Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

61 件ー75 件(合計 75 件)前ページ 
日付2006-05-30情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県東京都
題名2ヶ月前の強盗か現金返還し逃走/東京都国立市の郵便局
概要30日午後5時前、東京都国立市の「国立東郵便局」に客を装った男が訪れ、「総務部長さんにこれをお願いします」といって現金35万円が入ったビニール製の買い物袋をカウンターに置きそのまま逃走した。この男が2ヶ月ほど前に強盗に入った男と背格好が似ていたため局長が自転車で追いかけたが見失ったという。男が返還した35万円は強盗の被害額34万円よりも1万円多かった。

日付2006-05-18情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県福島県
題名1億6千万円紛失/元契約社員不明/福島銀行郡山支店
概要福島銀行(福島市)は18日、郡山支店(福島県郡山市)の金庫からATM(現金自動受払機)への補充用の現金1億6,000万円が紛失したと発表した。金庫の管理を担当していた男性の元契約社員(59)=解雇=の行方が分からなくなっており同行は郡山署に被害届を出す方針。同行によると、4月18日の同支店の金庫の定例検査でわかった。2つの金庫のうち一つで帳簿より現金1億6,000万円が不足していた。3月17日の検査では問題はなく、帳簿を調べ直した結果、記載ミスの可能性は低いと判断した。元契約社員は4月18日から行方が分からなくなっている。この金庫からは毎日5~6ヶ所のATMに現金を補充するため約1億円が持ち出されている。同支店を巡っては4月21日、同市内のスーパーなどに設置されているATM4ヶ所から現金1,930万円が盗まれていることが発覚した。このうち700万円を盗んだとして別の元契約社員が窃盗罪で起訴されている。

日付2006-05-11情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県東京都
題名着服/元行員が端末操作で4千万円騙し取る/警視庁
概要警視庁は11日、旧東京三菱銀行(現在は三菱東京UFJ銀行)田町支店元支店長代理だった男(43)=神奈川県相模原市高根=を電子計算機使用詐欺容疑で逮捕した。男は田町支店長代理を務めていた02年4月下旬頃、同行のホストコンピューターを不正に操作し自身が仮名で開設した普通預金口座に入金して現金計4,000万円をだまし取った疑い。男は着服後、同行のATM(現金自動出入機)から約130回にわたり3,000万円を引き出していた。また、男はATMを管理する立場を利用しATMから計2,000万円を直接抜き出したことも認めているという。男は03年4月に懲戒解雇された。

日付2006-03-07情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県愛知県
題名スキミング/男2人を逮捕/愛知県警
概要愛知県警などは7日、岐阜、愛知両県で昨年、銀行と信用金庫のATM(現金自動預払機)から顧客のカード情報が盗み取られ、預金が引き出された事件で、窃盗などの疑いで名古屋市南区本城町の韓国籍の建築業の男(37)と、三重県桑名市藤が丘の男性運転手(39)の両容疑者を再逮捕した。県警によると、ATMをめぐって関東や東海地方で盗撮やスキミング被害が相次いでいたが、実際に現金を引き出した容疑者の逮捕は初めてだという。2人は04年夏以降、愛知、岐阜両県の旧UFJ銀行と碧海信用金庫(愛知県安城市)、十六銀行(岐阜市)の無人ATM計7ヶ所で、スキミング装置や暗証番号盗撮用のカメラを設置したと自供。同年8月に愛知県半田市の旧UFJ銀行のATMでスキミングをして客の預金約1,000万円を引き出したことも認めており、顧客8人の口座から計1,100万円以上を引き出したという。

日付2005-12-24情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県埼玉県
題名埼玉縣信金のATM盗撮/41口座計3千万円被害か
概要埼玉縣信用金庫(埼玉県熊谷市)のATM(現金自動預払機)に隠しカメラが仕掛けられた事件で、同信金が全ATMの監視カメラの映像を解析していた22日と23日に、顧客の41口座から約3,000万円が引き出されていたことが24日わかった。同信金は盗撮された顧客の口座を判明次第、封鎖したが一部は間に合わなかった。信金側は「盗撮の報道があったので犯人が駆け込みで金を引き出したのではないか」とみて県警と協議、被害届を出すことにしている

日付2005-11-29情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県東京都
題名窃盗/勤務先から詐取したり盗んだり/東京の西京信用金庫
概要警視庁石神井署は29日までに、勤務先の西京信用金庫(東京・新宿)から現金約200万円をだまし取ったうえ1,000万円を盗んだとして同信用金庫集中部主事補の35歳の女性職員を詐欺と窃盗などの疑いで逮捕した。「間違いない」などと容疑を認めているという。この女性職員は今年7月中旬、同信用金庫の運営資金などを預金していた都市銀行の口座から不正に約200万円を引き出して詐取した疑い。また、この犯行の発覚を防ごうと数日後、詐取金を補てんする目的で同信用金庫集中部の金庫から現金1,000万円を盗んだ疑い。

日付2005-10-20情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県東京都
題名ATMに隠しカメラ設置認める/ナイフ男が受信機も所持/警視庁
概要去る13日に東京都品川区にあるUFJ銀行のATM(現金自動預払機)コーナーでカッターナイフを所持し銃刀法違反の現行犯で逮捕された男が、警視庁の調べに「ATMに(隠し)カメラを取り付けたり、外したりしたことがある」と供述していることが20日わかった。男は逮捕された際、受信機のようなものも持っていたという。警視庁捜査3課は、同行のATMに隠しカメラが相次いで設置された問題との関連を調べる。逮捕されたのは住所不定の無職(37)。13日午後5時過ぎ、品川区東五反田にある同行の無人ATMコーナー「東急五反田駅前出張所」に変な人がいると110番があり警視庁・大崎署員が職務質問した。隠しカメラの設置などは「指示された」と供述しているという。逮捕された際、カメラは持っていなかった。隠しカメラは同行の東京都港区六本木など3都県計10数ヶ所のATMコーナーに設置されたことが判明している。この出張所では見つかっておらず設置された形跡も確認されていない。

日付2005-02-22情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県その他
題名危ないコンビニATM/不正引出し深夜に集中/金融庁
概要金融庁は22日、偽造キャッシュカードによる不正な預金引き出し問題を受け、被害の実態調査の結果をまとめた。調査結果では、被害にあった預金口座の約9割が関東地方に集中していた。不正な預金引き出し回数の約4分の1が午後11時から午前2時までの深夜で、コンビニエンスストアに設置されたATMに集中していたことが判明した。被害件数の9割以上が3日以内に預金を引き出されていたが、その間に預金者が被害に気付いた例は全体の4分の1しかなかった。

日付2004-10-05情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県福岡県
題名銀行横に爆弾と2千万円要求/客ら避難/福岡
概要5日午後2時10分過ぎ、福岡市中央区薬院2の西日本シティ銀行薬院支店に40代の男と思われる声で「銀行の横にジュラルミンの箱がある。2キロの爆弾が入っている。2,000万円準備しろ」との電話があった。通報を受けた福岡県警は爆発物処理班を出動させ同日午後4時10分過ぎ、箱を現場から撤去して調べた結果、中身はコンクリートブロックのかけらだった。威力業務妨害の疑いで捜査している。同支店は、店内にいた客と行員を避難させるとともに警察へ通報した。福岡県警は周辺の交通を遮断して立ち入り禁止にした。支店の店舗外に金属製のカメラケース様の箱があった。この箱を県警の自動車運転訓練場へ運び中身を調べた。

日付2004-09-26情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県静岡県
題名夜間金庫で金庫偽造/木箱に入金/静岡県
概要26日午後11時頃、磐田市二之宮東の静岡銀行磐田支店で、入金に訪れた市内の自動車部品販売店の男性従業員が夜間金庫に「雨のため漏電点検中。手前の金庫に入れてください」などと書いた紙が張ってあるのため、従業員は置いてあった木箱に売上金約76万円を入れて帰宅したが、27日に不安になって同行に確認したところ、だまし取られたことが判明。今年6月にも藤枝市内の信用金庫でほぼ同じ大きさの黒い木箱を使った同様の事件が起きている。同署では現場に設置された防犯カメラの映像を調べるとともに、今後関連を捜査する方針

日付2004-05-07情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県群馬県
題名郵便局破壊予告の16歳逮捕/群馬県警・大間々署
概要インターネットの掲示板に「郵便局を破壊する」と書き込んだとして群馬県警・大間々署などは7日、脅迫の疑いで同県大間々町の高校1年の少年(16)を逮捕した。他の爆破予告の書き込みを見て面白いと思ってやったと供述しているという。調べでは、少年は4月28日午後9時10分頃、インターネットの掲示板に「今週の日曜日群馬県大間々町の郵便局及び南郵便局に討ち入りたいと思います」などと書き込んだ疑い。

日付2004-05-06情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県富山県
題名銀行爆破予告男を逮捕/富山県警・七尾署
概要銀行を爆破すると脅迫電話をかけたとして富山県警・七尾署は6日、富山県七尾市奥原町の無職、I容疑者(60)を脅迫の疑いで逮捕した。調べによると、I容疑者は6日午後0時20分頃、自宅から富山県警本部通信指令室に110番電話をかけ、「今、七尾の銀行2行を爆破する」と脅した疑い。電話は約10秒間で通話記録から発信元が割り出された。七尾署員が名指しされた銀行2行やI容疑者の自宅を調べたが爆発物は発見されなかった。

日付2003-12-05情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県その他
題名モバイルバンクで180万円詐取/警視庁
概要携帯電話で振り込みなどができるモバイルバンキングを悪用し、27歳の女性会社員の銀行預金約180万円をだまし取ったとして、警視庁捜査3課などは5日までに、電子計算機使用詐欺容疑で東京都北区赤羽西の無職、T容疑者(30)=別の窃盗事件で公判中=を追送検し、住所不定、無職、H容疑者(35)を逮捕した。女性は昨年10月、千葉県内でモバイルバンキングのカードが入った財布を落とした。T容疑者らはこの財布を入手したという。同容疑者は自分でもモバイルバンキングを利用していた。

日付2003-09-02情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県大阪府
題名ヤミ金融対策法で初めて逮捕/広告ビラを配布/大阪府警
概要大阪府警の悪質金融事犯特別取締本部は2日、大阪市中央区島之内2の貸金業「タイガー」経営、K容疑者(41)(同市旭区)と従業員2人を改正貸金業規制法違反(無登録業者の広告禁止)の疑いで逮捕した。ヤミ金融の横行を受け、規制対象を拡大、罰則を強化した「ヤミ金融対策法」の適用は全国で初めて。K容疑者らは2日午前10時20分頃、同市中央区の歩道で自転車10台の前かごに「お電話1本でアナタのお手元へ5万」などと融資を宣伝する広告ビラを貸金業登録をせずに配布した疑い。ヤミ金融対策法のうち、新たに規制対象とされた無登録業者による広告・勧誘や、違法金利を要求する行為、罰則の強化は今月1日に施行された。

日付2003-08-18情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県京都府
題名顧客の預金数千万円を無断で引き出す/元京都信金職員
概要京都府警捜査2課などは18日、顧客の預金数千万円を無断で引き出したとして、滋賀県守山市水保町の元京都中央信用金庫職員K容疑者(50)を詐欺の疑いで逮捕した。同容疑者は大筋で容疑を認めているという。K容疑者は同信金三条支店の渉外係長をしていた01年10月から02年1月の間、客から満期になった定期預金の継続を依頼されながらその手続きをせず、虚偽の伝票をつくって数回にわたって金を引き出し、計数千万円をだまし取った疑い。定期預金証書が届かないため02年10月に客が信金に問い合わせて発覚した。同信金は同12月にK容疑者を懲戒解雇し、今年1月、府警へ告訴した。同信金では、今年7月にも別の元職員が顧客の預金約1,000万円をだまし取ったとして逮捕、起訴されている

現在  4 ページ(全 4 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 |前ページ 

footer