Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー20 件(合計 116 件) 次ページ
日付2017-10-19情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県宮崎県
題名食堂店主殺害で62歳男逮捕/新潟から宮崎に移送/宮崎県警
概要宮崎県警・宮崎北署は19日夜、 宮崎市の食堂で店長の男性が殺害された事件で別の窃盗事件で逮捕・起訴されていた宮崎市の62歳の男を殺人容疑で逮捕した。逮捕されたのは宮崎市天満町の無職の男(62)。男は9月8日、宮崎市江平東の「江平四ツ目食堂」で店主の大西達夫さん(65)の頭をアイスピックで刺すなどして殺害した疑いが持たれている。男は店の客として複数回店を訪れていて、事件当日も営業時間内に店を訪れていた。事件のあと大分県で車を盗み新潟県で逮捕・起訴されていた。男は19日、新潟県警・柏崎署から宮崎県警・宮崎北署に移送され殺人容疑で逮捕された。男は容疑を認め、ささいなことで腹が立って殺害したという趣旨の供述をしているということで、宮崎北署は大西さんを殺害した動機などについてくわしく調べることにしている。

日付2017-10-19情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県宮崎県
題名食堂店主殺害で逮捕へ/男を新潟から宮崎に移送中/宮崎県警
概要宮崎県警は19日午前10時30分、先月9日に宮崎市の食堂で店主の男性が殺害された事件で逮捕状を取った62歳の男の身柄を新潟県警・柏崎署から宮崎への移送を始めた。この事件は先月9日、宮崎市江平東の「江平四ツ目食堂」のちゅう房で店主の大西達夫さん(65)が耳のあたりにアイスピックが刺さった状態で殺害されているのが見つかったもの。宮崎県警は事件直後に大分県内で車を盗んだとして新潟県で逮捕された宮崎市の62歳の男について事件に関わった疑いが強まったため殺人容疑で逮捕状を取った。宮崎県警は男の身柄が捜査本部が置かれている宮崎北署に付き次第に逮捕し本格的に取り調べることにしている。19日夜にも男を逮捕する。

日付2017-09-23情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県福岡県
題名女性店員への傷害容疑で男性を誤認逮捕/福岡県警
概要福岡県警・八幡東署は23日、飲食店で女性店員に怪我を負わせた傷害容疑で千葉県の30歳代の会社員の男性を誤認逮捕したと発表した。同署は男性を約9時間50分後の22日夜に釈放した。同署は「裏付けが不十分だった」と説明している。発表によると、昨年5月4日午後8時20分頃、北九州市八幡東区の飲食店で注文と違う料理が運ばれてきたことに腹を立てた客の男がアルバイト店員の女性(41)にコップを投げつけるなどして軽傷を負わせる事件が起きた。同署は店に駐車していた車の情報などから男性を割り出し22日午前に逮捕。しかし、男性は「身に覚えがない」と容疑を否認。その後の捜査で男性が店にいなかったことがわかり、同署は男性に謝罪して釈放し新たに浮上した山口県防府市古祖原の自称会社員の男(31)を23日、同容疑で逮捕した。男は「はっきり覚えていない」と容疑を否認しているという。同署の松本正樹副署長は「関係者に深くおわびし、客観的な証拠の収集など適正な捜査に努める」と話している。

日付2017-09-13情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名16年前の強盗殺人で当時の中国籍留学生に逮捕状/警視庁
概要警視庁は13日、新宿・歌舞伎町のクラブ「ヴィーナス」で店長の伊藤隆三郎さん(59)が刃物で刺され殺害され客や従業員から現金約250万円などが奪われた16年前の強盗殺人事件で中国籍で、当時、日本語学校の留学生だった男(40)が事件に関与した疑いが強まったとして強盗殺人などの疑いで逮捕状を取った。男はすでに中国へ逃亡しているとみられ今後、国際指名手配する方針。この事件をめぐっては中国籍の男3人がすでに中国で死刑などの判決を受けたほか今年3月には中国籍の被告の男(38)が逮捕されている。

日付2017-09-09情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県宮崎県
題名飲食店で男性死亡/レジ開いたまま、強盗殺人で捜査/宮崎市
概要9日正午前、宮崎市江平東の飲食店「江平四ツ目食堂」の厨房で男性が倒れていると店に来た客から110番通報があった。宮崎県警・宮崎北署の調べによると、倒れていたのは60代の店長の男性と見られ血を流して仰向けに倒れて死亡していたという。レジの引き出しが開けられたままだったという。同署は男性の身元の確認を急ぐとともに何者かが男性を殺害してレジから現金を奪った強盗殺人の疑いで捜査している。近くの別の飲食店で働く女性は「現場の店は60歳ぐらいの男性が1人で経営していて、たまにのれんを出したり仕出しをしたりしているようだった」と話していた。現場は宮崎市の中心部を通る国道10号線沿いの古くからある飲食店。

日付2017-08-18情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県愛知県
題名15年前の強盗殺人未遂事件で家族に誤伝達/愛知県警
概要名古屋市中区の複合レジャー施設で2002年11月、現金輸送車の男性警備員2人が銃撃され現金870万円が奪われた強盗殺人未遂事件について被害者の家族が18日、愛知県警の捜査員から、この事件の公訴時効が撤廃されたとの誤った情報を伝えられていたと明らかにした。県警側は事実を認め家族側に謝罪した。事件は02年11月18日正午頃、レジャー施設から回収した現金を車に積み込んでいた警備員の男性2人が拳銃で襲われ車から現金入りの手提げカバンが奪われた。当時37歳だった男性が首などを撃たれ重体となり、もう1人も重傷を負った。事件は未解決で重体だった男性は現在、会話はできるものの下半身不随などの障害が残っている。公訴時効成立まで3ヶ月となった18日、この男性の妻(48)が事件を捜査する愛知県警・中署の情報提供を求める活動の場に姿を見せた。報道陣に対し「警察から時効がないと説明されていたが、昨年11月に突然、時効があると知らされた。被害者をなめている」と警察への不信感を訴えた。これに対し、山内和久署長は「我々の説明が不十分だった。謝るしかない」と釈明した。水野裕之刑事課長は「誤ったことをお伝えして申し訳ありません」と謝罪した。殺人罪の公訴時効は10年の刑事訴訟法改正で撤廃されたが殺人未遂罪は公訴時効(現在は25年)がある。05年の改正法施行以前に発生した殺人未遂事件は15年で公訴時効が成立する。山内署長は「どこかに犯人につながる情報があるはず。被害に遭われた方の思いをかみしめて必ず解決する」と述べ情報提供を呼びかけた。

日付2017-08-11情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名カラオケルームで客の顔面殴り大怪我させる/警視庁・武蔵野署
概要警視庁・武蔵野署は11日、傷害の疑いで東京都武蔵野市境の会社員の男(26)を逮捕した。男は「酒を飲んで覚えていない」と供述しているという。男は11日午前1~2時頃、武蔵野市吉祥寺本町のカラオケ店内で千葉県内の男性会社員(27)と口論になり男性会社員の顔面を数回殴るなどの暴行を加え眼底の骨を折るなどの重傷を負わせた疑い。男は知人ら数人とカラオケ店を訪れていた。知人の20代女性を通じ当日初めて男性会社員と知り合ったとみられるという。

日付2017-06-11情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名風俗店長刺される/殺人未遂の容疑者は転落死/東京・池袋
概要11日午前0時5分頃、東京都豊島区池袋1のビル9階の風俗店で店長が刺されたと女性従業員から110番通報があった。警視庁・池袋署の調べによると40代の店長が背中と脇腹を刺されて重傷を負った。同署員が付近を捜索したところ、隣のビルとの間で男が倒れているのが見つかり搬送先の病院で死亡が確認された。同署は男が店長を刺した後、ビルから転落したとみて殺人未遂容疑で調べている。死亡した男は40歳前後。店長は「閉店作業中に『財布を落とした』と言って入ってきて突然刺された」と話しているという。店内に包丁が落ちていた。

日付2017-06-05情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名居酒屋で69歳女性が74歳男に刺される/東京・台東区
概要5日午後3時30分頃、東京・台東区浅草のつくばエクスプレス・浅草駅近くの居酒屋で「客同士のトラブルで女性が刃物で切りつけられた」と110番通報があった。駆けつけた警視庁・浅草署員が果物ナイフを持っていた74歳の男を殺人未遂の現行犯で逮捕した。女性(69)は果物ナイフで胸を切りつけられていて病院に搬送されたが命に別条はないという。男は「口論になって刺した」と容疑を認めているという。男と女性は事件直前、トラブルになっていた。

日付2017-05-10情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県愛知県
題名51歳男が知人殺害目的で居酒屋を放火未遂/愛知県警
概要愛知県警・北署は10日、顔見知りの男性を殺害する目的で男性の店舗に放火しようとしたとして殺人未遂と現住建造物等放火未遂の疑いで住所不定、無職の男(51)を逮捕した。男は昨年7月16日早朝、名古屋市北区御成通の居酒屋の出入り口付近にガソリン入りのびんを置いてライターで火を付け2階で寝ていた男性経営者(53)を殺害しようとした疑い。北署によると、昨年8月に男が岩手県警に強盗容疑で逮捕された際、北区の事件に関与したと供述したことから北署が捜査していた。男性とのトラブルの有無などを調べる。今年3月、愛知県警・小牧署がコンビニから現金5万7,000円などを奪った疑いで逮捕したほか、昨年9月に秋田県警が現住建造物等放火未遂容疑で、昨年11月には山形県警が強盗殺人未遂容疑などで逮捕している。

日付2017-05-03情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県群馬県
題名居酒屋で客の女が包丁で男性店主の腹刺す/群馬県前橋市
概要3日午前3時頃、群馬県前橋市千代田町の居酒屋で客の女が店主の男性の腹を刺して殺害しようとしたとして現行犯逮捕された。殺人未遂の疑いで逮捕されたのは会社員の女(41)。女は店主の男性(41)の左脇腹を包丁で刺して殺害しようとした疑いが持たれている。女は自ら11番通報して消防と警察が現場に駆け付けその場で逮捕された。女は警察の調べに「おなかを包丁で刺してしまったことは間違いありません」と話しているが殺意は否認しているという。女はこの店の客だということで群馬県警・前橋署は2人の交友関係を巡るトラブルとみて捜査している。

日付2017-03-27情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県福岡県
題名リサイクル店3人死亡事件で2審も殺意認めず懲役28年/福岡高裁
概要福岡高等裁判所(山口雅高裁判長)は27日、福岡県筑後市でリサイクルショップの従業員や幼い男の子ら3人が死亡した事件で殺人などの罪に問われた経営者に対し1審に続いて殺意は認められないとしたうえで傷害致死罪を適用し懲役28年の判決を言い渡した。福岡県筑後市でリサイクルショップを経営していた被告の男(50)は妻とともに2004(平成16)年から06(同28)年にかけて男性従業員に暴行を加えるなどして殺害した罪や別の男性従業員とその4歳の長男を死亡させた傷害致死の罪に問われている。1審の福岡地方裁判所は昨年8月、「殺意は認定できない」として無期懲役の求刑に対し懲役28年の判決を言い渡し検察と被告の双方が控訴していた。2審の判決で山口裁判長は「日常的な体罰の中で死亡しており、殺意を認めることはできない」として1審に続いていずれの事件も傷害致死の罪に当たると指摘。そのうえで「被告は妻と暗黙のうちに共謀し幼児を含む3人を死に追いやった。傷害致死事件の中でも極めて重い刑の判断がされるべきだ」として1審と同じ懲役28年を言い渡した。この事件では被告の妻に懲役30年の判決が確定している。

日付2017-03-08情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名強殺容疑で中国人男再逮捕/16年前のクラブ襲撃/警視庁
概要警視庁捜査1課は8日、東京都新宿区歌舞伎町のクラブ「ヴィーナス」で2001(平成13)年に店長の伊藤隆三郎さん(当時(59)ら4人が刺されて死傷し現金が奪われた事件で強盗殺人容疑などで中国籍のリサイクル会社従業員の男(38)=兵庫県姫路市飾磨区阿成渡場、入管難民法違反罪で起訴=を再逮捕した。男は強盗に入ったことは認めているが殺害については「やっていない」と否認しているという。男は01年8月16日午前2時10分~同3時10分、クラブに他4人と押し入り伊藤さんの胸を包丁で刺して殺害。ホステスら3人の腕などを刺し軽傷を負わせたうえ従業員や客ら計12人を粘着テープで縛って売上金など計約250万円と貴金属90万円相当を奪った疑い。男は当時、留学生として日本語学校に通っていた。男は「(リーダー格の男から)誘われ報酬として18万円もらった」と説明しホステスらを粘着テープで縛る役割だったという。伊藤さんを刺したのはリーダー格の男だが5人全員が包丁を持っていた。男が「抵抗したら刃物を使うこともあっただろう」と供述していることなどから共謀を認定できると判断した。 

日付2017-02-27情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県愛知県
題名ラーメン店強盗殺人の元店員に無期懲役判決/名古屋地裁
概要名古屋地裁(奥山豪裁判長)は27日、愛知県春日井市のラーメン店「うま屋ラーメン春日井朝宮店」で店員2人を襲って殺害するなどして現金を奪ったとして強盗殺人などの罪に問われた同店の元店員の男(29)の裁判員裁判で「一定の計画性が認められる犯行で、刑事責任は重大」などとして求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。弁護側は「気絶させるつもりで殴り、殺意はなかった」と主張していたが、奥山裁判長は「頭を複数回殴打しており、死ぬ危険性を認識していた」などとして殺意を認定した。被告の男は2015(平成27)年9月24日早朝、「うま屋ラーメン春日井朝宮店」に侵入し店員の荻原典章さん(当時35歳)と別の男性店員の頭を鉄筋(約2.5キロ)で殴り荻原さんを殺害、男性店員に重傷を負わせたうえ現金約260万円などを奪った。

日付2017-02-02情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県栃木県
題名14年前の強盗殺人事件で病死の男を書類送検/栃木県警
概要栃木県警捜査1課と小山署は2日、2003(平成15)年9月に小山市内のスナックで経営者の女性(当時74)が殺害され現金が奪われた事件で07年に70歳で病気のため死亡した小山市の無職の男(事件当時67)を容疑者死亡のまま書類送検したと発表した。送検容疑は、03年9月9日午前0時頃、小山市宮本町3のスナック店内で同店経営の同市の女性(当時74)を鈍器のようなもので何度も殴って殺害し現金約9万4,000円と腕時計など7点(時価計約30万7,500円相当)を奪った疑い。県警によると、男は07年3月24日に死亡した。

日付2017-01-23情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県愛知県
題名ラーメン店強盗殺人で初公判/元従業員「殺意なかった」/名古屋地裁
概要名古屋地方裁判所で23日、2015(平成27)年9月24日早朝に愛知県春日井市高山町のラーメン店「うま屋ラーメン春日井朝宮店」で従業員2人を殺傷したうえ売上金263万円を奪ったなどとして強盗殺人などの罪に問われている店の元従業員の同市の無職の男(29)の初公判が開かれ元従業員は「殺意はなかった」と主張した。男は事件の2週間ほど前まで勤めていたラーメン店で従業員の荻原典章さん(35)を鉄の棒で殴って殺害し別の男性従業員(39)にも脳挫傷などの大怪我をさせ売上金などを奪ったとして強盗殺人などの罪に問われている。男は警察から任意で事情を聴かれていた際に逃走したが翌日、大阪の実家で見つかり逮捕された。初公判で男は「殺意はなかった」と述べた。弁護側も「被告は勤務が厳しかったことなどから『会社に嫌がらせをしたい』と思い被害者らを気絶させようとしただけで殺意はなかった」と主張した。一方、検察は「被告は重さ約2.5キロの鉄の棒で2人の頭などを複数回殴っていて殺意があったことは明らかだ」と指摘した。

日付2016-11-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県静岡県
題名干物販売店の社長ら2人殺害の元従業員に死刑/静岡地裁沼津支部
概要静岡地方裁判所沼津支部(斎藤千恵裁判長)は24日、4年前に静岡県伊東市の干物販売店で社長と従業員の2人を殺害し現金約40万円を奪ったとして強盗殺人の罪に問われた元従業員の被告の男(64)に検察の求刑どおり死刑を言い渡した。これまでの裁判員裁判で弁護側は「直接的な証拠がない」などと無罪を主張していました。被告の男は2012(平成24)年12月19日午前8時30分頃、静岡県伊東市八幡野の干物販売店「八八ひものセンター」の業務用冷凍庫の中で社長の清水高子さん(59)と常務の小淵慶五郎さん(71)が血を流し倒れているのが見つかった事件で強盗殺人の罪で起訴されている。元従業員の被告の男(64)の自宅にあったトレーナーに付着した血液を鑑定をした結果、殺害された社長のDNA型と一致したことがにわかったという。この事件では被告の男は逮捕時から一貫して犯行を否認している。

日付2016-10-21情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県静岡県
題名干物店強盗殺人で元従業員に死刑求刑/静岡地裁沼津支部
概要静岡地裁沼津支部(斎藤千恵裁判長)で21日、2012(平成24)年に静岡県伊東市八幡野の干物店で社長の清水高子さん(当時59)と従業員の小淵慶五郎さん(当時71)の2人を刃物で刺して殺害し現金約40万円を奪ったとして強盗殺人罪に問われた元従業員の男(64)の裁判員裁判の論告求刑公判が開かれ、検察側は「金欲しさからの身勝手で極めて残忍な犯行」などとして死刑を求刑した。弁護側は改めて無実を主張した。判決は来月24日開かれる予定。検察側は論告で「被告は清水さんに恨みを持ち憎んでいた」と指摘し「刃物で刺した後、冷凍庫に閉じ込め地獄のような苦しみを与えた。不可解な弁解に終始し更生の可能性はない」と主張した。弁護側は最終弁論で「2人を殺害しておらず、直接的な証拠は何もない」などと主張し結審した。起訴状によると、被告の男は12年12月18日、干物店「八八ひもの」で、清水さんと小淵慶五郎さんの首を刃物で刺すなどした上、冷凍庫に閉じ込めて殺害。店内の現金約40万円を奪ったとしている。被告の男は一貫して犯行を否認しており凶器は見つかっていない。公判で検察側は、被告の男の着衣などに付いた血痕のDNA型鑑定のほか事件直後に被告が借金を返済したことや知人にアリバイ工作を依頼したことなどの状況証拠を積み重ね「被告が犯人であると強く推認させる」とした。

日付2016-09-30情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県香川県
題名バーガー店で知人刺した男が留置場で自殺図ったか/愛媛県警・伊予署
概要30日午前6時頃、29日に愛媛県松前町のハンバーガー店「マクドナルド56号松前店」で知人の男性(60)を刃物で刺したとして傷害の疑いで逮捕された男(74)が愛媛県警・伊予署の留置場のトイレで倒れているのが見つかり意識不明の重体となっている。治療のために手に巻かれていた包帯で首をつったとみられている。伊予署は「管理体制に問題はなかった」とコメントしている。

日付2016-09-29情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途店舗 その他
都道府県愛媛県
題名74歳男がバーガー店で60歳知人刺し逮捕/愛媛県松前町
概要29日午前8時30分頃、愛媛県松前町のハンバーガー店「マクドナルド56号松前店」で「刃物を持って暴れている男がいる」と店の客から110番通報があり愛媛県警・伊予署員が現場にかけつけたところ、店の前の駐車場で刃物で刺され血を流して座り込んでいる男性と刃物を持って暴れている男を発見し、その場で取り押さえ傷害の疑いで逮捕した。逮捕されたのは同県新居浜市の無職の男(74)で持っていた出刃包丁などで店内にいた知人の男性(60)の胸や脚など数ヶ所を刺して怪我を負わせた疑いが持たれている。調べに男は「身に覚えがありません」と話しているという。事件当時、店は営業中で客と店員数人がいたがほかに怪我人はいなかった。調べによると、男は包丁や杖の先端に刃物をつけた凶器など3本の刃物を持って店を訪れていたとみられ同署は2人のあいだに何らかのトラブルがあったとみて詳しい経緯を調べている。

現在  1 ページ(全 6 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次ページ

footer