Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

81 件ー100 件(合計 242 件)前ページ | 次ページ
日付2015-07-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名愛知・日進刺殺/高3が預けたナイフ、凶器と特定/愛知県警
概要愛知県警・愛知署捜査本部は24日、愛知県日進市で無職の川村典道さん(65)が殺害された強盗殺人事件で逮捕された高校3年生の少年(17)が友人に預けたサバイバルナイフのうち1本を事件で使われた凶器と特定した。ナイフの付着物を鑑定した結果、川村さんと矛盾しないDNA型が検出された。少年は逮捕当初、凶器について「逃げる途中で投げ捨てた」と供述していた。しかし、事件後に携帯電話の無料通信アプリで友人と連絡を取りナイフ数本を預けていたことが判明。取り調べで指摘され「刺したナイフも預けた」と認めたという。

日付2015-07-23情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名愛知・日進刺殺事件/祖父似だから狙った/容疑の高3
概要愛知県日進市で12日夜、無職の川村典道さん(65)が刺殺されショルダーバッグが奪われた事件で、愛知県警に強盗殺人容疑で逮捕された同市に住む県立高校3年の少年(17)が川村さんを襲った理由について「(一緒に暮らす)祖父に似ていたから狙った」と話していることが23日わかった。少年は逮捕後、犯行に使ったナイフについて逮捕された当初は「現場近くの公園付近に投げ捨てた」と話していたが「嘘だった」と認めるなど供述が変っている。また、少年が事件当日に川村さんと出会う前からナイフを所持していたことなど説明に矛盾する点が多いため県警は動機がほかにもあるとみている。調べに少年は、「父親や祖父とトラブルがあった。ストレスがたまっていた」とも話しているといい、県警は家族間で何らかのトラブルがなかったかについても捜査を進めている。

日付2015-07-20情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名愛知・日進の男性刺殺/バッグに物色跡愛知県警
概要今月12日、愛知県日進市の路上で男性を殺害しバッグを奪ったとして17歳の高校生が逮捕された事件で、見つかったバッグには現金が残っていたが物色したような跡があったことが20日わかり、愛知県は現金を奪う目的だったとみてさらに動機の解明を進めている。高校生は容疑を否認しているという。この事件で逮捕された日進市に住む高校3年生の17歳の男子生徒は今月12日、市内の路上で近くに住む川村典道さん(65)を刃物で殺害し現金約6,000円の入ったバッグを奪ったとして強盗殺人の疑いがもたれている。バッグは男子生徒の供述どおり近くの住宅地のやぶから見つかり封筒に入っていた現金は小銭も含め全額残っていたという。一方、バッグの内側には血の付いた手で触ったような跡があったということで県警は現金を奪う目的だったとみてさらに動機の解明を進めている。県警によると、男子生徒は川村さんを刺したことは認めているが強盗が目的ではなかったと供述しているほか殺意についても否定し強盗殺人の容疑を否認しているという。

日付2015-07-19情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名愛知・日進の男性刺殺/17歳高校生を逮捕、殺害認める/愛知県警
概要愛知県警捜査1課と愛知署は19日、愛知県日進市梅森町の歩道で12日夜、近くの川村典道さん(65)が刺殺された強盗殺人事件で同市内に住む高校生の少年(17)(を強盗殺人容疑で逮捕した。少年は殺害について認めている一方、「強盗目的ではなかった」と話しているという。少年は12日午後8時20分頃から35分頃までの間に川村さんの顔面や首などを刃物のようなもので多数回にわたって突き刺すなどして殺害し現金6,000円が入ったショルダーバッグを奪った疑い。川村さんは地域の自治会の会長を務めており、12日は午後6時半から現場近くの公民館で開かれた盆踊り大会について話し合う会合に出席し終了後に近くのコンビニに立ち寄り足を悪くしている妻の分も含めて弁当を2個購入し1人で歩いて帰宅する途中に襲われた。川村さんの首や顔には10ヶ所以上の切り傷や刺し傷があり背中にも深い刺し傷があった。しかし、遺体の両手には身を守ろうとする時にできる傷がほとんどなく、県警は川村さんは暗がりの歩道で突然襲われ抵抗する間もなく殺害されたとみて捜査を進めていた。一方、川村さんが所持していた現金数万円と運転免許証が入った財布や携帯電話は残されていたものの自宅や車の鍵を入れていたショルダーバッグがなくなっていたという。コンビニの監視カメラには同日午後8時20分頃に店を出る川村さんの姿が映っていた。同日午後8時35分頃、血まみれの状態で倒れているのを通りかかった女性が見つけた。コンビニから現場までは歩いて5分程度で、県警は25分頃から発見される10分間に襲われたとみて現場付近を調べるとともに情報提供を求めるフリーダイヤルを設置するなどして目撃情報を集めていた。コンビニの監視カメラの映像に川村さんの後を歩く男が写っておりこの映像などから少年が浮上。18日に任意で話を聞いたところ奪ったバッグを捨てた場所を話した。少年の話に基づき現場付近を捜索したところ、川村さんのものとみられるバッグが見つかったという。

日付2015-07-13情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名路上強盗殺人か/65歳男性刺され死亡/愛知県日進市
概要12日午後8時35分頃、愛知県日進市梅森町の歩道で近くに住む無職の川村典道さん(65)が血を流して倒れていると住民から119番通報があった。川村さんは病院に運ばれたが約1時間後に死亡が確認された。ショルダーバッグが見当たらないことから愛知県警捜査1課は強盗殺人事件と断定。13日未明、愛知署に捜査本部を設置した。捜査本部によると、遺体には刃物で刺されたり切られたりした傷が複数あった。川村さんは妻(62)と2人暮らしで12日午後6時頃に外出し近くの公民館で開かれた会合に参加。帰りに襲われたとみられる。

日付2015-07-09情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県千葉県
題名強盗殺人認めず窃盗で有罪判決、懲役6年/千葉地裁
概要千葉地方裁判所(高橋康明裁判長)は9日、2013(平成13)年2月に千葉県柏市で車を盗んだうえ持ち主の男性をはねて死亡させたとして強盗殺人などの罪に問われた柏市の無職の被告の男(30)に対「被告が車を運転していたと判断するには疑いが残る」として強盗殺人については認めず車を盗んだ窃盗などの罪で懲役6年の判決を言い渡した。男は知人の男2人とともに会社員の保田智さん(当時31)の車を盗んだうえ安田さんをはねて車から振り落として死亡させたなどとして強盗殺人などの罪に問われた。6月から行われてきた裁判員裁判で男は「車を盗みに行ったのは間違いないが、車を運転していたのは自分ではない」と強盗殺人については無罪を主張していた。一方、検察は「盗難の現場に一緒にいた男2人の証言などから車を運転をしていたのは被告だ」と主張し無期懲役を求刑していた。判決で高橋裁判長は「現場に一緒にいた男が被告が主導で行った事件だと供述するよう手紙で促すなどしており、男らの証言から被告が車を運転していたと判断するには疑いが残る」などと指摘し強盗殺人については認めず車を盗んだ窃盗などの罪で懲役6年の判決を言い渡した。判決について千葉地検の金澤勝幸次席検事は「予想外の判決で驚いている。判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とコメントした。

日付2015-07-09情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県北海道
題名小樽ひき逃げ事件の32歳被告に懲役22年判決/札幌地裁
概要札幌地方裁判所(佐伯恒治裁判長)は9日、北海道小樽市で昨年7月、海水浴帰りの女性4人がレジャー用多目的車(RV)にはねられ3人が死亡した事件で自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)と道交法違反(ひき逃げ)に問われた札幌市西区の元飲食店従業員の被告の男(32)の裁判員裁判で求刑と同じ懲役22年を言い渡した。被告の男は「正常な運転ができないほど酔っていなかった」などと否認していたが、検察側の主張通り、危険運転致死傷の適用を認めた。

日付2015-06-26情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県大阪府
題名大阪・心斎橋通り魔事件の礒飛被告に死刑判決/大阪地裁
概要大阪地方裁判所(石川恭司裁判長)は26日、大阪・心斎橋の路上で2012(平成24)年6月に男女2人が刺殺された通り魔事件で殺人罪などに問われた無職の礒飛京三被告(40)の裁判員裁判の判決で求刑通り死刑を言い渡した。被告は12年6月10日午後1時頃、大阪市中央区東心斎橋の路上で音楽プロデューサー南野信吾さん(当時42)とスナック経営佐々木トシさん(同66)を包丁で刺して殺害するなどした。公判で礒飛被告は「頭の中から『刺せ』と声が聞こえた」などと述べ刑事責任能力の程度が争点になっていた。検察側は「幻聴の影響は乏しかった」として完全責任能力があったと主張。弁護側は「以前に使っていた覚醒剤の影響で(法律上、刑が減軽される)心神耗弱状態だった可能性を否定できない」と訴え死刑を回避するよう求めていた。公判は5月25日に始まり計12回の審理を経て6月18日に結審した。

日付2015-06-23情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県奈良県
題名73歳がナイフで知人男性の首切りつける/奈良県警・奈良署
概要奈良県警・奈良署は23日、カッターナイフで知人男性の首を切りつけて殺害しようとしたとして殺人未遂容疑で奈良市般若寺町の無職の男(73)を緊急逮捕した。男は「切りつけたが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているという。男は23日午後5時35分頃、自宅前で近くに住む男性(65)の首をカッターナイフで切りつけ殺害しようとした疑い。男性はのど仏付近に長さ14センチ、深さ1.5センチの傷を負ったが命に別条はないという。男は男性らと数年前からトラブルがあり、この日も喧嘩になったため現場にいた男性の兄が110番通報。署員が現場へ向かう最中に切りつけたとみられる。

日付2015-06-15情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県千葉県
題名連続通り魔の無期懲役判決の被告が控訴/千葉地裁
概要千葉県柏市の連続通り魔事件で強盗殺人罪などに問われ、千葉地裁の裁判員裁判で無期懲役の判決を受けた住所不定、無職の被告の男(25)が東京高裁に控訴していたことが15日わかった。千葉地裁によると、判決当日の12日に被告本人が勾留先で手続きを取った。地裁判決によると、被告は昨年3月3日深夜、柏市の路上で会社員池間博也さん(当時31)をナイフで刺殺して現金を奪ったほか男性3人から現金や車を奪い、うち1人に軽傷を負わせた。無期懲役の判決は検察の求刑通りだった。

日付2015-06-12情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県千葉県
題名千葉・柏の連続通り魔に無期懲役判決/千葉地裁
概要千葉地裁(小森田恵樹裁判長)は12日、昨年3月3日、千葉県柏市あけぼの5の路上で男性4人が次々と襲われ1人が殺害された通り魔事件で、強盗殺人などの罪に問われた千葉県柏市の無職の男(25)に対し「生活費欲しさに起こした身勝手で残虐な犯行で地域に大きな影響を与えた」として求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。男は昨年3月3日午後11時34分頃、柏市あけぼの5の住宅地の路上で当時31歳の男性をナイフで刺して殺害して現金などを奪ったほか別の男性3人を次々と襲って車や財布を奪11人を怪我させたとして強盗殺人などの罪に問われていた。5月27日から千葉地裁で始まった計7回にわたる審理で男は一貫して動機を「ハイジャックしてスカイツリーに突っ込むテロを起こし、社会に復讐したかった」と説明していた。検察側証人として出廷した精神科医は「テロは空想。犯罪を楽しむ男本来の性格が飲酒により際立った」と指摘。弁護側証人の別の精神科医は「テロを起こすという荒唐無稽な妄想を抱くのは統合失調症の特徴」と証言し主張は真っ向から対立した。判決で小森田恵樹裁判長は「精神鑑定を行った医師の証言から、被告は精神的な病気を患っていたとは言えない。単なる生活費欲しさに起こした身勝手で残虐な犯行であり、地域に大きな影響を与えた」と指摘し求刑通り無期懲役を言い渡した。男はこの日、腕の入れ墨を露出させたタンクトップ姿で歌を歌いながら入廷。裁判長から「静かにしなさい」とたしなめられた。判決の主文言い渡し後にも拍手し、「これでまた殺人ができる」と発言するなど不可解な言動を続けた。

日付2015-06-12情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県北海道
題名4人死亡事故/危険運転致死傷容疑で車の男逮捕/北海道警
概要北海道警は12日、北海道砂川市で車2台が衝突するなどして家族4人が死亡した事故で一家が乗っていた軽ワゴン車と衝突した乗用車を運転していた上砂川町の土木作業員の男(27)、を自動車運転処罰法違反容疑(危険運転致死傷)で逮捕した。道警によると、男は6日午後10時35分頃、砂川市の国道12号の交差点で赤信号を無視したうえ制限速度を大幅に超えて進入。左から来た歌志内市の会社員、永桶弘一さん(44)が運転する軽ワゴン車と衝突し永桶さんら一家5人を死傷させた疑い。この事故で、永桶さんと妻文恵さん(44)、高校3年の長女恵さん(17)、高校1年の長男昇太さん(16)が死亡し中学1年の次女光さん(12)は意識不明の重体となった。昇太さんは衝突の弾みで車外に投げ出され男の友人で上砂川町の解体作業員の男(26)=道交法違反¥(ひき逃げ)容疑で逮捕=が運転する車に約1.5キロ引きずられた。27歳の土木作業員の男は事故で怪我をして入院中だったが道警は回復を待って逮捕した。

日付2015-06-09情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県北海道
題名<北海道4人死亡>長男ひき逃げで男逮捕/北海道警
概要北海道警・砂川署は9日、北海道砂川市の交差点で軽ワゴン車に乗用車が衝突し軽ワゴン車の永桶弘一さん(44)ら親子4人が死亡した事故で長男の昇太さん(16)を跳ねて逃走したとして道交法違反(ひき逃げ)容疑で上砂川町上砂川の解体作業員の男(26)を逮捕した。乗用車と一緒に走行していたとみられるピックアップトラック(後部に荷台のあるタイプの車が衝突事故のあと軽ワゴン車の外に投げ出された長男をひきずって走り去ったとして調べていた。昇太さんは衝突事故の際に車外へ投げ出されたとみられ現場から約1.5キロにわたって血痕のような痕が路面に残り路上で亡くなっているのが見つかった。

日付2015-04-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県大阪府
題名フィリピン系日本人工員の刑免除、捜査がずさん/大阪簡裁
概要大阪市で2013(平成25)年、相手に怪我をさせたとして傷害罪に問われたフィリピン系日本人の工員の男性(23)に大阪簡裁(畑山明則裁判官)が「不起訴にするのが相当な事案で捜査もずさんだった」として罪を認定した上で刑を免除する判決を言い渡していたことが24日わかった。判決は2月26日付で検察側は控訴しなかった。当初、検察は工員を在宅のまま略式起訴、大阪簡裁が罰金の略式命令を出したが工員側が不服として正式裁判を請求していた。畑山裁判官は先に攻撃をしてきた負傷男性と同じ不起訴処分(起訴猶予)が相当と判断した。刑の免除は異例。判決は2月26日に言い渡され確定している。弁護人を務めた松岡正章弁護士は「事実上の無罪。日本語を話せない男性に対する捜査のあり方も批判しており、優れた判決だ」としている。判決によると、男性は13年6月2日午後10時25分頃、大阪市東住吉区の歩道で酒に酔っていた被害者から因縁をつけられ胸ぐらをつかまれたことから応戦し顔を殴って骨折させた。

日付2015-04-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県埼玉県
題名巡査部長が高校生を跳ね怪我させ逃走/埼玉県警
概要埼玉県警交通捜査課などは24日、埼玉県草加市内で自転車に乗った男子高校生を車で跳ねて軽い怪我をさせたうえそのまま逃げたとしてひき逃げなどの疑いで自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで埼玉県警・草加署生活安全課の巡査部長の男(42)=埼玉県さいたま市桜区白鍬=を逮捕した。巡査部長は「事故後に逃げたことは間違いない」と容疑を認めているという。高校生は右肩などを打撲し全治2週間の怪我。逮捕容疑は、今月3日午後10時55分頃、軽乗用車を運転中、草加市北谷の国道4号丁字路交差点で左折する際、自転車の高校生(17)=同市=にぶつかり転倒させ怪我を負わせたとしている。後続のバイク運転手の目撃情報から巡査部長の関与が浮上した。巡査部長は勤務を終え帰宅途中だったという。草加署の江田正之副署長は「署員が逮捕されたことは誠に遺憾であります。関係者の方におわびします」とコメントした。

日付2015-04-15情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県茨城県
題名矢を射たのは傷害事件で逮捕した男か/茨城県取手市
概要15日午前1時50分頃、茨城県取手市で自転車で帰宅途中の男性会社員(47)が何者かに矢で足を撃たれた事件で茨城県警・取手署が別の傷害事件で逮捕した男の自宅を15日夜捜索したところ男性が撃たれた矢と色や形が似た矢が見つかり同署では関連を慎重に捜査している。男は今回の事件について「知らない」と話し関与を否認しているとという。 同署は男性が目撃した白いセダンタイプの乗用車などを手がかりに捜査を進めていたが先月、知人の男性を殴るなどして怪我をさせたとして別の傷害事件で逮捕した市内に住む無職の男(36)の自宅を15日夜捜索したところ、男性が撃たれた矢と色や形、材質が似た矢を6本押収した。「クロスボウ」と呼ばれる洋式の弓も見つかったという。男は被害者の男性が目撃した白のセダンタイプに似た乗用車に乗っているという。

日付2015-04-15情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県茨城県
題名自転車の男性が矢を放たれ怪我/茨城県取手市
概要15日午前1時50分頃、茨城県取手市東2の県道で自転車で帰宅途中だった同市内の男性会社員(47)が何者かに洋弓のようなもので矢(長さ約40センチ、直径8ミリ)を放たれ右足首の上に刺さって2週間の怪我をした。男性は矢が刺さったまま自転車で自力で帰宅した。家族が自家用車で男性を市内の病院に運んだという。妻が茨城県警・取手署に「夫が矢を撃たれて帰ってきた。病院に向かっている」と通報した。同署が傷害事件として捜査している。当時、雨が降っており、男性は傘を差しながら歩道を自転車で走行していた。「トラブルの心当たりはない」と話しているという。

日付2015-03-21情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛媛県
題名路上で胸に刃物刺さり死亡の79歳女性見付かる/愛媛県今治市
概要21日午後2時頃、愛媛県今治市宮下町の路上で「女性が倒れている」と通行人から119番通報があった。駆け付けた消防が胸に刃物が刺さった女性を発見し病院に運んだが約1時間後に死亡が確認された。女性は市内在住の79歳で愛媛県警・今治署は殺人事件とみて捜査を始めた。同署によると、女性はうつぶせに倒れていた。胸の傷は1ヶ所で争った跡はなかった。女性は青っぽいパーカーにスエットのズボン姿で手提げバッグを持っていた

日付2015-03-14情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県福井県
題名知人の女子大学院生殺害で福井大特命准教授を逮捕/福井県警
概要福井県警・勝山署などは14日、知人の女子大学院生を殺害したとして殺人容疑で福井大大学院特命准教授の男(42)=同県勝山市長山町=を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。準教授は12日早朝、同市内の路上に止めた東邦大大学院生の菅原みわさん(25)=勝山市本町=の軽自動車内で菅原さんの首を絞めて殺害した疑い。準教授は12日午前、この軽自動車で菅原さんを病院に搬送。妻を通じて「菅原さんが交通事故を起こした」と110番通報した。駆け付けた同署員が調べたところ、遺体や車の状態に不審な点があり殺人事件と断定。2人の間に何らかのトラブルがあったとみて捜査している。福井大によると、準教授は同大教職大学院に所属し環境教育が専門。菅原さんは昨年春から勝山市内に移り研究活動を通じて準教授と接点があった。準教授は東大大学院博士課程を修了後、九大や京大の研究員を経て2006(平成18)年から鹿児島県奄美大島の龍郷町で小中学校の環境教育推進指導員を務めた。11(同23)年から勝山市の環境保全推進コーディネーターとなり赤とんぼの生態を小中学生とともに調査するなどして環境教育に従事。東邦大理学部の非常勤講師を経て、現在は福井大教職大学院の特命准教授を務めている。菅原さんは東邦大の大学院生で準教授の環境教育を補佐していた。

日付2015-03-10情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県三重県
題名中3少女の強盗殺人で少年が起訴内容認める/津地裁
概要津地方裁判所で10日、2013(平成25)年8月に三重県朝日町の空き地で花火大会から帰宅する途中の中学3年の女子生徒が背後から口を押さえられるなどの暴行を受けて死亡し遺体で見付かり財布から現金約6,000が盗まれた事件で起訴された当時高校生だった19歳の少年の裁判が始まり少年は起訴された内容について「間違いありません」と述べて認めた。事件当時、高校3年だった19歳の少年が三重県警に逮捕され、その後成人と同じ裁判を受けるのが相当だとして強制わいせつ致死と窃盗の罪で津地方検察庁から起訴されました。10日の法廷では少年が入る際に傍聴席から顔が見えないよう衝立が立てられ少年が弁護士の横の席に裁判官に向かって座ると衝立が運び出されて審理が始まった。少年は起訴された内容について「間違いありません」と述べて認めた。このあと検察が事件のいきさつについて説明し、「少年は、帰宅途中の女子生徒が友人と別れて1人になったあとをつけ、鼻と口をふさぎ意識を失わせたうえ、窒息死させた」と主張した。そして「動機や遺族の処罰感情などを考えると刑事処分が相当だと」と主張した。これに対し、弁護士は「少年は、対人関係を築くのが苦手で、少年院で教育を受けさせるべきだ」として少年法に基づく保護処分を求めた。

現在  5 ページ(全 13 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |前ページ | 次ページ

footer