Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

101 件ー120 件(合計 469 件)前ページ | 次ページ
日付2017-07-04情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県神奈川県
題名死刑確定の元組長を再逮捕/96年失踪の男性殺害容疑/警視庁
概要警視庁組織犯罪対策4課は4日、神奈川県伊勢原市の山中で不動産業の津川静夫さん(当時60)=同市=の遺体が発見された事件で殺人容疑で群馬県前橋スナック銃乱射事件などで死刑が確定した元暴力団組長の矢野治容疑者(68)=別の殺人罪で起訴=を再逮捕した。矢野容疑者は他の暴力団関係者らと共謀し1996年8月10日頃、津川さんを殺害した疑いが持たれている。矢野容疑者は96年に失踪した津川さんについて暴力団関係者(故人)から依頼され別の暴力団関係者(同)に殺害を指示したとする文書を警視庁に提出していた。同課は暴力団関係者らを容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検する方針。※群馬県前橋スナック乱射事=平成15年1月25日、前橋市三俣町のスナックで住吉会系組員がスナック内外で十数発を発砲。一般市民を含む4人を殺害し稲川会系元組長ら2人に重傷を負わせた事件。

日付2017-06-28情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県鹿児島県
題名38年前の殺人事件で90歳女性の再審認める/鹿児島地裁
概要鹿児島地方裁判所は28日、38年前の昭和54年10月に鹿児島県大崎町で当時42歳だった義理の弟の首を絞めて殺害したとして殺人などの罪で懲役10年の刑が確定した90歳の女性について再審=裁判のやり直しを認める決定を出した。3回目となる今回の再審請求で弁護団は、検察から初めて開示されたネガフィルムをもとに現像した写真を調べた結果、遺体の皮膚に変色が見られないため絞められて殺害されたのではないとしたうえで共犯とされた親族が女性とともに首を絞めて殺害したとする供述は信用できないと主張した。28日の決定で鹿児島地方裁判所の冨田敦史裁判長は、「確定判決が認定する死因や女性の関与を直接裏付ける客観的証拠は存在せず、親族の自白の信用性は高くない。証拠を総合的に判断すれば殺害行為などがなかった疑いを否定できない」として再審を認めた。この事件では、1回目の再審請求を受けて平成14年、鹿児島地裁が共犯とされた親族の供述は捜査官の誘導があったと考えられるなどとして再審を認めたが高裁が決定を取り消した。弁護団によると、再審決定が取り消されたあとに再び認められたのは昭和23年、熊本県で夫婦2人が殺害されたいわゆる「免田事件」以来だという。また、共犯として殺人などの罪で懲役刑が確定し、その後死亡した女性の元夫の遺族が求めた再審についても鹿児島地裁は認める決定を出した。女性の娘は弁護団の会見で、「長い間多くの方々に応援していただき、本当にありがとうございます。母は老人ホームに入りだいぶ自分のことがわからなくなってきていますが、今も事件のことだけは頭から離れないようです。絶対に無罪となるよう願っています」と話していた。弁護団の団長を務める森雅美弁護士は記者会見で、「総力を挙げて闘った結果、この結果が得られたと思います。一方で、再び再審を勝ち取るまでに15年もかかっていいのかという思いもあり、よほどの事がないかぎり検察は抗告をするべきではないと思います」と話した。鹿児島県警察本部は「再審決定は承知しているが、コメントは差し控えたい」とした。鹿児島地方検察庁の平野大輔次席検事は「意外な決定であり、早急に内容を検討し、上級庁とも協議のうえ、今後の対応を適切に判断したいと考えています」というコメントを出した。

日付2017-06-27情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名交際男性の体に火、殺人未遂容疑で女逮捕/大阪府警・西堺署
概要大阪府警・西堺署は27日、今月19日に堺市西区の電器店に火だるまの男性が駆け込んできた事件で男性に火を付けた殺人未遂容疑で交際相手の無職の女(42)=同区=を逮捕した。女は「消毒液を掛けたら引火した。殺すつもりはなかった」などと容疑を否認しているという。同署は責任能力の有無も含め詳しい経緯を調べている。女は19日午後5時30分頃、堺市内の路上に止めた車の中で男性の体に火を付け殺害しようとした疑い。同署によると、男性は全身火傷で意識不明といい身元確認を急いでいる。車で現場を走り去る不審な女が目撃され近くで運転席が焦げた車も発見。同署が行方を捜していたところ26日夜に女が出頭した。女は男性が浮気をしたとして車内で口論になったと説明。女は「汚れた体を消毒するため用意したエタノールを振り掛けた。男性が煙草を吸おうとライターを使ったら引火して燃え上がった」などと話しているという。

日付2017-06-26情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県広島県
題名女児投げ落とし中学3年の少年を家裁送致/広島地検福山支部
概要広島地検福山支部は26日、広島県三原市のスポーツセンターで女児(5)が2階から投げ落とされ重傷を負った事件で殺人未遂の非行内容で同市の中学3年の少年(14)を広島家裁福山支部に送致した。少年は5日午後6時15分頃、三原市円一町のスポーツセンターで面識のない女児を1階から2階まで抱えて運び、吹き抜けの2階踊り場から投げ落としたとして逮捕された。広島県警・三原署によると、少年は容疑を認めているという。 

日付2017-06-16情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県宮城県
題名法廷で警官2人切りつけ/被告がナイフ5本持ち込む/仙台地裁
概要16日午前10時過ぎ、仙台市青葉区の仙台地方裁判所の法廷で迷惑防止条例違反の罪に問われた山形市の職業不詳の男(30)が判決の言い渡し中に柵を乗り越えて傍聴席に入り取り押さえようとした警察官2人にナイフで切りつけた。男は殺人未遂の疑いでその場で逮捕された。男は調べに黙秘しているという。切りつけられた警察官は顔や背中に怪我をして病院で手当てを受けたが命に別状はないという。宮城県警・仙台中央署が被告の所持品を詳しく調べたところ、果物ナイフ3本とカッターナイフ2本の計5本を衣類に隠して法廷に持ち込んでいたことがわかった。男は保釈中で持ち物検査を受けておらず判決の理由の言い渡しの際に司法制度を大声で批判しナイフを振り回しながら法廷の出入り口に向かっていたという。これまでの裁判で無罪を主張していたが16日の判決で懲役1年の実刑を言い渡されていては仙台中央署は法廷を混乱させようとした疑いもあると見てナイフを持ち込んだ詳しいいきさつを調べている。

日付2017-06-15情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県北海道
題名83歳遺体女性の孫2人を窃盗で起訴/北海道地検
概要札幌地方検察庁は15日、北海道砂川市の山林で83歳の女性の遺体が見つかった事件で女性のキャッシュカードを使って現金を引き出したとして女性の親族の男2人を窃盗の罪で起訴した。事件は先月、砂川市の山林で滝川市幸町の佐々木けい子さん(83)が遺体で埋められているのが見つかったもの。北海道警は佐々木さんのキャッシュカードを使って現金50万円を勝手に引き出したとして佐々木さんの孫の男と親族で23歳と20歳の兄弟2人を窃盗の疑いで逮捕し事件との関連を調べていた。このうち孫の男は今月6日に道警・滝川署の留置場の浴室で首を吊って意識不明の重体となったまま、その後も容体が回復しないため処分保留で釈放されたが兄弟2人について札幌地検は窃盗の罪で起訴した。道警は佐々木さんが遺体で見つかった事件との関連についても引き続き調べている。

日付2017-06-07情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県東京都
題名指名手配46年の67歳男を巡査殺害で再逮捕/警視庁
概要警視庁公安部は7日、1971年の「渋谷暴動事件」で警察官を殺害したなどとして指名手配していた中核派活動家の男(67)を殺人容疑などで再逮捕した。男は公務執行妨害容疑で大阪府警に逮捕され、大阪市内の警察署で勾留されていた。警視庁は男を東京・霞が関の本部庁舎に移送し、事件の裏付けや46年に及ぶ逃亡生活の実態解明を進める。逮捕容疑は71年11月14日、米軍駐留を認めた沖縄返還協定の批准阻止を訴える中核派系全学連の活動家らとともに東京都渋谷区で警戒にあたっていた機動隊を襲撃。新潟県警から派遣されていた中村恒雄巡査(当時21、殉職後に警部補に昇任)を鉄パイプで殴り火炎瓶を投げつけて殺害した疑い。同事件では同派の活動家6人が殺人容疑などで逮捕されたが男は逃亡を続け警視庁が72年に殺人や凶器準備集合、現住建造物等放火など5つの容疑で指名手配していた。男は5月18日、広島市のマンションで府警の捜査員に体当たりしたとして公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された。捜査関係者によると、完全黙秘を続け身元を明らかにしていないという。このため府警は男の母親(故人)、父方の親族の試料を男のDNA型と照合して本人と特定した。

日付2017-06-06情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県広島県
題名男子中学生が5歳女児を2階から投げ落とす/広島県警・三原署
概要広島県警・三原署は6日、中学3年の男子生徒が5日夕方に広島県三原市円一町のスポーツセンターで5歳の女の子を吹き抜けのホールの2階から1階に投げ落とし怪我をさせたとして殺人未遂の疑いで逮捕した。逮捕されたのは広島県三原市に住む14歳の中学3年の男子生徒。男子生徒は5日午後6時15分頃、広島県三原市の中心部にあるスポーツセンターで施設を利用しに来ていた5歳の女の子を吹き抜けになっている玄関ホールの2階から1階に投げ落としたとして殺人未遂の疑いが持たれている。女の子は顎の骨を折るなどの怪我をして病院で手当てを受けているが命に別状はないという。男子生徒は1階にいた女の子を抱え上げて2階に上がり、そのまま投げ落としたという。三原署員が駆けつけた際、男子生徒は現場付近にいたということで同所は目撃者の話や監視カメラの映像などをもとに6日未明に逮捕した。調べに男子生徒は「逮捕容疑はあっている」と容疑を認めているという。男子生徒は女の子と面識がなかったと見られるという。

日付2017-05-30情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県北海道
題名山林遺体は83歳女性/孫ら3人窃盗容疑/北海道警
概要北海道警は30日、北海道砂川市空知太の山林で女性の遺体が見つかった事件で遺体は滝川市の無職の佐々木けい子さん(83)と確認したと発表した。窃盗容疑で逮捕された佐々木さんの孫ら3人のうち1人が「女性を埋めた」との趣旨の供述をしており道警は死体遺棄容疑も視野に捜査を進めている。道警によると、佐々木さんは1人暮らし。近所の住民が今月10日に見掛けた後連絡が取れなくなり家族が20日に捜索願を出していた。一方、道警は29日までに佐々木さん名義のキャッシュカードを使って現金50万円を引き出したとして窃盗容疑で20代の男3人を逮捕。1人が「高齢の女性を1人で埋めた」との趣旨の供述をしたため山林を捜索し遺体を発見した。死因は外傷性ショックだった。佐々木さんのカードは見つかっていない。

日付2017-05-26情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名千葉小3女児殺害の元保護者会長を起訴/千葉地検
概要千葉地検は26日、今年3月、千葉県松戸市でベトナム国籍の同県松戸市立六実第二小3年レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が殺害され遺体で見つかった事件で同小の元保護者会長の男(46)を殺人と強制わいせつ致死、わいせつ目的誘拐、死体遺棄の罪で起訴した。今後、裁判員裁判で審理される。捜査関係者によると、被告の男は供述を拒み続けているが遺体の遺留物のDNA型が被告のものと一致したほか被告の軽乗用車に残された毛髪や血痕のDNA型が女児のものと一致したことなどから殺人罪などに問えると判断した。起訴状によると、被告の男は3月24日、松戸市の女児の自宅周辺で登校中だった女児をわいせつ目的で軽乗用車に乗せて連れ去り車内などでわいせつな行為をしたうえ首を圧迫して窒息死させ、同県我孫子市の排水路脇に遺棄したとしている。地検は、殺害した場所や方法、連れ去った詳しい状況などは特定していない。司法解剖の結果、朝食時に食べたとみられるものが消化されずに残っていたことが判明。連れ去りからさほど時間がたたないうちに殺害された可能性がある。県警は4月14日に被告の男を死体遺棄容疑で逮捕。5月5日に殺人容疑などで再逮捕した。その際に地検は死体遺棄容疑を処分保留としていた。

日付2017-05-23情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県東京都
題名高3女子強殺の31歳被告の男に無期懲役判決/東京地裁
概要東京地裁(島田一裁判長)は23日、東京都江戸川区で2015(平成27)年11月、都立高校3年生の岩瀬加奈さん(当時17)を殺害して現金を奪うなどしたとして強盗殺人罪などに問われた元コンビニのアルバイト店員の男(31)の裁判員裁判で求刑通り無期懲役とする判決を言い渡した。男は同年11月12日午後1時20分頃、同区の自宅アパートで岩瀬さんの首を絞めて殺害し財布から現金約7,500円と生徒証を奪うなどした。事件は15年11月14日午後8時頃、東京都江戸川区北小岩のアパート一室で女性の遺体があるのを警視庁・小岩署員が発見した。見つかったのは同区本一色の高校生、岩瀬加奈さん(17)。約3時間前、このアパートに住むアルバイトの男(当時29)が「2日前に人を殺した」と千葉県警に出頭。小岩署は14日夜、男を強盗殺人容疑で緊急逮捕した。男は12日午後2時過ぎ頃、この部屋で岩瀬さんの首を絞めて殺害しバッグなどを奪ったとしている。男は当時、「生活が苦しく、自暴自棄になって興味半分でやった」と供述していたという。男は14日午後5時過ぎ、千葉県我孫子市内で110番通報した後、千葉県警・我孫子署に「2日前に人を殺した」と出頭した。同署から身柄の引き渡しを受けた小岩署がアパートを調べたところ岩瀬さんの遺体が浴槽内で見つかった。

日付2017-05-23情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名女性生き埋めで控訴審初公判/無期懲役は不当と減刑求める/東京高裁
概要千葉県芝山町の畑に2015(平成27)年4月に千葉県船橋市の女性(当時18)=を生き埋めにして殺害したなどとして強盗殺人や逮捕監禁などの罪に問われた住所不定、無職の男(22)=1審千葉地裁の裁判員裁判で無期懲役=の控訴審初公判が23日、東京高裁(大熊一之裁判長)で開かれた。弁護側は刑の軽減を求め即日結審した。判決は6月8日。1審判決によると男は15年4月19日深夜、共犯者の住所不定、無職の男(22)=1審千葉地裁で無期懲役、控訴中=らとともに千葉市内の路上で女性に声を掛けて乗用車に乗せ手足を緊縛するなどして監禁。財布やバッグを奪い20日未明、芝山町内に掘った穴に女性を入れて土砂で生き埋めにし窒息死させた。23日の公判で男は「(別の)被告に逆らえなかっただけなのに刑が一緒なので控訴した」と話した。一方、女性の母親は「大切な命を残酷なやり方で奪っておきながら控訴するのは、遺族として納得がいかない」と意見陳述した。弁護側は1審で「軽度の精神遅滞があったうえ、(別の)被告の供述で事件の真相が明らかになったことを考慮すべきだ」などとして有期懲役刑が相当だと主張したが求刑通り無期懲役を言い渡されていた。

日付2017-05-22情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名警官殺害で46年間指名手配の男逮捕か/大阪府警
概要大阪府警が22日、46年前の1971(昭和46)年に東京都渋谷区で起きた渋谷暴動事件で警察官を殺害したとして警視庁公安部が殺人容疑で指名手配していた中核派の活動家の男(67)とみられる人物を広島市内で公務執行妨害容疑により逮捕していたことがわかった。顔や体の特徴などから男の可能性があるという。府警当局は本人かどうかDNA型鑑定するなどして慎重に確認を進める。男は事件直後から所在不明になり警察庁指定の重要指名手配容疑者の中で最も長い46年間にわたり逃走を続けている。男は71年11月、沖縄返還協定の批准阻止を訴える中核派系全学連活動家らとともに東京都渋谷区で機動隊を襲撃。新潟県警から派遣されていた中村恒雄巡査(当時21)を鉄パイプで殴り火炎瓶を投げつけて殺害した疑い。男は翌72年に殺人容疑などで指名手配された。この事件では共謀した6人が逮捕された。2010(平成22)年の刑事訴訟法改正で殺人の時効が撤廃されたため時効は成立していない。府警は今月18日、兵庫県内のホテルに偽名で宿泊したとする事件の関係先として広島県内の中核派の拠点を捜索し現場にいた男を有印私文書偽造・同行使容疑などで逮捕。一緒にいた別の男も公務執行妨害容疑で逮捕したが、特徴などからこの男が指名手配の男の可能性があるという。

日付2017-05-21情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名男が公園で刃物とバット振り回し6人重軽傷/千葉県松戸市
概要21日午前11時20分頃、千葉県松戸市常盤平の金ケ作公園で「男が刃物とバットを振り回している」と119番通報があった。県警によると、包丁を持っていた30代の男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。男は怪我をして病院で手当てを受けたあと千葉県警・松戸東署に移送された。松戸市消防局によると、逮捕された男を含む6人が病院に搬送され、うち2人が重傷とみられる。

日付2017-05-07情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名43歳無職男が知人男性に熱湯かけ死亡させる/大阪府警・西成署
概要大阪府警・西成署は7日、知人男性に暴行を加え死亡させたとして傷害致死の疑いで大阪市西成区潮路の無職の男(43)を逮捕した。男は「熱湯はかけたが死亡させたとは思っていない」と容疑を一部否認しているという。男は同日未明、同区鶴見橋にある60代の知人男性の自宅アパートの一室で男性に暴行を加え死亡させた疑い。男は「2ヶ月ほど前から男性を介護しており、入浴の際にトラブルになり熱湯をかけた」などと話しているという。同日午前4時5分頃、容体の異変に気づいた男が「人を殺したかもしれない」と同署に通報。同署員が室内で死亡している男性を見つけ事件が発覚した。男性の顔には殴られた痕もあり同署は男が日常的に暴行を加えていた可能性もあるとみて捜査している。

日付2017-05-06情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名小3女児殺害で46歳元保護者会長を送検/千葉県警
概要千葉県警捜査本部は6日午前、千葉県我孫子市の草むらでベトナム国籍の小学3年の女児(当時9)が遺体で見つかった事件で容疑者の男(46)を殺人と強制わいせつ致死、わいせつ目的誘拐の疑いで送検した。男は午前11時過ぎ、数人の警察官に伴われ留置されている我孫子署の外階段から姿を現した。青色のパーカ姿でフードをかぶり顔には無精ひげを生やしていた。階段を下りる際、集まった報道陣に一瞬目を向けたが、その後はうつむいたまま警察のワゴン車に乗り込み千葉地検に向かった。送検容疑は3月24日、女児の自宅周辺でわいせつ目的で女児を誘って軽乗用車に連れ込み車内などで無理やりわいせつな行為をし首を締めつけるなどして窒息させ殺害したというもの。男は事件について供述を拒否しているという。

日付2017-05-05情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県愛媛県
題名高齢親子死傷事件で自殺の女は30代、遺書みつかる/愛媛県警
概要愛媛県今治市の市営住宅で高齢の母子が切りつけられ母親が死亡、長男が重傷を負った事件で、愛媛県警が4日に任意で事情聴取をし、5日午前に自殺した女は30代で遺書を残していたことがわかった。県警が5日午後明らかにした。県警の説明によると、4日午後1時30分頃から同10時30分頃まで同県警・今治署で参考人として任意で女から事情を聴き午後11時ごに家族に引き渡した。女と家族は自宅マンションとは別の場所にいたが5日午前9時頃に県警の捜査員が再び任意で事情を聴くために迎えに行き家族が女の様子を見にいくと女は死んでおり遺書があったという。県警は遺書の内容は明らかにしていない。

日付2017-05-05情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名3女児殺害で元保護者会長を殺人容疑で再逮捕/千葉県警
概要千葉県警捜査本部は5日、千葉県松戸市立小3の女児(当時9)=ベトナム国籍=の遺体が千葉県我孫子市の草むらで3月26日午前6時45分頃見つかった事件で同小の保護者会長だった男(46)=死体遺棄容疑で逮捕=を殺人、わいせつ目的誘拐、強制わいせつ致死の疑いで再逮捕した。男は「供述を拒否します」と話しているという。男は3月24日、自宅周辺で所有する軽乗用車に女児を乗せわいせつ目的で誘拐。軽乗用車の中などでわいせつな行為に及び、女児の首をしめつけるなどして窒息により殺害した疑い。女児は3月24日午前8時過ぎ、小学校に向かうため自宅を出た直後に行方不明になり同26日、約12キロ離れた我孫子市北新田の橋の下の草むらで遺体で見つかった。衣類は身につけていなかった。ランドセルや衣類などは同28日までにさらに約18キロ離れた茨城県坂東市の利根川河川敷で発見されていた。女児の遺体に付着していた遺留物のDNA型が男のものに酷似していたという。また男の軽乗用車が3月24日朝、女児の通学路周辺を走っていたことや同日午後以降に通学路と遺体の発見場所、利根川河川敷の3地点を結ぶ道路を走行していたこともわかった。さらに、軽乗用車の荷台から採取した遺留物のDNA型が女児のものと一致したという。男は先月14日、死体遺棄容疑で逮捕されていた。千葉地検は5日、死体遺棄容疑について処分保留とした。

日付2017-05-02情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県神奈川県
題名薬品で同僚男性の遺体溶かし遺棄容疑で3人目逮捕/神奈川県警
概要神奈川県警・秦野署は2日、神奈川県秦野市で2015(平成27)年に同僚男性の遺体を薬品で溶かすなどしたとして男ら2人が1日に逮捕された事件で、新に死体損壊と死体遺棄の容疑で、住所不定、無職の男C(41)=窃盗罪で服役中=を逮捕した。この事件では、同容疑で1日に住所不定、無職の男A(41)=別の詐欺罪で服役中=と千葉県市原市島野の会社員の男B(52)が逮捕されている。逮捕容疑は、15年5月3~17日の間に秦野市千村の建設会社敷地内で同市に住んでいた岩本一正さん(当時47)の遺体を電動工具で切断し強アルカリ性の薬品で溶かしたうえで遺棄したとしている。男Aは暴力団関係者で当時、遺棄現場の建設会社の役員を務めていた。岩本さんも同じ建設会社に勤めており男Aとは勤務態度などをめぐってトラブルなっていたという。別の詐欺事件で有罪判決を受けて服役中だった男Aから昨年5月頃、県警に今回の事件への関与をほのめかす内容の手紙が送られてきたことから捜査が始まったという。

日付2017-05-01情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県神奈川県
題名知人の遺体を薬品で溶かし遺棄した2人を逮捕/神奈川県警
概要神奈川県警・秦野署は1日、知人男性の遺体を薬品で溶かすなどしたとして無職の男A(41)=服役中=と会社員の男(52)=千葉県市原市=の2人を死体損壊と死体遺棄容疑で逮捕した。県警は同日、秦野署に捜査本部を設置し男性が死亡した経緯など事件の全容解明を進める。2人は2015(平成27)年5月3~17日、神奈川県秦野市の建設会社敷地内で知人の岩本一正さん(当時47)の遺体を電動工具や強アルカリ性薬品で損壊・遺棄した疑い。男Aは黙秘し男Bは容疑を認めているという。 男Aは16年5月、詐欺罪で服役中の横浜刑務所から「死体遺棄事件を自首したいので取り調べに来てください」と県警・松田署に手紙を送付。岩本さんの遺体を「チェーンソーで切断したうえで化学物質のカセイソーダに数日間漬けて溶かし、会社敷地内の浄化槽に捨てた」という趣旨の説明をしたという。県警が同12月に浄化槽を調べ配管などから骨片や肉片計約300個を発見しDNA型鑑定で岩本さんと判明した。死因は不明という。 男Aは覚せい剤取締法違反罪で服役していた13年頃、刑務所で岩本さんと知り合った。出所後、男が経営に関わる建設会社に岩本さんが住み込みで働くなどしたという。県警は2人の間にトラブルがあり男Aが岩本さんに暴行を加え死亡させたとみている。

現在  6 ページ(全 24 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |前ページ | 次ページ

footer