Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー20 件(合計 128 件) 次ページ
日付2018-07-09情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県東京都
題名横領金で部下に車や時計をプレゼント/警視庁・愛宕署
概要警視庁・愛宕署は9日、会社の金を自分の口座に送金し1億円以上を横領した業務上横領の疑いで会社員の男(41)を逮捕した。男は経理担当として務めていた2012年からの1年間に無断で会社名義の口座を開設し、そこから数回にわたり約1億240万円を自分の口座に送金した疑いが持たれている。男は調べに「朝から晩まで働いているのに給料が上がらないから自分と部下のストレス発散のためにやった」と容疑を認めているという。男は横領した金で部下数人に車や高級腕時計をプレゼントしていたという。

日付2018-06-25情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県東京都
題名生活保護費横領の区職員2人を懲戒免職/東京・北区
概要東京都北区は25日、区職員2人が生活保護費を横領したとして1人を懲戒免職処分、もう1人を懲戒免職相当としたと発表した。合わせて管理職10人を減給などの処分とした。区によると、健康福祉部の40代男性職員は死亡していた7人の数年分の生活保護費約3,000万円を横領していた。60代男性職員は知人名義を使い数年間にわたり約1,300万円を横領していた。この職員は退職しているため退職金の返納を求める。いずれも今年3月、2人の机上の書類を整理していて発覚した。横領の理由については調査中としている。区は40代職員について王子署に告訴、60代元職員についても告訴する予定だという。また、管理者である同部の部長級4人と課長級3人を減給10分の1(1ヶ月)処分に、係長級3人を戒告とした。区は外部有識者2人を含む再発防止検討委員会を設置し9月までに原因究明と再発防止策を発表する。区によると事務作業を複数で行ったりチェックしたりするなどのマニュアルや指示はないという。また、花川与惣太区長を減給10分の5(3ヶ月)、副区長2人を減給10分の3(3ヶ月)、教育長を減給10分の1(1ヶ月)とする条例案を開会中の区議会定例会に提出する。

日付2018-05-31情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県福岡県
題名横領で逮捕の職員を懲戒免職/知事と副知事は減給/福岡県
概要福岡県は31日、政府出先機関の長や知事、福岡市長らでつくる任意団体「木曜会」の口座から約115万円を引き出したとして業務上横領容疑で逮捕され不起訴処分(起訴猶予)になった県財政課企画主査の男の職員(41)を懲戒免職処分とし、責任を取って小川洋知事と会の常任幹事を務める服部誠太郎副知事の給料の一部を減額すると発表した。6月7日開会の県議会定例会に給料を減額する条例案を提案する。小川知事は減給10%(2ヶ月)、服部副知事は減給10%(1ヶ月)とする。小川知事は昨年8月に職員による親睦会費の着服が発覚後、金銭に絡む不祥事の再発防止を呼び掛けたにもかかわらず同種の事案が起きた点を重く見たと説明した。「県民におわび申し上げる。責任を明らかにすることで、不正根絶への思いを表したい」と述べた。県によると、男の職員は着服を認め「飲みに行く回数が多く生活費の不足分を埋めるためだった」と話したという。着服分は全額返還された。

日付2018-05-29情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県東京都
題名元経理責任者が200万円着服どころか被害総額7億円超か/警視庁
概要警視庁・万世橋署は29日、勤務先の東京・千代田区にある貿易関連会社から200万円を横領したとして元経理責任者の男(49)を逮捕した。被害総額は7億8,000万円にのぼるとみられている。男は2011年8月、会社の口座から引き出して保管していた現金のうち200万円を横領した疑いが持たれている。男は2004年から経理責任者をつとめていて約10年間で7億8,000万円を横領しブランド品の購入などに充てたとみられている。調べに男は「間違いありません」と容疑を認めているという。

日付2018-05-21情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県福岡県
題名課長が2億5千万円着服しギャンブルに使う/福岡大同青果
概要九州最大手の青果卸売会社「福岡大同青果」の課長代理だった男が8年間で約2億5,000万円を着服していたことが21日わかった。同社によると、野菜の取引きを担当する課長代理だった30代の男性は2010年1月から今年2月までの8年の間に仕入れを装った架空取引きを数百回繰り返し合わせて約2億5,000万円を着服していたという。男性は「ギャンブルなどに使った」と話しているという。同社は男を今年3月に懲戒解雇して今後、損害賠償を求めるか刑事告訴するかなど検討しているという。

日付2018-05-11情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県東京都
題名担当課の職員2人で生活保護費4,300万円横領/東京・北区
概要東京都北区は11日、生活保護を担当する生活福祉課の40代の男性職員と60代の元男性職員が生活保護費計約4,300万円を不正に支出させて横領したと発表した。区は2人に返金を求めるとともに刑事告訴する方針。同課によると、2人はケースワーカーとして生活保護世帯の管理や受給世帯の決定手続きなどを担当。40代の職員は担当する受給者7人が死亡したのに生活保護費の支給を止める手続きをせず数年間で計約3,000万円を不正に受け取ったという。3月に退職した60代の元職員は自分の知人が受給を申請したように装って数年にわたり計約1,300万円を不正に支出させて横領したという。区は横領の時期や手口、動機を明らかにしていない。3月上旬、同課の係長が2人に対し書類が山積みになっていた机の整理をさせたところ死亡者への支給が記された資料が見つかり不正が発覚したという。花川与惣太区長は「あってはならない不祥事を起こしたことは誠に申し訳なく、心からおわび申し上げます」とのコメントを出した。

日付2018-05-07情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県埼玉県
題名逮捕した男の取り調べに拳銃所持見落とす/埼玉県警
概要埼玉県警は7日、同県警・春日部署が取り調べの際に実弾が入った拳銃をズボンの内側に隠し持っていたとして銃刀法違反などの疑いで住所不定、無職の男(36)を逮捕したと発表した。同署が拳銃の所持を約10時間にわたって見落としていた。男は今年3月30日午前0時5分頃、春日部署で実弾7発の入った自動式拳銃一丁を所持した疑い。3月29日午後1時55分頃に元・交際相手の女性への傷害容疑で男を逮捕し春日部署での取り調べ前に同署員が服の上から体を触って確認したが拳銃には気づかず手錠をはずして取り調べていた。翌日、留置場に入る前の身体検査で男が上着を脱いだ際に拳銃が見つかったという。県警薬物銃器対策課の伊藤好秀次席は「より細かく確認すべきだった。今後指導する」とコメントしている。

日付2018-04-19情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県東京都
題名区役所に「刃物振り回す男」/銃刀法違反で逮捕/警視庁
概要19日午前9時15分頃、東京都文京区春日1の文京区役所から「刃物を振り回している男がいる。取り上げた」などと110番通報があった。警視庁・富阪署員が駆けつけ住居不定、無職の男(58)を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。男は区役所9階の福祉関係の窓口で女性職員とやりとりしていた際、持っていたカッターナイフを自分の首にあてて自殺を図るようなそぶりを見せたという。近くにいた男性職員がカッターナイフを取り上げた際、指に軽傷を負った。

日付2018-04-10情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県福岡県
題名約900万円横領した職員を懲戒免職/福岡県宇美町
概要福岡県宇美町は10日、消防団の活動費などを管理する総務課主査の男の職員(39)が約900万円を約3年にわたり着服していたとして懲戒免職処分にした。親族などが既に半額を返済し残額も返金を確約しており今後進ちょく状況を見て刑事告発するか検討する。町によると、職員は消防団活動費などの複数の預金口座や火災共済組合の掛金として集金された現金を管理する業務に1人で従事し口座からの出金や集めた現金など909万4,429円を着服してパチンコなどの遊興費や借金返済に充てていた。先月、消防分団から「2年にわたり振り込みがない」との通告があり町が調査して発覚した。上司らも監督責任として減給や戒告などの処分とした。

日付2018-03-19情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県東京都
題名23歳女性巡査が暴力団と交際し捜査情報を漏洩/警視庁
概要警視庁は19日、交際していた暴力団の男性組員に捜査情報を漏洩したとして新宿署の女性巡査(23)を停職6ヶ月の懲戒処分にするとともに地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで書類送検した。女性巡査は容疑を認めており同日付で依願退職した。女性巡査は暴力団事件などを担当する同署組織犯罪対策課に平成29年7月から勤務。業務中に30代の組員と知り合い11月下旬から交際を始めた。この組員は同署管内で起きた暴力団同士のいさかいの当事者として捜査対象となっており女性巡査も把握していた。12月に組員から「自分が捜査対象の事件はあるか」と尋ねられ、女性巡査は「捜査が進み、交際が発覚したら警察官を辞めなければならない」と不安になり捜査書類を閲覧。自分の携帯電話から捜査の進展状況などを組員に伝えた。今年1月下旬に組員から金銭の無心が相次ぎ女性巡査は交際を解消した。2月に交際の風評が広まり調査の結果、女性巡査が情報漏洩を認めた。警視庁は情報漏洩はこの1件だけとしている。警視庁の土屋警務部参事官は「警察への信頼を失墜させる行為で厳しく処分した。人事管理、業務管理を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

日付2018-03-15情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県神奈川県
題名区役所で包丁振り回した男逮捕/職員1人軽傷/横浜市中区
概要15日午前10時40分頃、横浜市中区の中区役所で「男が包丁を振り回している」と女性職員から110番通報があった。男はすぐに職員らに取り押さえられ神奈川県警・加賀町署に銃刀法違反の現行犯で逮捕された。取り押さえた際に男性職員1人が指に怪我をした。男は3階の生活支援課を訪れていたところ、暴れたという。同署が男からくわしく事情を聴いている。

日付2018-02-19情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県京都府
題名1億2,600万円の横領疑いで元従業員を告訴/京セラ
概要京都市に本社がある大手電子部品メーカー「京セラ」は19日、経理担当の元従業員が会社の金約1億2,000万円を着服していたとして業務上横領の疑いで神奈川県警に刑事告訴した。刑事告訴されたのは「京セラ」の工場で経理を担当していた51歳の元従業員の男。京セラによると元従業員は平成24年から昨年6月までに勤務していた工場や事業所で支払いに必要な書類を偽造し自分で開設した架空の口座に4回にわたって計約1億2,600万円を不正に送金していたという。昨年7月、元従業員が最後に勤務していた神奈川県秦野市の工場の同僚が不自然な取り引きに気付き社内で調査したところ不正が発覚し本人も着服を認めたという。会社は昨年8月30日付けで元従業員を懲戒解雇とし、その後の調査も終わったとして19日、業務上横領の疑いで神奈川県警に刑事告訴した。会社の調査に元従業員は「着服した金は住宅ローンの返済や遊興費に使った」と話していたという。京セラは「不正が行われた事実を厳粛に受け止め再発防止に努めます」とコメントした。

日付2018-02-01情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県千葉県
題名77万円を着服した市職員を懲戒免職/千葉県船橋市
概要千葉県船橋市は1日、市救急医療シンポジウム実行委員会などの経費約77万円を着服した健康政策課の主事職の男(31)を懲戒免職処分にしたと発表した。主事は昨年8~11月の間、8回にわたって銀行預金口座から印刷会社などに支払うべきチラシやポスターなどの経費を引き出し着服していた。1月12日、印刷会社から代金未払いの問い合わせがあり発覚した。主事は「借金返済にあてた。許されないことをして申し訳ない」と反省しているという。着服金は全額返還された。市は刑事告訴について千葉県警・船橋署に相談している。

日付2018-01-19情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県愛知県
題名嫌がらせでUSB捨てたりした検察事務官を懲戒免職/名古屋地検
概要名古屋地検は19日、50代の男の検察事務官が同僚が使用していたUSBメモリーを捨てたり職場のハードディスク(HD)を盗んだりしたとして同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。地検によると、同事務官は昨年11月30日~12月1日、職場共用のUSBを破壊して捨てたほかパソコンのHDのデータを消去し起動不能にした。いずれも特定の同僚が使用しており「嫌がらせでやった」と話したという。また同年7~12月、職場のパソコン用HD10台を盗んだり職務用のパソコンで刑の執行状況のデータを不必要に検索・閲覧したりした。地検は窃盗や電子計算機損壊等業務妨害などの容疑で捜査。被害を補償したなどの理由でいずれも起訴猶予とした。 

日付2018-01-16情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県大阪府
題名架空発注で背任、約6年に1億か、元社員逮捕/大阪府警
概要大阪府警捜査2課は16日、下請け会社に架空の業務を発注し大手ゼネコン竹中工務店の子会社「TAKシステムズ」(大阪市中央区)に損害を与えたとして同社の元社員の男(67)=同府高槻市奈佐原1=を背任の疑いで逮捕したと明らかにした。男は容疑を認めているという。架空発注は約6年間で約1億円にのぼるといい同課は使途を調べている。同課によると、男は大阪支店次長だった2016年8月頃、下請け会社に架空の業務を発注してTAK社に請求させ同社に約130万円を支払わせて損害を与えた疑い。支払額の多くが下請けから孫請けを経由し男に渡っていたという。男は当時、TAK社を退職し引き続き派遣社員として同支店次長を務めていた。TAK社の社内調査で不正が発覚し男は仕事を辞めたという。同社は「警察にお任せしているのでコメントできない」としている。ホームページなどによると、同社は1990年に設立され建設工事の設計、施工に伴う図形情報処理業務の受託や建築物の設計などを行っている。

日付2017-12-28情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県東京都
題名死亡男性は元新聞販売店主=日経本社火災/警視庁
概要警視庁・丸の内署は28日、日本経済新聞社本社(東京都千代田区)ビルのトイレが21日午前10時50分頃に燃えた火災で死亡した男性について元新聞販売店店主の水野辰亮さん(56)=西東京市芝久保町=と発表した。同署は自ら火を付けて自殺したとみて調べている。同署によると、火元とみられる2階の男子トイレの個室付近で油の反応があった。水野さんが油を持ち込んで火を付けた可能性が高いという。販売店は日経新聞を扱っていた。同署は油の成分や詳しい経緯を調べている。トイレは約30平方メートル燃え約1時間後にほぼ消し止められた。男性1人を救助し病院に搬送したが死亡が確認された。

日付2017-12-21情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県愛知県
題名NHK職員が受信料58万円着服、懲戒免職/NHK名古屋
概要NHKが21日、会見を行い職員の懲戒処分を発表した。名古屋放送局の中央営業センターの職員の男(37)が昨年10月から今年12月にかけて訪問集金により受け取った受信料58万円を着服したことが発覚し懲戒免職とした。男の職員は愛知県内で訪問集金により受け取った受信料21件分、約58万円を着服。収納の際、訪問先に領収証を発行したがその後、システムから発行履歴を消去し協会には入金せず報告をしていなかった。男の職員は「親族の病院などの治療費で借金があった」といい事実と認め弁済した。NHKは「公共放送の職員として言語道断。職員としてあるまじき行為であり、厳しく対処した。視聴者の皆さまに深くおわびするとともに業務管理を一層徹底して参ります」とコメントした。

日付2017-12-15情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県鹿児島県
題名36歳の警察職員が遺失物を着服、懲戒免職/鹿児島県警
概要鹿児島県警は15日、落とし物として届けられた電子マネー機能付きのICカードを着服するなどしたとして鹿児島西署会計課に勤務していた男性職員(36)を業務上横領と窃盗の疑いで鹿児島地検に書類送検し同日付で懲戒免職処分にした。送検容疑は遺失物係などをしていた2015年8月~17年1月、会計課内に保管していたICカード4枚を横領したり盗んだりした疑い。県警監察課によると、カードは保管期限が切れ廃棄処分する予定だった。職員は容疑を認め「残高が残っているかもしれないカードを捨てるのがもったいなかった」と話しているという。職員はカードを使って菓子などを購入していた。県警から落とし物の照会を受けたカード発行元の会社が照会後も残高が減っていることを不審に思い17年8月に県警に通報した。職員は他に18枚を横領するなどしていたといい前山良民・首席監察官は「警察に対する信頼を大きく損ねる行為で、深くおわび申し上げる」と謝罪した。

日付2017-12-13情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県大阪府
題名駅係員女性が遺失物の現金など16万円着服、解雇/阪急電鉄
概要阪急電鉄(大阪市北区芝田)は13日、京都線運輸課に所属していた駅係員の女性(21)が今年6~11月、駅に届けられた現金や交通系ICカードなど乗客の遺失物(忘れ物)66件、計16万2,152円分を着服していたと発表した。同社は12日付で女性を懲戒解雇処分とした。同社によると女性は桂、河原町両駅の改札を担当していたが遺失物の登録データを自ら削除し保管されていた遺失物を着服していた。11月に不審なデータ削除の履歴が見つかり発覚した。同社は「お客様にご迷惑をお掛けしおわびします」と陳謝した。女性の刑事告発については「全額を弁済し反省もしている」として見送るという。

日付2017-12-12情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県東京都
題名日経新聞が販売局部次長を懲戒解雇/商品券3千万円不正取得
概要日本経済新聞社は12日、業務を装って計3,000万円相当の商品券を不正取得していた東京本社販売局第2部次長の男(44)を懲戒解雇した。この社員は2012年8月~17年5月、西部支社販売部などで63回にわたりグループ会社に商品券を発注し換金して私的に使用。虚偽の説明をして新聞販売店や本社に代金を負担させていた。この社員は本社を通じて全額弁済する意向を示している。本社はまたこの社員の不正を把握したのに対応を怠った元上司の東京本社販売局次長を降格とした。7月に別の販売局社員を懲戒解雇した件と合わせて管理責任を問い常務執行役員販売担当、東京本社販売局長をけん責とした。常務取締役販売統括は役員報酬30%を1ヶ月返上する。日本経済新聞社は「社員による不正行為であり、厳正に対処するとともにおわびいたします。社員教育を徹底、管理体制を強化します」(広報室)としている。

現在  1 ページ(全 7 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次ページ

footer