Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

81 件ー100 件(合計 469 件)前ページ | 次ページ
日付2017-09-12情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県埼玉県
題名17歳少年の不定期刑確定/河川敷16歳暴行死/さいたま地裁
概要埼玉県東松山市の都幾川河川敷で昨年8月午前2時50分頃~同4時45分頃、同県吉見町の井上翼さん(当時16)が死亡した事件で傷害致死罪に問われた無職の少年(17)を懲役5年6月~9年の不定期刑としたさいたま地裁判決が12日、確定した。検察側、弁護側双方が期限までに控訴しなかった。事件では、主導的な立場とされる別の少年(18)についても同罪で懲役6~9年の不定期刑とした判決が確定している。

日付2017-09-10情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名車上荒らしが被害女性をボンネットに乗せ逃走/大阪市北区
概要10日午後1時過ぎ、大阪市北区浪花町のコインパーキングで車上荒らしの被害に遭った20代の女性が乗用車で逃げようとした男2人の前に立ちはだかった。乗用車は女性をボンネットに乗せた状態のまま約150メートル走行。女性は速度が落ちた隙に飛び降りたが軽傷を負った。女性と一緒にいた男性が110番通報した。大阪府警・曽根崎署が強盗殺人未遂事件として捜査している。男2人は20代くらいだという。女性は金沢市から訪れていてコインパーキングに戻ると男2人が衣類が入ったボストンバッグを奪い近くに停車していた乗用車で逃げようとしたため阻もうとしたという。乗用車は女性を乗せて一方通行の市道を逆走。女性が飛び降りた後もそのまま逃走した。現場のコインパーキングはJR天満駅から西へ約250メートルのマンションや商店が立ち並ぶ一角。

日付2017-09-09情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県東京都
題名上智大生殺害事件など2件の懸賞金延長/警察庁
概要警察庁は9日から、21年前に東京・葛飾区で上智大学の女子大学生が殺害され自宅が放火された事件など2つの未解決事件について、事件の解決につながる有力な情報を提供した人に公費から懸賞金を支払う期限を1年間、延長した。平成8年9月9日、上智大学の4年生だった小林順子さん(当時21)が東京・葛飾区の自宅で刃物で刺されて殺害されたうえ自宅が放火された。事件は今も未解決で、警察庁は犯人逮捕につながる情報を提供した人に公費から懸賞金を支払う期限を9日から1年間延長した。この懸賞金は「捜査特別報奨金」と呼ばれ最高額が300万円、ほかの懸賞金とあわせると最高で800万円が支払われる。また警察庁は、平成20年に滋賀県近江八幡市などのびわ湖周辺で切断された男性の遺体が見つかった未解決事件についても9日から1年間、懸賞金の期限を延長した。情報提供の窓口は、警視庁・亀有署が03-3607-0110、滋賀県・近江八幡署が0748-32-0110。

日付2017-09-04情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県埼玉県
題名16歳の男女刺され少年死亡で知人の男子高校生逮捕/埼玉県警
概要埼玉県警・草加署は4日早朝、3日夜に埼玉県草加市のアパートの部屋で16歳の少年と少女が刃物のようなもので刺されて倒れているのが見つかり、このうち少年が死亡した事件で少女の知人の15歳の男子高校生を殺人などの疑いで逮捕し詳しい状況を調べている。3日午後11時40分過ぎ、埼玉県草加市旭町のアパートで「男女2人が刺された」という110番通報が部屋にいた人からあった。埼玉県警・草加署員が駆けつけたところ、アパートの部屋でいずれも職業不詳でこのアパートに住む16歳の少女と草加市松原の西山康介さん(16)が腹などを刃物のようなもので刺され血を流して倒れているのが見つかった。西山さんは搬送先の病院で死亡し少女は病院で手当てを受けているが命に別状ないという。当時、アパートの部屋には刺された2人のほか少女の姉と姉の知人がいたという。草加署は刺された少女の知人で埼玉県三郷市に住む15歳の男子高校生を殺人と殺人未遂の疑いで逮捕し詳しい状況を調べている

日付2017-09-02情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県茨城県
題名13年前の茨城女子大生殺害事件の容疑者を逮捕/茨城県警
概要茨城県警は2日、茨城県美浦村で13年前の2004年1月に茨城大学2年の原田実里さん(当時21)が他殺体で見つかった事件で外国籍の男を逮捕した。04年1月31日午前9時頃、同村舟子の霞ケ浦に流れ込む清明川河口付近で原田さんの遺体が発見された。死因は窒息死で首や胸などに刃物で付けられたと見られる傷があった。原田さんの住むアパートは発見現場から西に約6キロ離れたところにあり同日午前0時頃に自宅で寝ていた友人に「出かけてくる」とメモを残して外出したとみられている。原田さんは山口県出身で当時、21歳の茨城大学農学部2年生だったものです。遺体の首や肩など3ヶ所に刃物で切られたような跡があり県警は捜査本部を設置しては殺人事件と断定して捜査していた。

日付2017-08-28情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県埼玉県
題名河川敷16歳暴行死の17歳少年に不定期刑/さいたま地裁
概要さいたま地裁(佐々木直人裁判長)は28日、埼玉県東松山市の河川敷で昨年8月、同県吉見町の井上翼さん(当時16)が集団暴行を受け死亡した事件で傷害致死罪に問われた無職の少年(17)の裁判員裁判の判決で懲役5年6月~9年の不定期刑(求刑懲役6~10年)を言い渡した。佐々木裁判長は「一連の暴行で意識混濁した井上さんを川の中に沈めるなど死亡に直結する行為に及んでおり、悪質で役割は重大」と指摘した。弁護人は少年院送致の保護処分を求めていたが判決は「社会的に許容されるとは言えない」と退けた。 起訴状によると、昨年8月22日未明、他の少年4人と共謀し東松山市の駐車場や河川敷で井上さんの顔や胸を殴るなどして意識がはっきりしない状態にした後、川に沈めて溺死させたなどとしている。この事件をめぐっては18歳の無職の少年も同罪で起訴され不定期刑が言い渡された。当時中学生だった他の3人は少年院送致の保護処分となっていた。

日付2017-08-25情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県鳥取県
題名2人殺害の鳥取連続不審死の43歳女の死刑確定/最高裁
概要最高裁判所は25日、8年前に鳥取県で男性2人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた上田美由紀被告(43)について被告側からの判決の訂正を求める申し立てを退け死刑が確定した。元飲食店従業員の上田美由紀被告は平成21年に借金の返済などを免れるため鳥取県内の男性2人に睡眠薬を飲ませて海や川で溺れさせて殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた。犯行を裏付ける直接的な証拠はなく、被告側は強盗殺人の罪について「犯人は別の人物だ」として無罪を主張した。1審の鳥取地方裁判所と2審の広島高等裁判所松江支部は2人の遺体から検出された睡眠薬と同じものと見られる薬を被告が持っていたなどとして死刑を言い渡した。これに対して被告側が上告したが最高裁判所は先月、「犯人であることに合理的な疑いを挟む余地はない」として上告を退ける判決を言い渡した。被告側は判決に誤りがあるとして訂正を申し立てたが最高裁判所第1小法廷の小池裕裁判長は25日までに申し立てを退ける決定を出し死刑が確定した。決定は23日付。

日付2017-08-25情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県海外
題名マニラ保険金殺人の43歳男に死刑判決/甲府地裁
概要甲府地裁(丸山哲巳裁判長)は25日、フィリピンの首都マニラで山梨県の男性2人を保険金目的で殺害したとして殺人罪などに問われた無職の岩間俊彦被告(43)の裁判員裁判の判決で求刑通り死刑を言い渡した。被告側は無罪を主張していた。検察側は論告で、岩間被告が一連の計画を立てた首謀者と指摘。弁護側は久保田正一受刑者(44)=殺人罪などで無期懲役確定=が岩間被告に罪を負わせるため虚偽の供述をしている可能性があると反論していた。弁護側は最終弁論で「経済的に困窮しておらず、保険金目的の殺害を行う動機はない」として無罪を主張していた。起訴状などによると、岩間被告は久保田正一受刑者らと共謀して現地で実行犯を雇い14年10月18日夜(現地時間)、山梨県韮崎市の整骨院経営、鳥羽信介さん(当時32)を拳銃で殺害。15年8月31日~9月1日(同)には同県笛吹市の会社役員、中村達也さん(同42)を拳銃で殺害したとしている。久保田受刑者は起訴内容を認めている。

日付2017-08-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県愛知県
題名タリウム事件など元名大生の控訴審始まる/名古屋高裁
概要知人女性の殺害や猛毒の硫酸タリウムを同級生に飲ませた殺人未遂など7つの罪で無期懲役の判決を受けた名古屋大学の元女子学生=仙台市出身=の控訴審が24日、名古屋高裁で始まり弁護側は、改めて無罪を主張した。名古屋大学の元女子学生は19歳だった2014年の知人女性殺害や高校生だった2012年に硫酸タリウムを同級生の男女2人に飲ませた殺人未遂など計7つの罪に問われている。1審の名古屋地裁は「自らの意思で各犯行に及んだ」と元女子学生の責任能力を認め無期懲役を言い渡したが、弁護側は判決内容に「事実誤認がある」として控訴していた。控訴審には元女子学生も出廷した。弁護側は「精神状態に関する鑑定結果のとらえ方が間違っている」としたうえで、「元女子学生は精神障害であり、責任能力はなかった」と改めて無罪を主張した。これに対し検察側は控訴の棄却を求めた。

日付2017-08-20情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県滋賀県
題名女性殺害し「ビットコイン」入手か男2人を再逮捕/愛知、滋賀両県警
概要愛知、滋賀両県警は20日、滋賀県多賀町のダム湖近くの山林で7月に名古屋市西区のパート従業員の野田みゆきさん(53)の遺体が見つかり無職の男と少年が死体遺棄容疑で逮捕された事件で野田さんを殺害して現金などを奪ったとして2人を強盗殺人の疑いで再逮捕した。両県警は2人の認否は明らかにしていない。2人は岐阜県大垣市笠木町の男A(21)と滋賀県愛知郡の少年(18)の2人は共謀して6月18日夜、多賀町付近で野田さんを殺害し現金やカバンなどを奪った疑い。男Aは野田さんのスマートフォンを奪って操作し野田さんが持っていた仮想通貨「ビットコイン」を入手していたという。司法解剖の結果、野田さんの死因は首や胸を圧迫されたことによる呼吸障害だった。両県警の捜査本部は、男Aがビットコインのセミナーを通じて知り合った野田さんの金品を狙って近づき野田さんの首を絞めて殺害した可能性が高いとみている。野田さんは6月中旬から行方不明となり7月31日に山林の地中から遺体で見つかった。捜査関係者によると、6月18日に大垣市のJR大垣駅前で野田さんが男Aの車に乗り込む姿が監視カメラに映っていたという。捜査本部は、2人が野田さんを乗せた車を多賀町まで走らせ同日夜に野田さんを殺害した後に20日頃に遺体を入れたバッグを地中に埋めたとみている。男Aの自宅からは野田さんのスマートフォンが見つかっていた。

日付2017-08-17情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名同僚らに睡眠導入剤混入の准看護師を鑑定留置/千葉地検
概要千葉地検は17日、千葉県印西市の老人ホームで睡眠導入剤入りの飲み物を同僚らに飲ませて事故死させたなどとして殺人などの容疑で逮捕された准看護師の女(71)の刑事責任能力の有無を調べるための鑑定留置を千葉地裁に請求して認められたと発表した。期間は同日から3ヶ月半程度。女は複数の職員に睡眠導入剤を飲ませたことを認めたうえで殺意は否認したという。地検は請求理由について「事案の犯行態様や特殊性に鑑み、精神疾患の有無などについて専門家の鑑定の必要があると判断した」と説明している。施設関係者によると1月以降、複数の施設職員が強い眠気やめまいを繰り返し訴えていた。女は、そのうち30代女性に対する傷害容疑と事故を起こして怪我をした60代女性とその夫に対する殺人未遂容疑でこれまでに逮捕。今月1日には2月に車で帰宅中に対向車と正面衝突して死亡した女性(当時60)に対する殺人容疑で再逮捕されていた。

日付2017-08-04情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名大阪・梅田の地下街で女性刺す/殺人未遂で同僚男を逮捕/大阪府警
概要4日午後0時20分頃、大阪市北区の阪神梅田駅付近の地下街で「女性が刺された」と110番通報があった。大阪府警・曽根崎署や大阪市消防局によると、現場近くのパン店「フレッシュベーカリー神戸屋阪神梅田店」のパート従業員の女性(28)が刃物で頭を切られるなどして病院に搬送された。女性は意識はあり軽傷とみられる。同署は殺人未遂容疑で現場にいた同じパン店のパート従業員の男(22)=大阪市中央区玉造=を現行犯逮捕し詳しい状況を調べている。店内で男がパン切り包丁で女性を切りつけたとみられる。現場は百貨店「阪神梅田本店」の近く。

日付2017-07-31情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県東京都
題名腹減りがなく公園で70歳老人殴り殺して金奪った男逮捕/警視庁
概要警視庁捜査1課は31日、東京・墨田区の公園で28日に男性の遺体が見つかった事件で住所不定、職業不詳の男(35)を殺人容疑で逮捕した。男は容疑を認め「現金3,000~4,000円を奪った」と供述しているという。同課は容疑を強盗殺人に切り替えて調べる。男は27日深夜、同区横網2の都立横網町公園でベンチで寝ていた住所職業いずれも不詳の柳原英二さん(70)の頭を園内にあった保安灯(重さ約5.3キロ、高さ約90センチ)で殴り殺害した疑い。同課によると、保安灯の支柱から検出された指紋から男が浮上した。男は今月上旬に仕事を辞めて岩手県から上京していた。男は「腹が減って金がなく、誰でもいいから襲ってやろうと思った」と供述しているという。

日付2017-07-16情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県兵庫県
題名男女3人が刺され死亡/息子と見られる26歳男逮捕/神戸市北区
概要16日午前6時20分頃、神戸市北区有野町の住宅で「刃物で刺された」という110番通報があった。兵庫県警・有馬署によると、家の中で高齢の男女2人が刃物のようなもので刺されて死亡し、近くで女性が血を流して倒れていた。女性は病院に搬送されたが、まもなく死亡した。同署は女性の息子と見られる無職の男(26)が近くの神社で血のついた刃物と金属バットを持っていたことから銃刀法違反の疑いでその場で逮捕した。同署は殺人事件として詳しい状況を調べている。

日付2017-07-12情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名女性強盗殺人事件で30歳男に無期懲役判決/千葉地裁
概要千葉地方裁判所(楡井英夫裁判長)は12日、昨年4月に千葉市のアパートに侵入しこの部屋に住んでいた女性を包丁で刺して殺害したなどとして強盗殺人などの罪に問われた30歳の元飲食店従業員の男に「犯行の動機は身勝手かつ短絡的で酌量の余地はない」として無期懲役の判決を言い渡した。千葉市稲毛区に住んでいた元飲食店従業員の男(30)は昨年4月、自宅近くのアパートの部屋に現金を奪う目的で侵入しこの部屋に住む契約社員の茅野利奈さん(当時41))を包丁で刺して殺害したなどとして強盗殺人などの罪に問われている。検察は「煙草や酒などを買う費用が足りないという身勝手な理由で何の落ち度もない命を奪った」として無期懲役を求刑したのに対し、弁護側は「当初は相手に怪我をさせることを考えていなかった」として懲役25年が相当だと主張していた。千葉地裁の楡井裁判長は「被害者を何度も刺し犯行は執よう、かつ残忍だ」と指摘。その上で「動機は身勝手かつ短絡的で酌量の余地はない。遺族が受けた精神的な打撃も甚大だ」などと述べ検察の求刑どおり無期懲役の判決を言い渡した。

日付2017-07-11情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名殺人未遂で准看護師を逮捕/睡眠導入剤を混入か/千葉県警
概要千葉県警・佐倉署は11日、睡眠導入剤を混ぜたお茶を同僚らに飲ませ交通事故を起こさせて殺害しようとしたとして老人ホームに勤務していた千葉県印西市大森の准看護師の女(71)を殺人未遂容疑で逮捕した。県警によると、睡眠導入剤の混入は認めているという。佐倉署によると、女は5月15日、勤務先の印西市の老人ホームで同僚の女性(69)と迎えに来ていた女性の夫(71)が乗用車で帰宅すると知りながら睡眠導入剤入りのお茶を飲ませて交通事故を起こさせ、この夫婦と事故の相手方の計3人を殺害しようとした疑い。2人の車は千葉県佐倉市の市道で中央線をはみ出し対向してきたワゴン車と正面衝突。女性が肋骨を折る重傷を負い車を運転していた夫とワゴン車を運転していた男性(56)が軽傷を負った。女が勤務していた老人ホームでは、ほかにも数人の職員が急なめまいや眠気を訴えるなど体調を崩していたことが新たにわかった。また、女が飲み物に不審な液体を入れているのを目撃した職員もいたという。一方で施設に入所していた高齢者で体調を崩した人はいなかったという。同署は、同僚に対して睡眠導入剤の混入を繰り返していたと見て施設でトラブルがなかったか詳しく調べている。捜査関係者によると、女は同僚のお茶に睡眠導入剤を混ぜたことは認めているが殺意については否認しているという。

日付2017-07-11情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県岩手県
題名乳児に食塩水飲ませ死なせた保育施設経営の女逮捕/岩手県警
概要岩手県警は11日、一昨年8月、盛岡市の認可外保育施設で食塩を摂取させ保育中の1歳女児を死亡させたとして施設の元経営者でパート従業員の(33)=同市北飯岡2=を傷害致死の疑いで逮捕した。女は2015年8月17日午前10時30分から翌18日午前0時過ぎ頃、施設で預かっていた下坂彩心ちゃん(同市在住)に食塩を摂取させ18日未明に塩化ナトリウム中毒で死亡させた疑い。18日は彩心ちゃんの1歳の誕生日だった。調べに女は食塩を摂取させたことは認めているという。県警によると、彩心ちゃんが帰宅後、親が異変に気付いて病院に運んだが間もなく死亡した。液体に混ぜた状態で食塩を摂取させたとみられる。吉田容疑者は15年7月に施設を開所。彩心ちゃんが亡くなった直後に閉鎖されているという。

日付2017-07-11情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県埼玉県
題名東松山傷害致死の少年に懲役6年~9年判決/さいたま地裁
概要さいたま地裁(栗原正史裁判長)は11日、埼玉県東松山市の都幾川河川敷で昨年8月、同県吉見町の井上翼さん(当時16)が遺体で見つかった事件で傷害致死罪に問われた無職少年(18)の裁判員裁判の判決公判で、「無抵抗の被害者を多人数で何回も殴る蹴るの暴行を加えた態様は執拗かつ悪質」として懲役6年以上9年以下の不定期刑(求刑・懲役6年以上10年以下)を言い渡した。栗原裁判長は、被告は暴行への関与が他の少年より軽いとしながらも「年長で最も発言力が強く、暴行をちゅうちょした他の少年に威圧的な態度をとって暴行をせざるを得ない状況にした」とし被告が主導的な立場だったと指摘した。弁護側は少年院送致の保護処分が妥当と主張していたが「保護処分より、生命を奪った事案の重大性に見合った刑事処分を受けさせる方が更生に資する」と述べた。被告は昨年8月22日、他の少年4人と共謀し同市の河川敷などで井上さんに暴行を加えて意識が混濁した状態にさせ顔を川に沈めて溺死させた。事件では、被告とともに同罪で起訴された別の無職の少年(17)の初公判が来月に予定されているほか当時中学3年だった他の3人は少年院送致の保護処分となった。

日付2017-07-07情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県宮城県
題名法廷で警官2人切りつけた男を殺人未遂で起訴/仙台地検
概要仙台地方検察庁は7日、仙台地方裁判所の法廷で先月、判決を言い渡されていた山形市鉄砲町の無職の被告の男(30)が警察官2人を刃物で切りつけた事件で、この男を殺人未遂の罪で起訴した。男は先月16日、仙台地方裁判所の法廷で傍聴に来ていた警察官2人の背中や顔をナイフで突き刺すなどして重傷を負わせたとして殺人未遂の罪に問われている。当時、男は無罪を主張していた迷惑防止条例違反事件の有罪判決の言い渡しを受けている最中で、突然大声を出して柵を乗り越えて傍聴席に入ったことがわかっている。これまでの警察の調べに対して切りつけた事実については認めているというが殺意があったかどうかについてはあいまいな供述をしているという。事件を受けて最高裁判所は全国の裁判所に金属探知機を使った所持品検査の実施を積極的に検討するよう通知していて仙台地方裁判所では保釈中の被告全員に簡易な金属探知機を使った検査を行っている。

日付2017-07-05情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県茨城県
題名団地で80歳女が隣人の76歳女性を刃物で刺す/茨城県警・取手署
概要茨城県警・取手署は5日、殺人未遂の容疑で取手市井野団地の無職の女(80)を現行犯逮捕した。女は容疑を認めているという。女は同日午後1時40分頃、自宅で近くに住む女性(76)の首を刃物のようなもので突き刺し怪我を負わせたとしている。県警捜査1課によると、女と女性は団地の部屋が隣同士だという。女性は刺された後、刃物のようなもの取り上げ自ら110番通報。その後、病院に搬送されたが命に別条はないという。

現在  5 ページ(全 24 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |前ページ | 次ページ

footer