Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー20 件(合計 570 件) 次ページ
日付2019-03-17情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県東京都
題名無断欠勤に立腹し20歳男性死亡させた同僚ら逮捕/警視庁
概要警視庁・葛飾署は17日、無断欠勤した20歳の飲食店員の男性に腹を立てて暴行し怪我をさせたとして傷害の疑いで男性が勤務していた飲食店の経営者(24)=東京都荒川区=ら3人を逮捕した。男性は死亡し葛飾署が当時の状況を調べている。葛飾署によると、男性は住所不詳、飲食店店員の茂山零さん。16日午後9時50分頃、東京都葛飾区のマンション一室にいた茂山さんが呼吸をしていないことに3容疑者のうちの少年(17)が気付いて119番した。救急隊員が駆けつけたが既に死亡していた。

日付2019-03-15情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県静岡県
題名浜名湖切断2遺体事件で35歳男に2審も死刑/東京高裁
概要東京高裁(藤井敏明裁判長)は15日、静岡県浜松市の浜名湖で2016年、男性2人の切断遺体が見つかった事件で強盗殺人などの罪に問われた被告の男(35)の控訴審判決で藤井裁判長は「2人の命が奪われた結果は重大だ」と述べ、1審静岡地裁の死刑判決を支持、被告側控訴を棄却した。藤井裁判長は1審同様、被告の男が被害者2人と最後に接触したとみられることや、被害者のマンション名義などを自身に移していたことを指摘。その上で被告の実家で発見された台車などに2人の血痕が付着し知人に事件を告白していたことを挙げ被告側の「殺害していない」との主張を退けた。

日付2019-03-15情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県兵庫県
題名5事件で殺人など6つの罪の男に死刑判決/神戸地裁姫路支部
概要神戸地裁姫路支部(藤原美弥子裁判長)は15日、男性3人の殺害や死亡に関与したなどとして5事件で殺人や逮捕監禁致死など6つの罪に問われた無職の被告の男A(52)の裁判員裁判の判決で求刑通り死刑を言い渡した。被告が起訴事実の大半を否認し、うち2人の遺体が見つかっていないなど直接証拠にも乏しく裁判は長期化。審理期間は昨年10月の初公判から判決まで166日だった。事件の共犯者として起訴され昨年11月に同支部で無期懲役(求刑・死刑、控訴)の判決を受けた無職の男B(48)の207日間に次ぎ裁判員裁判では2番目の長期審理となった。被告の男Aは被告のBと共謀し2010~11年、男性2人を殺害し男性1人を監禁して死亡させるなどした。男Aは3人の死亡には関与していないと主張していた。

日付2019-03-15情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県富山県
題名警官と警備員襲撃した男を強盗殺人などで起訴/富山地検
概要富山地方検察庁は15日、昨年6月26日午後2時過ぎ、富山県警・富山中央署の奥田交番で拳銃が奪われ警察官と小学校の警備員が殺害された事件で精神鑑定の結果から責任能力を問えるとして逮捕された富山県立山町の22歳の元自衛官の男を強盗殺人などの罪で起訴した。男は、交番で稲泉健一警視(46)を殺害して拳銃を奪い、近くの小学校で警備員の中村信一さん(68)をこの拳銃で撃って死亡させたとして強盗殺人などの罪に問われている。富山地検は、男の事件当時の精神状態を調べる必要があるとして昨年11月からおよそ4月間にわたって精神鑑定を行った結果、刑事責任能力を問うことが可能であると判断し起訴した。男はこれまでの調べに容疑を認め、「拳銃を奪うために警察官を殺した。警察官なら誰でもよかった」という趣旨の供述をしているという。

日付2019-03-01情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名青酸連続殺人の高裁初公判は即日結審/被告の精神鑑定却下/大阪高裁
概要大阪高裁(樋口裕晃裁判長)で1日、近畿3府県で起きた青酸化合物による連続殺人事件で高齢男性4人に対する殺人と強盗殺人未遂罪に問われ、1審・京都地裁で死刑判決を受けた筧千佐子被告(72)の控訴審初公判が開かれた。被告の認知症の程度が争点で、弁護側は裁判を続ける訴訟能力がないとして精神鑑定を再度行うよう求めたが、樋口裁判長は却下し即日結審した。判決は5月24日。弁護側は改めて起訴内容を否認。裁判の打ち切りも求めたが樋口裁判長は認めなかった。筧被告は法廷に姿を見せなかったが、裁判が始まってから出廷を希望していると外部から連絡が入り混乱して休廷する場面もあった。1審では主に青酸による毒殺事件か、筧被告が犯人か、認知症の影響があったかなどが争われた。判決(2017年11月)は「遺産などを目的に青酸入りカプセルを飲ませた」とする検察側の主張を全面的に認定。認知症の影響についても公判前の精神鑑定などを根拠に「軽症で、責任能力や訴訟能力もある」と判断した。1審判決によると、筧被告は12年3月~13年12月、内縁の夫の本田正徳さん(当時71)=大阪府貝塚市、内縁の夫の日置稔さん(同75)=兵庫県伊丹市、夫の筧勇夫さん(同75)=京都府向日市の3人に青酸を飲ませ、いずれも殺害。07年12月、約4,000万円の借金を免れるため知人の末広利明さん(死亡時79)=神戸市北区=に青酸を飲ませて殺害しようとした。

日付2019-02-27情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県広島県
題名86歳男性殺害で手配の男を滋賀で逮捕/広島県警
概要広島県警捜査1課は27日、広島市中区銀山町の元旅館の建物で20日、住人の無職の植松一広さん(86)の遺体が見つかった事件で強盗殺人容疑で指名手配していた無職の男(34)=同県呉市焼山本庄=を滋賀県大津市内の路上で確保し逮捕した。男は25日朝、大阪市城東区のコンビニで「東京に行くのはどうしたらいいか」と道を尋ねた。その後、自転車で走り去る姿が監視カメラに映っており県警が行方を追っていたところ27日未明、大津市内の路上で身柄を確保した。

日付2019-02-26情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県奈良県
題名介護施設殺害事件で元職員を処分保留で釈放へ/奈良地検
概要奈良地検は26日、奈良県上牧町の介護老人保健施設で2017年5月、入所者の森本ミツヱさん(当時97)が首を絞められて殺害された事件で殺人容疑で逮捕された元介護職員の男性(56)を処分保留で釈放することを決めた。男性は17年5月10日頃、同町上牧の介護老人保健施設「こころ上牧」で入所者の森本ミツヱさんの首を絞めて殺害した疑いで県警に逮捕されていた。県警幹部は逮捕後、「施設は施錠され、外部から侵入できないなどの状況証拠を積み重ねて逮捕に至った」などと説明していた。男性は逮捕直後、県警に対して「身に覚えがありません」と否認し事件について黙秘を続けていたという。

日付2019-02-25情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県愛知県
題名愛知女性遺体に全身に複数あざ/遺棄の2人送検/愛知県警
概要愛知県警・中署は25日、愛知県豊田市の山林で女性の遺体が見つかった事件で女性の身元は名古屋市天白区植田南の職業不詳の犬飼幸子さん(31)と発表した。犬飼さんの頭部に打撲痕、顔など全身に複数のあざが見つかり、同署は死体遺棄容疑で24日に逮捕した風俗店員の女(36)=愛知県稲沢市日下部松野町=と無職の女(34)=名古屋市中区新栄=の2人が死亡の経緯を知っているとみて調べている。発表によると、2人は共謀して今月4日頃、犬飼さんの遺体を同県豊田市内の山林に遺棄した疑い。3人は知人同士で、容疑者の2人は調べに「車で名古屋市内から遺体を運んだ」といずれも容疑を認めている。司法解剖の結果、犬飼さんの死因は頭部を強く打ったことによる外傷性脳障害で死後1~3週間と推定されるという。捜査関係者によると、24日朝、2人の知人男性から「『人を殺した』と言っている女がいる」と110番通報があり、2人に事情を聞いたところ、供述通りに山林の斜面で遺体が見つかったという。遺体は灰色の長袖シャツと黒色のスカートを身に着けていた。同署は25日、2人を同容疑で送検。また、犬飼さんは容疑者の無職の女(34)の自宅マンションから同容疑者の車で山林に運ばれたとみてマンションを現場検証した。

日付2019-02-25情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名4歳児を虐待死させた男2人に懲役12年求刑/大阪地裁
概要大阪地裁は25日、大阪府箕面市で同居していた4歳の男の子に暴行し死なせた罪などに問われた25歳と21歳の男2人の裁判で検察は2人に懲役12年を求刑した。2人は一昨年、同居していた被告の女(27)の長男の歩夢くん(当時4)と次男(当時2)に暴行を加え歩夢くんを死なせた罪に問われている。これまでの裁判で2人は、日常的な暴行は認めた一方、歩夢くんを死なせた腹部への暴行については、それぞれ「自分ではない」と食い違う供述をしている。検察は25日の裁判で「全身数10ヶ所を殴ったり夜通し立たせたりしたほか下半身にも暴行を加え、憂さ晴らしのためにやりたい放題の暴行を加えた」と指摘。「拷問と言うほかない、極めて卑劣で残酷な犯行」として2人に懲役12年を求刑した。

日付2019-02-25情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県東京都
題名児童養護施設で職員刺され心肺停止/元入所者を逮捕/警視庁
概要25日午後2時頃、東京・渋谷区幡ケ谷の児童養護施設「若草寮」で「20代の男が暴れている」と施設関係者の女性から110番通報があった。施設長の男性が男に顔付近や手、胸など複数ヶ所を切り付けられ意識不明の重体。また、39歳の施設の職員も殴られたという。警視庁・代々木署は、この施設にかつて入所していた男822)を殺人未遂の疑いで逮捕し事件の経緯などを詳しく調べている。現場は、京王線幡ヶ谷駅から北に300メートルほどの場所で周囲に住宅が立ち並ぶ場所。

日付2019-02-23情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県埼玉県
題名75歳母親を48歳息子が自宅で刺して死亡/埼玉県警
概要埼玉県警・大宮署は23日、母親を刃物で刺して殺害しようとしたとしてさいたま市北区植竹町の無職の男(48)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕したと発表した。逮捕は22日。母親は同日夜、搬送先の病院で死亡が確認された。発表によると、男は22日午後7時25分頃、自宅アパートの一室で母親の芳子さん(75)の背中を果物ナイフで複数回刺し殺害しようとした疑い。約10分後に男が「母親を殺した」と110番し駆けつけた署員が取り押さえた。男は芳子さんと2人暮らし。同署が動機などを調べている。

日付2019-02-18情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県鹿児島県
題名4歳女児に傷害で29歳母逮捕/傷痕が100ヶ所/鹿児島県警
概要鹿児島県警は18日、4歳だった長女の腰や頭部に怪我を負わせたとして同県いちき串木野市袴田の水産加工会社のアルバイトの女(29)を傷害容疑で逮捕し発表した。長女の体には約100ヶ所の傷痕があり県警は日常的に暴行が加えられた可能性があるとみて調べる。女は「手をあげたことは一切ない」と容疑を否認しているという。県警によると、女は1月14~16日、長女の腰に全治1週間のひっかいたような傷を、22日には頭部に全治5日の打撲傷を負わせた疑いがある。1月22日、長女が通う福祉施設から市を介して連絡を受けた県中央児童相談所8鹿児島市)が長女を保護。児相は今月5日、県警に情報を伝えた。長女の体全体には約100ヶ所の傷が治癒した「瘢痕」と呼ばれる痕跡が見つかっている。

日付2019-02-18情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県福岡県
題名アパート殺人で被害者の車窃盗の元従業員逮捕/福岡県警
概要福岡県警は18日、福岡市南区柏原のアパートで住人の会社経営の吉松孝さん(56)が殺害されているのが見つかった事件でアパート駐車場にあった吉松さんが使用していた車を盗んだとして窃盗容疑で無職の男(45)=同市城南区梅林=を逮捕した。男は容疑を否認しているという。捜査関係者によると、男は吉松さんが経営する会社の元従業員とみられるという。県警は吉松さんが死亡した経緯について事情を知っている可能性もあるとみて調べる。吉松さんは15年ほど前から同市内でコインパーキング機器の販売や管理をする会社を経営。男は数年前、賃金未払いなどのトラブルで同社を辞めたという。男は事件後、吉松さんの車を盗んで運転した疑いが持たれている。行方を追っていた県警が今月8日夕、同市中央区の中心部を走行する車を確認、監視カメラには男が運転する姿があった。同区天神付近の立体駐車場に車を置き、近くのネットカフェに立ち寄ったこともわかったという。車は13日、この駐車場で発見され県警が車内を検証。男につながる物証も見つかったという。県警は17日夜、同市西区内で無銭飲食などをしたとして男を現行犯逮捕していた。

日付2019-02-17情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県茨城県
題名研修施設で40代男が40代指導役社員の首切る/茨城県つくばみらい市
概要17日午後10時頃、茨城県つくばみらい市にあるクボタ東日本研修センターの研修施設で40代の派遣社員の男が指導役の40代の男性社員の首を突然切りつける事件があった。茨城県警・常総署が殺人未遂事件として捜査している。 男性は病院に搬送され重体。男性を切りつけた男は敷地内にとめてあった自分の車から首から血を流した状態で発見され意識不明の重体。男は自分で首を切った可能性があるとみられ車の中には刃物が複数あったという。被害者の男性社員は男の指導役だったということで常総署は殺人未遂事件として動機などを調べる方針。

日付2019-02-14情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県北海道
題名母殺害で50歳男に懲役10年/パチンコ代せびり将来悲観/函館地裁
概要函館地裁(橋本健裁判長)は14日、北海道函館市のアパートで昨年8月、母親の首を絞めて殺害したとして殺人罪に問われた同市、無職の被告の男(50)の裁判員裁判で懲役10年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。橋本裁判長は判決理由で、「パチンコ依存で被害者に迷惑を掛ける状況を招いていたのは被告自身であり、そのことを悲観して被害者を殺すなどということは筋違いもはなはだしい」と指摘。一方で、自首していることなど情状を酌んだ。判決によると、昨年8月5日正午から午後2時頃までの間、同市本町のアパート一室で住人で母の三枝子さん(69)の首を両手で絞め窒息死させた。

日付2019-02-12情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名象印元副社長ら2人強殺の被告の死刑確定へ/最高裁第3小法廷
概要最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は12日、 大阪府堺市で平成23年、象印マホービン元副社長の尾崎宗秀さん(当時84)ら2人を殺害し金品を奪ったとして強盗殺人などの罪に問われ1、2審で死刑判決を受けた無職、西口宗宏被告(57)の上告審判決で、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。岡部裁判長は判決で「犯行は強固な殺意に基づく計画的なもので、殺害方法も冷酷というほかない。被害者に全く落ち度はなく、動機も身勝手で酌量の余地はない」と指摘した。1、2審判決によると、西口被告は23年11月、堺市南区の商業施設で主婦の田村武子さん(当時67)を車に押し込み現金約30万円などを強奪して殺害。同12月には、堺市北区の尾崎さん宅に侵入し約80万円などを奪った後、尾崎さんを殺害した。弁護側は「絞首刑は首が切断される可能性もあり残虐で違憲だ」とも主張。1審大阪地裁堺支部の裁判員裁判では「死刑制度の是非」が争点となり、死刑執行に立ち会った経験のある元刑務官らの証人尋問など憲法論議が中心となる異例の経過をたどった。1審に続き2審大阪高裁判決も死刑は合憲と判断したが、第3小法廷は死刑制度が憲法の規定に違反しないことは過去の判例からも明らかとの判断を示した。

日付2019-02-08情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県熊本県
題名松橋事件の再審無罪確定へ即日結審/熊本地裁で即日結審
概要熊本地裁(溝国禎久裁判長)で8日、熊本県松橋町(現宇城市)で1985年、男性(当時59)が刺殺されたいわゆる「松橋事件」で殺人罪などで懲役13年が確定し服役した宮田浩喜さん(85)の裁判をやり直す再審の初公判が開かれ、検察側は殺人罪の求刑をせず即日結審した。判決は3月28日。無罪が言い渡され確定する見通し。弁護団の証拠開示請求で、凶器の小刀に巻きつけて事件後に燃やしたとされる布が見つかったことなどから無実を訴えて再審を求めた結果、自白と客観的な事実が矛盾しているなどとして昨年、最高裁判所がやり直しの裁判を認めた。

日付2019-02-07情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県富山県
題名凶器持って逃走の殺人事件は中国人の喧嘩/富山県警
概要7日早朝、富山県射水市北野にある会社の寮で殺人事件が発生した。関与したとみられる男が凶器の刃物を持ったまま逃走したが、男は間もなく富山県警・射水署身柄を拘束された。同署が詳しい経緯や状況を調べている。同署によると、午前6時20分頃、消防を通じて寮に住んでいる中国人同士で喧嘩があったようだと通報があった。状況を確認したところ、30代ぐらいの男が相手を刃物で刺し作業着姿で自転車に乗って逃走したことがわかった。市立の小中学校では既に登校を始めている児童や生徒もいるため休校にはせず、登校後に学校を施錠して安全を確保するという。

日付2019-02-07情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県富山県
題名逃走していた殺人犯の身柄拘束/富山県警
概要富山県警は7日、富山県射水市で発生した殺人事件で凶器を持ったまま逃走していた犯人の身柄を拘束した。

日付2019-02-07情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県富山県
題名凶器持った殺人犯が逃走/富山県射水市
概要富山県警は7日、富山県射水市で同日早朝に殺人事件が発生し犯人が凶器を持ったまま逃走していると明らかにした。

現在  1 ページ(全 29 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次ページ

footer