Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

81 件ー100 件(合計 547 件)前ページ | 次ページ
日付2014-03-19情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県兵庫県
題名2,100万円盗んだJA強盗偽装で大阪の男を逮捕/兵庫県警
概要今年1月に兵庫県姫路市の農協のATM(現金自動預払機)のコーナーで強盗事件を装って現金を盗んだとして警備員だった男らが兵庫県警捜査3課と網干署に逮捕された事件で新たに大阪の31歳の男が逮捕された。男は容疑を否認しているという。逮捕されたのは大阪市中央区の無職の男(31)。男は今年1月当時、警備員だった兵庫県宍粟市の男(30)ら2人とともに姫路市余部区上余部のJA兵庫西のATMコーナーに忍び込み現金約2,100万円を盗んだ疑いが持たれている。当初、警備員だった30歳の男は「2人組の男に襲われ現金を奪われた」と証言していたが嘘を言って現金を盗んだとして今月5日に逮捕され、その後の調べで30歳の男も関与していた疑いが強まったという。

日付2014-03-18情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県兵庫県
題名2,100万円盗んだのは強盗を通報した警備員だった/兵庫県警
概要兵庫県姫路市余部区上余部のJA兵庫西の支店のATM(現金自動預払機)コーナーで1月、現金約2,100万円が奪われた事件で2人組に襲われたと通報した警備員が別の男と共謀して現金を盗んだ疑いが強まり兵庫県警捜査3課と網干署が窃盗の疑いで、この警備員の男ら2人を逮捕していたことが18日わかった。逮捕されたのは元警備会社従業員の男A(30)ら男2人。男Aは事件前、インターネットサイトで仲間を募ったといい2人にそれまで面識はなかったとみられる。県警は男Aが事件を主導したとみて他に関与した人物がいないかを調べる。男Aの逮捕容疑は1月9日午前3時頃、男と共謀し同市余部区上余部のJA兵庫西旭陽支店余部コーナーのATMから現金約2,100万円を盗んだ疑い。男Aは容疑を認め「パチンコでつくった借金を返したかった」と供述しているという。男Aは事件当時、同県たつの市内の警備会社営業所に勤務。勤務を通じて現金が盗まれたATMコーナーが無人で監視カメラが1台しかないなどの警備状況を知っていたという。男Aは事件発生時、侵入警報が鳴ったためATMコーナーに駆け付けたところ男2人に「金を出せ」と脅され合鍵でATMを開けさせられたと説明していた。後ろ手に縛られた粘着テープは自力で外し携帯電話を奪われていたため近くのコンビニから110番通報したとも話していた。

日付2014-02-25情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県福岡県
題名認知症男性から1千万円騙し取った男ら再逮捕/福岡県警・若松署
概要福岡県警・若松署は25日、福岡県北九州市の介護施設に入所する認知症の男性(83)から現金約1,000万円を騙し取ったとして準詐欺容疑で介護施設の元責任者の男(48))=準詐欺罪で起訴=ら3人を再逮捕した。ほかの2人は元施設職員の52歳と30歳の女2人=いずれも準詐欺罪で起訴。若松署は3人の認否を明らかにしていない。3人は共謀し施設に勤務していた10年11月9日、認知症で判断能力が低下していた男性を北九州市小倉北区の銀行に連れて行き定期預金など複数の口座を解約させて1,025万円を払い戻させ騙し取った疑い。3人は1月、この男性から現金1,000万円を騙し取った別の準詐欺容疑で逮捕され起訴された。

日付2014-02-05情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県福岡県
題名福岡中央郵便局元課長を500万円横領で逮捕/6千万円着服の疑いも
概要福岡県警・福岡中央署は5日、福岡中央郵便局(福岡市中央区)の営業部で課長を務めていた男(46)を現金500万円を着服したとして逮捕した。着服した金額は計6000万円にのぼるとみられている。元課長は貯金やATMの管理を担当していた11年12月頃、金庫に保管されていた現金500万円を着服した疑いが持たれていて容疑を認めているという。元課長は嘘の書類を作って部下に見せ金庫から現金を出させて自分で着服していたという。日本郵便はすでに1年前に懲戒解雇しているが公表していなかった。元課長はATMの中にあった現金を抜き取るなどの手口で総額約6,000万円を着服した疑いで刑事告訴されている。同署は今後、余罪についても捜査する。

日付2014-01-18情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県滋賀県
題名912万円詐取した生命保険会社の元課長逮捕/滋賀県警・大津署
概要滋賀県警・大津署は18日、勤務先のかんぽ生命保険(本社・東京)から現金912万円をだまし取ったとして同生命保険大津支店の元法人営業担当課長で保険外交員の男(45)=京都府長岡京市=を詐欺容疑で逮捕したと発表した。男は「知りません。間違いです」と容疑を否認しているという。同署によると、男は08年3月、保険契約していた滋賀県草津市の会社から失効した簡易生命保険の還付金の払い戻し請求があったように装って部下の社員に指示して必要な書類を作成させ、かんぽ生命から912万円をだまし取った疑い。顧客の問い合わせを受けた内部調査で発覚し、かんぽ生命が10年6月に男を懲戒解雇。12年1月に刑事告訴していた。

日付2014-01-14情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県山口県
題名客の金を口座から引き出した元郵便局員を逮捕/山口県警・美祢署
概要山口県警・美祢署は14日、山口県美祢市の「美祢郵便局」に勤めていた美祢市大嶺町東分の53歳の男が顧客の口座から約200万円を引き出したとして窃盗の疑いで逮捕した。男は美祢郵便局員だった10年から翌年にかけて顧客の62歳の男性の通帳を使って13回にわたって現金約200万円をATM(自動現金預払機)から引き出したとして窃盗の疑いがもたれている。男は当時、男性から通帳を預かっていて男性がキャッシュカードで口座の残高を照会したところ預金が減っているのに気付いて発覚したという。男は「お金が欲しくてやりました」と容疑を認め既に郵便局を解雇されている。同署は男がこの男性の口座から計約1,900万円を引き出した疑いがあるとみて調べている。

日付2014-01-14情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県三重県
題名客の金を横領した元郵便局員を逮捕/三重県警・いなべ署
概要三重県警・いなべ署は14日、10年2月に三重県いなべ市の「藤原郵便局」に勤めていた同県津市河芸町一色の新聞配達員の元社員の男が顧客から預かった保険料約198万円を着服したとして業務上横領の疑いで逮捕した。男はいなべ市の藤原郵便局に勤務していた10年2月、顧客から生命保険の保険料として200万円を一括で受け取ったが郵便局には1ヶ月分の保険料を受け取ったと偽って約198万円を横領したとして業務上横領の疑いが持たれている。男は容疑を認めているという。顧客のもとに保険料の未払いの通知が来たため昨年2月に郵便局に訴えて発覚し郵便局は昨年12月に警察に被害届を出した。日本郵便東海支社は男を昨年6月に懲戒解雇、「郵便局内での犯罪を根絶すべく、コンプライアンスの徹底を図ります」とコメントした。

日付2013-12-26情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県宮崎県
題名信用金庫で着服6年気付かず/職員は既に解雇/宮崎県の高鍋信金
概要高鍋信用金庫(宮崎県児湯郡高鍋町)は26日、客の金を着服していたとして一昨年に懲戒解雇した43歳の元職員が6年前にも別の客の金100万円を着服していたことがわかった公表した。6年間も不正に気付かなかったことについて同信金は「調査が甘かった。深く反省している」としている。同信金によると、元職員は07年5月、同県えびの市にあった飯野支店で国債を買うために預かった客の金100万円を着服していたという。先月下旬、この客が同信金に問い合わせて確認したところ不正がわかったという。元職員は着服を認めているという。元職員は一昨年9月、別の8人の客の金約430万円を着服していたとして懲戒解雇された。同信金では、6年間不正に気付かなかった理由について元職員が客に偽の証明書を渡して客も不正に気付かなかったほか、最初の着服がわかった一昨年には、元職員の印鑑が押されている書類しか調べていなかったためだとしている。同信金は「調査が甘かった。職員一同深く反省している。役職員一同全力をあげて再発防止に努める」としている。

日付2013-12-20情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県岐阜県
題名商工連の職員が2つの商工会で約500万円着服/岐阜県商工連
概要岐阜県商工会連合会は20日、51歳の男性職員が出向していた2つの商工会で約500万円を着服していたとして懲戒解雇した。この男性職員は瑞穂市商工会と安八町商工会に出向していた09年4月から今年11月までの約4年の間、計約500万円を着服していた。瑞穂市商工会でこの男性職員が勤務していた期間に催し物や研修旅行の開催費用の精算が遅れるなどしていたことを不審に思った連合会が今年6月から調査を始めたところ、職員が着服を認め不正が発覚したという。男性職員は金の使い道について「借金の返済やパチンコなどの遊興費にあてた」と話しているという。商工会連合会では全額が返済されたことから刑事告訴はしない方針で「このような不祥事が2度と起きないようコンプライアンスの徹底や会計処理の厳正な執行に取り組む」としている。

日付2013-12-16情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県埼玉県
題名職員が5,200万円着服/把握の役員報告せず/埼玉・JA川口市
概要埼玉県の川口市農業協同組合(JA川口市)は16日、客から預かった掛け金約5,200万円を着服したとして30代の男の職員を同日付で懲戒解雇したと発表した。着服を2年以上前に把握した信用担当役員はコンプライアンス課に報告しておらず、同組合は第三者委員会を立ち上げ役員の処分も検討する。コンプライアンス課によると、職員は04年6月、客から預かった定期積金の掛け金を着服。穴埋めのため他の掛け金を流用し、穴埋めして戻した分を含め11年10月までに総額約5,200万円を着服した。職員は「遊興費などに使った」と認め着服した金を返済したという。同課に内部告発の手紙が届いて発覚した。

日付2013-12-16情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県熊本県
題名顧客の現金約98万円着服した行員を懲戒解雇/熊本銀行
概要熊本銀行は16日、熊本市北区の武蔵ヶ丘支店に勤務する行員の男(31)が顧客から預かった現金98万円を不正に流用していたとして16日付けで懲戒解雇にした。この行員は昨年11月から今年11月にかけて当時勤務していた熊本市中央区の西山中学前支店と熊本市北区の武蔵ヶ丘支店で計4回にわたり現金約98万円を不正に流用していたという。この行員は顧客の家などに直接出向いて預かった現金を顧客が要望した日とは別の日に入金したり預かった現金の一部だけを入金し残りは別の日に入金する手口で一時的に流用していたという。先月22日、顧客から銀行に「入金日が違うようだ」との問い合わせがあり不正流用が発覚した。この行員は流用した金については「パチンコ代など使った」と話しているという。熊本銀行は「行員の教育・研修の充実強化に努めるととともに信頼回復に向けて全力を挙げて取り組みます」とコメントした。

日付2013-12-16情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県愛知県
題名切手64万円分を着服した嘱託職員を解職/名古屋市南保健所
概要名古屋市南保健所は16日、約64万円分の切手を着服したとして嘱託員の女(34)を同日付で解職したと発表した。女は4~11月に80~140円の切手7,087枚を着服して金券ショップで現金に換金した。女は「生活費に充てるためだった」と話しているという。女は1月に採用され、4月から事務処理を担当。経理担当者が「昨年より切手の減りが早い」と11月に気付いた。調べたところ女が着服を認めたという。切手は全て返納したという。保健所は近く被害届を出す方針。氏平高敏所長は「服務規律や公金意識の徹底に努めたい」としている。

日付2013-12-05情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県福井県
題名信金幹部職員が1,600万円着服/懲戒解雇に/小浜信用金庫
概要小浜信用金庫(福井県小浜市大手町)の森下充理事長らは5日、顧客の口座から約1,600万円を着服していたとして高浜町の支店などで支店長を務めていた幹部職員(55)を懲戒解雇したと発表した。職員は他にも延べ2億円を不正に流用していたと見られ小浜信金は警察に告訴するとしている。この幹部職員は09年3月から11月まで同県おおい町の大飯支店や高浜町の和田支店で支店長を務めていたが定期預金の口座をつくるなどと偽って顧客5人の口座から現金計1,600万円を引き出し着服していた。11月に小浜信金の調査で幹部職員が支店の金庫に現金を入金している姿が目撃され不審に思った調査の担当者が問いただしたところ着服を認めたという。小浜信金によると、支店内の金庫の入金と出金の記録から幹部職員は他にも延べ2億円を不正に流用していたと見られるという。幹部職員は住宅ローンや知人から高利回りをうたって集めた金の返済などに充てたと話しているという。森下理事長は「心からおわび申し上げます。再発防止に向けて管理体制を強化し信頼回復に向け努力したい」と話している。

日付2013-12-02情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県愛媛県
題名漁協から金庫ごと1,300万円盗んだ17歳逮捕/愛媛県警・松山西署
概要愛媛県警・松山西署は2日、愛媛県松山市沖の津和地島にある漁協から現金約1,300万円を金庫ごと盗んだとして窃盗などの疑いで松山市の無職の少年(17)を逮捕した。少年は多額の金が入っているとは知らなかったとみられ、「腰が抜けるほどの大金があった。200万円ぐらい生活費や遊びに使い、残りは一緒にいた女と山分けにした」と供述しているという。同署は共犯とされる少女からも任意で事情を聴いている。逮捕容疑は11月8~11日頃、松山市津和地の中島三和漁協の事務所に侵入し2つの金庫ごと計約1,300万円を盗んだ疑い。

日付2013-11-30情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県埼玉県
題名郵便物窃盗未遂で配達員現行犯逮捕/埼玉県警・川口署
概要埼玉県警・川口署は30日、郵便物を盗もうとしたとして窃盗未遂の疑いで埼玉県川口市芝下の川口北郵便局の契約配達員の男(54)を現行犯逮捕した。男は同日午後3時頃、局内の集配所で郵便物が入った籠から封筒3通を盗もうとした疑い。男は「現金が入っていると思った。遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めているという。別室にいた男性職員が監視カメラを見て気付き川口署に通報した。郵便物から現金が抜かれる被害が昨年8月頃から相次いでおり男は関与をほのめかしているという。

日付2013-11-28情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県埼玉県
題名県の34歳女主任がATMで置引き/停職3ヶ月処分/埼玉県
概要埼玉県は28日、さいたま市浦和区の銀行でATM(現金自動受払機)から現金4万円を盗んだとして大気環境課の主任の女(34)が埼玉県警・浦和署から窃盗(置引き)容疑で書類送検されたと発表した。さいたま地検は主任を不起訴処分とし県は同日付で停職3ヶ月の懲戒処分とした。女は8月17日、他の利用者がATMから取り忘れた現金に気づいて取り出し自分の口座から引き出した現金とともに持ち帰ったとされる。

日付2013-11-19情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県青森県
題名3千万円の業務上横領で農協元職員を逮捕/青森県警・三沢署
概要青森県警・三沢署は19日、青森県三沢市にある「おいらせ農業協同組合」で係長として勤務していた男が年金共済の再契約のために組合員から預かった現金3,000万円を着服したとして業務上横領の疑いで逮捕した。逮捕されたのは「おいらせ農業協同組合」の元職員で三沢市幸町に住む男(54)。男は「おいらせ農協」の本店で企画総務課の係長を務めていた平成07年4月に複数の組合員から「年金共済を契約し直したい」という依頼を受けて共済の掛け金として現金3,000万円を受け取り、実際には契約を結ばずに着服したとして業務上横領の疑いがもたれている。掛け金を預けた組合員がその後契約内容を確認したところ契約手続きが行われていないことがわかり今年9月に業務上横領の疑いで三沢署に告発していた。男は告発される前の10年10月に依願退職していた。男は「横領したことに間違いない」と容疑を認めているという。

日付2013-11-18情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県東京都
題名架空取引で2,800万円詐取/元支店長ら逮捕/警視庁
概要警視庁捜査2課は18日、勤務先のリース会社「JA三井リースオート」(東京都品川区)から架空取引で約2,800万円をだまし取ったとして電子計算機使用詐欺容疑で同社元大阪支店長の男A(55)=兵庫県西宮市甲子園口北町=とIT関連会社元社長の男B(66)=静岡県裾野市須山=の2人を逮捕したと発表した。2人はいずれも容疑を認めているという。2人は同社や親会社のJA三井リースが購入したフォークリフトを輸入販売会社などに貸し出したように偽装する手口で02年以降、約10年間で総額約6億4,000万円を同社グループからだまし取ったとみられる。逮捕容疑は10年10月、JA三井リースオート社のネットバンクの口座から男Bの会社の口座に約2,800万円を振り込んで詐取した疑い。IT関連会社から資金を還流させJA三井リースオート社にリース料が振り込まれているように装っていたが支払いが滞ったことから不正が発覚した。同社は男Aを12年3月に懲戒解雇し警視庁に告訴していた。

日付2013-11-14情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県長野県
題名24億円不明事件/タイから移送された男逮捕/長野県警
概要長野県警は14日、長野県建設業厚生年金基金の24億円使途不明金事件でタイから移送された元事務長の男を業務上横領の疑いで逮捕した。14日午前7時前、成田空港に長野県建設業厚年金基金の元事務長の男(56)を乗せた航空機が到着し航空機の中に長野県警の捜査員が乗り込み業務上横領の容疑で男を逮捕した。年金基金では10年に加盟会社の掛け金23億8,700万円が不明になっていた。不明金の発覚と同時に男の行方が分からなくなり長野県警は不明金の一部を横領した疑いで指名手配してい。男は1日、不法滞在の疑いでタイ警察に逮捕され罰金刑を受けている。男は13日夜、派遣された警察庁の担当者とともに航空機でタイを出発し14日朝に成田空港に帰国した。長野県警は横領の手口や金の使い道などを詳しく調べ約24億円もの不明金の全容解明を進める方針。

日付2013-11-09情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県岡山県
題名元郵便局長が客の貯金着服/8億円超か/岡山県警
概要岡山県警・岡山西署は9日、顧客2人の貯金口座から500万円を引き出して着服したとして岡山市北区の「岡山芳賀佐山郵便局」の元局長の男(61)を業務上横領容疑で逮捕した。少なくとも12人の口座から8億円以上を引き出した疑いがあるといい裏付け捜査を進めている。男は11年8月上旬、岡山市の男性(69)とその妻(66)の口座から各250万円を無断で引き出して着服した疑いが持たれている。男は「使い込みをし、その穴埋めに使った」と容疑を認めているという。11年に郵便局会社(現・日本郵便)の内部調査で横領が発覚。同社は男を懲戒解雇し岡山西署に告訴していた。男は岡山地裁で破産手続き中

現在  5 ページ(全 28 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |前ページ | 次ページ

footer