Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

21 件ー36 件(合計 36 件)前ページ 
日付2016-02-05情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県東京都
題名痴漢で起訴された警部を停職に/部下から660万円借金も/警視庁
概要警視庁は5日、電車内で痴漢したほか部下から約660万円を借りていたとして滝野川署刑事組織犯罪対策課長の警部(52)=埼玉県川越市=を停職3ヶ月の懲戒処分にした。警部は「痴漢は一切やっていない」と否定したが同日付で辞職した。さいたま地検は同日、県迷惑防止条例違反罪で起訴した。警視庁によると、堀警部は昨年9月24日深夜、東武東上線の電車内で女性の腰を触ったり下半身を押し付けたりした疑い。同僚らとはしご酒をし帰宅途中だった。 

日付2015-12-25情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県東京都
題名痴漢で逮捕された社員の解雇は無効の判決/東京地裁
概要東京地裁(石田明彦裁判官)は25日、地下鉄の車内で痴漢したとして逮捕された東京地下鉄(東京メトロ)の男性社員が諭旨解雇されたのは不当だとして同社に解雇無効などを求めた訴訟で、解雇を無効とし同社に解雇後の未払い分の給与(月額約36万円)を支払うよう命じる判決を言い渡した。石田裁判官は「痴漢が許されない行為なのは当然だが、諭旨解雇は重すぎる処分で、社会通念上、相当ではない」と述べた。判決によると、男性は2013(平成25)年12月、東京メトロ千代田線の車内で痴漢したとして逮捕された。罰金20万円の略式命令を受け14年4月、同社に諭旨解雇された。判決は「会社に与えた影響は大きくなく、懲戒手続きの中で弁明の機会が与えられなかったのも不適切だった」と判断した。

日付2015-09-08情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県大阪府
題名巡査部長ら集団強姦に参加料1万円/容疑の巡査長/大阪府警
概要大阪府警箕面みのお署刑事課巡査部長(36)=大阪市天王寺区=の巡査部長と元府警巡査長の配送運転手(32)=福島県いわき市=が他の数人と共謀し女性に集団で性的暴行を加えたとして2人が大阪府警に7日、集団強姦と監禁の両容疑で逮捕された事件で、逮捕された元府警巡査長の配送運転手(32)が参加者を募った際、約1万円の参加料を徴収していたことが8日わかった。元巡査長は集団暴行の意図は否定しているが希望者と無料通話アプリ「LINE(ライン)で何度もやりとりして計画を練っており府警は金銭目的の可能性もあるとみている。元巡査長は事件2週間前の昨年12月3日、インターネットのアダルトサイト掲示板に「ドッキリの乱暴企画」と書き込むなど計5回にわたって参加者を募り100件近い返信があった。

日付2015-08-28情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県岐阜県
題名信長ゆかりの寺の住職が準強制わいせつ/岐阜県警・岐阜中署
概要岐阜県警・岐阜中署は28日、織田信長ゆかりの円徳寺=岐阜市神田町6=の住職の男(65)を準強制わいせつ容疑で逮捕した。住職は7月中旬頃、寺の敷地内にある住居で正常な判断ができない状態にあった県内在住の10代女性の胸を触るなどした疑い。住職は「間違いありません」と容疑を認めているという。今月5日に女性から被害届があった。円徳寺は1183(寿永2)年創建。織田信長が岐阜城攻めの際に本陣を置いたとされる。楽市楽座発祥の寺としても知られ信長が城下町での自由交易を奨励するため寺の門前に立てた「楽市楽座制札」は国の重要文化財に指定されている。

日付2015-08-26情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県京都府
題名「仕事を紹介してあげる」と27歳女性を誘拐/京都府警・下京署
概要京都府警・下京署は26日、仕事紹介を口実にわいせつ目的で女性を誘拐したとしてわいせつ目的誘拐と強制わいせつの疑いで京都市南区の会社員の男(27)を逮捕した。男は「過去にも同じ手口でうまくいったので、やった」と容疑を認めているという。逮捕容疑は5月11日午後2時5分頃から約20分間、「JRの仕事を紹介してあげる」と同市南区に呼び出した無職の女性(27)を車に連れ込み下京区内の路上に駐めた車内で「体が細いね」などと言って女性の胸などを触った疑い。女性が抵抗したため男は呼び出した場所に車で戻って女性を解放したという。直後に女性が110番通報した。2人は5月上旬に出会い系アプリ「ひまトーークDX!」で知り合いその後は無料通信アプリ「LINE(ライン)」でやりとりをしていたという。

日付2015-05-16情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県長崎県
題名県警巡査が自宅警察官舎で強姦、逮捕/長崎県警・大村署
概要長崎県警・大村署は16日、同県警・自動車警ら隊県央分駐隊所属の巡査(25)=同県大村市池田新町=を強姦容疑で逮捕したと発表した。巡査は「間違いありません」と容疑を認めているという。巡査は同日午前2時10分頃、巡査のの自宅警察官舎で長崎県諫早市の女性店員(23)に右腕を引っ張って倒すなどし、性的暴行を加えたとしている。巡査は知人を通じて女性と知り合い数日前から無料通信アプリ「LINE(ライン)」で連絡を取り合っていた。15日に初めて会って夜に飲食店で食事をした後、警察官舎に女性を連れていったという。女性から被害の連絡を受けた姉が16日午前3時頃、交番に届け出た。巡査は2013(平成25)年に採用されていた。県警の森田英孝・首席監察官は「重大な不祥事を起こしたことは極めて遺憾であり、深くおわびします。職員への指導監督を徹底し、再発防止に努めたい」とのコメントを出した。

日付2015-02-27情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県大阪府
題名服役し釈放された男性に再審決定/被害者が嘘/大阪地裁
概要大阪地方裁判所(登石郁朗裁判長)は27日、女性に乱暴したとして懲役12年の刑が確定し服役していた男性が無実を訴えて再審=裁判のやり直しを求めていたのに対し再審を認める決定をした。検察は既に男性を釈放しており今後、裁判で無罪が言い渡され確定する見通し。この男性は2004(平成16)年から08(同20)年にかけて大阪市内で同じ女性に乱暴したり体を触ったりしたとして懲役12年の刑が確定し服役した。男性は一貫して無実を訴え服役から約3年がたった昨年9月、大阪地方裁判所に再審=裁判のやり直しを求めた。検察は改めて捜査した結果、被害者とされた女性や目撃者の話が嘘だったことが分かったとして昨年11月、裁判所の判断を待たずに男性を刑務所から釈放する異例の措置をとっていた。27日の決定で登石裁判長は「女性を診察した記録には、『体に乱暴された痕跡がない』とする趣旨の記載があり、女性が被害を受けていなかったことを強く裏付けるものと言える。嘘をついていたことを認めた女性と目撃者の新たな証言は信用でき無罪を言い渡すべき明らかな証拠だ」として再審を認めた。検察は争わない方針で今後、裁判で男性に無罪が言い渡され確定する見通し。再審を認める決定について大阪地方検察庁の北川健太郎次席検事は「客観証拠を発見できなかったうえ虚偽を見抜けなかったのは遺憾だ。刑の執行を停止し、すみやかな再審開始がなされるように対応しており、再審でも引き続き、適正かつ公正に対応したい」としている。再審を認める決定について後藤貞人弁護士は「冤罪は明白で、男性を有罪とした1審、2審ともに事実認定に大きな問題があった。確定判決は、『女性が嘘の被害を言うはずがない』と頭から決めつけ事実への謙虚さに欠けていた」と話した。

日付2014-11-18情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県大阪府
題名裁判所の判断待たず受刑者を釈放/証言は嘘/大阪地検
概要大阪地方検察庁は18日、女性に乱暴した罪などで懲役12年の刑が確定し服役していた男性が再審=裁判のやり直しを求めていたのに対し、被害者の女性や目撃者の話が嘘だったことがわかったとして裁判所の判断を待たずに男性の刑の執行を停止し刑務所から釈放する異例の措置をとった。大阪地検によると、この男性は04年から08年にかけて大阪市内で同じ女性に2度乱暴したほか抱きついて体を触ったとして11年に懲役12年の刑が確定し服役した。男性は捜査段階から一貫して無罪を主張し服役から約3年がたった今年9月に大阪地方裁判所に再審=裁判のやり直しを求めた。これについて検察が改めて捜査した結果、被害者の女性や目撃者の話が嘘だったことがわかったとして18日、「無罪を言い渡すべき明らかな証拠に該当する蓋然性が高い」などとする意見書を裁判所に提出したうえで男性を刑務所から釈放した。裁判所が再審を認める前に検察が独自の判断で受刑者への刑の執行を停止し釈放するのは極めて異例。大阪地検は「再審の求めに適切に対応したい」としている。

日付2014-07-15情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県東京都
題名バスで痴漢に問われた教諭に逆転無罪/車載カメラに?/東京高裁
概要3年前に東京都三鷹市の路線バスの車内で痴漢をした罪に問われ1審で有罪判決を受けた中学校教諭の男性に2審の東京高等裁判所は15日、「バス内のカメラの映像から痴漢をしたとは認められない」と判断して逆転で無罪を言い渡した。東京・三鷹市の中学校教諭の男性(30)は3年前、市内を走る路線バスの車内で女子高校生の体を触ったとして東京都の迷惑防止条例違反の罪に問われていた。男性は「リュックなどが当たっただけだ」と一貫して無罪を主張していたが1審は「何度も触られたという被害者の証言は信用できる」として罰金40万円の有罪判決を言い渡していた。15日の2審の判決で東京高等裁判所の河合健司裁判長は「車載カメラの映像からは左手でつり革をつかみながら右手で携帯電話を操作している状況がうかがわれ痴漢をしたとは認められない。被害者の証言を前提にした1審の判断は慎重さを欠いていて、被害者が勘違いした疑いが残る」と指摘して1審を取り消し無罪を言い渡した。判決後に会見した男性は「1審で痴漢の犯人というレッテルを貼られたが、やっていないと訴え続け、無罪と認められて本当によかった。信じてくれた教え子のためにも早く学校に戻りたい」と話した。

日付2013-07-25情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県東京都
題名東大准教授に逆転無罪/1審の尋問は典型的誘導/東京高裁
概要通勤中の電車内で女性の尻を触ったとして東京都迷惑防止条例違反(痴漢)罪に問われた東京大学准教授の男性被告(46)の控訴審判決公判が25日、東京高裁で開かれた。山崎学裁判長は「被害女性の証言は信用できず、被告が犯人であるとの証明はない」として罰金40万円の有罪とした1審東京地裁判決を破棄、無罪を言い渡した。山崎裁判長は女性が痴漢被害を受けた事実を認定したうえで、犯人が後方にいた被告であることを確認したとする女性の証言の信用性を検討。この点について尋ねた1審の裁判官の質問を「典型的な誘導尋問の繰り返し」と指摘し、「誘導尋問で得た証言を犯人特定理由の中核に据えた1審判決には賛同できない」と結論付けた。被告は10年9月、JR総武線の電車内で30代の女性会社員の尻を触ったとして逮捕、起訴された。一貫して無罪を主張したが昨年8月の1審判決は「女性の証言は具体的で、被告が犯人と十分認定できる」として有罪を言い渡していた。

日付2011-11-10情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県神奈川県
題名巡査長を逮捕/17歳少女にわいせつ行為/神奈川県警
概要神奈川県警は10日、自宅や車の中で17歳の少女にわいせつな行為をしたとして神奈川県青少年健全育成条例違反容疑で同県警・大和署刑事1課巡査長の男(29)=横浜市瀬谷区宮沢=を逮捕した。巡査長は容疑を大筋認め「被害者や組織に申し訳ないことをした」と話しているという。巡査長は勤務後の9月15日夜、自宅アパートと瀬谷区内の路上に止めた車内で同県三浦市の無職の少女(17)に対し18歳未満と知りながらわいせつな行為をした疑い。9月20日に少女が瀬谷署に「警察官とわいせつな行為をした」と電話してきて発覚したという。

日付2010-04-21情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県福岡県
題名性犯罪被害者の多くは「就寝中」ですべて無施錠/福岡県警
概要福岡県警のまとめによると、福岡県内で昨年確認された強姦と強制わいせつの性犯罪事件のうち、自宅で就寝中に被害に遭った約30件はすべて無施錠の玄関や窓から侵入されていたことが21日わかった。マンションなどの4階以上で起こったケースが約4割に上っており、県警は「高層階でも安心せずに戸締まりを徹底してほしい」と呼びかけている。県警によると、昨年の性犯罪の認知件数は強姦84件、強制わいせつ355件の計439件。このうち、自宅で被害に遭った約50件(近親者による犯行を除く)のうち約30件が就寝中で、いずれも無施錠の玄関や窓から侵入した男に襲われていた。約20件が1人暮らしだった。30件の建物別は、3階以下のマンションやアパートが44%、4階以上が38%、戸建てが17%だった。

日付2008-04-15情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県茨城県
題名「万引きしたでしょ」と警察官装いわいせつ行為/茨城県警
概要茨城県警・つくば北署などの共同捜査班は15日、わいせつ目的の誘拐容疑で茨城県筑西市横塚の飲食店経営の男(39)を送検した。容疑を大筋で認めているという。男は2月26日午前0時頃、同県つくば市内の駐車場で同市内の女性(27)に「万引をしたでしょう。監視カメラに写っているから一緒に来てくれ」などと声をかけ警察官の名刺のようなものを提示。自分のワゴン車に乗せ女性の体を触るなどし約2時間後に同市内で解放した疑い。同市周辺では2月から4月にかけて同様の事件が2件発生していて同署とつくば中央署、牛久署が共同捜査班を作り捜査。女性が覚えていた人相や犯行に使用した車種などから男が浮上した。

日付2003-11-07情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県長崎県
題名長崎県警壱岐署職員公衆トイレで盗撮/建造物侵入/長崎県
概要公衆トイレに盗撮目的で侵入したとして、長崎県警壱岐署は、同署の男性職員を建造物侵入容疑で壱岐区検に書類送検した。職員は署の警備艇機関長で、県警は同日付で停職1カ月の懲戒処分とし、職員は辞職願を提出した。

日付2003-07-17情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県千葉県
題名千葉県警巡査部長がわいせつ画像掲載/警視庁が逮捕
概要警視庁は7月17日、インターネット上に少女のわいせつな画像を掲載したとして、千葉県警巡査部長で、新東京国際空港警備隊勤務のS容疑者(30)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)の疑いで逮捕した。「少女に興味があり、仲間に(画像を)見せたかった」と話しているという。今年1月、10~13歳とみられる少女2人のわいせつな画像68枚を、ネット上の画像投稿サイトに掲載した疑い。千葉県市川市内の妹のアパートから、自分のパソコンを使って投稿したという。 この画像を見つけたスウェーデンの捜査当局から昨年11月、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて取り締まり要請が寄せられていた。S容疑者は高校卒業後、94年10月に千葉県警に採用された。空港警備隊、松戸東署、浦安署などをへて今年2月に空港警備隊に配属され、分隊長を務めていた。

日付2003-07-02情報ソース 
手口わいせつ建物用途その他
都道府県大阪府
題名強制わいせつ/小学女子ねらい50件あまり/大阪府住之江区
概要機械工H容疑者(38)を2001年5月から昨年5月までで、大阪市南部で6~13歳の女子計約50人にわいせつな行為を行ったとして逮捕。

現在  2 ページ(全 2 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 |前ページ 

footer