Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

21 件ー40 件(合計 115 件)前ページ | 次ページ
日付2016-10-31情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県徳島県
題名運転中にポケGOで2人死傷に実刑判決/徳島地裁
概要徳島地裁(荒井智也裁判官)は31日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をしながら車を運転し2人をはねて死傷させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた徳島市南二軒屋町3の農業の被告の男(39)に対し禁錮1年2月(求刑・禁錮1年8月)の実刑判決を言い渡した。ポケモンGOをしていて起こした国内初の交通死亡事故だった。荒井裁判官は「断続的にゲーム画面を見ながら運転しており、過失は非常に大きい」と指摘した。男は8月23日午後7時30分頃、徳島市方上町の県道で、いずれも同市北山町の美容師、中西幸子さん(当時72歳)とパート従業員の女性(60)を軽ワゴン車ではね中西さんを死亡させ女性に約1ヶ月の怪我をさせた。はねられた2人は近所同士で小走りで道路を渡っていた。

日付2016-10-24情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県宮崎県
題名酔って寝込んだタクシー客を路上に放置し死亡/運転手逮捕/宮崎県警
概要宮崎県警・都城署は24日、今年8月に宮崎県都城市高木町の市道で路上に横たわっていた近くの自営業の男性(38)が車にひかれて死亡した事件で客として乗せた市内に住むタクシーの運転手(67)が酔って寝込んでしまった男性を置き去りにしたため交通事故に遭い死亡したとして保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。事故があったその日のうちに市内のタクシー会社の運転手が出頭して「繁華街で客として乗せた男性を現場に置き去りにした」と話したことから捜査を進めてきた。その結果、運転手が酔って寝込んでしまった客を車から降ろし道路の中央付近に置き去りにしたため、その後ひかれて死亡した疑いのあることがわかったという。運転手の男は調べに「声をかけたり揺さぶったりしたが起きなかった」と供述しているという。

日付2016-10-23情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県岩手県
題名自家用車で出勤途中に女性はねられ重体/運転の巡査逮捕/岩手県警
概要23日午前9時頃、岩手県盛岡市内で横断歩道を渡っていた無職の遠藤ツヤさん(68)が車にはねられた。遠藤さんは脳挫傷で重体。岩手県警・盛岡東署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで同署地域課の男の巡査(24)の=同市西松園=を現行犯逮捕した。県警交通指導課によると、容疑を認めているという。現場は信号のある交差点で巡査が信号を無視した可能性もあるとみて調べている。巡査は自家用車で出勤途中だった。 

日付2016-10-18情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県山口県
題名交通安全指導の女巡査が酒気帯びと当て逃げ/山口県警・山口南署
概要山口県警・山口南署は18日、18日午前9時10分頃、山口市名田島の市道で酒気帯び状態で車を運転し当て逃げ事故を起こしたとして道交法違反容疑で同署交通課で交通安全の指導などを担当する巡査の女(23=山口市平井=)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。怪我人はいなかった。県警交通指導課によると、巡査は出勤中に同市黒川の県道で軽貨物車の後部に接触し逃走。軽貨物車の男性運転手が110番通報するとともに車を追いかけたところ約10キロ離れた場所で停車し、駆けつけた山口南署員が調べた結果、基準を超えるアルコールが検出されたため酒気帯び運転の疑いでその場で逮捕した。村岡高文県警首席監察官は「誠に遺憾。捜査結果を踏まえ厳正に対処する」とコメントした。

日付2016-09-16情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県東京都
題名鶴保沖縄・北方担当相に罰金6万円の略式命令/東京簡裁
概要東京区検は16日、鶴保庸介沖縄・北方担当相(49)=参院和歌山選挙区選出=を道路交通法違反(速度超過)の罪で略式起訴し発表した。東京簡裁は同日、罰金6万円の略式命令を出し即日納付された。鶴保大臣は7月2日午前7時55分頃、大阪府和泉市の近畿自動車道で制限速度が時速80キロのところを123キロで乗用車を運転した。鶴保大臣の説明では、参院選の応援演説に向かう途中で速度違反自動監視装置(オービス)に記録されたという。8月に大阪府警が同法違反容疑で書類送検していた。鶴保大臣が東京在住のため大阪から東京に移送されていた。鶴保大臣は事務所を通じ「襟を正してがんばります」とのコメントを出した。

日付2016-09-05情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県大阪府
題名鶴保沖縄北方相が7月にスピード違反で検挙、書類送検されていた
概要鶴保沖縄・北方担当大臣が大臣就任前の今年7月、大阪府内の高速道路で制限速度を40キロ以上、上回る速度で車を運転したとして道路交通法違反の疑いで検挙され書類送検されていたことが5日わかった。鶴保大臣は「大変申し訳ない。しっかりと襟を正して頑張っていきたい」としている。「オービス」と呼ばれる速度違反を取り締まる装置に記録され、反則切符の中でもより重い「赤切符」が交付されたという。今後、罰金を命じられるものと見られる。鶴保大臣は「大変申し訳ない。大臣就任以前の話でもあり、反省し、しっかりと襟を正して頑張っていきたい」と述べた。鶴保大臣は参議院和歌山選挙区選出で、国土交通副大臣などを歴任し先月から沖縄・北方担当大臣を務めている。

日付2016-08-29情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県東京都
題名萩原流行さん死亡事故の57歳警部補に罰金命令/ 東京簡裁
概要東京簡裁は29日までに、俳優の萩原流行さん(当時62)が昨年4月、東京都杉並区の青梅街道で死亡したバイク事故で自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の罪で警視庁・高井戸署の男の警部補(57)に罰金70万円の略式命令を出した。命令は23日付。警部補は昨年4月22日午後6時5分頃、杉並区の青梅街道で護送車を運転中、車線変更する際に安全確認を怠り後ろから走ってきた萩原さん運転のバイクを転倒させ後続車に巻き込まれた萩原さんを死亡させたとされる。東京区検が16日、同罪で略式起訴していた。

日付2016-08-16情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県東京都
題名俳優・萩原流行さん事故死で護送車運転の警視庁警部補を略式起訴
概要東京区検は16日、俳優・萩原流行(本名・光男)さん(当時62)が死亡した交通事故で自動車運転処罰法違反(過失運転致死)罪で警視庁の護送車を運転していた警部補の男(57)を略式起訴した。一方、東京地検は同日、事故を避けることは困難だったとして萩原さんをひいた乗用車の男性会社役員(60)=同容疑で書類送検=を嫌疑不十分で不起訴処分にした。警部補は昨年4月22日午後6時5分頃、護送車を運転し東京都杉並区内の片側3車線の青梅街道で一番左の車線から右に車線変更した際、中央車線を走っていた萩原さんのバイクを転倒させ後続の乗用車にひかれた萩原さんを死亡させたとしている。地検は事故の刑事処分について「萩原さんに落ち度はない」としている。

日付2016-08-04情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県埼玉県
題名ナイフ所持の男逮捕/強盗しようとしたと認める/埼玉県警・上尾署
概要埼玉県警・上尾署は4日未明、埼玉県桶川市のコンビニの近くでナイフを持っていたとして近くに住む42歳の男を銃刀法違反の疑いで逮捕した。周辺では今年6月からコンビニなどへの強盗事件が相次いで同署によると、男はこれらの事件への関与を認める供述をしているということで詳しく調べている。逮捕されたのは桶川市の無職の男(42)。4日未明、埼玉県桶川市末広のコンビニ近くの路上で正当な理由がないのにナイフを持っていた銃刀法違反の疑いがもたれている。桶川市内では今年6月からコンビニや酒店を狙った強盗事件が未遂を含めて4件相次いで警戒を強めていたところ、先月被害のあったコンビニの近くの路上で顔をタオルで隠して手袋をはめ、ナイフを持っていた男を見つけたためその場で逮捕したという。調べに男は容疑を認め「強盗に入ろうと思った」などと供述しているという。

日付2016-07-06情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県兵庫県
題名バイク奪った強盗の男をひき逃げで再逮捕 / 兵庫県警・東灘署
概要兵庫県警・東灘署は6日、男性を包丁で脅しバイクを奪ったとして強盗の罪で逮捕・起訴された44歳の男が今年3月に神戸市で起きたひき逃げ事件にも関わった疑いが強まったとして再逮捕した。再逮捕されたのは神戸市灘区の解体工の男(44)。男は今年3月、神戸市東灘区で40代の女性が運転する乗用車に軽自動車で追突し軽い怪我をさせたうえそのまま逃げたとしてひき逃げなどの疑いが持たれている。男は今年5月、自宅近くで男性を包丁で脅しバイクを盗んだとして強盗の罪で逮捕・起訴され、その後の調べで男が当時、所有していた軽自動車がひき逃げ事件の現場近くの監視カメラに映っていたことがわかったという。調べに男は「私がやりました」と供述し容疑を認めているという。東灘区では4月にもバイクに乗った40代の女性が乗用車にはねられて骨折するひき逃げ事件が起きていて、その現場付近でも男が管理する別の車が目撃されているということで同署が関連を調べている。

日付2016-05-17情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県大阪府
題名盗難車両にジャッキや工具箱/パトカー追跡逃れる/大阪府警
概要17日午前1時40分頃、大阪府高槻市大塚町の国道170号で大阪府警第1方面機動警ら隊のパトカー2台が盗難車両として手配されていたワンボックスタイプの軽四貨物自動車を発見し追跡を始めた。約10分後、同府守口市八島町の交差点付近で軽四貨物車からパトカーにジャッキが投げつけられ窓ガラスが破損。さらに軽四貨物車は応援で駆けつけたパトカーにも金属製の工具箱などを投げつけたうえ京都方面へ逃走した。大阪府警・守口署などが公務執行妨害容疑で捜査している。軽四貨物車は16日に京都市内で盗まれていたといい3~4人が乗っていたとみられる。

日付2016-03-16情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県北海道
題名制圧男性死なせた疑いで警官3人を書類送検/北海道警
概要北海道警は16日、北海道北見市で2013(平成25)年、交通違反をしたとして警察官に取り押さえられた男性が死亡したのは男性を強く押さえつけたためだとして現場にいた警察官3人を業務上過失致死の疑いで書類送検した。また、別の警部補を男性に暴行を加えたとして特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検した。13年2月、北見市留辺蘂町で交通違反をしたとしてパトカーの追跡を受けた車が道路脇の雪に突っ込み運転していた当時40歳の男性が複数の警察官に取り押さえられた際、意識を失い病院で死亡した。男性の死因はうつ伏せの状態で強く押さえつけられたことによる窒息とわかり道警が詳しいいきさつを調べていた。その結果、道警は「当時、男性は暴れていて押さえつける行為自体は適正だった」としながらも現場にいた13人の警察官のうち、50代の巡査部長と20代の巡査長の2人を男性を強く押さえつけて死亡させたとして業務上過失致死の疑いで書類送検した。また当時、男性の頭を蹴るなどの暴行を加えたとして別の50代の警部補を特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検した。この警部補は減給10分の1、1ヶ月の懲戒処分を受けた。道警本部の白井弘光監察官室長は、「指導や監督を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

日付2016-02-29情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県東京都
題名中3少年が男性刺す、警官が威嚇発射/東京・日野市
概要29日午後11時10分頃、「東京都日野市神明4の路上で「刃物で刺されている人がいる」と通行人から110番通報があった。駆けつけた警視庁・日野署が刃物などを持った少年(15)がパトカーのガラスを割るなど暴れたため公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。その際に署員の1人が地面に向けて拳銃を威嚇発射した。少年は市内の中学3年生。署員が駆けつけたところ、包丁と縄の先に金具がついた「かぎ縄」のようなものを持っていた。20代男性が右太ももを怪我しており病院に運ばれたが命に別条はない。男性は少年と面識がなかったという。少年はかぎ縄のようなもので現場に着いたパトカーの窓ガラスを割るなど暴れ交番から駆けつけた署地域課の男性巡査長(44)に接近。巡査長は近づかないよう警告したが少年が応じないため約3メートル離れた場所から地面に拳銃を1発発射したという。少年は巡査長に体当たりしたところを警察官数人に取り押さえられた。少年は容疑を認めていて日野署は当時の状況やくわしい動機などを調べている。

日付2016-02-26情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県大阪府
題名大阪・梅田の事故は運転男性の「大動脈解離」が原因/大阪府警
概要大阪・梅田の交差点で25日、乗用車が歩行者を次々にはねて歩行者と運転していた男性の2人が死亡、1人が意識不明の重体になっている事故で大阪府警が男性の遺体を司法解剖したところ、死因は心臓の近くの太い血管が裂ける「大動脈解離」による突発性の心疾患だったとみられることがわかった。25日午後0時30分頃、大阪の阪急・梅田駅前のスクランブル交差点で乗用車が横断歩道を渡っていた歩行者を次々にはねたあと歩道に乗り上げ、さらに歩行者をはねた。この事故で歩行者の50代の男性と乗用車を運転していた奈良市のビル管理会社経営の男性(51)が死亡し歩行者の28歳の女性が意識不明の重体になっている。また、8人が重軽傷を負った。府警が26日、運転していた男性の遺体を司法解剖したところ、死因は心臓の近くの太い血管が裂ける「大動脈解離」による突発性の心疾患だったとみられることがわかった。府警は事故の直前に体調が急変し意識がない状態で交差点に進入したとみて調べている。

日付2016-02-17情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県神奈川県
題名覚醒剤所持容疑で町議会議員を現行犯逮捕/神奈川県警
概要神奈川県警薬物銃器対策課は17日、同県葉山町の町議会議員の男(41)=同町堀内=を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。男は「私の物ではありません」と容疑を否認しているという。県警は覚醒剤を使用していた疑いもあるとみて調べる。男は16日午後10時45分頃、横浜市中区末吉町の路上でビニール袋に入った覚醒剤0.65グラム(末端価格4万5,500円)を所持したとしている。密売人の捜査の過程で顧客として男が浮上した。行動確認をしていたところ16日に密売人とみられる男と横浜市内で接触したため捜査員が所持品を調べたところスーツの上着の内ポケットに覚醒剤と注射器が入っていた。任意の採尿を拒否しているという。男は昨年4月の統一地方選で無所属で出馬し初当選した。

日付2015-11-06情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県茨城県
題名生後間もない女児を路上放置の24歳女を逮捕/茨城県警
概要茨城県・鉾田署は6日、茨城県鉾田市で生後間もない女児が路上に放置されていた事件で保護責任者遺棄致傷の容疑で同市当間に住むパート従業員の女(24)を逮捕した。女の知人男性から同署に情報提供がありDNA鑑定の結果などから女が女児の実母であることが確認された。女は3日朝、自宅前の路上に自身が産んだ女児を置き去りにし全治約2週間の低体温の傷害を負わせた疑い。発見当時、女児に着衣はなく、へその緒が付いた状態だった。現在、保育器に入り治療を続けている。女は「間違いありません」と容疑を認めているという。調べに「自宅で一人で産んだ。産むことを誰にも相談できなかったので、仕方なかった。頭が真っ白になった」とも供述しているという。女は独身で祖母、母と3人暮らし。家族は妊娠に気付いていなかったという。

日付2015-11-03情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県茨城県
題名路上に生後間もない赤ちゃん裸で置き去り/茨城県鉾田市
概要3日午前7時過ぎ、茨城県鉾田市当間の住宅街で生後まもない女の赤ちゃんが道路脇に置き去りにされているのを近所の男性が見つけ警察に通報した。茨城県警・鉾田署によると、赤ちゃんはへその緒がついた状態で裸で道路脇に寝かされていたという。赤ちゃんは県内の病院に搬送され体温が下がっていたものの命に別状はないという。身元を示すものはないということで同署は何者かが赤ちゃんを置き去りにしたとみて保護責任者遺棄の疑いで付近の監視カメラの映像を調べるなど捜査している。 現場は鉾田市の中心部から3キロほど離れた住宅街。

日付2015-10-07情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県大阪府
題名未熟運転罪を初適用/危険運転致死で少年起訴/大阪地検
概要大阪地検は7日、兵庫県尼崎市で8月に起きた自転車の男性(当時80)が乗用車にはねられ死亡した事故で、自動車運転処罰法の危険運転致死(未熟運転)などの罪で車を運転していた大阪府豊中市の少年(16)を起訴した。地検によると、昨年5月の同法施行後、未熟運転罪の適用は初めてという。起訴状によると、少年は8月13日朝、尼崎市内で乗用車を左折させようと急にハンドルを切り男性を背後からはねて死亡させ逃走したとされる。進行を制御する技能がないのに車を運転して人を死傷させると未熟運転罪に当たる。地検によると、少年に車の運転経験がないことなどから同罪が成立すると判断した。少年は兵庫県警に逮捕され家裁送致後の先月28日、同罪で大阪地検に検察官送致(逆送)されていた。

日付2015-10-07情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県大阪府
題名未熟運転で全国初の起訴へ、尼崎死亡ひき逃げ/大阪地検
概要兵庫県尼崎市の市道で8月に起きた死亡ひき逃げ事件で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの罪で検察官送致(逆送)された大阪府豊中市の少年(16)について大阪地検が、「車を制御する技術がないのに走行した」として7日にも危険運転致死罪の一種である「未熟運転致死罪」で起訴する方針を固めたことがわかった。同罪で起訴されれば昨年5月の同法施行後、全国初となる。少年は8月13日、自転車の男性(当時80)を乗用車ではねて死亡させ逃走したとして兵庫県警に逮捕され危険運転致死容疑などで神戸家裁を経て大阪地検に逆送された。少年は県警の調べに「(事件当時に乗っていた)ワンボックス車のような大きな車は運転したことがなかった」と説明。現場周辺の監視カメラには左折しようとした車が曲がりきれずに急ハンドルを切り男性をはねた様子も映っており、地検は少年の運転技術が極めて未熟だったと判断したとみられる。

日付2015-09-29情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県北海道
題名警部補が2女性はね死傷、逮捕/北海道警・遠軽署
概要29日午後8時15分頃、北海道佐呂間町若佐の国道333号で歩いて横断していた近くの80代女性2人が乗用車にはねられ1人が死亡、1人が重傷を負った。死亡したのは無職の畑陽子さん(84)で全身を強く打って約1時間後に搬送先の病院で死亡した。重傷を負ったのは無職の女性(85)で腹部に怪我を負った。北海道警・遠軽署は札幌市東区北51東7の北海道警外事課警部補の男(43)を自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で現行犯逮捕した。同署によると、現場は見通しのいい片側1車線の直線で警部補は休暇中だったという。

現在  2 ページ(全 6 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |前ページ | 次ページ

footer