反で有罪判決の言い渡しを受けていた被告の男が突然大声を出して柵を乗り越えて傍聴席に入り制止しようとした警察官2人をナイフで切りつけて重傷を負わせたもの。男は今月7日、殺人未遂の罪で起訴されたが仙台中央署は男が刃渡りおよそ10センチの果物ナイフを持っていて裁判所の業務を妨害したなどとして10日、改めて威力業務妨害と銃刀法違反、それに暴力行為等処罰法違反の疑いで再逮捕した。男は調べに「頭が混乱して今は弁解が考えられません」などと話しているという。

日付2017-07-08情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県兵庫県
題名巡査長がタクシー料金正規に払わず逃走、逮捕/兵庫県警・西宮署
概要兵庫県警・西宮署は8日、タクシー料金を払わず逃げたとして大阪府警・布施署刑事課の巡査長の男(31)=同県西宮市津門稲荷町=を詐欺の疑いで現行犯逮捕した。巡査長は「金が足りないと思って逃げた」と容疑を認めているという。巡査長は8日午前3時頃、西宮市の自宅近くでタクシーを降りる際、料金約7,000円のうち約2,000円だけ置いて逃げた疑い。巡査長は「家から金を取ってくる」と言い残して逆方向に走り出したため男性運転手(33)が追いかけて取り押さえ110番通報した。巡査長は大阪・ミナミの道頓堀から乗車し酒に酔っていたという。財布には約6,000円が残っていたという。大阪府警の宮田雅博・監察室長は「捜査結果を踏まえて厳正に対処する」とのコメントを出した。

日付2017-07-06情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県埼玉県
題名元秘書が豊田真由子議員の暴行疑惑で埼玉県警に被害届
概要自民党の豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区=から暴行を受けたとして元秘書の50代の男性が6日、埼玉県警に被害届を提出したことがわかった。県警は傷害容疑などを視野に捜査を進めるとみられる。元秘書は6月27日、県警に被害を申告。6日に改めて県警を訪れ被害届を出したという。6月22日発売の「週刊新潮」が暴行疑惑を報じ豊田氏は同日、離党届を提出した。週刊新潮や同誌がネット上に公開した音声などによると豊田氏は秘書のミスを理由に「私が受けた痛みがどれだけかわかるか。この野郎」「頭ぐちゃぐちゃになってひき殺されてみろ」などと発言。この間に暴力もふるったとみられる。豊田氏は厚生労働省課長補佐を経て2012年の衆院選に埼玉4区(朝霞、志木、和光、新座各市)から立候補し初当選。現在2期目で文部科学政務官などを歴任している。

日付2017-06-30情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県福岡県
題名小遣い断った男性を骨折させた男逮捕/福岡県警・小倉北署
概要福岡県警・小倉北署は30日、北九州市小倉北区片野2の会社員の男(22)を恐喝未遂および傷害容疑で逮捕した。男は昨年10月4日、同区京町で仲間2人と共謀して福岡県内に住む男性(31)に「俺ら、金ないけんさ、小遣いちょうだい」と脅して現金を要求。男性が断ると地面に投げ飛ばし顔面や背中を足蹴にし通院加療約6週間を要する骨折などの傷害を負わせた疑い。男性が逃げたため恐喝の目的は果たせなかった。

日付2017-06-29情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県東京都
題名女性に依頼された男が金塊3キロ持ち去る/東京・銀座
概要29日午前11時35分頃、東京都中央区銀座で40代の中国籍の女性から「金塊を盗まれた」と110番通報があった。警視庁・築地署によると、女性は「金塊を換金しようと知り合いに紹介された男に渡したところ、男がそのまま持ち去った」と話しているという。同署が横領事件としてで捜査している。同署によると、男が持ち去ったとみられるのは1キログラムの金塊3本。女性は午前11時頃、銀座5丁目の商業ビルのフロア内で男と待ち合わせて金塊を渡し近くの貴金属専門店で換金してもらうよう頼んだという。しばらくしても男が戻ってこないことから近くの交番に駆け込んで110番通報した。現場は東京メトロ銀座駅近くの交差点付近で買い物客らでにぎわうデパートや商業ビルが立ち並ぶ一角。

日付2017-06-26情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県長崎県
題名高齢者3人騙して235万円奪ったのは悪質と実刑/長崎地裁
概要長崎地方裁判所(富張真紀裁判官)は26日、昨年10月に長崎市の高齢者3人からキャッシュカードを騙し取って現金235万円を引き出したとして詐欺と窃盗の罪に問われている福岡市博多区の無職の41歳の被告の男の裁判で、「犯行は組織的で巧妙かつ悪質だ」として懲役3年半の実刑判決を言い渡した。男は昨年10月、別の男らと共謀して長崎市の73歳から80歳の女性3人からキャッシュカードを騙し取ってATMで合計235万円を引き出したとして詐欺と窃盗の罪に問われている。裁判で被告の男は無罪を主張していた。26日の判決で富張裁判官は、「被告は、受け取り役に指示を伝える役割をしていた。複数の仲間と役割分担してカードを騙し取り、その日のうちにATMから現金を引き出す手口は組織的で巧妙かつ悪質だ」と述べた。そのうえで、「高齢者3人は生活するのに重要なカードや現金を失っており、被害額も235万円と大きい」と指摘し、被告の男の主張を退け懲役3年半の実刑判決を言い渡した。被告の弁護士によると、被告の男は判決を不服として控訴したという。

日付2017-06-22情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県大阪府
題名ホームで2人突き飛ばした男に猶予付き判決/大阪地裁
概要大阪地裁(飯島健太郎裁判長)は22日、大阪市浪速区のJR新今宮駅ホームで女性2人を突き飛ばし1人を転落させたとして暴行の罪に問われた大阪府大津市の無職の被告の男(28)の判決公判決で求刑通り懲役2年6ヶ月の有罪と判断したうえで男の障害をふまえ社会で更生を図るのが望ましいとして刑の執行を4年猶予した。判決によると、男は昨年12月、同駅ホームで女性(当時18)の肩を押した。別の女性(同63)の背中も押して線路に転落させた。判決は犯行について軽度知的障害を伴う広汎性発達障害が影響していると認定。犯行の悪質さに言及しつつも専門医や地域の団体などが支援計画を作っており「社会の中で更生するのが適当だ」と述べた。

日付2017-06-21情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県埼玉県
題名偽警察手帳で少女の連絡先聞いた少年逮捕/埼玉県警
概要今年3月、埼玉県越谷市で飲食店に勤務していた10代の少女から連絡先を聞き出すために偽の警察手帳を提示したとして17歳の少年が埼玉県警・越谷署に逮捕された。少年は容疑を否認しているという。逮捕されたのは越谷市に住む自称アルバイトの17歳の少年。今年3月に越谷市の居酒屋に勤務する10代の少女から電話番号などの連絡先を聞き出すために偽の警察手帳を提示したとして公記号不正使用の疑いがもたれている。偽の警察手帳は本物に酷似していて、自分の顔写真が貼られ本名が記載されていたという。この少年はスーツを着て居酒屋を訪れ、「生活安全課の巡査部長で27歳です」などと名乗っていたという。調べに少年は「連絡先は聞いたが、偽の警察手帳を見せたかどうかまでは覚えていない」と供述し容疑を否認しているという。

日付2017-06-16情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県佐賀県
題名「このままでは強盗しそう」という包丁所持の男逮捕/佐賀県警
概要佐賀県警・佐賀署は16日、16日午前に佐賀市の駅前の交番に入った30代ぐらいの男が「このままでは強盗する」などと言って包丁入りのリュックサックを警察官に渡した32歳の男を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。逮捕されたのは住所不定、無職の男(32)。男は午前8時40分頃、佐賀市駅前中央の佐賀駅前交番を訪れ警察官に「このままじゃ強盗をしてしまいそうです」と言って持っていたリュックサックを差し出した。警察官が中身を確認すると刃の長さが17センチの包丁1本が入っていたため銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。男にアルコールや薬物の反応などはないということで佐賀署が動機などを調べている。

日付2017-06-13情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県兵庫県
題名福知山線脱線の歴代3社長、無罪確定へ/最高裁が上告棄却
概要最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は13日までに、兵庫県尼崎市で2005年4月、乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故で業務上過失致死傷罪で強制起訴されたJR西日本の歴代3社長について指定弁護士側の上告を棄却する決定をした。決定は12日付。3人を無罪とした1、2審判決が確定する。発生から12年で事故に関する公判は全て終結する。運転士は死亡しており、国鉄民営化後最悪の事故は誰も刑事責任を負わない結果となった。無罪が確定するのは井手正敬(82)、南谷昌二郎(75)、垣内剛(73)各元社長。3人は神戸地検が不起訴としたが検察審査会の起訴議決を経て10年に強制起訴された。検察官役の指定弁護士は公判で、現場カーブに制限速度を超過した列車が進入すれば脱線する危険を予測できたのに自動列車停止装置(ATS)の設置を指示しなかったと主張。3人は一貫して無罪を訴えていた。第2小法廷は「事故当時、ATS設置は法的に義務付けられておらず、大半の鉄道事業者も整備していなかった」と指摘。同社管内に2000ヶ所以上ある同種カーブよりも現場の危険性が高いと認識できたとはいえないとして、3人にATS設置を指示する注意義務はなかったと結論付けた。

日付2017-05-11情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県大阪府
題名300万円窃盗の巡査が携帯詐取/複数台他人に送付/大阪府警
概要今年4月に高齢者宅から約300万円を盗んだとして窃盗罪などで起訴された大阪府警・貝塚署巡査の被告の男(25)=和歌山市小松原=が複数の携帯電話を契約し他人に譲渡した疑いがあることが11日わかった。男は「借金を理由に脅されてやった」と供述しているという。府警は使用目的を偽り携帯を騙し取った詐欺容疑でも捜査するとともに携帯が犯罪に悪用されていないかも調べている。男はギャンブルなどで数百万円の借金があり府警の捜査に「消費者金融で借りられず、インターネットのヤミ金融に登録した」と説明。その後、知らない男から電話があり「警察官がこんなところで金を借りていいのか、ばらされたくなければ携帯を送れ」と脅迫されたという。男は指示に従い昨年1~2月にスマートフォン5台以上を契約し東京都内の男性宛てに送付。7月までに全て解約したが通話料を含め10万円を超える請求を受けたという。男は今年4月1日、同府貝塚市の男性(89)宅に捜査を装って入り現金約300を盗んだとして逮捕され住居侵入と窃盗の罪で起訴された。

現在  1 ページ(全 19 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次ページ

footer