Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

81 件ー87 件(合計 87 件)前ページ 
日付2004-10-05情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県福岡県
題名銀行横に爆弾と2千万円要求/客ら避難/福岡
概要5日午後2時10分過ぎ、福岡市中央区薬院2の西日本シティ銀行薬院支店に40代の男と思われる声で「銀行の横にジュラルミンの箱がある。2キロの爆弾が入っている。2,000万円準備しろ」との電話があった。通報を受けた福岡県警は爆発物処理班を出動させ同日午後4時10分過ぎ、箱を現場から撤去して調べた結果、中身はコンクリートブロックのかけらだった。威力業務妨害の疑いで捜査している。同支店は、店内にいた客と行員を避難させるとともに警察へ通報した。福岡県警は周辺の交通を遮断して立ち入り禁止にした。支店の店舗外に金属製のカメラケース様の箱があった。この箱を県警の自動車運転訓練場へ運び中身を調べた。

日付2004-09-26情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県静岡県
題名夜間金庫で金庫偽造/木箱に入金/静岡県
概要26日午後11時頃、磐田市二之宮東の静岡銀行磐田支店で、入金に訪れた市内の自動車部品販売店の男性従業員が夜間金庫に「雨のため漏電点検中。手前の金庫に入れてください」などと書いた紙が張ってあるのため、従業員は置いてあった木箱に売上金約76万円を入れて帰宅したが、27日に不安になって同行に確認したところ、だまし取られたことが判明。今年6月にも藤枝市内の信用金庫でほぼ同じ大きさの黒い木箱を使った同様の事件が起きている。同署では現場に設置された防犯カメラの映像を調べるとともに、今後関連を捜査する方針

日付2004-05-07情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県群馬県
題名郵便局破壊予告の16歳逮捕/群馬県警・大間々署
概要インターネットの掲示板に「郵便局を破壊する」と書き込んだとして群馬県警・大間々署などは7日、脅迫の疑いで同県大間々町の高校1年の少年(16)を逮捕した。他の爆破予告の書き込みを見て面白いと思ってやったと供述しているという。調べでは、少年は4月28日午後9時10分頃、インターネットの掲示板に「今週の日曜日群馬県大間々町の郵便局及び南郵便局に討ち入りたいと思います」などと書き込んだ疑い。

日付2004-05-06情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県富山県
題名銀行爆破予告男を逮捕/富山県警・七尾署
概要銀行を爆破すると脅迫電話をかけたとして富山県警・七尾署は6日、富山県七尾市奥原町の無職、I容疑者(60)を脅迫の疑いで逮捕した。調べによると、I容疑者は6日午後0時20分頃、自宅から富山県警本部通信指令室に110番電話をかけ、「今、七尾の銀行2行を爆破する」と脅した疑い。電話は約10秒間で通話記録から発信元が割り出された。七尾署員が名指しされた銀行2行やI容疑者の自宅を調べたが爆発物は発見されなかった。

日付2003-12-05情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県その他
題名モバイルバンクで180万円詐取/警視庁
概要携帯電話で振り込みなどができるモバイルバンキングを悪用し、27歳の女性会社員の銀行預金約180万円をだまし取ったとして、警視庁捜査3課などは5日までに、電子計算機使用詐欺容疑で東京都北区赤羽西の無職、T容疑者(30)=別の窃盗事件で公判中=を追送検し、住所不定、無職、H容疑者(35)を逮捕した。女性は昨年10月、千葉県内でモバイルバンキングのカードが入った財布を落とした。T容疑者らはこの財布を入手したという。同容疑者は自分でもモバイルバンキングを利用していた。

日付2003-09-02情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県大阪府
題名ヤミ金融対策法で初めて逮捕/広告ビラを配布/大阪府警
概要大阪府警の悪質金融事犯特別取締本部は2日、大阪市中央区島之内2の貸金業「タイガー」経営、K容疑者(41)(同市旭区)と従業員2人を改正貸金業規制法違反(無登録業者の広告禁止)の疑いで逮捕した。ヤミ金融の横行を受け、規制対象を拡大、罰則を強化した「ヤミ金融対策法」の適用は全国で初めて。K容疑者らは2日午前10時20分頃、同市中央区の歩道で自転車10台の前かごに「お電話1本でアナタのお手元へ5万」などと融資を宣伝する広告ビラを貸金業登録をせずに配布した疑い。ヤミ金融対策法のうち、新たに規制対象とされた無登録業者による広告・勧誘や、違法金利を要求する行為、罰則の強化は今月1日に施行された。

日付2003-08-18情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県京都府
題名顧客の預金数千万円を無断で引き出す/元京都信金職員
概要京都府警捜査2課などは18日、顧客の預金数千万円を無断で引き出したとして、滋賀県守山市水保町の元京都中央信用金庫職員K容疑者(50)を詐欺の疑いで逮捕した。同容疑者は大筋で容疑を認めているという。K容疑者は同信金三条支店の渉外係長をしていた01年10月から02年1月の間、客から満期になった定期預金の継続を依頼されながらその手続きをせず、虚偽の伝票をつくって数回にわたって金を引き出し、計数千万円をだまし取った疑い。定期預金証書が届かないため02年10月に客が信金に問い合わせて発覚した。同信金は同12月にK容疑者を懲戒解雇し、今年1月、府警へ告訴した。同信金では、今年7月にも別の元職員が顧客の預金約1,000万円をだまし取ったとして逮捕、起訴されている

現在  5 ページ(全 5 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |前ページ 

footer