Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

21 件ー40 件(合計 294 件)前ページ | 次ページ
日付2018-03-09情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県埼玉県
題名熊谷6人殺害のペルー人被告に死刑判決/さいたま地裁
概要さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で9日、埼玉県熊谷市で2015年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判の判決公判が開かれ佐々木裁判長は被告の完全責任能力を認め検察側の求刑通り死刑を言い渡した。公判では被告の責任能力の有無や程度が争点となった。検察側は論告で、被告に被害妄想や追跡妄想があったとしつつ「物事の認知は正しくでき、社会的ルールに合わせた行動を取る能力があった」と指摘。事件後に遺体を隠すなど「自己の行為が犯罪だと理解し、対処する行動を取っている」などとして完全責任能力があると主張した。弁護側は、妄想により「追跡者から逃れるために家に入ったと考える方が自然」と強盗目的を否定し殺人と窃盗の罪にとどまると反論。その上で、被告の犯行だったとしても事件当時は統合失調症の影響下にあり「善悪の区別がついていなかった可能性がある」とし心神喪失を理由に無罪を主張した。被告の最終意見陳述は、証言台の前でうつむいたまま1分以上沈黙して終わった。事件では、さいたま地検が精神鑑定のための鑑定留置を行い、16年5月に責任能力があるとして起訴。一方、弁護側の請求による地裁の精神鑑定では統合失調症と診断された。地裁の鑑定を担当した医師は公判で「被害妄想や精神的不穏が影響を与えた蓋然性が高い」と証言した。起訴状によると、ナカダ被告は15年9月14~16日、金品を奪う目的で3軒の住宅に侵入し田崎稔さん(55)と妻美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)加藤美和子さん(41)と長女美咲さん(10)、次女春花さん(7)の6人(年齢はいずれも当時)を包丁で刺して殺害したなどとされる。

日付2018-03-06情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県奈良県
題名生後6ヶ月の長男を踏みつけ死亡させた母親の初公判/奈良地裁
概要奈良地裁(西川篤志裁判長)で6日、生後6ヶ月だった長男を踏みつけて死亡させたとして傷害致死罪に問われた母親のアルバイト従業員の被告(23)=奈良県川西町=に対する裁判員裁判の初公判が開かれ、罪状認否を問われた被告は「気付いたら踏んでいたということしか覚えていない」と述べた。検察側は冒頭陳述で、被告は育児などによるストレスから「長男の泣き声にいらだちを募らせ、犯行に及んだ」と指摘。弁護側は暴行が故意でなかったとしたうえで犯行当時は心神喪失か心神耗弱の状態にあったとし、「完全な刑事責任能力はなかった」などと無罪を主張した。起訴状によると、被告は昨年3月28日、自宅で長男の胸や腹部を複数回踏みつけるなどの暴行を加え内臓損傷による出血性ショックで死亡させたとしている。奈良県警は当初、被告を殺人容疑で逮捕したが、奈良地検は「殺意の認定は困難」として傷害致死罪で起訴した。

日付2018-03-05情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県大阪府
題名強盗殺人で45歳無職の息子を逮捕/大阪府警・豊能署
概要大阪府警・豊能署は5日、今月1日に大阪府豊能町の自宅で78歳の女性が背中などを刺されて死亡した事件で同居していた女性の無職の次男(45)を強盗殺人の疑いで逮捕した。次男は先月28日の夜から翌日の朝にかけて豊能町の自宅で母親の美代子さん(78)の背中などを刃物で刺して殺害しクレジットカードを奪った疑い。男は美代子さんの次男で同居していたが次男の部屋から血がついた衣服が見つかり事件当日から行方がわからなくなっていた。調べに次男は「仕事をしていないことで小言をたびたび言われ、腹が立った」などと話し容疑を一部否認しているという。

日付2018-02-26情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県茨城県
題名「母親殺した」と男が出頭、男女2人が死亡/茨城県石岡市
概要26日午前9時過ぎ、茨城県石岡市のJR石岡駅前の交番に「母親を殺した」と50代の男性が出頭してきた。警察官が男性の自宅に駆けつけたところ、80代の女性と50代の男性の計2人が倒れているのが見つかった。男性はその場で死亡が確認され女性は病院に運ばれたがその後、死亡した。2人は出頭した男性の母と兄とみられている。茨城県警・石岡署は2人の死因の特定を急ぐとともに男性から事情を聴き捜査している。

日付2018-02-19情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県埼玉県
題名熊谷6人殺害のペルー国籍の被告に死刑求刑/さいたま地裁
概要さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で19日、埼玉県熊谷市石原で2015年9月に小学生2人を含む6人が殺害された事件で強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判の論告求刑公判があり、検察側は死刑を求刑した。判決言い渡しは3月9日。公判で検察側は被告が事件後、遺体を発見が困難な場所に隠すなど自己防衛的な行動をしていたことを指摘したうえで、「善悪の判断や行動制御の能力に著しい低下はなかった」として完全責任能力があったと主張した。一方、弁護側は「被告は事件について語ることができない。犯罪が成立する場合は心神喪失を理由に無罪を主張する」として起訴内容の認否を留保。「仮に犯人だった場合、原因は統合失調症の強い影響以外にあり得ない」などと主張した。事件を巡っては、さいたま地検は精神鑑定のための鑑定留置を行い、16年5月に責任能力があるとして起訴した。一方、弁護側の請求に基づき実施された地裁の精神鑑定で被告は統合失調症と診断された。地裁の鑑定を担当した医師は公判で「被害妄想や精神的不穏が影響を与えた蓋然性が高い」と説明し責任能力の有無や程度が争点となっている。起訴状などによると、被告は15年9月14~16日、金品を奪う目的で熊谷市内の住宅3軒に侵入し田崎稔さん(55)と妻美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)、加藤美和子さん(41)と長女美咲さん(10)、次女春花さん(7)の6人(年齢はいずれも当時)を包丁で刺して殺害したなどとされる。

日付2018-02-19情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県千葉県
題名1人死亡の火災で放火殺人疑いで4人逮捕/千葉県警
概要千葉県警と印西署は19日、17日夕に千葉県印西市竜腹寺の木造平屋建て民家が全焼し焼け跡から性別などが不明の1人の遺体が見つかった火事で現住建造物等放火と殺人の容疑で、東京都墨田区東墨田在住の職業不詳の男A(20)ら男女計4人を逮捕した。他に逮捕されたのはいずれも職業不詳で印西市草深の男B(20)と住居不定の男C(20)、東京都在住の少女(16)。同署は4人の認否について明らかにしていない。4人は共謀して17日、印西市竜腹寺の民家に殺意をもって火を付け1人を殺害した疑い。県警は今後動機などを調べる。県警によると、この家に住む海老原よし子さん(55)と連絡が取れておらず遺体は海老原さんの可能性があるとみて身元を確認するとともに20日にも司法解剖を行って死因特定を進める。4人は静岡県富士市のドライブインの駐車場にいるところを18日昼に県警の捜査員が発見し身柄を確保した。4人は友人でこのうち1人は海老原さんと面識があり出火前にいずれも住宅にいたと見られるという。

日付2018-02-14情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県群馬県
題名3人殺傷の29歳男に2審も死刑/東京高裁
概要東京高裁(栃木力裁判長)は14日、群馬県前橋市で2014年、高齢者の男女3人が自宅で殺傷された事件で強盗殺人などの罪に問われた被告の男(29)の控訴審判決で、栃木裁判長は死刑とした1審前橋地裁の裁判員裁判判決を支持し弁護側の控訴を棄却した。1審は殺害の計画性を認定したうえで「高齢者宅を無差別に狙っており悪質極まりない」として死刑を言い渡した。控訴審で弁護側は、殺害の計画性は低かったと主張し無期懲役が相当と訴えていた。被告の男は14年11月、前橋市の小島由枝さん(当時93)を包丁で刺殺し現金7,000円を奪った。同年12月には同市の川浦種吉さん(同81)を刺殺しリンゴ2個(300円相当)を盗み、さらに金品を奪おうと妻の胸を刺して重傷を負わせた。 

日付2018-02-10情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県山梨県
題名会社会長殺しで男2人を強盗致死傷で逮捕/山梨県警
概要山梨県警は10日、山梨県甲府市朝気の住宅で2016年8月、不動産会社会長の若宮利雄さん(当時73)が襲われて死亡した事件で神奈川県厚木市の無職の男(24)と山梨県甲斐市のアルバイトの男(24)の2人を強盗致死傷と住居侵入の疑いで逮捕した。発表によると、2人は16年8月17日夜、金品を奪うために若宮さん宅に侵入して若宮さんに暴行を加え腹部の出血性ショックで死亡させた疑い。また、警報装置の作動で駆け付けた警備員の男性にも暴行を加え顔などに軽傷を負わせた疑い。

日付2018-02-06情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県東京都
題名妻に傷害容疑で逮捕の経済評論家を不起訴/東京地検
概要東京地検は6日、妻の腕に噛みつくなどして怪我をさせたとして傷害容疑で逮捕された経済評論家の三橋貴明(本名・中村貴司)さん(48)について不起訴とした。三橋さんは1月5日午後、東京都港区の自宅で妻と口論になり腕にか噛みついたり顔面を平手で殴ったりして1週間の怪我をさせたとして逮捕された。 

日付2018-02-05情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県神奈川県
題名高齢女性殺害の男を別の強盗傷害で再逮捕/神奈川県警
概要神奈川県警・平塚署は5日、神奈川県平塚市の住宅で昨年2月、当時80歳の鳥海廣子さんを殺害しバッグなどを奪ったとして強盗殺人容疑で逮捕した2人の男のうち元消防士の男(23)が別の強盗傷害事件を起こしていた疑いで再逮捕した。事件のその後の調べで、この事件の10日ほど前、元消防士の男が市内の別の住宅に押し入り74歳の男性を殴るなどして怪我をさせたうえ現金約38万円などを奪った疑いが強まったとして強盗傷害などの疑いで再逮捕した。元消防士の男はおおむね容疑を認めているという。

日付2018-02-04情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県熊本県
題名妻をナタで殴った72歳逮捕/「面倒見るの限界」/熊本県警
概要熊本県警・熊本南署は4日、熊本市で妻をナタで殴り殺害しようとしたとして熊本市南区の無職の男(72)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。男は4日昼前、自宅で妻(72)の頭をナタで殴り殺害しようとした疑い。妻は全治2週間の怪我で命に別条はないという。男は約1年前から妻の精神状態について警察に相談していて直前にも警察官が対応し保健所に通報することを伝えたばかりだった。男は自ら警察に通報していて「面倒を見るのが限界に達した」と容疑を認めているという。

日付2018-01-30情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県神奈川県
題名2歳児殺害のベビーシッターに2審も懲役26年判決/東京高裁
概要東京高裁(大熊一之裁判長)は30日、ベビーシッターとして預かった横浜市の男児(当時2歳)を殺害したなどとして殺人などの罪に問われた被告の男(29)の控訴審判決で懲役26年とした裁判員裁判の1審・横浜地裁判決を支持し双方の控訴を棄却した。 1審で無期懲役を求刑していた検察側と、「男児が風呂で溺れた事故だった」と無罪主張していた被告側の双方が控訴していた。

日付2018-01-26情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県埼玉県
題名熊谷6人殺害で認否留保/弁護側、心神喪失主張へ/さいたま地裁
概要さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で26日、埼玉県熊谷市2015年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍の被告の男(32)の裁判員裁判の初公判があった。起訴内容の認否で被告は意味不明な内容の発言をし、弁護側は「被告は事件について語ることができない。全ての起訴内容について意見を留保し、今後犯罪が成立するとなった場合は心神喪失で無罪を主張する予定だ」と述べて認否を留保した。検察側は冒頭陳述で、被告に被害妄想や追跡妄想はあるが、幻覚や幻聴はなかったと指摘。その上で「(任意同行された)熊谷署に現金などを置いたまま逃走していて被害者宅に侵入する動機があった。遺体を発見困難な場所に隠すなど自己防衛的な行動をとっており善悪の判断能力に著しい低下はなかった」と述べ完全責任能力があると主張した。起訴状などによると、被告は15年9月13日、任意同行された熊谷署から逃走。翌14~16日、金品を奪う目的で3軒の住宅に侵入し田崎稔さん(55)と妻美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)、加藤美和子さん(41)と長女美咲さん(10)、次女春花さん(7)の6人=年齢はいずれも当時=を包丁で刺して殺害したなどとされる。被告は逮捕後、「やっていない」などと容疑を否認。さいたま地検は約5ヶ月間の鑑定留置で「精神疾患なし」との結果が出たことを受けて起訴した。だが、弁護側の請求で実施された地裁の精神鑑定では統合失調症との診断が出ており責任能力の有無が最大の争点。初公判を含め12回の公判を経て、3月9日に判決が言い渡される予定。

日付2018-01-15情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県愛知県
題名タリウム事件控訴審が結審/3月23日に判決へ/名古屋高裁
概要名古屋高裁で15日、名古屋市で高齢女性を殺害し仙台市で同級生2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたとして殺人や殺人未遂などの罪に問われ名古屋地裁で無期懲役判決を受けた元名古屋大女子学生(22)=仙台市出身=の控訴審公判が行われた。最終弁論で弁護側は無罪を主張し地裁判決の破棄を、検察側は控訴棄却をそれぞれ求めて結審した。判決は3月23日。弁護側は、元女子学生が先天性の発達障害の影響で劇物や死体など偏った興味に執着し犯行時は併発した双極性障害(そううつ病)で行動を抑制できなかったと改めて指摘。「精神障害が犯行に重大な影響を与えた」と主張した。昨年3月の地裁判決が精神障害の影響を「一定程度あったが限定的」と判断し完全責任能力を認めた点は「児童精神医学の専門的知見とは相いれず不適切だ」と強調。殺人衝動は投薬で一定の抑制効果が出ているとして心神喪失者医療観察法に基づく治療の実施を求めた。検察側は、控訴審で弁護側証人として出廷した医師が元女子学生の精神障害を「重度」と証言した点に言及。医師が実際に元女子学生と面会による鑑定をしておらず地裁判決や一審段階の鑑定書を基に診断内容を検討していたことなどから「証拠価値は乏しく事実認定に影響を与えない」と主張した。地裁判決によると、元女子学生は2012年5~7月、仙台市で中学と高校の同級生男女2人に硫酸タリウムを飲ませ殺害しようとした。14年12月、名古屋市昭和区の自宅アパートで知人の森外茂子さん(当時77)を殺害。6日後に帰省先の仙台市で青葉区の女性方に放火し住民3人の殺害を図った。

日付2018-01-15情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県神奈川県
題名高齢者強盗殺人容疑で2人を逮捕/神奈川県警・平塚署
概要神奈川県警・平塚署は15日、昨年2月、神奈川県平塚市札場町の住宅で1人暮らしの鳥海廣子さん(80)が1階の部屋のベッドで倒れているのが見つかりその後死亡したが、鳥海さんの首に絞められたような痕があったことから何者かに襲われたとみて神奈川県警・平塚署が捜査を進めていた。その結果、鳥海さんの首を圧迫して殺害しバッグなどを奪ったとして同署は東京・大田区に住む23歳の男Aと奈良県に住む22歳の男Bを強盗殺人の疑いなどで逮捕したことが15日になってわかった。男Bは別の事件で12月逮捕されていたという。平塚署は今後、鳥海さんと2人との関係性や事件のいきさつについて調べる方針。

日付2018-01-08情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県東京都
題名妻を噛んで逮捕された経済評論家・三橋さん釈放/東京地裁
概要東京地裁は8日、10代の妻に噛みつくなどし怪我をさせたとして警視庁・高輪署が傷害の疑いで逮捕した経世論研究所社長で経済評論家の三橋貴明さん(48)=本名・中村貴司、東京都港区港南=について身柄の拘束を認めず午後に釈放した。この事件は、経済評論家の三橋貴明さんが10代の妻の腕に噛みついたり顔を平手で殴ったりするなどして約1週間の怪我をさせたとして逮捕されていたもの。東京地検は今後も継続して三橋さんの身柄を拘束するため東京地裁に「勾留請求」を行ったが東京地裁は「逃亡の恐れがない」などとして請求を却下したという。三橋さんは高輪署の調べに容疑を否認していたということで今後は在宅のまま捜査が続けられる。

日付2018-01-08情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県千葉県
題名陸自隊員が少女の腹や背中刺し逮捕/千葉県警・東金署
概要千葉県警・東金署は8日未明、知人の少女(19)を殺害しようとしたとして北海道帯広市南町南の陸上自衛隊員の男(23)を殺人未遂容疑で緊急逮捕したと発表した。逮捕は7日付。男は「刺したことは間違いない」などと供述しているという。東金署によると、男は7日午後7時20分頃、千葉県東金市の民家で住民の少女を刃物で刺し殺害しようとした疑い。少女は腹や背中を複数回刺され搬送先の病院で治療を受けている。重傷だが命に別条はないという。男は陸自帯広駐屯地((帯広市)に勤務しており少女の知人だった。少女を刺したとされる直後に徒歩で逃げたが約1・2キロ離れた市道で少女の家族からの110番通報で警戒していた東金署員に取り押さえられた。「女を刺した。自首したい」といった趣旨の110番通報をしている最中だったという。同署は男が少女とトラブルを抱えていたとみている。室内に不法に忍び込んで少女を襲った疑いがあるといい住居侵入容疑でも捜査する方針。

日付2018-01-07情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県東京都
題名経済評論家の三橋容疑者を逮捕/10代の妻と口論、暴行/警視庁
概要10代の妻に暴行し怪我をさせたとして警視庁・高輪署が傷害の疑いで経世論研究所社長で経済評論家の三橋貴明容疑者(48)=本名・中村貴司、東京都港区港南=を逮捕していたことが7日わかった。同署の調べに「何もしていない。何も話さない。弁護士を呼んでほしい」などと話しているという。逮捕容疑は、5日午後5時頃、妻と自宅マンションで口論になり妻に足をかけて転ばしたうえ両腕に噛みついたり顔を平手で叩いたりし腕に軽傷を負わせた疑い。同署によると、同日夜に妻から「夫から暴力を振るわれた」との110番通報があり同署が妻から被害届を受理するとともに事情を聴いていた。平成29年にも2回、夫婦喧嘩をめぐって同様の通報があったがその際は被害届は出されなかったという。三橋容疑者は大学卒業後、民間企業勤務を経て経済評論家として独立。テレビや雑誌などのメディアで活発な評論活動を展開していた。22年の参院選では自民党から出馬し落選した。

日付2018-01-02情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県大阪府
題名長女監禁死で両親を再逮捕/娘を約15年監禁/大阪府警
概要大阪府警は1日、大阪府寝屋川市の自宅で凍死した長女の柿元愛里さん(33)の遺体を放置したとして両親が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、父親の工員(55)と母親(53)の2人を監禁と保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕した。監禁は約15年間に及んだとされ、両親は「数年前から裸で生活させていた」などと供述。容疑については否認しているという。2人は「精神疾患の愛里さんが暴れる」などの理由で2002年頃から自宅内に間仕切りした2畳の部屋に監禁。昨年1月頃から急激に痩せて衰弱したのに全裸で生活させて満足な食事を与えず病院も受診させずに同12月18日頃、栄養失調状態で凍死させた疑い。体重は19キロだった。父親は「監禁ではなく、療養だった。急激に痩せたが、衰弱していたかは分からなかった。私たちなりに考えた上で満足する食事を与えていたつもりだ」などと供述。母親も「監禁ではない」などと話しているという。捜査1課によると、一家は1995年頃、現在の場所に転居。当初は子供部屋として2畳の部屋を作った。01年に愛里さんは精神疾患と診断されていた。翌年、2人は部屋に簡易トイレや二重扉、監視カメラを設置して監禁を始めたとみられる。食事は昨年1月頃から1日2食から1食に減らしていた。裸で生活させていた理由について2人は「数年前から暑いと言って服を脱ぐので裸にしていた」と説明。室外に置いたヒーターからダクトを通じて暖を取る設備はあったが温風式ではなく府警は十分ではなかったとみている

日付2018-01-01情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県茨城県
題名高齢夫婦2人が死亡、頭部に傷/茨城県つくば市
概要1日午後4時30分頃、茨城県つくば市東平塚で「家の中で義理の両親が倒れている」と家を訪ねた義理の息子から110番通報があった。茨城県警・つくば中央署員が駆け付けると木造2階建ての住宅の2階で小林孝一さん(77)と妻の揚子さん(67)が心肺停止の状態で倒れていてその場で死亡が確認された。2人の頭には傷があったという。同署は司法解剖して2人の死因の特定を進めるとともに事件の可能性もあるとみて慎重に捜査している。小林さん夫婦は2人暮らしで発見されたとき家には鍵がかかっており発見した義理の息子は持っていた鍵で家の中に入ったという。現場は、つくばエクスプレス研究学園駅から北に約2キロほどの住宅が点在する地域。

現在  2 ページ(全 15 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |前ページ | 次ページ

footer