Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

41 件ー60 件(合計 570 件)前ページ | 次ページ
日付2018-12-04情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名老人ホーム睡眠導入剤混入の被告に懲役24年の実刑/千葉地裁
概要千葉地裁(坂田威一郎裁判長)で4日、2017年に千葉県印西市の老人ホームで同僚職員らに睡眠導入剤を飲ませ交通事故を起こさせて殺害した罪などに問われた准看護師の被告の女(72)の判決公判が開かれ裁判長は懲役24年の実刑判決を言い渡した。印西市瀬戸にある老人ホームで准看護師をしていた女は2017年、同僚の山岡惠子さんらに睡眠導入剤を混ぜた飲み物を飲ませ交通事故を起こさせて殺害した罪などに問われていた。女は山岡さんを殺害した罪のほか同僚の女性らに対する殺人未遂や傷害の罪にも問われていた。また女は、これまでの裁判で睡眠導入剤入りの飲み物を飲ませたことは認めているが殺意については一貫して否認してきた。実際に被害に遭った同僚の女性は、「あってはならないような事件に巻き込まれてそれは心穏やかな日ではなかった」「元同僚でましてや親しくしていたものでして、極刑を望むとかそういう部分はありませんけども」「罪としっかり真摯に向き合ってそこを自分で償っていただきたい」と述べた。11月13日の初公判で女は「殺意はなかった」と述べ起訴内容を一部否認。その後、11月21日に行われた裁判で検察側は「准看護師の知識を悪用して同じ手口で犯行を繰り返した」として、「犯行手口は卑劣で陰湿極まりない」などと指摘し懲役30年を求刑していた。一方、弁護側は「嫌がらせをしようとしたのは事実だが殺そうとは思っていなかった」などと殺意を否認。傷害罪にとどまると主張し執行猶予付きの判決を求めていた。

日付2018-11-27情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県宮城県
題名仙台警官刺殺で死亡の大学生書類送検/宮城県警
概要宮城県警は27日、仙台市宮城野区の東仙台交番で9月、警察官が刺殺された事件で殺人と殺人未遂、銃刀法違反などの容疑で別の警察官の発砲を受け死亡した東北学院大3年の相沢悠太容疑者(21)を容疑者死亡のまま書類送検した。送検容疑は9月19日午前4時5分頃、「現金を拾った」と交番を訪れ対応した清野裕彰警部補(33)=2階級特進=にエアガンを撃ちアウトドア用の包丁で殺害。別室から駆け付けた巡査長(47)にも襲い掛かり殺害しようとするなどした疑い。

日付2018-11-27情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名2歳長女を殺害容疑で29歳父を逮捕/大阪府警
概要大阪府警捜査1課は27日、自宅で当時2歳の長女を暴行して殺害したとして大阪府寝屋川市の父親で電気工の男(29)を殺人容疑で逮捕した。男は「私は何もしていません」と容疑を否認しているという。捜査1課によると、逮捕容疑は昨年12月16日夜、当時の自宅だった大阪市東淀川区の集合住宅の一室で長女の希愛ちゃんの頭に何らかの方法で衝撃を加え殺害したというもの。事件当時、男は妻(23)と希愛ちゃんの3人暮らしで妻は外出中だった。男が「(希愛ちゃんが)息をしていない」と119番通報。希愛ちゃんは意識不明のまま搬送されたが1週間後に死亡し、死因は頭蓋内損傷による脳機能障害とされた。遺体には硬膜下血腫とクモ膜下出血の症状がみられ府警は事件性があるとみて捜査。男は府警に対し、「泣き出したのであやそうとして布団を羽織って抱きついて転がった」と述べ、その後に意識を失ったと説明していた。男は今年2月、「娘が亡くなった理由が思いつかず困っている。虐待などはしていない」と話していた。

日付2018-11-23情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名千葉女性切断遺体で37歳息子を逮捕/千葉県警
概要千葉県警は23日、千葉県の九十九里浜周辺で75歳の女性の切断された遺体の一部が相次いで見つかった事件で死体遺棄などの疑いで息子を逮捕した。死体遺棄と死体損壊の疑いで逮捕されたのは千葉県八街市の37歳の息子。男は母親の山田容子さん(75)の遺体を損壊し遺棄した疑い。事件は、今年9月以降、大網白里市の川の河口や九十九里浜で女性の胴体部分や頭部などが相次いで見つかり歯型や身体的特徴から遺体を山田容子さんと特定していた。県警は16日から息子の事情聴取を続けていたが死体の遺棄や損壊への関与をほのめかす供述を始めたことから23日夜、逮捕したという。

日付2018-11-21情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名寝屋川中1男女殺害の48歳男に死刑求刑/大阪地裁
概要大阪地裁(浅香竜太裁判長)で21日、大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人が2015年に殺害された事件で殺人罪に問われた被告の男(48)の裁判員裁判の論告求刑公判があり検察側は死刑を求刑した。殺意の有無や責任能力が争点で、男は初公判で殺すつもりはなかったと起訴内容を否認。目撃情報や自白などの直接証拠はなく検察側は状況証拠を積み重ねて被告による殺害を立証しようとした。公判で検察側は、遺体に窒息死の特徴があったなどとして男が星野凌斗さん(当時12)、平田奈津美さん(同13)の首を圧迫して死亡させたと主張。被告には完全責任能力があると指摘した。弁護側は、平田さんについては傷害致死罪、星野さんに関しては何らかの体調不良で亡くなったとして保護責任者遺棄致死罪にとどまると反論。被告は精神に影響する障害で責任能力が低下し心神耗弱状態だったと訴えている。起訴状によると、男は15年8月13日、大阪府内かその周辺で平田さんの首を圧迫し、顔に粘着テープを何重にも巻き付けて窒息させて殺害。また、何らかの方法で星野さんの首を圧迫し窒息死させたとされる。 

日付2018-11-19情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県神奈川県
題名新幹線3人殺傷の22歳男起訴/責任能力あると判断/横浜地検支部
概要横浜地検小田原支部は19日、今年6月に東海道新幹線の車内で乗客3人が殺傷された事件で殺人などの罪で住所不定、無職の男(22)を起訴した。同支部は7月13日から4ヶ月間、精神鑑定を行った結果、刑事責任能力を問えると判断した。起訴状などによると、男は6月9日夜、神奈川県内を走行中の東海道新幹線「のぞみ265号」の車内で看護師の女性ら2人を鉈で切り付けて怪我をさせたほか制止しようとした会社員の梅田耕太郎さん(当時38)の首や脚を複数回切り付けて殺害するなどしたとされる。梅田さんの妻は男の起訴を受け、「いまだ突然家族を失われた悲しみが癒えることはありません。このような悲しいつらい事件が起きないよう願うのみです」とのコメントを出した。 

日付2018-11-18情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県北海道
題名社会福祉施設で女子高校生が殺人未遂/札幌市東区
概要北海道警・札幌東署は18日、札幌市東区の社会福祉施設で男性職員(55)の首を刃物で切り付けたとして殺人未遂の疑いで同区の女子高校生(16)を現行犯逮捕した。施設を運営する法人によると、職員は経済的な理由や虐待などで親と暮らせない子どもを家庭的な環境で育てるファミリーホームの管理者で、女子高校生は施設の入所者だった。逮捕容疑は18日、札幌市東区の社会福祉施設で男性職員の首をカッターナイフで切り付けた疑い。同署によると、男性職員の命に別条は無く意識ははっきりしている。職員本人が110番通報し駆け付けた警察官が身柄を確保した。詳しい動機を調べている。

日付2018-11-16情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名九十九里浜の切断遺体事件で37歳息子を聴取/千葉県警
概要今年9月から先月にかけて千葉県の九十九里浜で切断された女性の胴体や頭部などが相次いで見つかった事件で歯の治療の痕などから八街市に住む山田容子さん(75)と特定された。千葉県警は九十九里浜の周辺を走行した車の記録などから同居する37歳の会社員の息子が事件に関わったとみて16日朝任意同行を求め遺体を遺棄した疑いなどで事情を聴いている。任意同行を求め遺体を遺棄した疑いなどで事情を聴いている。

日付2018-11-08情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県兵庫県
題名3人殺害の被告に無期懲役/神戸地裁姫路支部
概要神戸地裁姫路支部(木山暢郎裁判長)は8日、初公判から判決までの期間が過去最長(207日)となった裁判員裁判で男性3人に対する殺人や逮捕監禁致死などの罪に問われた元パチンコ店経営の被告の男(47)に無期懲役(求刑・死刑)の判決を言い渡した。被告の男は2010~11年、知人の男らと共謀して男性作業員(当時37)、広告会社元社長の男性(同50)、無職の男性(同57)を兵庫県姫路市などで殺害したり監禁して死亡させたりしたとして起訴された。検察側は、過去に起きた刑事事件にまつわる恨みや融資金の焦げ付きなどを背景に被告の男が事件全体を主導したと主張。一方、被告・弁護側は起訴内容の大半を否認し「懲役3年が相当」と主張していた。4月16日の初公判から判決まで70回の公判が開かれ延べ120人以上が証人出廷。本人の申し出により裁判員3人が交代した。検察側と弁護側の主張が正面から対立したうえ被害者とされた3人のうち2人の遺体が見つかっていないという複雑な構図が裁判日程の長期化につながった。

日付2018-11-07情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県群馬県
題名老人ホーム入所女性殴り怪我させた介護福祉士の男逮捕/群馬県警
概要群馬県警・渋川署は7日、勤務先の有料老人ホーム「ひかりの里」(渋川市渋川)の個室で8月28日午前4時頃、入所者の無職の女性(88)を殴り怪我を負わせたとして傷害の疑いで渋川市石原の介護福祉士の男(35)を逮捕した。男は調べに「介護中に奇声を上げたので、かっとなった」と容疑を認めているという。同署は以前にも入所者とトラブルがあったかなど詳しく調べている。女性の左目に殴られた跡があるのに気付いた親族が同署に相談し発覚した。

日付2018-11-07情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県愛知県
題名少年が強盗目的の殺害認め死体遺棄罪の共謀認めず/名古屋地裁
概要名古屋地裁(吉井隆平裁判長)で7日、名古屋市西区のパート従業員の野田みゆきさん(当時53)が殺害され滋賀県内で遺体で見つかった事件で強盗殺人と死体遺棄の罪に問われた元アルバイトの少年(19)の裁判員裁判初公判が開かれ、少年は「強盗目的で殺したことは間違いないが、野田さんをキャリーバッグに入れた時は生きていると思っていた。山中に埋めたのは警察から聞いて知った」などと述べ死体遺棄罪の共謀は成立しないと主張した。起訴状によると、少年は元土木作業員の男(22)=強盗殺人罪などで起訴=と共謀して昨年6月18日、滋賀県多賀町周辺で野田さんを車のトランクに無理やり押し込み現金約5万円や商品券、スマートフォンなどを奪ったうえ首を絞めて殺害し同20日に野田さんの遺体を入れたキャリーバッグを多賀町の山林に埋めた疑い。22歳の元土木作業員の男は殺害後に野田さんの仮想通貨「ビットコイン」約35万円分を不法に得たとして電子計算機使用詐欺罪でも起訴されている。

日付2018-11-01情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名中1男女殺害事件で被告は初公判で争う姿勢/大阪地裁
概要大阪地方裁判所(浅香竜太裁判長)で1日、平成27年8月に大阪府寝屋川市の中学1年生の平田奈津美さん(13)と同級生の星野凌斗くん((12)が遺体で見つかった事件で2人に対する殺人の罪に問われている被告の男(48)9)の裁判員裁判が始まった。冒頭、男は突然、法廷でひざまづき、ついたての向こうにいるとみられる遺族に対し「経緯はどうであれ、死の結果を招いてしまい申し訳ありません。本当にごめんなさい」などと涙声で謝罪のことばを述べた。裁判長に制止されたあと、起訴された内容を認めるか聞かれると、平田さんについては「殺すつもりはありませんでした。気がついたら首に手が触れていました。そのときに亡くなった気がします」と述べ殺意を否認した。また、星野さんについては「違います」などと否認した。このあと弁護士が「平田さんについては傷害致死罪が成立する。星野さんは何らかの体調不良で亡くなったもので保護責任者遺棄致死罪に該当する」と述べ、いずれも殺人にはあたらないと主張して争う姿勢を示した。今回の事件で被告は取り調べに黙秘を続け、また捜査でも殺害に関わったことを示す直接証拠を集めることはできなかった。被告が2人を殺害したと主張する検察は、状況証拠を積み重ねて立証する方針。

日付2018-10-31情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名殺人で起訴の男性に逆転無罪/大阪高裁
概要大阪高裁(村山浩昭裁判長)は31日、大阪市北区で2014年に交際女性の首を絞めて殺害したとして殺人罪に問われた男性(40)の控訴審判決で懲役9年とした1審の大阪地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。村山裁判長は女性の死因について「薬物による中毒死の可能性が否定できない」と判断した。1審判決は「死因は首を絞めたことによる窒息死」と認定。「女性が死亡するかもしれないと認識していた」として未必の故意を認めたが、村山裁判長は「危険ドラッグの多量摂取による薬物中毒死の可能性がある」と指摘した。男性は14年7月、タワーマンションにある自宅で交際していた女性(当時21)に手をかまれたため格闘技の絞め技をかけて殺害したとして逮捕、起訴された。

日付2018-10-25情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県愛知県
題名パチンコ台メーカー車庫で男性刺され死亡/名古屋市中川区
概要25日午前7時35分頃、名古屋市中川区中京南通3のパチンコ台メーカー「高尾」の本社車庫内で男性が血を流して倒れているのを出勤してきた従業員が見つけ110番通報した。男性は同社の30代社長とみられ愛知県警・中川署員が駆けつけたが既に死亡していた。愛知県警・中川署は殺人事件とみて捜査を始めた。凶器になるような物は見つかっていないという。現場は、名古屋臨海高速鉄道の小本駅から東に約1キロの住宅街。

日付2018-10-19情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名12階から自転車投げ落とした男逮捕/大阪府警・堺署
概要大阪府警・堺署は19日、堺市堺区の集合住宅で今年8月に高層階から落ちてきた自転車に当たった女性が怪我をした事件で大阪市生野区の無職の男(26)を殺人未遂の疑いで逮捕した。 男は8月28日午後3時15分頃、堺区戎島町1の「府営堺戎島住宅」12階から自転車を投げ落とし1階通路にいた住人の女性(76)を殺害しようとした疑い。男は「怒りにまかせて自転車を投げたが女性を狙っていない」と殺意を否認しているという。 自転車は近くの駐輪場の屋根に落ちた後、女性に当たり胸部を骨折し頭を切るなどの重傷を負った。 事件直前、男と別の男性がこの集合住宅で言い争うのを住人が目撃しており署が監視カメラ映像などから行方を追っていた。自転車は他人のもので、12階の通路に置かれていた。男と女性は面識がなかった。男は19日、検察庁に送られた。

日付2018-10-12情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県大阪府
題名弟殺害の44歳女を父親殺害で/再逮捕へ/大阪府警
概要兵庫県堺市で今年3月、練炭自殺を装って弟を殺害したとして殺人罪で起訴された水道工事会社社長の女(44)が6月に死亡した父親(67)も殺害していた疑いが強まったとして大阪府警が殺人容疑で逮捕状を取ったことが12日わかった。近く再逮捕する方針。被告の女は3月27日、堺市中区の実家兼会社事務所で弟の聖光さん(当時40)に睡眠薬を飲ませ、トイレ内で練炭を燃やして殺害したとして起訴されている。糖尿病を患う父親の富夫さんは今年1月20日、自宅から低血糖状態で病院に運ばれた。25日に退院したが翌日に再び低血糖で搬送されて入院。意識が戻らないまま6月28日に死亡した。搬送時は2回とも被告の女が前日に実家に泊まり自ら作った甘酒を飲ませていた。また、富夫さんが常用していたインスリンの注射器が搬送後に見当たらなくなるなど不審な点があったという。府警は司法解剖や医師の鑑定などで富夫さんがインスリンを過剰に摂取したことで低血糖となり死亡したと判断。被告の女が何らかの方法で投与したとみて追及する方針。

日付2018-10-12情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県長崎県
題名松橋事件再審開始が確定/自白を根拠に有罪服役/最高裁
概要最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は12日までに、熊本県宇城市(旧松橋町)で1985年に男性が刺殺された「松橋事件」で殺人罪などで懲役13年が確定、服役した宮田浩喜さん(85)の再審請求について裁判のやり直しを認めた地、高裁の判断を支持、検察側の特別抗告を棄却する決定をした。宮田さんの再審開始が確定した。決定は10日付。確定判決は、宮田さんの捜査段階の自白のみを根拠に有罪と認定したが再審請求審では地、高裁いずれも自白の信用性を否定。熊本地裁で始まる再審公判では無罪を言い渡される公算が大きい。再審請求では、捜査段階で宮田さんが「凶器の小刀に巻き付け、犯行後に燃やした」と供述していた布片を検察側が保管していたことが判明。熊本地裁は2016年6月、小刀と遺体の傷口が合わないとした鑑定結果も踏まえ「自白の核心部分が揺らいだ。有罪判決を維持できるほどの信用性は認められない」と再審開始を決定した。福岡高裁も17年11月、燃やしたはずの布片が保管されていたことに触れ、「捜査官に迎合して事実に反する供述をしていた可能性が否定できない」と判断。「唯一の証拠である自白の信用性が大きく揺らいだ」と地裁の判断を支持し検察側が特別抗告していた。 

日付2018-10-10情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県富山県
題名交番襲撃の元自衛官を再逮捕/富山県警
概要富山県警は10日、今年6月に同県警・富山中央署奥田交番の裏口付近で所長の稲泉健一警視(2階級特進)=当時(46)=を刃物で三十数回刺すなどして殺害し拳銃を強奪。約100メートル離れた市立奥田小学校正門付近で警備員の中村信一さん(同68)=を射殺し、駆けつけた警察官に腹を撃たれて富山市内の病院に入院していた富山県立山町に住む元自衛官でアルバイトの男(22)島津慧大容疑者(22) 強盗殺人などの疑いで男を再逮捕した。男は一時、重体になり現在も歩けない状態だが10日に退院し、県警は警察官から拳銃を奪い殺害した強盗殺人などの疑いで再逮捕した。これまでの調べで男は事件の直前、アルバイト先の店長を殴って大怪我を負わせ、その足で交番に向かったとみられていて県警は事件のいきさつや動機の解明を進めることにしている。

日付2018-10-10情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県香川県
題名男性刺し男が逃走/殺人未遂で捜査/香川県警
概要10日午前1時50分頃、香川県高松市木太町のうどん店「黒田屋木太店」の駐車場で人が怪我をしたと110番通報があった。香川県警・高松北署員が駆け付けたところ、男性が刃物で背中など数ヶ所を刺されて倒れており車が猛スピードで走り去った。目撃情報などから男が刺して逃走したとみられ同署が殺人未遂事件として捜査している。

日付2018-09-26情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県静岡県
題名<静岡女性遺体>殺人容疑で再逮捕の2人不起訴処分に/静岡地検
概要静岡地検は26日、静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師の内山茉由子さん(当時29)の遺体が見つかった事件で、内山さんに対する殺人容疑で再逮捕された名古屋市天白区原1の無職の男A(43)と住所不定、無職の男B(28)を不起訴処分とした。容疑不十分とみられるが地検は詳しい処分の理由を明らかにしていない。一連の事件で男Aは死体遺棄や営利目的略取、逮捕監禁などの罪で、男Bは営利目的略取と逮捕監禁の罪でそれぞれ起訴されている。内山さんは5月26日夕、浜松市内の駐車場から車ごと連れ去られ6月9日に遺体で見つかった。県警は、男2人を内山さんへの逮捕監禁容疑で逮捕し男Aは死体遺棄容疑でも再逮捕。さらに9月6日、事件後に自殺した容疑者の男(当時39)と共謀して内山さんを殺害した疑いが強まったとし男A、Bを殺人容疑で再逮捕した。男Aは遺棄現場まで行ったことは認める一方、殺害への関与は否認し男Bは黙秘しているという。内山さんは窒息死した可能性があるが詳しい殺害方法などは特定できていないとみられ地検は事件の全容解明が困難で起訴できないと判断したとみられる。県警は今後、男Cについて容疑者死亡のまま書類送検する方針。

現在  3 ページ(全 29 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |前ページ | 次ページ

footer