Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

21 件ー40 件(合計 1634 件)前ページ | 次ページ
日付2019-01-31情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県茨城県
題名不明の女子大生か茨城県内で遺体発見/聴取の男が供述
概要昨年11月から行方不明となっていた東京都葛飾区に住む女子大学生(19)=失踪当時(18)=について警視庁捜査1課が31日、任意で事情を聴いていた30代の男の供述に基づき茨城県神栖市内の畑付近で遺体を発見したことがわかった。捜査1課が女子大生とみて身元の確認を急いでいる。女子大生は昨年11月20日、午前中に通っていた都内の大学の授業に出席した後、東京都足立区の〄R綾瀬駅から電車で1人で茨城方面へ向かいJR鹿島神宮駅(茨城県鹿嶋市)で下車。その後、神栖市内の男の自宅周辺で目撃されたのを最後に足取りがわからなくなった。午後11時頃には会員制交流サイト(SNS)を通じた家族や知人とのやりとりも途絶えていた。同月22日に女子大生の家族が警視庁に相談。捜査1課が男の自宅を捜索し車を押収するなどして慎重に捜査していた。

日付2019-01-30情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県滋賀県
題名上司射殺の当時19歳元巡査が起訴内容認める/大津地裁
概要大津地方裁判所で30日、昨年4月、滋賀県彦根市河瀬駅前の交番で当時19歳の元巡査が教育係の上司を拳銃で撃って殺害した事件の裁判員裁判が始まり、弁護側は起訴された内容を認めたうえで、正常な判断ができる精神状態ではなかったと主張した。 当時19歳の元巡査は昨年4月11日、勤務していた彦根市の交番で教育係だった上司の井本光巡査部長(41)を拳銃で撃って殺害したとして殺人と銃刀法違反の罪に問われている。黒っぽいスーツ姿で法廷に現れた元巡査は目線を下に落としたままほとんど身動きせず、裁判長から認否を問われると、「その通りです。間違いありません」と述べ起訴された内容を認めた。このあと冒頭陳述が行われ、検察は「元巡査は仕事で叱責されたことでため込んでいた怒りや不満が爆発し、拳銃で殺害することを決意した。逃走する際に交番に鍵をかけて発覚を遅らせる行動を取るなど違法性を認識していた」と主張した。これに対し弁護側は、「書類の書き方について何度も叱責され、睡眠不足とストレスで頭が働かない状態になっていた。事件の日に親のことをけなされ上司が死ねば楽になれると考えた」などと述べ元巡査は犯行当時、正常な判断ができる精神状態ではなかったと主張した。10代の警察官が上司を拳銃で殺害した前代未聞の事件の初公判を傍聴しようと大津地方裁判所には裁判が始まる1時間以上前から多くの人たちが集まった。裁判所によると、一般の傍聴席44席に対して272人が傍聴を希望し抽せんの倍率は6倍を超えたという。

日付2019-01-25情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県大阪府
題名あおり運転で大学生死亡に殺人罪適用、懲役16年/大阪地裁堺支部
概要大阪地裁堺支部(安永武央裁判長)は25日、堺市南区で昨年7月、車のあおり運転でオートバイに追突し大学4年の高田拓海さん(当時22)を殺害したとして殺人罪に問われた同市の元警備員の被告の男(40)の裁判員裁判の判決で安永裁判長は殺人罪を適用し懲役16年(求刑・懲役18年)を言い渡した。被告の男は昨年7月2日夜、堺市南区の大阪府道で乗用車を運転中、高田さんのオートバイに追い抜かれたことに立腹して追跡。時速96~97キロで追突し高田さんを転倒させて殺害した疑い。被告の男は公判で「バイクに気付かず、ブレーキを踏んだが衝突した」などと殺意を否認し自動車運転処罰法違反(過失致死)の適用を主張していた。

日付2019-01-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県茨城県
題名15年前の茨城大の女子学生殺しの比元少年を逮捕/茨城県警
概要茨城県警は24日、15年前に茨城大学の女子学生が殺害された事件で国外に逃亡し国際手配されていた当時18歳だったフィリピン人の男(33)をフィリピンから旅客機で日本に入国し成田空港に到着したところを殺人などの疑いで逮捕した。15年前の平成16年1月、茨城県美浦村の河口近くで当時21歳の茨城大学の女子学生が殺害されているのが見つかった事件ではフィリピン人の男3人が関わったとされ犯行を主導したとみられるフィリピン人の男(37)は殺人などの罪に問われて1審と2審でいずれも無期懲役を言い渡されている。一方、当時少年だったほかの2人は事件の3年後に国外に逃亡し茨城県警はICPO(国際刑事警察機構)を通じて国際手配していた。このうち当時18歳で現在33歳となった男が県警からの出頭の要請に応じて24日夜、フィリピンから旅客機で日本に入国し成田空港に到着したところを殺人などの疑いで逮捕された。調べに事件に関与したこと自体は認めているという。一方で、県警は逮捕容疑を認めているかどうかは明らかにしていない。県警は事件のいきさつをさらに調べるとともに逃亡を続ける当時19歳だったもう1人の行方について捜査を進めている。

日付2019-01-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途事務所
都道府県富山県
題名駐在所で警官が刃物とハンマーで襲われ怪我/富山市
概要24日午後3時頃、富山市にある富山県警・富山西署池多駐在所に刃物とハンマーを持った男が押し入り警察官が襲われて怪我をしたという。警官は病院で手当てを受けていて意識はあるという。男はその場で逮捕され警察がいきさつなどを調べている。富山市では、昨年6月、交番が男に襲撃されて拳銃が奪われ警察官と警備員が殺害される事件が起きている。

日付2019-01-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途ホテル
都道府県鳥取県
題名鳥取・米子の強盗殺人、審理を地裁に差し戻し/広島高裁
概要広島高裁(多和田隆史裁判長)で24日、鳥取県米子市で2009年にホテル支配人の男性に暴行を加えて約43万円を奪いその後死亡させたとして強盗殺人罪などに問われた同ホテルの元店長の被告の男(61)の差し戻し審判決が行われ多和田裁判長は「総合的に評価すれば犯人性が肯定できるうえ、原判決には重要な証言の見落としがある」と述べ強盗殺人罪は適用できないとした1審判決を破棄し審理を鳥取地裁に差し戻した。16年7月の1審・鳥取地裁は裁判員裁判で、突発的な犯行で強盗殺人罪は成立しないが事件後に大量の千円札を預金口座に入金している状況などから殺人と窃盗の罪が適用できるとして懲役18年を言い渡した。17年3月に2審・広島高裁松江支部は証拠が不十分として無罪としたが最高裁は昨年7月、「間接事実の総合評価という観点が欠けている」として破棄し審理を差し戻していた。

日付2019-01-22情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途マンション
都道府県大阪府
題名民泊女性切断遺体事件で米国籍被告に懲役8年/神戸地裁
概要神戸地裁(川上宏裁判長)は22日、大阪市の民泊施設などで昨年2月、兵庫県三田市の女性会社員(当時27)の切断遺体が見つかった事件で、傷害致死と死体損壊・遺棄の罪に問われた米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ被告(27)の裁判員裁判で懲役8年(求刑・懲役13年)を言い渡した。バイラクタル被告は昨年2月16日未明、民泊施設として使われていた大阪市東成区のマンションで女性の首を圧迫して窒息死させ遺体を切断。京都市山科区と大阪府島本町の竹やぶやトンネルに腕や脚、胴体を、大阪市西成区の民泊施設に頭部を放置した疑い。公判でバイラクタル被告は起訴内容を認め量刑が争点だった。検察側は論告で「身勝手で冷酷だ。(女性と知り合うきっかけとなった)スマートフォンの交流アプリのアカウントを削除するなど入念に証拠隠滅を図った」と指摘。弁護側は「罪を認めて反省している」として懲役5年が相当だと主張していた。事件を巡っては兵庫県警がバイラクタル被告を殺人容疑で逮捕。神戸地検は殺意の立証が困難として殺人罪でなく傷害致死罪で起訴した。

日付2019-01-21情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県東京都
題名17年前の強盗殺人で47歳男を逮捕/警視庁・西新井署
概要17年前の未解決事件で新たな展開となった。警視庁・西新井署捜査本部は21日、17年前の平成14年12月に東京・足立区のアパートで会社員の成嶋健太郎さん(当時23)が殺害され財布などが奪われた強盗殺人事件で当時、現場近くに住んでいた台東区千束の無職の男(47)を強盗殺人の疑いで逮捕した。男は先月9日、警視庁・浅草署を訪れて犯行を自供し指紋も現場に残された犯人のものとみられる指紋と一致したという。警視庁は詳しいいきさつを調べている。

日付2019-01-17情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途学校
都道府県大阪府
題名あおり運転で死亡事故の被告に18年求刑/大阪地裁堺支部
概要大阪地裁堺支部(安永武央裁判長)は17日、堺市南区の大阪府道で昨年7月、乗用車であおり運転した後に追突しバイクの大学4年高田拓海さん(当時22、堺市=を死亡させたとして殺人罪に問われた同区の警備員の被告の男(40)の裁判員裁判で、検察側は「死ぬような速度でぶつけるのは異常で、まれに見る殺人運転だ」として懲役18年を求刑した。検察側は論告で「バイクを追跡中に時速100キロ以上で走行し、追突時点で96~97キロ残っており、ブレーキの弱さは明らかだ」と指摘。被告のドライブレコーダーに残っていた声について「意図せずに大事故を起こした者の言動にはみえない」と故意の衝突を主張した。

日付2019-01-15情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県大阪府
題名「あおり運転」で死亡事故の被告が殺意否認/大阪地裁支部
概要大阪地裁堺支部(安永武央裁判長)で15日、堺市南区で昨年7月に大型バイクに「あおり運転」を続けた末、車で追突してバイクの男性を死亡させたとして殺人罪に問われた同区の警備員の男(40)の裁判員裁判の初公判が始まった。被告の男は「故意に被害者の方のバイクに衝突させたことはございません」と殺意を否認した。判決は25日の予定。事件は昨年7月2日午後7時35分頃、堺市南区の大阪府道で乗用車を運転中、大学4年の高田拓海さん(当時22)=同市西区=運転の大型バイクに追い抜かれたことに立腹し追跡。約1分後、車を時速96~97キロで故意にバイクに追突・転倒させ高田さんを殺害した疑い。争点は、高田さんを死亡させるかもしれないと認識しながら被告の男が車を追突させたかという点。検察側は、被告の車に搭載されていたドライブレコーダーに約1キロもの距離にわたって加速や急接近をしながらバイクを追跡する記録があったことや衝突時の速度などから被告が殺意があったと主張するとみられる。一方、被告は捜査段階で「車線変更のために後方に注意を取られて当たった」と説明し殺意があったことを否定していた。公判でも「あえて追突したわけではない」などと主張するとみられる。あおり運転をめぐっては東名高速で2017年6月、あおり運転で停車させられたワゴン車の夫婦がトラックに追突されて死亡した事故で横浜地裁が昨年12月に危険運転致死傷罪の成立を認め、被告に懲役18年の判決を言い渡した。警察庁は昨年1月、悪質ドライバーを積極的に摘発するよう全国の警察に通達していた。

日付2019-01-13情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県愛知県
題名刑務官があおり運転で口論、車を急発進し怪我さす/愛知県警
概要愛知県警・瑞穂署は13日、交通トラブルを巡って口論となった男性のそばで車を急発進して怪我を負わせたとして傷害の疑いで名古屋刑務所の刑務官の男(31)=名古屋市瑞穂区=を逮捕した。同署によると、刑務官は乗用車で約600メートルにわたり男性の軽乗用車に後方から急接近するなどのあおり運転をした後、前方に回り込んで男性の車を停車させたという。逮捕容疑は12日午後5時15分頃、瑞穂区の路上で車を降りて口論となっていた同市天白区の会社員の男性(38)に車を急発進して転倒させ右足首を捻挫する怪我を負わせた疑い。

日付2019-01-13情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県徳島県
題名少年の首を刃物で切りつけた女子高生を逮捕/徳島県警
概要徳島県警・徳島中央署は13日、女子高校生が同日午前8時頃、徳島市内のアパートで少年の首のうしろをカッターナイフで切りつけて殺害しようとした疑いで女子高校生を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。逮捕されたのは徳島県内の高校に通う18歳の女子高校生。部屋には男女数人がいて通報を受けた警察官がかけつけたところ、この女子高校生は「やったろうと思った」と話したことなどから殺人未遂の容疑で現行犯逮捕した。被害者の少年は命に別条はなく同署は動機などについて調べている。

日付2019-01-09情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県東京都
題名女子学生殺害強盗殺人で男再逮捕/奪ったカードで20万円超/警視庁
概要警視庁捜査1課は9日、専門学校生の谷口夏希さん(20)の遺体が車の中から見つかった事件で谷口さんを殺害しキャッシュカードなどを奪ったとして強盗殺人容疑で知人の無職の男(27)=死体遺棄罪で起訴=を再逮捕した。認否について「言いたくない。弁護士と相談して話す」と供述しているという。逮捕容疑は昨年11月29日頃、東京都練馬区の谷口さんが住む寮で谷口さんを窒息死させキャッシュカードなどを奪った疑い。捜査1課によると、谷口さんは28日午後に帰宅し同日深夜に友人とチャットで会話したのを最後に行方が分からなくなった。男は谷口さんが帰宅した数時間後に寮へ入り翌29日にコンビニのATM(現金自動預払機)で谷口さんの預金口座から約6万円を引き出したことが監視カメラの映像などで確認された。同課によると、カードの使用が確認された時期は谷口さんが自宅で殺害されたとみられる昨年11月29日から福島県いわき市の駐車場に止めた車の中で遺体が発見された同年12月9日まで。福島県や谷口さんの出身地の長野県、静岡県などで使われ衣服代の他に飲食費や高速道路料金もカードで支払われていた。同課が調べたところ車での移動距離は計約2000キロに及ぶという。男には当時100万円以上のローンがあったといい同課は男が金に困って谷口さんを殺害したとみている。

日付2019-01-08情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県埼玉県
題名住宅で男性死亡/同居男性から事情聴く/埼玉県春日部市
概要8日午前0時30分頃、埼玉県春日部市西金野井の住宅でこの家に住む山本友弥さん(44)が布団の上で首から血を流して倒れているのを同居している42歳の女性が見つけ消防に通報した。山本さんは病院に運ばれたが約2時間後に死亡し、埼玉県警・春日部署が遺体や現場の状況などから殺人事件として捜査している。この家には山本さんと42歳の女性、それに37歳の男性の3人が暮らしていて事件のあと男性と連絡が取れなくなっていた。春日部署が行方を捜していたところ8日午前6時30分頃に横浜市内で男性を見つけたということで事情を聴くなどして詳しいいきさつを調べている。近くに住む80代の女性は、「午前1時前に救急車が来てそのあと、すぐに警察が来た。近くで事件が起きて怖いです」と話していた。また、亡くなった山本さんを知る夫婦は、「山本さんはほかの男性と一緒に古い自転車を解体し組み立て直した自転車を売っていた。きのうの夕方に犬の散歩に行く時にも自転車を組み立てている姿を見かけた。ふだんはあいさつを交わす仲で、以前、自転車が壊れた時には無料で修理をしてくれた」と話していた。

日付2019-01-06情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県岐阜県
題名アパートの殺人原因は「トラブルで自暴自棄に」/岐阜県警・大垣署
概要6日午前2時過ぎ、岐阜県大垣市八島町のアパートの住人から「人を刺した」と110番通報があり岐阜県警・大垣署員が駆けつけたところ、このアパートに住む警備員の渡辺三行さん(55)が布団の上で血を流して死亡しており、現場にいた隣の部屋に住む無職の男(31)が殺人の疑いでその場で逮捕された。男は調べに容疑を認め、「被害者との間で騒音をめぐるトラブルがあり、仕事が見つからないため親ともトラブルになっていて、自暴自棄になった」と供述しているという。同署の調べによると、男は割れた窓ガラスを段ボールで補修した部分から鍵を開けて隣の部屋に侵入し寝ていた渡辺さんの首や背中などを自分の包丁で切りつけたという。2人とも1人暮らしで、これまで警察にはトラブルの相談などは寄せられていなかったということで同署が詳しいいきさつを調べている。

日付2019-01-06情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県岐阜県
題名アパートで55歳男性殺害/31歳の男を逮捕/岐阜県警・大垣署
概要岐阜県警・大垣署は6日、同日未明に岐阜県大垣市のアパートで55歳の男性を包丁で切りつけて殺害したとして31歳の男を現行犯逮捕した。逮捕されたのは大垣市八島町の無職の男。男は同日午前2時過ぎ、同じアパートに住む会社員の渡辺三行さん(55)の首や背中などを包丁で切りつけて殺害した疑い。男は犯行後、「人を刺してしまった」と110番通報。同署員が駆けつけたところ、寝室の布団の上でうつ伏せで死亡している渡辺さんを発見したという。調べに男は「間違いありません」と容疑を認めていて同署は動機などを詳しく調べている。

日付2019-01-01情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県東京都
題名テロか原宿・竹下通りで車暴走、8人負傷/警視庁・原宿署
概要1日午前0時10分頃、東京都渋谷区神宮前の竹下通りで「車が人をひいた」と119番通報があった。警視庁・原宿署によると、軽自動車が歩行者を次々にはね10~50代の男性8人が怪我をした。うち10代の1人が意識不明という。同署は、車を運転していた20代とみられる男の身柄を確保。人をはねたことを認めており殺人未遂容疑で事情を聴いている。捜査関係者によると、「テロを起こした」という趣旨の話をしているという。同署によると、車は大阪ナンバーで、竹下通りの明治通り側入り口から約130メートル走ったところで止まった。男は車を乗り捨て逃走したが同0時35分頃に警察官が身柄を確保した。現場はJR原宿駅前の道路で、服飾店や飲食店が立ち並ぶ繁華街。普段は一方通行だが、人混みが予想されることから12月31日~1月1日は車両進入禁止となっていた。

日付2018-12-29情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県神奈川県
題名道路にロープ張りバイク転倒させた男を殺人未遂で逮捕/神奈川県警
概要神奈川県警・相模原南署は29日、道路に張ったロープで走行中のバイクを転倒させて殺害しようとしたとして相模原市南区相模台団地のパートの男(41)を殺人未遂の疑いで逮捕した。男は26日午前3時35分頃、自宅近くの市道で道路を横切るようにロープを張り同区のパートの男性(45)の乗ったバイクを転倒させ殺害しようとした疑い。男性は腰などを打つ軽傷を負った。ロープは電柱と案内看板(高さ約1メートル)をつないだ長さ約9メートル。男が電柱側にあった看板を市道の反対側に移動させる様子が監視カメラに映っていた。男は調べに「ストレスを解消したかった。死んでもいいとは思わなかった」などと供述しているという。

日付2018-12-25情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途スーパー
都道府県奈良県
題名コンビニ駐車場で買い物客切りつけた男逮捕/奈良県警
概要奈良県警・郡山署は25日、包丁で男性を切りつけたとして殺人未遂の疑いで住居不定、無職の男(44)を現行犯逮捕した。男は「殺そうとしたことに間違いない」と容疑を認めているが理由については「言いたくない」と供述しているという。男は25日午前6時30分頃、同県大和郡山市額田部北町のコンビニ「セブンイレブン昭和工業団地店」の駐車場で買い物に来ていた同市の男性会社員(27)の右手を刃渡り約25.5センチの刺し身包丁で切りつけ殺害しようとした疑い。同署によると、2人の関係は不明。男はその場で男性らに取り押さえられ駆けつけた郡山署員によって現行犯逮捕された。スタンガンも所持していたといい同署は動機などを詳しく調べる。

日付2018-12-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県東京都
題名スタンガン当てられ男性怪我、男逮捕/警視庁・池袋署
概要警視庁・池袋署は24日、24日正午過ぎ東京メトロ有楽町線・池袋駅の改札口近くで30代の男性が40代の男にスタンガンを当てられ軽い怪我をした110番駆けつけた警察官がスタンガンを当てた男を暴行の疑いで現行犯逮捕した。2人は何らかの原因で胸ぐらをつかみ合って顔を殴るなどのトラブルになっていたという。逮捕された男はスタンガンについて「護身用に持っていた」などと話しているという。

現在  2 ページ(全 82 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |前ページ | 次ページ

footer