Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

101 件ー120 件(合計 547 件)前ページ | 次ページ
日付2013-10-18情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県山梨県
題名39歳の信金職員が1,000万円着服か/山梨県信用金庫
概要山梨信用金庫の男性職員が複数の客の預金など少なくとも計1,000万円を着服した疑いがあるとして同信金が内部調査を進めていることが18日わかった。客の預金を着服した疑いで調べられているのは甲府市の本店に勤める渉外担当の39歳の男性職員。今月に入ってから男性職員が担当する客からの指摘を受けて調べたところ着服した疑いがあることがわかったという。男性職員は複数の客の預金などから着服し金額は少なくとも計1,000万円にのぼるという。同信金では男性職員から話を聞いてさらに調査を進めていて刑事告訴も視野に検討するとしている。同信金では3年前の10年にも職員が約2,900万円を着服する問題が起きている。

日付2013-10-02情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県茨城県
題名信金元支店長が1,100万着服か/告訴を検討/水戸信用金庫
概要茨城県水戸市に本店がある水戸信用金庫の元支店長が客から預かった生命保険の掛金約1,100万円を着服していたとして信用金庫は刑事告訴を検討していることが2日わかった。同信金によると、茨城県龍ケ崎市の龍ケ岡支店で今年8月まで支店長だった男性職員(47)は支店の次長だった今年2月、50代の女性の客から生命保険の掛け金として預かった約1,100万円を着服していたという。今年8月、この客から信用金庫に「掛け金を一括払いで支払ったにもかかわらず、その後も毎月、口座から掛金が引き落とされている」という苦情があり元支店長に事情を聴いたところ着服の事実を認めたという。同信金は調査が終わりしだい被害者に弁済するとともに元支店長を処分して警察に告訴することを検討しているという。

日付2013-09-24情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県栃木県
題名現職中に現金書留郵便盗んだ元社員を逮捕/栃木県警・那須烏山署
概要栃木県警・那須烏山署は24日、窃盗の疑いで栃木県市貝町見上の会社員の男(22)を逮捕した。男は7月17日午前7時20分頃、同県那須烏山市金井2の日本郵便烏山郵便局内で郵便物配達区分作業中に現金13万3,000円の入った現金書留郵便1通を盗んだ疑い。男は同郵便局に勤務していた元社員。

日付2013-09-20情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県岐阜県
題名顧客だまし小切手換金した行員を懲戒解雇/十六銀行
概要岐阜市の十六銀行は20日、顧客をだまして小切手を預かり現金294万円を流用したとして天白支店の営業担当だった男性行員(26)を懲戒解雇処分としたと発表した。処分は8月8日付。全額弁済されたとして刑事告訴は見送った。行員は1~7月、「事務手続きが必要になった」と偽って顧客から7回にわたり小切手を預かり換金。別の顧客に依頼された融資返済の減額手続きを怠っており、大部分をこの穴埋めに充て残りは飲食費などに流用したという。 

日付2013-09-12情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県神奈川県
題名1,900万円盗むんだ元郵便局課長代理を逮捕/神奈川県警・栄署
概要神奈川県警・栄署は12日、当時勤務していた横浜市栄区桂町の「横浜桂郵便局」で6月24日夕から翌25日朝までの間、勤務時間内と時間外にそれぞれ1回ずつ計2回、金庫から現金1,900万円を盗んだとして窃盗容疑で横浜市磯子区久木町の無職の男(39)を逮捕した。男は容疑を認めているという。男は当時、同郵便局の課長代理で局長に次ぐ役職で、合鍵で自由に金庫を開閉できる立場だった。6月25日に局長が金庫内を点検し現金がなくなっているのを発見。同日欠勤し行方不明になっていた男に事情を聴いたところ現金の持ち出しを認めた。日本郵便は9月4日付で男を懲戒解雇し栄署に被害届を提出した。日本郵便南関東支社の谷川潤一支社長は「信頼を損ない深くおわびする。今後社員に指導、教育を実施し、再発防止に取り組みたい」とコメントした。

日付2013-08-25情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県三重県
題名切手300枚盗んだ元郵便局員逮捕/三重県警・松阪署
概要三重県警・松阪署は25日、勤務先の郵便局から1万8,000円分の切手を盗んだとして窃盗の疑いで三重県伊勢市二見町の元郵便局員の男(24)を逮捕した。男は5月2日から24日までに当時勤務してい同県松阪市南町の「松阪郵便局」の切手保管庫から50円切手200枚と80円切手100枚を盗んだ疑い。切手の一部を金券ショップで換金しており、「借金があって金に困っていた」と容疑を認めているという。男は松阪郵便局総務部の経理担当で業務で切手は扱っていなかった。ロッカーや手荷物などを調べる定期の持ち物検査で男の車から金券ショップが客に配るティッシュが見つかり事情を聴くと換金を認めた。同社は松阪署に被害届を出し6月に男を懲戒解雇した。

日付2013-08-22情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県長野県
題名客の現金だまし取った元支店長代理を逮捕/上田信金
概要長野県警・上田署は22日、長野県上田市に本店がある「上田信用金庫」の元支店長代理の男が顧客の口座から現金800万円を引き出してだまし取っていたとして詐欺などの疑いで逮捕した。逮捕されたのは上田信用金庫の元支店長代理の男(48)。男は07年7月上旬、当時支店長代理だった臼田支店で預金の払い戻しの請求書を偽造し部下に命じて顧客の口座から現金を引き出させて800万円をだまし取ったとして詐欺と有印私文書偽造などの疑いが持たれている。上田信用金庫はこの元支店長代理の男が複数の顧客の口座から合わせて5,000万円をだまし取っていたとして昨年12月に告訴していた。男は容疑を認めているという。

日付2013-07-31情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県三重県
題名客から1,300万円だまし取った銀行員を懲戒解雇/三重銀行
概要三重銀行(三重県四日市市)は31日、男の行員が個人的に資金を運用すると巧みに話を持ちかけて顧客1人から1,300万円をだまし取っていたことがわかり7月31日付けでこの行員を懲戒解雇にした。懲戒解雇されたのは同行大阪支店で渉外を担当していた元副部長(44)。元副部長は昨年9月、顧客の女性に「個人的に資金を運用してあげる」などと嘘の話を持ちかけて女性から1,300万円をだまし取った。先月上旬になって女性から「預けたお金を戻してもらえない」と相談があったのを受けて銀行が調べたところ元副部長が現金をだまし取っていたことが明らかになった。元副部長はだまし取った金はゴルフや車の購入などの遊興費や借金の返済にあてていたという。すでに全額が返済されたという。

日付2013-07-30情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県東京都
題名ATMで9億円不正引き出し/外国人3人を国際手配/警視庁
概要警視庁組織犯罪特別捜査隊は30日までに、日本など27ヶ国のATM(現金自動預払機)でハッキングにより偽造された銀行のカードで約45億円が一斉に不正引き出しされた事件で窃盗などの疑いでルーマニア国籍の男3人の逮捕状を取り警察庁を通じて国際刑事警察機構(ICPO)に国際手配を要請した。監視カメラに現金を引き出す姿が映っていた東欧系の男女6人についても写真30分頃までの間、ゆうちょ銀行、セブン銀行、シティバンク銀行の3行の東京都内のATM約220ヶ所で中東・オマーンの銀行口座の偽造カードを使って現金計約9億円を引き出した疑い。同時刻には国内も含めて米国など24ヶ国で同じ銀行の口座の偽造カードを使って計約40億円が引き出され米司法省が米国での引き出し役8人を起訴している。同隊は、ルーマニア人グループも世界規模の犯行グループの一員だったとみて米国、ルーマニア、オマーン、英国の警察当局と捜査協力を進めている。逮捕状を取ったのはルーマニア国籍のいずれも28歳の男。偽造カードの素材に自分名義のルーマニア国内の銀行のカードを使っていたことや監視カメラの映像などから関与が浮上した。いずれも1月下旬に入国し3~4月にかけて出国している。

日付2013-07-29情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県福岡県
題名ネットバンキング口座から不正引き出し/中国人を逮捕/福岡県警
概要福岡県警は29日、インターネットバンキング利用者の預金を不正に引き出したとして福岡県久留米市天神町の無職の中国籍の男(24)を窃盗容疑で逮捕した。男は別の中国人から引き出しを依頼されたとみられ、県警は背後に中国人犯罪組織が関与している可能性があるとみて調べている。男は6月24日、福岡市内のゆうちょ銀行のATM(現金自動受払機)2ヶ所で中国人女性名義の通帳を使って埼玉県内の男性が利用するゆうちょ銀行のインターネットバンキング口座から中国人女性名義の口座に不正に送金された現金計198万円を引き出した疑い。不正送金に気付いた男性が郵便局に相談して発覚した。男は容疑を認め「生活費に困っていた」と供述しているという。男は07年4月に留学のため来日したが11年11月、学費を払えずに福岡県内の4年制大学を退学。今年6月にインターネットの在日中国人向け会員制サイトで知り合った中国人の男から不正送金の引き出しを依頼され通帳を渡されたという。

日付2013-07-26情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県福岡県
題名女行員が18年間、客の預金1億4,200万円不正引き出し/西日シ銀
概要西日シ銀(西日本シティ銀行、本店・福岡市博多区博多駅前3)の39歳の女の行員が18年間にわたって客の預金1億4,200万円を不正に引き出していたことが26日わかり、銀行では被害を弁済するとともにこの行員を警察に刑事告訴する方針。同行によると、6月24日に女性の預金者の口座から当時、個人営業担当として直方支店に勤務していた39歳の女の行員のほかの銀行の口座に数百万円の振り込みがあり、不審に思って調査したところ不正が発覚したという。同行でさらに調べたところ、この行員はほかの支店に勤務していた1995年4月から今年6月まで18年間にわたって預金者18人の計1億4,400万円を不正に引き出していたという。被害にあった預金者は、この行員の親戚や知人が中心で書類に届け印を押させる手口で不正を繰り返していたという。この行員は体調を崩して入院中で銀行では被害を弁済するとともにこの行員を警察に刑事告訴する方針。同行では「今回の不祥事を重く受け止め再発防止に向けて内部管理態勢の強化などに全行を上げて取り組みます」と話している。なお、同行は26日付でホームページに詳細を掲載した。

日付2013-06-11情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県滋賀県
題名簡易郵便局で金庫盗難/約170万円保管/京都府木津川市
概要11日午前2時30分前、京都府木津川市加茂町辻の「当尾簡易郵便局」から「事務所のガラスが割られている」と局長の夫から警察に通報があった。京都府警・木津署が調べたところ、割られた窓ガラスの扉の鍵が開けられ事務所の隅に置いていた金庫がなくなっていた。金庫は高さ1メートル、幅80センチの大きさで売上金などあわせて約170万円が保管されていたという。郵便局は公民館の一角にあり10日午後4時30分頃に女性局長(62)が自宅に帰ったあとは無人だったという。木津署が窃盗事件として捜査している。

日付2013-06-11情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県青森県
題名金庫室の1千万円盗んだ信組元職員を逮捕/青森県警・八戸署
概要青森県警・八戸署は11日、勤務していた青森県信用組合八戸支店(八戸市)の金庫室から現金1,000万円を盗んだとして窃盗容疑で同支店元職員の男(51)=同県三沢市幸町3=を逮捕したと発表した。逮捕は6日。同信組は10日付で男を懲戒解雇した。男は同支店職員だった5月14日午前8時頃から同午後7時頃までの間に支店金庫室の現金保管庫から1,000万円を盗んだ疑い。5月15日朝、支店職員が保管庫の現金を数えたとこ1,000万円が不足していることが発覚。同24日に被害届を出した。男は金庫室の鍵を管理する役職ではなく原則として職員は1人で金庫室に入ることはできないといい、同署が経緯を捜査している。逮捕された男は10年4月から今年6月まで八戸支店に勤務していた。県信用組合では今後、男に現金の全額返済を求めるという。

日付2013-05-28情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県千葉県
題名ガードレールのパイプ128本盗難、被害額100万円/千葉県
概要千葉県は28日、同県長生村七井土の県道でガードレールの金属製パイプ128本が盗まれたと発表した。千葉県警・茂原署が窃盗事件として捜査している。パイプは1本当たり長さ約3メートル、重さ約7キロ。25日に52本が盗まれているのが見つかり、28日にも約100メートル離れた場所で76本がなくなっていた。被害額は約100万円。いずれも夜間に盗まれたとみられる。

日付2013-05-22情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県京都府
題名74歳女が誤入金の500万円引き出し逮捕/京都府警・八幡署
概要京都府警・八幡署は22日、自分の銀行口座に誤って振り込まれたと知りながら現金を引き出したとして窃盗の疑いで大阪府摂津市鳥飼野々の自称派遣会社の社員の女(74)を逮捕した。女は昨年10月、口座に誤って振り込まれた500万円を約10回にわたって引き出し全額を盗んだ疑い。これは東京都墨田区のネット通販会社が銀行の支店番号を間違って入力したために女の口座に振り込まれた。誤って振り込んだことに気付いた通販会社は数回にわたり返還するよう求めたが女は「知りません」などと拒否したという。

日付2013-05-10情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県福井県
題名信金で約160万円入り封筒を置き引きの女を逮捕/福井県警・敦賀署
概要福井県警・敦賀署は10日、4月に福井県敦賀市の信用金庫で店内に置き忘れていた現金約160万円の入った封筒を盗んだとして敦賀市本町の58歳のパートの女を窃盗の疑いで逮捕した。女は4月11日午後1時30分頃、敦賀市本町の「敦賀信用金庫本店」で記入台の上に置き忘れていた約160万円の入った封筒を盗んだとして窃盗の疑いがもたれている。封筒は振り込みのために信用金庫を訪れていた別の女性が置き忘れていたもので敦賀署は女性の被害届を受けて捜査を進めていた。その結果、店内に設置された監視カメラの映像などから女が現金の入った封筒を盗んだ疑いが強まったとして10日、女を逮捕した。女は「盗んだことは間違いない」と容疑を認めているという。

日付2013-05-02情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県佐賀県
題名盗んだ通帳で現金引き出した男逮捕/佐賀県警・鳥栖署
概要佐賀県警・鳥栖署は2日、盗んだ通帳を使って現金を引き出したとして窃盗容疑で佐賀県鳥栖市本鳥栖町の自称派遣社員の男(28)を逮捕した。男は昨年9月30日、鳥栖市の金融機関で三養基郡の知人の男性(25)から盗んだ通帳を使ってATM(現金自動預払機)から3万4,000円を引き出した疑い。被害男性から盗難の届け出があり監視カメの映像や付近への聞き込みから男を割り出した。男は現金を引き出したことは認めているという。

日付2013-04-22情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県福岡県
題名40代の営業課長が約6千万円着服か/福岡中央郵便局
概要福岡市にある福岡中央郵便局で課長を務めていた40代の男性局員が数年間にわたって現金約6,000万円を着服していた疑いがあり日本郵便が内部調査を進めていることが22日わかった。内部調査を受けているのは福岡市中央区にある福岡中央郵便局の営業部で課長を務めていた40代の男性局員。この局員は昨年までの数年間にわたって現金約6,000万円を着服していた疑いがあるという。昨年秋頃に帳簿などを確認していた際に発覚した。この局員は郵便局内に保管されていた現金を不正に持ち出し自分で使っていたと見られるという。日本郵便では内部調査をして詳しいいきさつを調べるとともに警察にも相談しているという。

日付2013-04-16情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県静岡県
題名1千万円だまし取った農協の元女職員逮捕/静岡県警・富士署
概要静岡県警・富士署は16日、電子計算機使用詐欺の疑いで静岡県富士宮市杉田の元農協職員の女(46)逮捕した。女は富士市水戸島の富士市農業協同組合富士支店の共済係長として勤務していた10年3月頃、オンラインシステムの端末を操作して男性顧客の満期共済金を払い戻す処理をして約500万円を現金で引き出したほか約500万円を別の口座に移し計約1,000万円をだまし取った疑い。

日付2013-04-11情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県愛知県
題名約1,400万円着服した50歳の元証券外務員を逮捕/愛知県警
概要愛知県警捜査2課などは11日、顧客のカードをだまし取って口座から約1,400万円を盗んだとして詐欺と窃盗の疑いでSMBCフレンド証券の元外務員の男(50)=名古屋市名東区高社=を逮捕した。男は2月上旬頃、顧客だった70代の女性から現金自動預払機用に同社が発行したカードを詐取し同月中旬までに現金約1,400万円を引き出して盗んだ疑い。 

現在  6 ページ(全 28 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |前ページ | 次ページ

footer