Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

101 件ー120 件(合計 423 件)前ページ | 次ページ
日付2016-12-12情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県神奈川県
題名大麻所持で無罪判決/警察官が調書偽造/横浜地裁
概要横浜地裁(国井恒志裁判官)は12日、警察官による調書偽造が発覚した大麻所持事件で大麻取締法違反罪で起訴された被告の男性(25)の判決公判で「捜索、押収手続きの違法性は極めて重大」として押収された大麻などを証拠から排除する決定をしたうえで無罪を言い渡した。検察側は求刑を放棄していた。判決によると、神奈川県警・大船署の元巡査部長は昨年10月、男性の知人の「男性のバイクの収納部分に大麻があった」という証言を調書にした際、「部屋でも見た」などと虚偽の内容を付け足して捜索令状を取得。捜索でバイクから大麻が発見され男性は現行犯逮捕された。男性は「所持を認識していなかった」と無罪を主張し判決は「有罪は立証されていない」と判断した。県警などによると、初公判後の今年5月に偽造が発覚。元巡査部長は証拠隠滅などの罪で罰金50万円の略式命令を受けた。 

日付2016-12-11情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県北海道
題名ロープウェイから清掃の従業員死亡/北海道警が本格調査
概要北海道函館市の「函館山ロープウェイ」の山麓駅で11日、従業員の成田良平さん(26)が機械に両脚を挟まれ死亡した。この事故で北海道警・函館西署は12日に安全管理に不十分な点がなかったか当時の状況などを本格的に調べる。運行会社によると、「上から油が落ちてきて服に付いた」と乗客から苦情があり、成田さんは11日午後4時30分頃からワイヤにたまった油を1人で清掃。同5時10分頃、到着したゴンドラの滑車と車輪止めの間に両脚を挟まれ、腰の骨を折る重傷を負った。誤って足場から落下した可能性があり約2時間後に救助されたが病院で死亡した。

日付2016-12-10情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県福岡県
題名神社に無断侵入で男逮捕、さい銭ドロと関連か/福岡県警
概要福岡県警・西署は10日、同日午前0時30分頃、福岡市西区の「愛宕神社」の本殿に無断で立ち入ったとして建造物侵入の疑いで住所不定、無職の男(26)を逮捕した。警報装置が作動したため同署員や神社の職員などが駆けつけて確認したところ男が出てきて脇の通路にはノコギリが落ちていたという。男は調べに「金がなかったので寝泊まりするために入った」と供述しているという。福岡市内では今月7日、「福岡県護国神社」でさい銭箱が壊されているのが見つかり監視カメラにノコギリのようなものでさい銭箱を切ったあと現金を盗む男の姿が写っていた。また、「鳥飼八幡宮」でもさい銭箱の一部がノコギリのようなもので切り取られる被害が起きていて同署などが関連を調べている。

日付2016-12-03情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県高知県
題名シラスウナギ253匹密漁容疑で40歳男逮捕/高知県警
概要高知県警・香南署は3日夜、高知県香南市香我美町の海岸でウナギの稚魚のシラスウナギを無許可で捕ったとして高知市葛島の無職の男(40)を同県漁業調整規則違反の疑いで逮捕した。高知県漁業管理課によると、男は3日午後7時20分頃、香南市香我美町岸本の海岸で県知事の許可を受けずにウナギの稚魚のシラスウナギ253匹を捕ったとして県漁業調整規則違反の疑いが持たれている。今月に入り現場の海岸で密漁しているという情報が複数寄せられていたため県の職員がパトロールしていたところ、水中をライトで照らしてすくい網でシラスウナギをとっていた男を発見し近くにシラスウナギが入ったバケツも置かれていたということ。男は容疑を認めているという。県によると、県内では各地でシラスウナギの密漁が相次いでいることから高知県と警察は取り締まりを強化している。

日付2016-12-03情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県岐阜県
題名白い粉末は爆薬だった/窃盗で逮捕の男が「自分で作った」/岐阜県警
概要岐阜県警・多治見署は3日、12月1日に岐阜県多治見市の住宅から爆発物とみられる白い粉末入り容器が見つかった事件で、粉末は爆薬の過酸化アセトン(TATP)だと発表した。この家に住む無職の男(37)=窃盗容疑で逮捕=は「自分で作った」と話しており、県警は爆発物取締罰則違反の疑いで製造目的などを追及する方針。TATPはわずかな衝撃や火花で爆発するとされマニキュア除光液の主成分に使われるアセトンや硫酸などを混ぜて作る。男は「インターネットを見て自分で作った」と話をしているという。容器は1日、県警による男宅の家宅捜索で見つかった。男が「爆発物でアセトンだ」と話したため男宅から半径約200メートルの住民約120人が約6時間にわたり消防署などに避難。県警が粉末の鑑定を進めていた。

日付2016-11-22情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県大阪府
題名車内に男児の遺体を隠していた20代男女を逮捕/大阪府警
概要大阪府警は22日、男児の遺体を車内に遺棄したとして大阪市東住吉区住道矢田9の無職の女(24)と内縁の夫で同居の職業不詳の男(22)の2人を死体遺棄の疑いで現行犯逮捕した。遺体は女の長男の琉聖ちゃん(1)とみられ府警は身元の確認を急ぐとともに司法解剖して死因を調べる。逮捕容疑は22日夜、同市住吉区長居2のコインパーキングに止めた女の乗用車内でクーラーボックスに男児の遺体を入れ遺棄した疑い。2人は容疑を認めているという。女は「今年4月、車内に長男と3歳の長女を放置したところ、長男が亡くなった」と供述。「虐待を疑われて警察に逮捕されると思い遺体はクーラーボックスに入れて車に積んでいた」と説明しているという。男は「子供を放置して殺してしまったことを言い出せずにずっと隠していた」と話しているという。22日夕、大阪市南部こども相談センター(児童相談所)から府警に「長期間確認できない男児がいる」と連絡があり捜査員が2人を捜していた。午後11時30分頃、ビジネスホテルから出てきた2人に職務質問し車内を調べたところ、クーラーボックスの中からタオルにくるんだ状態の遺体が見つかった。遺体は腐敗が進み一部白骨化していた。

日付2016-11-18情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県兵庫県
題名早く帰りたいと車内点検怠りバス乗客を置き去り/阪急バス
概要阪急バス宝塚営業所(兵庫県宝塚市)の50代の男性運転手がバス内で寝ていた客を乗せたまま車庫に入り置き去りにしていたことが18日わかった。また、終点に到着後、車庫まで喫煙しながら運転し最大14キロの速度超過もあったという。路線バスでの喫煙は兵庫県の受動喫煙防止条例で禁止されている。乗務していたのは宝塚発すみれガ丘東行き。同社によると、12日午後11時15分頃、終点に到着したが車内点検を怠り寝ていた乗客に気付かず車庫の宝塚営業所へ。ドライブレコーダーなどを調べたところ車庫までの十数分間、煙草を吸いながら運転し50キロの制限速度を最大14キロ超過していたという。運転手は車庫入れ後も車内を点検せずバスの扉を施錠して帰宅。約5分後、見回りの営業所職員がバスの中から扉をたたく乗客を発見した。運転手は「少しでも早く帰りたかった。煙草1本ならいいだろうと思った」などと話しているという。同社は「業務手順を徹底的に周知させ、再発防止に努める。運転手を厳正に処分する」としている。

日付2016-11-15情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県大阪府
題名不明男児か、遺体発見/大阪府内の山中捜索で/大阪府警
概要大阪府警は15日、堺市北区の梶本樹李ちゃんが行方不明になっている事件で同府千早赤阪村の山中を捜索し遺体のようなものを発見した。父親(35)はこの山中に樹李ちゃんの遺体を埋めたと供述しており府警は樹李ちゃんの可能性があるとみて確認を進めている。

日付2016-11-15情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県東京都
題名“野球賭博”で賭け金年間10億超の男逮捕/警視庁
概要警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は15日までに、プロ野球賭博をさせたとして賭博開帳図利容疑で会社役員の男(46)=東京都目黒区三田=を逮捕した。男はプロ野球や高校野球の試合を対象に賭博を開き年間で10億円以上の賭け金を客とやりとりしていたという。組特隊は男の賭博に賭けたとして賭博容疑で指定暴力団極東会系組幹部の男(33)=鹿児島県伊仙町佐弁=ら男3人も逮捕した。男は一口1万円で賭けさせ客が勝つと賭け金の8%を手数料として徴収していた。

日付2016-11-15情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県奈良県
題名拘留中に医師死亡は「暴行死」と奈良県警を告発/岩手大教授
概要2010(平成22)年2月に奈良県警が逮捕し勾留中に死亡した男性医師(当時54)について司法解剖結果などを調べた出羽厚二・岩手医大教授(法医学)が15日、遺体の状況から取り調べの際に暴行を受けた可能性があるとして特別公務員暴行陵虐致死容疑で奈良県警に告発状を提出した。容疑者は不詳とし特定していない。男性医師は医療法人雄山会「山本病院」(奈良県大和郡山市、廃院)で06年に起きた男性患者死亡事件を巡り業務上過失致死容疑で10年2月6日に逮捕された。奈良県警・桜井署で勾留中の同25日に死亡し司法解剖で死因は急性心筋梗塞とされた。告発状で出羽教授は解剖結果では男性医師の遺体の足や頭などに皮下出血があり打撲傷だと指摘。取り調べ中に暴行を受けた傷が原因で腎不全などを発症し死亡したと訴えている。医師の遺族は13(同25)年2月、県警が勾留中に適切な治療を怠ったなどとして県に約9,700万円の損害賠償を求めて提訴し、奈良地裁で係争中。出羽教授は07(同19)年の大相撲時津風部屋の力士暴行死事件で力士を解剖して「多発外傷によるショック死」と鑑定し当初病死とした愛知県警の判断を覆したことで知られ今回は遺族側の依頼で調査した。民事訴訟で奈良県側は「暴行は一切ない。足の出血は留置場で座る際に床で打ったことが原因」などと主張している。※特別公務員暴行陵虐罪=特別公務員や刑務所の看守などがその職務にあたり被疑者・被告人などに暴行を加える罪。刑法第195条が禁じ7年以下の懲役または禁錮に処せられる。

日付2016-11-12情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県東京都
題名83歳女性運転の車が2人はね死亡/東京・立川の病院敷地内
概要12日午3時頃、東京都立川市緑町の国立病院機構災害医療センターの敷地内で東京都国分寺市の職業不詳の女性(83)の乗用車が歩いていた30代ぐらいの男女2人をはねた。いずれもこの病院に搬送され死亡が確認された。警視庁・立川署が2人の身元確認を急ぐとともに詳しい事故原因を調べている。女性は頭をけがして入院しており回復を待って自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで事情を聴く方針。女性は「夫の見舞いに来た」と説明していた。車は駐車場出口にある精算所のバーを折り歩道を歩いていた2人をはねた。ブレーキ痕はなかった。

日付2016-11-11情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県岡山県
題名障害者なんか死んでしまえと施設脅迫した男逮捕/岡山県警
概要岡山県警・津山署は11日、障害者支援施設に脅迫電話をかけたとして威力業務妨害の疑いで岡山県勝田郡の自称無職の男(31)を逮捕した。男は10日午後8時5分頃、津山市内の障害者支援施設に「わしはヒトラーの生まれ変わりじゃ。障害者なんか死んでしまえばえんじゃ」などと電話し施設の職員に警戒に当たらせて業務を妨害した疑い。男は容疑を認めているという。男は相模原市緑区の障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で46人が殺傷された事件を引き合いに出して「ヒトラーの話は事件をニュースで見て思いついた」と供述しているという。発信元の電話番号などから犯行を特定した。

日付2016-11-11情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県その他
題名高齢受刑者、過去最多に、凶悪化進む/16年版犯罪白書
概要金田法相は11日午前の閣議で、2016年版の犯罪白書を報告した。15年に刑務所へ入所した65歳以上の高齢者は2,313人で全体の10.7%を占め、現在の集計方法となった1984年以降最多となった。高齢者の刑法犯検挙人数は高齢化社会を反映し05年に4万人を超えてから高止まりしており15年は4万7,632人だった。15年に検挙された高齢者を罪名別でみると、暴行・傷害が前年比7.7%増の5,523人と急増。殺人(164人)と強盗(127人)もそれぞれ増加傾向にあり、高齢者犯罪の凶悪化が進んでいる実態が浮き彫りとなった。一方、窃盗は前年並みの3万4.429人。遺失物等横領はピークの06年に1万人を超えた後は減少しており3,446人だった。特集では再犯防止策を取り上げた。刑法犯の検挙人数は04年に38万9,297人とピークを迎えて以降は減少に転じ、13年からは毎年戦後最少を記録している。ただ、検挙者に占める再犯者の割合である再犯者率は上昇し続けており15年は48.0%だった。 

日付2016-11-07情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県大阪府
題名逮捕された女が取調室から証拠の覚せい剤持ち出しか/大阪府警
概要大阪府警・西成署が10月に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された女が証拠品の覚せい剤を取調室から持ち出した疑いがあることが7日わかった。大阪府警は女が留置場で使用した可能性もあるとみて詳しい経緯を調べている。女は西成署に逮捕された後、大阪市住之江区の留置施設で取り調べを受けた際、証拠品として提示された少量の覚せい剤を持ち出した疑いがある。留置施設で覚せい剤が見つかり発覚。府警は取り調べた西成署員が目を離した隙に持ち出したとみて窃盗容疑でも調べる。

日付2016-10-26情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県兵庫県
題名信号無視の巡査部長停職/逃走中に飲酒も/兵庫県警
概要兵庫県警は26日、信号無視の道交法違反容疑で逮捕した同県警・美方署地域課の男性巡査部長(55)を停職1ヶ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長は逃走した後、酒を飲んで運転したことも認め同日付で依願退職した。県警監察官室によると、巡査部長は公休だった3日午後、同県豊岡市の国道で赤信号を無視しパトカーの停止指示に従わず逃走。その後、車内で缶チューハイを飲み警察署に向かうところを警察官が発見した。「酒の力で出頭しようと思わず飲んだ」と話したという。 

日付2016-10-24情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県三重県
題名身分偽り360万円騙し取った元警察職員の男逮捕/三重県警
概要三重県警・四日市南署は24日、警察職員だと身分を偽り三重県内の男性から360万円を騙し取ったとして長崎市大手3の元警察職員で会社員の男(51)を詐欺容疑で逮捕した。男は昨年5月11日、三重県四日市市の飲食店で九州管区警察局の技官だと偽り同市内の行政書士の男性(49)から住宅ローン名目で360万円を騙し取った疑いが持たれている。警察局は同年3月末に辞職していたという。四日市南署によると、男は人づてに紹介された男性に在職時の名刺を見せ返済の意思がないのに「360万円を借りたい。必ず返す」と説明して同金額を受け取ったが返していない。男は身分を偽ったことは認める一方、「騙したわけではなく返すつもりだった」と容疑を一部否認しているという。同署によると、返済期限が過ぎても振り込まれないため男性が九州管区警察局に所在を確認したところ男が辞職していることが判明した。

日付2016-10-23情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県栃木県
題名爆発は元自衛官の自殺だった/遺書が見つかる/栃木県宇都宮市
概要23日午前11時40分頃、栃木県宇都宮市本丸町の宇都宮城址公園で爆発があり、男性1人が焼死し中学生ら男性3人が巻き込まれて重軽傷を負った。栃木県警・宇都宮中央署によると、焼死したのは同市針ケ谷町の元自衛官(72)。名前入りの遺書が見つかっており爆発物で自殺を図ったとみて殺人未遂などの疑いで捜査している。同日午前11時35分頃、公園から約200メートル離れた宇都宮市中央3の駐車場で爆発音を伴う車両火災が発生。怪我人はなく燃えた3台のうち1台は元自衛官の名義だった。この20分前には元自衛官の自宅から出火、全焼した。この時も爆発音がしたという。遺書は元自衛官の靴下の中から発見された。A4判の紙に家庭に関する悩みや不満がパソコンで打ったような文字で記され「命を絶って償います」との言葉で結んであったという。遺体の周辺には金属片が飛び散り同市の男性パート従業員(64)と住居不定の男性(58)が肋骨を折るなどの重傷を負ったが命に別条はないという。市内に住む中学2年の男子生徒(14)も足に軽傷を負った。この日は同公園で「宇都宮城址まつり」などのイベントがあり爆発時は数千人が訪れていたという。遺体の近くからは筒状の不審物が2本見つかり県警機動隊の爆発物処理班が駆け付けるなど現場は騒然とした。自殺したとされる元自衛官は本人のアカウントとみられるツイッターやフェイスブックなどに宇都宮家庭裁判所の裁判官や調停員に対する批判をたびたび書き込んでいた。退官後に娘が精神障害者となったことがきっかけで妻と不仲になった末にドメスティックバイオレンス(DV)を理由に民事訴訟を起こされ敗訴した経緯も記していた。人生を悲観していた様子がうかがえる。1ヶ月前には動画サイトに「判決は全て敗訴、到底承服できない」「DVは男性の意見は聞きません。全く信用されません」と投稿。今年3月にはフェイスブックに「債権差し押さえ命令で老後を生きる生活資金1,500万円を既に没収されました」「子、妻から斬殺殺害され人生を終えた方が幸せだと思う今日この頃である」などとつづった。

日付2016-10-23情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県栃木県
題名市中心部の公園付近の爆発は3ヶ所、4人死傷/栃木県宇都宮市
概要23日昼前、栃木県宇都宮市の宇都宮城址公園付近で複数の火災や爆発があった。宇都宮消防本部によると、現場は3ヶ所あり1人が死亡、3人が怪我をしている。最初に火災があったのは午前11時過ぎ、宇都宮市針ヶ谷町の住宅で「火事が起きている」と通報があった。その後、午前11時30分頃、宇都宮市中央3のコインパーキングで車が炎上、その直後に数百メートル離れた宇都宮城址公園の駐輪場で爆発があったという。この爆発で1人が死亡、3人が怪我をしているという。爆発があった宇都宮城址公園は、JR宇都宮駅から約1キロ離れた市の中心部にある公園で、23日は「宇都宮城址まつり」が行われていて和太鼓や獅子舞などのステージイベントがあり大勢の観光客が集まっていた。

日付2016-10-23情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県栃木県
題名市中心部の2ヶ所で爆発音、1人死亡3人が怪我/栃木県宇都宮市
概要23日午前11時30分過ぎ、栃木県宇都宮市本丸町の宇都宮址公園付近で複数の爆発音が聞こえたと消防に通報があった。このうち1ヶ所は宇都宮城址公園内の駐輪場で1人が遺体で見つかったという。遺体は爆発による損傷が激しいという。また、ほかにも3人の怪我人が出ているというが怪我の程度は不明。また、近くのコインパーキングでも同じ時間帯に爆発音とともに車が燃えたという。こちらの現場では怪我人はいない。現場近くの宇都宮城址公園では伝統文化を体験できるイベントが開かれていたが中止になった。栃木県警は2ヶ所で立て続けに起きた爆発の関連性を調べている。爆発があった時、城址公園内にいた栃木県郷土芸能保存協会の関係者は「大きな音がしました。公園内の駐輪場で3人が倒れていて、1人はベンチのうしろに吹き飛んでいました。付近では火薬の匂いがしました」と話していた。周辺にある駐車場では車が燃えていて、近くにある喫茶店の従業員によると「はじめはトラックの荷台が崩れるようなドドドドという大きな音がして、続いてドーンという爆発したような大きな音がした。慌てて外に出て見ると、もう一度、1回目よりはやや小さい爆発したような音がした。50メートルほど離れた駐車場では乗用車が燃えていて、黒い煙と赤い炎が上がっていた。店内のお客さんも動揺したが、あたりがパニックになるようなことはなかった」と話していた。

日付2016-10-21情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県沖縄県
題名「土人」暴言で29歳巡査部長と26歳巡査長を戒告/大阪府警
概要大阪府警は21日、沖縄県にある米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事現場で大阪府警から派遣された男性機動隊員2人が「ぼけ、土人が」などと暴言を吐いた問題で不適切な発言だとしていずれも警察署勤務の巡査部長(29)と巡査長(26)を戒告の懲戒処分にした。府警によると、不適切な発言だけで懲戒処分にしたのは初めてで「警察の信用を著しく失墜させ、社会的反響が甚大だ」と理由を説明した。処分理由は18日午前、警備にあたっていた訓練場の工事現場で工事に反対する市民らに対し巡査部長は「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」と、巡査長は「黙れ、こら、シナ人」と不適切な発言をしたとしている。巡査部長は「つい口に出た」と、巡査長は「その場で飛び交っていた言葉を使ってしまった」などと府警に説明。2人ともそれぞれの言葉の差別的な意味を知らなかったと述べ「本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。監督責任を問い、現場の直属の上司だった男性警部(41)を口頭注意とした。

現在  6 ページ(全 22 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |前ページ | 次ページ

footer