Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー20 件(合計 82 件) 次ページ
日付2018-10-05情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名旧1万円偽札使用で81歳逮捕/店員が「聖徳太子」見過ごす/警視庁
概要警視庁警視庁捜査2課は5日、飲食店で偽の旧1万円札を使ったとして東京都台東区竜泉2の無職の男(81)を偽造通貨行使の疑いで逮捕したと発表した。同様の偽札は8月以降、都内の飲食店など17店で23枚見つかっており、同課はいずれも81歳の男が使ったとみて調べる。捜査2課によると、偽札は聖徳太子が描かれた旧1万円札(1986年まで発行)だった。インクジェット式のプリンターで印刷されたとみられるが、一部には透かしが入っていた。同課は「精巧な造りではないが、聖徳太子の1万円札はなじみがないので店員も気付かなかったのだろう」と話している。男は9月上旬、東京都千代田区内のコーヒーショップなど2店舗で偽の1万円札2枚を使ったとしている。男は「知人にもらった。偽札とはわからなかった」と否認しているという。売上金を入金しようとした際の銀行のチェックで偽札が見つかった。店は男の行きつけだったため関与が浮上した。同課は偽札の入手経路などを調べる。

日付2016-10-22情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県兵庫県
題名1万円札偽造し居酒屋で支払い、偽造・同行使で男逮捕/兵庫県警
概要兵庫県警・灘署は22日、1万円札を偽造し居酒屋での支払いに使用したとして通貨偽造・同行使の疑いで神戸市灘区岩屋中町2のウェブデザイナーの男(51)を逮捕した。男は20日午後、自宅で1万円札を42枚偽造し近所の居酒屋の支払いに使用した疑い。一部容疑を否認しているという。男は居酒屋で居合わせた客の男性に偽札を作ったことを明かしていたため支払い時に「偽札だ」と指摘を受け、また手触りが違うことに気づいた店員が偽札だと指摘したところ男は本物の1万円札で支払ったという。翌日、阪神・岩屋駅で灘署員が男の身柄を確保し自宅を調べたところ偽の1万円札42枚が見つかったという。男は「偽札をつくったが使ってはいない」と供述し容疑を一部否認しているという。

日付2015-12-18情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県福岡県
題名61歳無職の男を偽の1万円札使用で逮捕/福岡県警・東署
概要福岡県警・東署は18日、今月14日午後10時頃、福岡市東区のスナックで代金を支払う際、偽の1万円札を使ったとして同区の無職の男(61)を偽造通貨行使の疑いで逮捕した。男は、容疑を否認しているという。使用されたお札に「すかし」が入っていないことにスナックの店主が気付いて110番通報し偽札と分かったという。男は「普通の1万円札で偽札とは思わなかった」と話し容疑を否認しているという。福岡市東区では11月以降、スナックなどの飲食店を中心にすかしが入っていない偽の1万円札が十数枚見つかっているということで今回の事件との関連を捜査している。

日付2014-07-01情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県大阪府
題名懲りずに偽1万円札使う34歳居酒屋経営者を逮捕/大阪府警
概要大阪府警捜査2課は1日、偽造1万円札を使ったとして偽造通貨行使の疑いで大阪府藤井寺市の居酒屋経営の男(34)=同罪で起訴済み=を再逮捕した。男は容疑を認めているという。府内各地の飲食店や煙草店で5~6月に偽1万円札が使われる事件が数件あり同課が関連を調べている。再逮捕容疑は5月31日午後4時30分頃、大阪府富田林市内の喫茶店で飲食代金2,530円の支払いに偽1万円札を使ったとしている。男は大阪府松原市内のファストフード店で6月に偽1万円札を使用したとして同容疑で逮捕、起訴されていた。

日付2014-05-31情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県愛知県
題名偽シャネル陳列の疑いで販売会社役員の男逮捕/愛知県警
概要愛知県警生活経済課や一宮署などは31日、人気洋服ブランド「SHAKE SHAKE(シェイクシェイク)」の店舗で偽シャネルのネックレスなどが陳列された事件で商標法違反(侵害行為)としてシェイクシェイクを運営する婦人服製造販売会社「シック」(大阪市西区)取締役の男(34)=大阪市西区=を逮捕した。男は今年1月7日、名古屋市中区の百貨店「丸栄」内などの2店舗で偽物のシャネルのネックレスとカーディガン計162点を販売する目的で所持しシャネルの商標権を侵害したとされる。男は「シャネルのマークを使えば売れるため、売り上げを伸ばすために売った」と容疑を認めているという。一宮署によると、男はエリアマネジャーとして2店舗の商品の仕入れや店舗運営を担当。中国を訪れて偽物の商品を仕入れ昨年5月から商品を陳列していた。ネックレスは1点2,000~3,000円、カーディガンは3,000円台で販売され2店舗で計530万円を売り上げていた。県警はすでに名古屋市内の大型商業施設で偽シャネルの商品を陳列させていたとして同容疑で同社営業部長の男(55)=大阪市西区=を逮捕している。

日付2013-11-04情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県大阪府
題名高校生2人がおもちゃの100万円札で両替/大阪府警・吹田署
概要大阪府警・吹田署は4日、「100万円」と書かれたおもちゃの紙幣で両替を依頼し現金をだまし取ったとして詐欺容疑で大阪府内の私立高校1年の男子生徒(16)と同級生の男子生徒(15)の2人を逮捕した。2人は同日午前11時35分頃、同府吹田市寿町の煙草店で男性店主(76)におもちゃの100万円札紙幣のコピーを渡して1万円札に見せかけて両替を依頼。千円札10枚を受け取った疑い。2人は「コンビニなどで出せばすぐにばれるが、小さな店ならだませると思った」と容疑を認めているという。店主がすぐに偽物だと気付き110番通報。緊急配備中の署員が現場から約2.5キロ離れた同市内の路上で年齢や服装のよく似た2人組の少年を見つけ事情を聴いたところ容疑を認めたという。通常、偽札の使用には偽造通貨行使容疑が適用されるが、同署は「あまりにも稚拙で偽札とはいえない」として詐欺容疑で逮捕した。

日付2013-08-27情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名タクシーで偽造1万円札行った中国人逮捕/警視庁
概要警視庁は27日、東京・新宿区で偽の1万円札を使ってタクシーの運賃を支払ったとして東京・江戸川区に住む土木作業員の25歳の中国人の男を偽造通貨行使の疑いで逮捕した。同じ特徴の偽1万円札が東京と山梨でほかに13枚見つかっており、これらについても男が関わった疑いが強いとみて調べている。男は今年5月、新宿区の路上に停車中のタクシーの車内で運賃710円の支払いに偽の1万円札を使ったとして偽造通貨行使の疑いがもたれている。男が渡した1万円札がインクで汚れていたうえ手触りも違っていたことから運転手が届け出て警視庁などがタクシーの車内カメラの映像などから捜査を進めていた。男は「自分で作った1万円札を使った事は間違いありません」と偽造についても認める供述をしているという。偽の1万円札はプリンターで印刷したとみられ透かしがなく、これまでの調べで同じ特徴の偽の1万円札が今年5月以降、東京都内と山梨県内でほかに13枚見つかっているという。

日付2013-08-20情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県大阪府
題名私人逮捕なのに「職質で警察官が検挙」/大阪府警・都島署
概要民間人が犯人を取り押さえた窃盗事件で大阪府警・都島署の交番に勤務する地域課係長の30代の男性警部補が「(部下の)警察官が職務質問で検挙した」と捜査書類に虚偽の記載をしていたことが20日わかった。容疑者の男の供述調書や被害者の調書もつじつまが合うように内容を偽っていた。職務質問をきっかけに犯人を摘発した場合は高い評価を受けるとされる。府警は警部補が係の実績にするため捏造した疑いもあるとみて虚偽公文書作成・同行使容疑で調べている。府警によると、2月14日午前5時30分頃、大阪市都島区のインターネットカフェで就寝中の女性客の個室を50代の男が物色しているのを店員が発見し受付まで同行するよう求めた。男は途中でトイレに寄り現金約1万円入りの女性客の財布を捨てたという。店側は「客の財布を盗んだ男がいる」と通報。駆けつけた都島署員が受け付けカウンターに座らされていた男を店から近くの交番に連行した。取り調べを担当した警部補は、被害品の財布を発見し男が逃走しないよう事実上取り押さえたのが店員だったのに店に行った交番の部下らが男を職務質問し摘発したように捜査書類を偽装したという。報告書に「警察官がトイレで財布を発見し、容疑者に現場で話を聴いたところ犯行を認めた」と虚偽記載したうえ、男の供述調書も「警察官に職務質問され、盗んだことがばれた」と嘘の内容で作成した。被害者調書もこの嘘に沿って作られていたという。警部補は軽微な置引き事件として不拘束で処理したが検察が6月下旬頃に起訴に向けた補充捜査を指示。同署刑事課が改めて関係者から事情を聴いたところ検挙の経緯が虚偽であることが明らかになった。男は今月3日、大阪市内の別のネットカフェでも置引きしたとして府警・南署に逮捕されている。

日付2013-07-20情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県愛知県
題名偽千円札で煙草買った少年逮捕/愛知県警・瑞穂署
概要愛知県警・瑞穂署は20日、偽千円札で煙草を買ったとして名古屋市瑞穂区の無職の少年(16)を偽造通貨行使容疑で逮捕した。少年は今月5日午後2時50分頃、瑞穂区内の商店で440円の煙草1箱を購入した際、偽千円札1枚を使った疑い。少年は容疑を認め「小遣いが欲しくて自分でコピーして作った」と供述しているという。同署が入手経路を調べている。商店の女性店員(61)が「お札の色が薄い」と指摘したが少年は「水にぬらしてしまった」と説明。煙草と釣り銭を渡した店員が札に触って違和感を覚えたが少年はいなくなっていたという。

日付2013-06-24情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県香川県
題名香川県でまた偽1万円札/徳島県で行使の香川の女逮捕
概要24日午前10時頃、香川県東かがわ市のスーパーで男性店長が前日の売上げの中から不審な1万円札を1枚見つけ香川県警・東かがわ署に通報した。見つかった紙幣は「透かし」がなく、本物よりも少し小さく、茶色っぽい色をしていたという。同署は偽札と断定し偽造通貨行使の疑いで捜査している。香川県内では22日は高松市の雑貨店で、23日はさぬき市のスーパーでそれぞれ偽物1万円札1枚が見つかっていて今回で3枚目となった。偽札はいずれも「透かし」がなく本物の1万円札より少し小さいということで3件の関連も調べている。一方、24日に徳島県鳴門市で偽1万円札を使った疑いでさぬき市の23歳の女が徳島県警・鳴門署に逮捕されたことから香川県内との関連を調べている。

日付2013-06-22情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県香川県
題名雑貨店から偽1万円札を女性店主が見つける/高松市
概要22日午後6時30分頃、香川県高松市中心部の雑貨店で女性の店主(74)がこの日の売り上げを確認していたところ、偽札のような一万円札1枚を見つけ警察に通報した。見つかった偽札は「透かし」がなく、色合いも通常のものより青みがかかっていたという。店ではその日の売り上げを毎日確認しているということで21日の夜には見つからなかったという。このため香川県警では22日に何者かがこの店で偽札を使ったとみて誰が使ったのか捜査するとともに見つかった偽札を鑑定してどのように作られたのかなど詳しく分析することにしている。

日付2013-03-05情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県愛知県
題名人気化粧品の偽サンプルをネット販売の男逮捕/愛知県警
概要愛知県警生活経済課と昭和署は5日、大手化粧品会社「ドクターシーラボ」(本社・東京都渋谷区)の化粧品サンプルの偽物をインターネットオークションで販売したとして大阪府の会社役員の男(45)を詐欺と商標法違反の疑いで逮捕した。県警は中国人の女も販売に関わっていたとみて捜査している。化粧品サンプルは持ち歩いて使う目的などから女性に人気で化粧品の偽サンプルの摘発は全国初とみられる。男は同社が「お試し用」として消費者に無料で配る基礎化粧品の保湿ジェルのサンプルの偽物をネットオークションで販売した疑い。本物そっくりの容器内に粗悪な類似の化粧品が詰められていたとみられ本物と偽ってオークションに1円から出品され1個400~500円程度の値段が付いていたという。これまでに全国約2,000人に約1万8,000個を販売し700万円以上の売り上げがあったという。利用者から変な匂いがしたと県警に相談があり偽造が発覚した。これまで健康被害の報告はないという。男は大阪府内の業者に偽サンプルの容器偽造を依頼していたとみられるという。県警は今後、この業者からも事情を聴く方針。ドクターシーラボは「アクアコラーゲンゲル」などのスキンケア化粧品で知られ、同社のホームページ(HP)によると、皮膚科の医師らが商品開発に参加した「メディカルコスメ」と呼ばれる化粧品分野で約4割のシェアを占める。通信販売を中心に事業を展開している。

日付2013-01-23情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名JCBの偽造ギフトカードが3店舗で214枚見つかる/被害届提出
概要大手クレジットカード会社の「ジェーシービー(JCB)」は、発行するギフトカードが偽造され首都圏のデパートなどで使われていたとして、このギフトカードを取り扱っている店などに対して注意を呼びかけている。同社の発表では、偽造されたのは5,000円のギフトカード。今月15日と19日に東京と神奈川のデパートとスーパー計3店舗で214枚が見つかった。偽造されたギフトカードは精巧に作られており、本物は金額の表示された部分が凹凸がありザラザラとした手触りなのに対して、偽造されたカードはつるつるとしている。また裏面に記載されたギフトカードを使うことができる店名などに誤字があり「高島屋」の文字が一部違っていたり、「パルコ」が「バルコ」と表記されたりするなど10ヶ所の誤りがあるという。同社は23日、警察に被害届けを出すとともに取り扱っている店や企業などに本物と偽物の見分け方などを説明したパンフレットを配るなどして注意を呼びかけている。

日付2013-01-15情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県大阪府
題名USJ偽造券を金券ショップで換金/78歳男を逮捕/大阪府警・曽根崎署
概要大阪府警・曽根崎署は15日、米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市此花区)の偽造された入場引換券を金券ショップで換金したとして東京都江戸川区平井1の無職の男(78)を詐欺と偽造有価証券行使の疑いで逮捕したと発表した逮捕は13日。同じ偽造引換券約1,000枚(約500万円相当)が換金されたという。男は昨年7月上旬、偽造引換券約50枚を大阪市内の金券ショップで他人に換金させ約30万円を詐取したとしている。複数の女性らが大阪と兵庫の金券ショップ10数店に偽造引換券約1,000枚を持ち込んだという。引換券を発行した旅行会社名が印字されているが字体が本物と異なり偽造の経緯についても調べる。

日付2012-03-23情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名少年3人で偽1万円札作り高齢者が店番の店舗で使う/警視庁少年事件課
概要警視庁少年事件課は23日までに、偽造した1万円札で駄菓子などを買ったとして通貨偽造・同行使などの疑いで埼玉県越谷市のとび職の少年(19)(19)と同県吉川市の飲食店店員の少年(19)(19)ら3人を逮捕した。とび職の少年は「遊ぶ金がほしかった」などと容疑を認めているという。3人は昨年9月24日~10月18日頃、吉川市の少年宅のパソコン用プリンターで1万円札をコピーして4枚を製造し同県越谷市の豆腐店や東京都豊島区の駄菓子屋など4店で使ったとしている。偽札は10枚製造されたとみられ同課は残り6枚についても使用されていないか調べている。透かしなどは入っていなかったが高齢者が店番をする駄菓子屋などを選んで使用しておりその場で発覚することはなかったという。駄菓子屋の女性(71)が受け取った偽札を別の店で使った際に気づき同庁に相談していた。

日付2012-03-16情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県岐阜県
題名偽造切手換金で3人逮捕/2万枚出回る/岐阜県警
概要岐阜県警捜査2課などは16日、偽造切手を換金し現金をだまし取ったとして郵便法違反と詐欺容疑で自称サーバー管理技術者の岐阜市東鶉の男A(52)、愛知県清須市朝日の無職の男B(34)、自称企業コンサルタントの住所不定の男C(28)を逮捕した。男らは「偽物だとは知らなかった」などと容疑を否認しているという。3人は昨年10~11月にかけてそれぞれ岐阜市内と名古屋市内などの金券ショップで350円の偽造切手計5,272枚を換金し計約110万円をだまし取った疑い。偽造切手は12府県で約2万枚が出回っているという。3人はいずれも中国から帰国したところを逮捕され、その際に男Cは偽造した全国共通の食事券約1万1,000枚(550万円相当)を所持していた。 

日付2011-09-07情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県大阪府
題名菓子店や酒店で偽5千円札使われる/京都市下京区
概要京都市下京区で偽5千円札2枚が使われたことが7日わかった。記番号が同じで、透かしやホログラムがないなど特徴が似ており、京都府警・七条署が偽造通貨行使などの疑いで捜査している。調べによると、6日午後7時35分頃、京都市下京区の菓子店で30歳ぐらいの男が菓子の代金を偽5千円札で支払い、釣り銭4,670円を受け取った。店員が紙幣の色合いを不審に思い110番通報した。その後の調べで、約1時間前にも近くの酒店で偽5千円札が使用されていたことがわかった。

日付2011-06-01情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名他人になりすましネットカフェ利用の男を書類送検/警視庁・目黒署
概要警視庁・目黒署は1日、インターネットカフェで身分証を求められた際に他人の運転免許証を提示したとしてインターネット利用営業規制条例(本人確認義務)違反の疑いで東京都世田谷区の無職の男(24)を東京地検に書類送検した。同条例の適用は都内で初。送検容疑は3月1日、目黒区のネットカフェで40代の男性店長に身分証の提示を求められた際、他人名義の免許証を出した疑い。男は「他人の免許証が使えるかどうか試してみたかった」と供述しているという。男は入会申込書を書く際に名前の一部を間違えたり交付された会員証に自分の名前を書いて訂正するなどしたという。店長が不審に思い数日後、同署に相談した。同条例はネットカフェで他人を装った犯罪が増え問題視される中で昨年施行された。

日付2011-05-22情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県茨城県
題名19歳がニセの義援金「募金箱」作り約5千円盗む/茨城県警・行方署
概要茨城県警・行方署は22日、東日本大震災の義援金を募るボランティアを装い募金をだまし取ったとして茨城県潮来市内の派遣社員の少年(19)を詐欺容疑で逮捕した。少年は4月中旬、同市内の食料品店に市職員を名乗って電話をかけ、「募金箱を置かせてほしい」と依頼し同15日から25日にかけて店内のレジカウンターに募金箱を置き客や店員が募金した義援金約5,000円をだまし取った疑い。少年は「小遣いが欲しかった」と容疑を認めているという。不審に思った同店が4月下旬、行方署に相談。同署が潮来市に確認したところ募金箱に書かれていた「潮来市ボランティア協会」が存在しなかったことから事件が発覚した。

日付2011-03-03情報ソース 
手口偽造建物用途店舗 その他
都道府県埼玉県
題名偽造1万円札で煙草7箱を購入/男を逮捕/埼玉県警
概要埼玉県警捜査2課と東入間署は3日、偽造通貨行使の疑いで埼玉県川越市藤間の自称トラック運転手の男A(31)を逮捕した。捜査2課の調べでは、男Aは男B(31)=偽造通貨行使罪で起訴=と共謀して2月4日午後0時55分頃、同県ふじみ野市上福岡の商店で煙草7箱(計3,080円相当)を購入する際、男性店主(64)に代金として偽造の1万円札を手渡した疑い。本物の1万円札よりも薄く、すかしが入っていなかったため店主が偽造と気づいたという。同課では2人が何らかの方法で偽造にも携わった可能性もあるとみて調べている。

現在  1 ページ(全 5 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ

footer