Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

81 件ー100 件(合計 253 件)前ページ | 次ページ
日付2015-11-10情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名65歳強殺の少年、血痕隠すためズボン万引きか/愛知県警
概要愛知県日進市で7月12日、無職の川村典道さん(当時65)を殺害したなどとして強盗殺人容疑で逮捕された同市の少年(17)が事件時の着衣と同じようなズボンを万引きしたとして愛知県警・愛知署捜査本部が窃盗容疑で追送検したことが10日わかった。追送検は4日付。少年は容疑を認めているといい捜査本部は返り血を浴びた衣服を隠そうとしたとみている。少年の精神状態などを確かめるため名古屋地検が実施している鑑定留置は10日に終了する見通し。捜査本部は刑事責任能力があるとみており地検が近く「刑事処分相当」の意見を付けて家裁送致する模様。

日付2015-10-27情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県茨城県
題名<茨城洋弓射撃事件>殺人未遂で再逮捕/茨城県警
概要茨城県警は27日、取手市の県道で4月、自転車で帰宅中の男性会社員(48)が矢で撃たれた事件で同市井野1の無職の男(37)=傷害罪などで公判中=を殺人未遂容疑で再逮捕した。男は「私ではありません」と容疑を否認しているという。男は4月15日午前2時頃、同市東2の県道で殺意を持って洋弓でアルミ製の矢(長さ約40センチ、直径8ミリ)を放ち矢は男性の右脚ふくらはぎを貫通して2ヶ月の怪我をさせた疑い。県警は同日、別の知人男性を殴った傷害容疑で男を逮捕し自宅から洋弓や矢を押収していた。

日付2015-10-13情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県千葉県
題名傘で高1生徒刺した無職男を逮捕/千葉県警・千葉西署
概要千葉県警・千葉西署は13日、千葉市美浜区のJR海浜幕張駅前で今月1日、千葉県船橋市の高校1年の男子生徒(16)が男に傘で首を刺されて負傷した事件で千葉市花見川区幕張町6の自称無職の男(40)を殺人未遂容疑で逮捕した。男は「男の人とぶつかって傘が折れたのでかっとなって傘を振り回した」などと話しているが殺意は否認しているという。逮捕容疑は1日午後3時40分頃、海浜幕張駅前の歩道で高校生とトラブルになり傘の先で首を突き刺し殺害しようとした疑い。高校生は首に全治約2週間の怪我をした。男は傘を捨てて逃走したが監視カメラの映像などから関与が浮上した。高校生は駅前の交番に助けを求め救急車で病院に搬送されたが命に別条はなかった。

日付2015-10-13情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県広島県
題名77歳が30歳をゴルフスティックで殴打/広島県警・府中署
概要広島県警・府中署は13日、車の通行をめぐってグラウ広島県警・府中署ンドゴルフ(高齢者向けに考案されたスポーツの1種)のスティックで男性の顔などを殴り顔面打撲などを負わせたとして傷害容疑で広島県府中市土生町の無職の男(77)を現行犯逮捕した。男は13日午後0時5分頃、府中市府中町の路上で同市内の男性看護師(30)の顔などをスティックで数回殴って顔面打撲を負わせ男性から連絡を受けて駆け付けた父親(59)にも手で頭を殴るなどして左耳に怪我を負わせた疑い。男性看護師と男はともに車を運転中。信号待ちの男性の車が少し前に行けば男の車が右折して店舗に入れる状況だったといい、入れないことに腹を立てた男が車内に常備していたゴルフスティックを持ち出して犯行に及んだという。

日付2015-10-13情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県東京都
題名「人を殺してみたかった」と路上で男性刺す/東京・品川区
概要13日午前11時10分頃、東京都品川区東五反田の路上で「包丁で刺された人がいる。黄色の服を着た男が逃げている」110番通報があった。警視庁・大崎署員が現場近くで似た格好の男を発見。男性を刺したことを認めたため殺人未遂容疑で逮捕した。逮捕されたのは同区の30代の無職の男。「人を殺してみたかったので、男性を刺し殺そうとした」などと供述しているという。同署は刑事責任能力についても慎重に調べる。男性は60代で背中を刺されて病院に搬送されたが命に別条はないという。男性は「タクシーを待っていたら後ろから刺された。包丁を取り上げたら逃げていった」と話しているという。現場周辺では凶器とみられる包丁も見つかった。

日付2015-10-07情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県埼玉県
題名昨年10月の女子大生殺害の男に無期懲役/さいたま地裁
概要さいたま地裁(片山隆夫裁判長)は7日、埼玉県入間市で昨年10月、同市の大東文化大3年の佐藤静香さん(当時21)が刺殺された事件で殺人罪などに問われた同市の無職の男(21)の裁判員裁判判決公判で求刑通り無期懲役を言い渡した。判決で片山裁判長は、男が犯行理由を「人生をリセットしたかった」などと述べたことについて「身勝手で生命軽視が甚だしい」と指弾した。起訴状によると、男は昨年10月15日、自宅近くの路上で佐藤さんの背中や胸などをコンバットナイフで30回以上刺し殺害したとしている。

日付2015-08-06情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県埼玉県
題名強盗殺人、状況証拠だけで無期懲役判決/さいたま地裁
概要さいたま地裁(多和田隆史裁判長)は6日、借金返済を免れるため知人男性を殺害したとして強盗殺人罪などに問われたブラジル国籍の無職の男の被告(64)=埼玉県鴻巣市=の裁判員裁判で求刑通り無期懲役を言い渡した。被告の男が犯人であることを示す直接的な証拠がなく、弁護側は無罪を主張。多和田裁判長は状況証拠に基づく検察側の立証について「十分信用できる。被告人が犯人であると認定することに合理的な疑いは生じない」と述べた。弁護側は判決を不服として即日控訴した。判決によると、被告は2013(平成25)年12月30日頃、埼玉県熊谷市の荒川河川敷で同県吉見町の金属加工業の小柳好則さん(当時59)の首をナイフで刺して殺害し借金約300万円の返済を免れた。

日付2015-08-06情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県千葉県
題名イヤホン聞きながらの自転車死亡事故を立件/千葉県警
概要千葉県警・千葉西署は6日、今年6月に千葉市稲毛区で横断歩道を渡っていた77歳の女性が自転車に衝突されて死亡した事故で、イヤホンで音楽を聞きながら自転車に乗っていた19歳の男子大学生が赤信号を見落としたとして重過失致死の疑いで書類送検した。この事故は今年6月10日午後7時10 分頃、千葉市稲毛区小仲台の県道で信号機のある横断歩道を渡っていた東京都葛飾区の無職の77歳の女性が自転車に衝突され頭を強く打って2時間後に死亡が確認されたもの。同署が調べたところ、自転車に乗っていた千葉市稲毛区在住の私立大学2年の男子大学生(19)が時速20キロから30キロほどの速度で走っていて赤信号を見落とした疑いが強まったという。男子大学生は当時イヤホンで音楽を聞いていたということで、同署の任意の調べに「音楽を聞きながらタイヤや路面の状態を見ていて前を見ていなかった」と話したという。同署は不注意で赤信号を見落としたため事故が起きたとして男子大学生を重過失致死の疑いで書類送検した。

日付2015-08-04情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名愛知日進・強殺/高3少年が強殺容疑認める/愛知県警
概要愛知県日進市で7月に無職の川村典道さん(65)が殺害された強盗殺人事件で逮捕された高校3年の少年(17)が「金品を奪う目的だった」と容疑を認める供述を始めたことが4日わかった。県警によると、少年は殺意があったことも認めた。強盗目的などを否定していた理由については「罪を軽くするためだった」との趣旨の説明をしたという。また、定期的な小遣いをもらっていなかったことに不満を漏らし「祖父が嫌いでストレスがたまっていた」などと話している。

日付2015-08-04情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名愛知日進・強殺/高3少年を鑑定留置/名古屋地検
概要名古屋地検は4日、愛知県日進市で7月に自治会長の川村典道さん(65)が刺殺された事件で強盗殺人容疑で逮捕された高校3年の少年(17)について名古屋簡裁に請求していた鑑定留置が認められたと発表した。期間は11月10日まで。刑事責任能力に問題がないかなどを調べる。愛知県警特別捜査本部によると、少年は7月12日夜、同市梅森町の路上で川村さんを刺殺し現金約6,000円などが入ったショルダーバッグを奪った疑い。

日付2015-08-03情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名愛知・日進刺殺事件/17歳少年を鑑定留置へ/名古屋地検
概要愛知県日進市で7月12日夜、無職の川村典道さん(65)が路上で刺殺された事件で強盗殺人容疑で逮捕された同市に住む県立高校3年の少年(17)について名古屋地検は4日にも精神鑑定のための鑑定留置を始める。少年の説明には事件に関し一部を変遷させるなど矛盾点があり複雑な家庭環境なども考慮したうえで慎重な捜査が必要だと判断したとみられる。県警などによると、少年は祖父母とおばの4人暮らしで子どものころから両親と別居。逮捕後、川村さんを狙った理由を「祖父と似ていた」と説明したという。凶器のサバイバルナイフについて「捨てた」と話した後で「嘘だった。友人に預けた」と言い直しバッグを奪ったのに強盗目的を否認するなど全体的に不自然な点も多い。

日付2015-07-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名愛知・日進刺殺/高3が預けたナイフ、凶器と特定/愛知県警
概要愛知県警・愛知署捜査本部は24日、愛知県日進市で無職の川村典道さん(65)が殺害された強盗殺人事件で逮捕された高校3年生の少年(17)が友人に預けたサバイバルナイフのうち1本を事件で使われた凶器と特定した。ナイフの付着物を鑑定した結果、川村さんと矛盾しないDNA型が検出された。少年は逮捕当初、凶器について「逃げる途中で投げ捨てた」と供述していた。しかし、事件後に携帯電話の無料通信アプリで友人と連絡を取りナイフ数本を預けていたことが判明。取り調べで指摘され「刺したナイフも預けた」と認めたという。

日付2015-07-23情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名愛知・日進刺殺事件/祖父似だから狙った/容疑の高3
概要愛知県日進市で12日夜、無職の川村典道さん(65)が刺殺されショルダーバッグが奪われた事件で、愛知県警に強盗殺人容疑で逮捕された同市に住む県立高校3年の少年(17)が川村さんを襲った理由について「(一緒に暮らす)祖父に似ていたから狙った」と話していることが23日わかった。少年は逮捕後、犯行に使ったナイフについて逮捕された当初は「現場近くの公園付近に投げ捨てた」と話していたが「嘘だった」と認めるなど供述が変っている。また、少年が事件当日に川村さんと出会う前からナイフを所持していたことなど説明に矛盾する点が多いため県警は動機がほかにもあるとみている。調べに少年は、「父親や祖父とトラブルがあった。ストレスがたまっていた」とも話しているといい、県警は家族間で何らかのトラブルがなかったかについても捜査を進めている。

日付2015-07-20情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名愛知・日進の男性刺殺/バッグに物色跡愛知県警
概要今月12日、愛知県日進市の路上で男性を殺害しバッグを奪ったとして17歳の高校生が逮捕された事件で、見つかったバッグには現金が残っていたが物色したような跡があったことが20日わかり、愛知県は現金を奪う目的だったとみてさらに動機の解明を進めている。高校生は容疑を否認しているという。この事件で逮捕された日進市に住む高校3年生の17歳の男子生徒は今月12日、市内の路上で近くに住む川村典道さん(65)を刃物で殺害し現金約6,000円の入ったバッグを奪ったとして強盗殺人の疑いがもたれている。バッグは男子生徒の供述どおり近くの住宅地のやぶから見つかり封筒に入っていた現金は小銭も含め全額残っていたという。一方、バッグの内側には血の付いた手で触ったような跡があったということで県警は現金を奪う目的だったとみてさらに動機の解明を進めている。県警によると、男子生徒は川村さんを刺したことは認めているが強盗が目的ではなかったと供述しているほか殺意についても否定し強盗殺人の容疑を否認しているという。

日付2015-07-19情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名愛知・日進の男性刺殺/17歳高校生を逮捕、殺害認める/愛知県警
概要愛知県警捜査1課と愛知署は19日、愛知県日進市梅森町の歩道で12日夜、近くの川村典道さん(65)が刺殺された強盗殺人事件で同市内に住む高校生の少年(17)(を強盗殺人容疑で逮捕した。少年は殺害について認めている一方、「強盗目的ではなかった」と話しているという。少年は12日午後8時20分頃から35分頃までの間に川村さんの顔面や首などを刃物のようなもので多数回にわたって突き刺すなどして殺害し現金6,000円が入ったショルダーバッグを奪った疑い。川村さんは地域の自治会の会長を務めており、12日は午後6時半から現場近くの公民館で開かれた盆踊り大会について話し合う会合に出席し終了後に近くのコンビニに立ち寄り足を悪くしている妻の分も含めて弁当を2個購入し1人で歩いて帰宅する途中に襲われた。川村さんの首や顔には10ヶ所以上の切り傷や刺し傷があり背中にも深い刺し傷があった。しかし、遺体の両手には身を守ろうとする時にできる傷がほとんどなく、県警は川村さんは暗がりの歩道で突然襲われ抵抗する間もなく殺害されたとみて捜査を進めていた。一方、川村さんが所持していた現金数万円と運転免許証が入った財布や携帯電話は残されていたものの自宅や車の鍵を入れていたショルダーバッグがなくなっていたという。コンビニの監視カメラには同日午後8時20分頃に店を出る川村さんの姿が映っていた。同日午後8時35分頃、血まみれの状態で倒れているのを通りかかった女性が見つけた。コンビニから現場までは歩いて5分程度で、県警は25分頃から発見される10分間に襲われたとみて現場付近を調べるとともに情報提供を求めるフリーダイヤルを設置するなどして目撃情報を集めていた。コンビニの監視カメラの映像に川村さんの後を歩く男が写っておりこの映像などから少年が浮上。18日に任意で話を聞いたところ奪ったバッグを捨てた場所を話した。少年の話に基づき現場付近を捜索したところ、川村さんのものとみられるバッグが見つかったという。

日付2015-07-13情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名路上強盗殺人か/65歳男性刺され死亡/愛知県日進市
概要12日午後8時35分頃、愛知県日進市梅森町の歩道で近くに住む無職の川村典道さん(65)が血を流して倒れていると住民から119番通報があった。川村さんは病院に運ばれたが約1時間後に死亡が確認された。ショルダーバッグが見当たらないことから愛知県警捜査1課は強盗殺人事件と断定。13日未明、愛知署に捜査本部を設置した。捜査本部によると、遺体には刃物で刺されたり切られたりした傷が複数あった。川村さんは妻(62)と2人暮らしで12日午後6時頃に外出し近くの公民館で開かれた会合に参加。帰りに襲われたとみられる。

日付2015-07-09情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県千葉県
題名強盗殺人認めず窃盗で有罪判決、懲役6年/千葉地裁
概要千葉地方裁判所(高橋康明裁判長)は9日、2013(平成13)年2月に千葉県柏市で車を盗んだうえ持ち主の男性をはねて死亡させたとして強盗殺人などの罪に問われた柏市の無職の被告の男(30)に対「被告が車を運転していたと判断するには疑いが残る」として強盗殺人については認めず車を盗んだ窃盗などの罪で懲役6年の判決を言い渡した。男は知人の男2人とともに会社員の保田智さん(当時31)の車を盗んだうえ安田さんをはねて車から振り落として死亡させたなどとして強盗殺人などの罪に問われた。6月から行われてきた裁判員裁判で男は「車を盗みに行ったのは間違いないが、車を運転していたのは自分ではない」と強盗殺人については無罪を主張していた。一方、検察は「盗難の現場に一緒にいた男2人の証言などから車を運転をしていたのは被告だ」と主張し無期懲役を求刑していた。判決で高橋裁判長は「現場に一緒にいた男が被告が主導で行った事件だと供述するよう手紙で促すなどしており、男らの証言から被告が車を運転していたと判断するには疑いが残る」などと指摘し強盗殺人については認めず車を盗んだ窃盗などの罪で懲役6年の判決を言い渡した。判決について千葉地検の金澤勝幸次席検事は「予想外の判決で驚いている。判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とコメントした。

日付2015-07-09情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県北海道
題名小樽ひき逃げ事件の32歳被告に懲役22年判決/札幌地裁
概要札幌地方裁判所(佐伯恒治裁判長)は9日、北海道小樽市で昨年7月、海水浴帰りの女性4人がレジャー用多目的車(RV)にはねられ3人が死亡した事件で自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)と道交法違反(ひき逃げ)に問われた札幌市西区の元飲食店従業員の被告の男(32)の裁判員裁判で求刑と同じ懲役22年を言い渡した。被告の男は「正常な運転ができないほど酔っていなかった」などと否認していたが、検察側の主張通り、危険運転致死傷の適用を認めた。

日付2015-06-26情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県大阪府
題名大阪・心斎橋通り魔事件の礒飛被告に死刑判決/大阪地裁
概要大阪地方裁判所(石川恭司裁判長)は26日、大阪・心斎橋の路上で2012(平成24)年6月に男女2人が刺殺された通り魔事件で殺人罪などに問われた無職の礒飛京三被告(40)の裁判員裁判の判決で求刑通り死刑を言い渡した。被告は12年6月10日午後1時頃、大阪市中央区東心斎橋の路上で音楽プロデューサー南野信吾さん(当時42)とスナック経営佐々木トシさん(同66)を包丁で刺して殺害するなどした。公判で礒飛被告は「頭の中から『刺せ』と声が聞こえた」などと述べ刑事責任能力の程度が争点になっていた。検察側は「幻聴の影響は乏しかった」として完全責任能力があったと主張。弁護側は「以前に使っていた覚醒剤の影響で(法律上、刑が減軽される)心神耗弱状態だった可能性を否定できない」と訴え死刑を回避するよう求めていた。公判は5月25日に始まり計12回の審理を経て6月18日に結審した。

日付2015-06-23情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県奈良県
題名73歳がナイフで知人男性の首切りつける/奈良県警・奈良署
概要奈良県警・奈良署は23日、カッターナイフで知人男性の首を切りつけて殺害しようとしたとして殺人未遂容疑で奈良市般若寺町の無職の男(73)を緊急逮捕した。男は「切りつけたが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているという。男は23日午後5時35分頃、自宅前で近くに住む男性(65)の首をカッターナイフで切りつけ殺害しようとした疑い。男性はのど仏付近に長さ14センチ、深さ1.5センチの傷を負ったが命に別条はないという。男は男性らと数年前からトラブルがあり、この日も喧嘩になったため現場にいた男性の兄が110番通報。署員が現場へ向かう最中に切りつけたとみられる。

現在  5 ページ(全 13 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |前ページ | 次ページ

footer