Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー20 件(合計 67 件) 次ページ
日付2017-07-18情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県香川県
題名ソニー生命元社員が計1億円超を詐取/保険契約装う
概要ソニー生命保険は18日、高松支社(高松市)の40代男性の元社員が少なくとも顧客6人から計1億3,521万円を騙し取ったことがわかったと発表した。2009~14年に生命保険などを契約したように装い保険料などを騙し取ったという。今年4月に被害者からの連絡で発覚し社内調査を進めていた。 元社員は社内調査に対して顧客を騙していたことを認め今年5月、自主退職している。同社は香川県警にも連絡しているが同様の被害がほかにもある可能性があるとして公表した。ソニー生命は契約者に対して不審に思うことがあればコールセンターに連絡するよう呼びかけている。問い合わせの電話番号は0120‐158‐821。年末年始や5月の大型連休を除く午前9時から午後5時半まで受け付けているという。

日付2017-07-05情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県新潟県
題名信組元係長を顧客の預金300万円騙し取ったと逮捕/新潟県警
概要新潟県警は5日、顧客の定期預金を勝手に解約し約300万円を騙し取ったとして詐欺容疑で太陽信用組合(同県阿賀野市、現さくらの街信用組合)元係長の男(44)=同市保田=を逮捕した。男は「騙したことは間違いありません」と容疑を認めているという。男は2012年12月、太陽信組安田支店で顧客の定期預金証書を入手して勝手に解約手続きを進め約300万円を騙し取った疑い。さくらの街信組は15年9月、男が約2億8,000万円を着服したと発表。同12月に懲戒解雇し県警に告訴していた。

日付2017-07-05情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県大阪府
題名7千万円被害者の2人を金塊密輸の疑いで逮捕/大阪府警
概要大阪府警は5日、今年4月、大阪市中央区の路上で建設会社の経営者ら2人が金塊から換金したばかりの現金7,000万円を奪われそうになった事件で、その後の調べで金塊が密輸のだった疑いがあることがわかり経営者ら2人を関税法違反の疑いで逮捕した。逮捕されたのは名古屋市の建設会社経営の男(42)ら男2人。2人は今年4月28日、大阪市中央区南船場の路上で2人組の男にいきなりスプレーを吹きつけられ金塊から換金したばかりの現金7,000万円が入った紙袋を奪われそうになった。府警のその後の捜査で換金された金塊15キロが当日、シンガポールから関西空港に密輸されたものだった疑いがあることがわかり関税法違反などの疑いで2人を逮捕した。調べに2人はいずれも「密輸はしていない」と容疑を否認しているという。この事件では現金を奪おうとしたなどとして愛媛県に住む26歳の男が強盗傷害の疑いで逮捕・起訴されているほか所在がわかっていないいずれも職業不詳の男(31)と22歳の男の2人が新たに公開手配された。府警は金塊を換金するという情報が事前に知られていたとみて詳しいいきさつを捜査している。

日付2017-05-15情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県東京都
題名キャッシュカード詐取した東京・葛飾区の職員逮捕/警視庁
概要警視庁・葛飾署は15日、譲渡目的で銀行からキャッシュカードを詐取したとして東京都葛飾区の区教育委員会の職員の男(29)=同区白鳥2=を詐欺容疑で逮捕したと発表した。男は「借金があって金が欲しかった」と述べ容疑を認めているという。男はは昨年4月下旬頃、第三者に譲渡する目的で3つの銀行で自分名義の口座を開設しキャッシュカード計3枚を騙し取った疑いがある。「3枚のカードは10万円の報酬と引き換えに闇金融業者の運営と称するネット上のサイトで指示された住所に送った」と話しているといい口座の一部は還付金詐欺に使われていたという。同区によると、男は区教委事務局で生涯学習課の主事として勤務。青木克徳区長は「職員の綱紀粛正を徹底し、このようなことを二度と起こさぬよう努める」とのコメントを出した。

日付2017-03-09情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県東京都
題名9億円超詐取の元銀行副支店長に懲役8年/東京地裁
概要東京地裁(有賀貞博裁判長)は9日、三井住友銀行のオンライン端末を悪用し約9億円を騙し取ったとして電子計算機使用詐欺罪に問われた同行元副支店長の男(55)=懲戒解雇=の判決で懲役8年(求刑懲役10年)を言い渡した。有賀裁判長は「役職上の権限を悪用しており、遊興や蓄財のためという動機に酌むべき点はない」と述べた。公判で被告の男は起訴内容を認め、「周りにお金があるように振る舞いたかった。愛人に1億円使った」などと説明。手元に残っていた5億円を同行に返済したと明らかにした。被告の男は2011(平成23)~16(同28)年、端末に虚偽情報を入力し約9億6,700万円相当の米ドルを自分の口座に入金した。

日付2017-02-09情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県新潟県
題名元信組支店長が顧客の現金500万円横領、逮捕/余罪も/新潟県警
概要新潟県警・新潟東署は9日、顧客の現金500万円を着服したとして業務上横領容疑で元横浜中央信組新潟支店長の男(58)=同県長岡市本町=を逮捕した。男は容疑を認めており競馬や他に着服した金の穴埋めに使ったと供述しているという。同信組によると被害は約120人、計1億8000万円にのぼり県警が全容解明を進める。逮捕容疑は2014(平成26)年11月19日、新潟市内で定期預金への入金のため男性客から預かった500万円を着服した疑い。 

日付2016-12-22情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県千葉県
題名女性元行員が4億円着服、懲戒解雇/三井住友新松戸出張所
概要千葉県松戸市にある三井住友銀行・新松戸出張所に勤めていた30代の元行員が顧客口座から計約4億円を着服した疑いがあるとして6月に懲戒解雇されていたことが22日わかった。同行は今年夏、千葉県警・松戸署に相談し県警が捜査を始めた。元行員は出張所で預金の払い戻しなどをチェックできる立場にあった。客の印鑑を偽造して7年間にわたって繰り返し口座から金を勝手に引き出していた疑いがある。元行員は外国為替証拠金取引(FX)の損失を穴埋めするために着服を繰り返していたという。同行の広報部は「捜査中なので何も答えられない」としている。

日付2016-12-14情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県福井県
題名信金の35歳職員が約500万円着服し懲戒解雇/越前信金
概要福井県大野市に本店を置く「越前信用金庫」は14日記者会見を開いて「35歳の元職員が、平成23年から今年にかけて定期積金として集めた現約500万円を書類を改ざんするなどして着服していたことがわかり、14日までに元職員を懲戒解雇処分としたと発表した」。発表によると、大野市の春日支店や旧こぶし支店で集金を担当していた35歳の元男性職員が平成23年10月から今年3月にかけて定期積金として顧客から集めた現金計約500万円を着服していたという。元職員は受け取った現金を銀行におさめずに証書の日付を改ざんするなどして着服していたということで、その回数は250回以上にのぼるという。信用金庫によると、元職員は現金を着服した事実を認めた上で「パチンコ代や飲食代などに使っていた」と話しているということで11月30日に懲戒解雇処分としたという。信用金庫では元職員が着服した現金を全額を弁済していることなどから刑事告訴はしない方針だという。記者会見した越前信用金庫の西野浩一理事長は「信用が第一の信用金庫でこのような不祥事が起きたことを厳粛に受け止めています。信頼の回復に向けて再発防止に取り組んでいきたい」と話した。

日付2016-11-17情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県長野県
題名元簡易郵便局長の女が810万円詐取/被害約9億円か/長野県警
概要長野県警捜査2課などは17日、高利率の金融商品があると偽り顧客から810万円を騙し取ったとして詐欺容疑で同県小諸市の「諸簡易郵便局」の元局長の女(67)=同県上田市上野=を逮捕した。女は容疑を認めているという。日本郵便信越支社は昨年10月、女が約180人から10年間で計約8億9,000万円を詐取していたと発表。今月9日に刑事告発していた。同課は他の顧客からも詐取していたとみて調べる。逮捕容疑は2014(平成26)年10月~15年2月、60代の男性に「数ヶ月で10%の利率が付く」などと嘘をいって3回にわたり計810万円を騙し取った疑い。

日付2016-10-12情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県東京都
題名銀行元副支店長が総額11億円騙し取ったか/警視庁
概要警視庁・大森署は12日、東京・大田区山王2の三井住友銀行大森支店の元副支店長の男(54)が昨年11月から今年6月にかけて外貨預金取引のシステムを不正に操作するなどして約1億9,000万円を騙し取ったとして電子計算機使用詐欺容疑で逮捕した。今年6月に税務調査で不正が発覚し元副支店長は翌月、懲戒解雇されるとともに大森署が捜査していた。元副支店長は容疑を認め「子どもの教育費や交際していた女性のためなどに使った」と供述しているという。同署は取り引きの記録などから2007(平成19)年頃から同様の手口で計11億円を騙し取っていた疑いがあるとみて巨額不正事件の詳しいいきさつを調べている。元副支店長が逮捕されたことについて三井住友銀行は「事態を厳粛に受け止め、深く反省するとともに、心からおわび申し上げます。外貨預金取引のシステムが悪用されたため、不正な操作ができないよう改定するなどして全行を挙げて再発防止に取り組んでまいります」とコメントした。

日付2016-10-07情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県東京都
題名渋谷駅近くの銀行で不審物騒ぎ/爆発物処理班が出動
概要7日午後1時30分頃、東京・渋谷駅東口のすぐ近くにある「みずほ銀行渋谷支店」で「スーツケースを置いていなくなった人がいる」と通報があった。警視庁・渋谷署員が駆けつけると、スーツケースを置いて立ち去ろうとしたイギリス国籍とみられる男が「ボム(爆発物)だ」と話したことから同署が身柄を確保したという。これまでのところ怪我人は確認されていない。同署によると、7日午前9時過ぎから男がスーツケースを持って銀行内に入り居座り続けていたという。警視庁が爆発物処理班を出動させて解析した結果、スーツケースの中には衣類やパソコン、携帯電話があった。事情聴取に男は「総理のボディーガードから総理がそこに行くので荷物を置くように指令を受けた」などと話しているという。警視庁は現場周辺の建物にいる人に対し避難を呼びかけていて威力業務妨害の疑いで捜査している。

日付2016-09-01情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県千葉県
題名顧客預金1千万円詐取の千葉興銀元パートの女逮捕/千葉県警
概要千葉県警捜査2課などは1日、千葉興業銀行(千葉市)の行員を騙して顧客預金の払い戻し手続きをさせ現金を詐取したとして詐欺容疑で同行検見川支店の元パート従業員の女(53)=同県市原市五井西=を逮捕した。女は容疑を認め「住宅ローンの返済に充てた」と供述しているという。女は2009(平成21)年11月18日~10年3月24日、不正に取得した顧客名義の普通預金払戻請求書などを利用し顧客に払い戻すかのように装って行員に手続きをさせ70代の男女2人の口座から約1,000万円を騙し取った疑い。昨年7月、異変に気付いた2人が同行へ問い合わせ不正が発覚。同行が同10月、県警へ相談していた。 

日付2016-04-12情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県京都府
題名京都中央信金にカバン抱え香港籍女が日本語で「爆弾デス」/京都府警
概要12日午前10時30分頃、京都市下京区東塩小路町の金融機関「京都中央信用金庫京都駅前支店」でカバンを2個抱えた女が2階の融資窓口で女性職員に対して片言の日本語で「爆弾デス」などと訴えた。別の職員が京都府警に通報した。女は応対した職員が別の職員を呼びに行っている間にカウンター内に入り込み駆けつけた同府警・下京署員が建造物侵入容疑で現行犯逮捕した。女は容疑を認めているという。怪我人はなかった。逮捕されたのは京都市山科区竹鼻竹ノ街道町の香港籍の無職の女(51)。所持していたカバンの中に危険物は確認されていないといい同署などが動機などを調べている。

日付2015-10-13情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県長野県
題名女性元郵便局長が架空投資話で8.9億詐取/日本郵便
概要日本郵便信越支社(長野市)は13日、長野県小諸市の諸(もろ)簡易郵便局の南沢まち子元局長(66)が架空の高利回りの投資話を持ちかけるなどして約180人から計約8億9,000万円を詐取していた疑いがあると発表した。日本郵便は詐欺容疑で南沢元局長を刑事告発することを検討している。同社によると、南沢元局長は約10年間にわたり窓口に来た利用者に「金を預ければ利息が半年で1割つく」などと持ちかけ現金を騙し取っていたという。詐取した金は自家用車の購入や借金返済に充てたほか利用者への利息支払いに使っていたとみられるという。被害者の約100人が同社に計約56億円の返還を求めている。同社は「会社としての責任が明らかになっていない」としているが計約3億円については返還に応じるとしている。元局長は1991(平成3)年に業務を受託し今年4月に契約を解除されている。

日付2015-10-10情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県秋田県
題名棚卸しの帳簿改ざんで懲戒解雇/「JA新あきた」
概要秋田市にある農協「JA新あきた」で10日、傘下の販売所で食料品と日用雑貨約400万円分がなくなっていたことがわかり、JAでは40代のパート職員が棚卸しの帳簿を改ざんして事実を隠していたとして9月に懲戒解雇とした。パート職員は着服していないと話しているという。JA新あきたによると、今年8月に行われた内部監査で岩見三内の販売所に勤めていた40代のパート職員が棚卸しの帳簿を改ざんして不正な経理処理を行っていたことがわかりJAは9月、このパート職員を懲戒解雇とした。この販売所では食料品と日用雑貨約400万円分がなくなっていたという。JA新あきたでは通常、3人で棚卸しを行い帳簿を作ることになっているがパート職員はこの作業を1人で行っていたという。

日付2015-09-29情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県岐阜県
題名500万円の壺が鑑定で10万円/購入の信金役員処分/関信金
概要岐阜県関市の関信用金庫は29日、500万円で購入した壺がその後の鑑定で10万円の価値しかなかったため「会社に損害を与えた」として購入を決めた当時の常勤役員を処分したことが29日わかった。信金は不祥事として金融庁に届け出た。信金によると、2009(平成21)年1月、関市内の骨董商の男性から信金との過去のトラブルを持ち出されるなどして何度も融資を求められた。対応を協議した当時の常勤役員6人が男性から陶器の壺1個を500万円で購入する代わりに「今後取引しない」との念書を取った。高額な品を購入する際に必要な理事会の承認も得ていなかったという。今年5月、内部通報で発覚。信金の調査に当時の常勤役員6人は不適正な手続きだったと認めた。さらに壺を鑑定に出したところ、10万円の価値と評価された。信金は7月、6人に差額分の490万円の損害賠償を請求し同月中に全額が支払われた。

日付2015-03-21情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県東京都
題名特殊詐欺防止で元女性警察官を銀行100店舗に常駐へ/警視庁
概要警視庁は4月から、おれおれ詐欺などの特殊詐欺の被害を未然に防止しようと元女性警察官を都内の銀行など金融機関に常駐させる。約100店舗のロビーなどで多額の現金を引き出す高齢者に声掛けを行うほか、詐欺の手口を記したチラシを配るなどし詐欺への注意を呼び掛ける。警視庁によると、都内の金融機関では職員が窓口を中心に高齢者に声掛けを行い1,500件以上の詐欺を未然に防ぎ、防止額は約50億円にのぼるという。一方で、混雑する銀行窓口ではすべての客に声を掛けるのは難しい面もある。元女性警察官が加わることで詐欺に巻き込まれそうな高齢者をすばやく察知し被害を防止することが期待されている。 

日付2013-08-23情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県奈良県
題名約2億円流用し借金返済繰り返した行員を懲戒解雇/南都銀行
概要南都銀行(奈良市)は23日、顧客から預かった現金総額2億2,900万円をただちに入金せず私的な流用を繰り返していたとして男性行員を今月、懲戒解雇処分としていたことを明らかにした。同行によると、橿原市にある橿原支店で男性行員が一昨年の9月から今年3月にわたって顧客から預かった現金をその日のうちに入金せず私的な流用を繰り返していたという。流用は171回で総額は約2億2,900万円にのぼるという。この行員は借金の返済のために顧客の預金を着服し、その穴埋めのために別の顧客から預った現金をあてるなど流用を繰り返していたという。流用は先月の内部検査で発覚し同行は男性行員を今月8日付けで懲戒解雇の処分とした。男性行員は流用の事実を認め発覚の時点で未返済だった50万円を返済しているという。

日付2013-07-19情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県熊本県
題名信金で現金要求/行員の大声で逃げる/熊本市中央区
概要19日午前11時過ぎ、熊本市中央区手取本町の「熊本信用金庫」の本店に男が入ってきて受付の窓口にいた女性行員に「100万円を出しなさい」と要求した。男は女性行員の後ろにいた男性行員に「なんかっ」と大声で一喝されると何も取らずに逃走したという。男は凶器などを持っておらず怪我人はいなかった。男は30代から40代半ばと見られ、身長約170センチ。髪が短く色黒で、白っぽいズボンに緑色のラガーシャツを着ていたという。熊本県警・熊本西署が恐喝未遂事件として捜査している。

日付2012-11-29情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県愛知県
題名信金支店立てこもり/生活は万引きで/困窮で自暴自棄か/愛知県豊川市
概要愛知県豊川市の「豊川信用金庫蔵子支店」の立てこもり事件で住所不定、無職の男(32)=人質強要処罰法違反などの容疑で送検=が「盗んだ自転車で豊川市まで移動した。食べ物は万引きしていた」と供述していることが29日わかった。愛知県警は男が困窮状態で県内を放浪するうちに自暴自棄になり立てこもりを決意したとみて詳しく調べている。男は6月30日から同県日進市の土木会社で住み込みの土木作業員として働いていたが10月21日、社員寮から突然姿を消した。その後は万引きしたパンやおにぎりなどを食べたり万引きした服などをリサイクルショップで売ったりして生活していた。さらに各地で自転車を盗んで乗り捨てながら移動を続け夜はファミリーレストランで仮眠しながら豊川市に向かったという。立てこもり事件3日前の今月19日未明には容疑者とみられる男が同県一宮市のファミリーレストランで無銭飲食している。男は22日午後、一宮市から直線距離で約70キロ離れた豊川市の豊川信金支店に押し入った。その間に「名古屋市内で事件に使ったサバイバルナイフを万引きした」とも供述しているということで県警は裏付けを進めている。

現在  1 ページ(全 4 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 次ページ

footer