Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

21 件ー40 件(合計 252 件)前ページ | 次ページ
日付2015-05-28情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県三重県
題名仮釈放中にタクシー盗んで逃走の男逮捕/愛知県警
概要愛知県警・港署は28日夜、27日午後3時過ぎ、刑務所から仮釈放され治療を受けに来ていた三重県津市久居明神町の国立病院機構「三重中央医療センター」で敷地内に止めてあったタクシーを盗んで逃走した51歳の男を名古屋市港区で見付け職務質問をしたときに警察官の手をかんだとして公務執行妨害の疑いで逮捕した。逮捕されたのは津市高茶屋の男(51)。男は28日午後11時過ぎ、名古屋市港区の路上で車に乗っているところを警察官から職務質問をされ警察官の手をかんだとして公務執行妨害の疑いがもたれている。男は刑務所から仮釈放されていて27日、津市の病院「三重中央医療センター」に治療を受けに来たところ、無人のタクシーを盗んで近くの小学校のそばで乗り捨てて逃げていたため三重県警・津南署が行方を追っていた。職務質問を受けたとき、男は車の後部座席に乗っていて他にも複数の男女が乗っていたということで港署は関連を調べている。調べに男は警察官の手をかんだことについては容疑を認めているという。港署、津南署などはタクシーを盗んで逃げた窃盗の疑いについても捜査を進めることにしている。

日付2015-05-27情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県三重県
題名仮出所し治療中の男がタクシー盗み逃走/三重県津市
概要27日午後3時過ぎ、三重県津市久居明神町の国立病院機構「三重中央医療センター」で男が敷地内に止めてあったタクシーを盗み逃走した。付き添っていた保護観察所の職員が110番通報した。タクシーは約5分後、医療センターから約1キロ離れた同市久居万町で乗り捨てられているのが見つかった。三重県警・津南署が窃盗事件として捜査している。男は窃盗容疑で逮捕、仮出所中で、この日は医療センターで治療を受けていた。男は50歳代、身長約160センチで、水色半袖の服、えんじ色のズボン姿だった。タクシー会社が全地球測位システム(GPS)で車の場所を確認した。売上金は盗まれていなかった。

日付2015-05-18情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県岐阜県
題名横領で医療法人元事務長逮捕/2億円が使途不明/岐阜県警
概要岐阜県警・多治見署は18日、勤務先の医療法人から現金を横領したとして業務上横領容疑で元医療法人事務長の男(56)=同県多治見市滝呂町=を逮捕した。男は容疑を認め「パチンコや風俗などに充てた」と話しているという。男は2001(平成13)年11月頃事務長となり法人の通帳と印鑑の管理、銀行口座への入出金などを1人で担当していた。法人は05(同17)年頃から計約2億円の使途不明金があり同署が関連を調べている。逮捕容疑は昨年4月9日~28日、口座に入金すべき診療代金や引き出した現金計約273万円を着服した疑い。昨年12月、「使途が不明な支出がある」として医療法人関係者が同署に被害届を出していた。 

日付2015-02-12情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県大分県
題名病院事務長が医薬品を業者に横流し、被害は1億円か/大分県警・宇佐署
概要大分県警・宇佐署は12日、大分県宇佐市内の病院で事務長だった48歳の男が病院の医薬品を業者に横流しして約720万円を得ていた疑いが強まったとして業務上横領の疑いで逮捕さした。被害総額は1億円にのぼる可能性もあるとみて詳しく調べている。逮捕されたのは宇佐市四日市の元事務長の男(48)。元事務長は1996(平成8)年4月から宇佐市内にある病院に勤務していたが事務長だった2008(平成20)年4月から2009(同21)年3月までの間に医薬品152点を東京の医薬品買取り業者に勝手に販売し約720万円の利益を得ていたとして業務上横領の疑いが持たれている。元事務長が2012(同24)年1月に病院を退職したあと医薬品の在庫などに不審な点があったため病院関係者が警察に相談していた。その後、元事務長の関与が強まったため宇佐署が12日、逮捕した。元事務長は容疑を認めているという。元事務長は事務長になる前の事務課長時代から長年にわたって医薬品の発注や保管などをほぼ1人で担当していた。宇佐署では医薬品をあらかじめ水増しして仕入れたあと、その分を横流ししていたとみています。被害総額は1億円にのぼる可能性もあるとみて詳しく調べている。

日付2014-10-22情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県福岡県
題名老人ホーム職員が寝たきり男性の金盗む/福岡県警・折尾署
概要福岡県警・折尾署は22日、福岡県中間市の老人ホームに勤務する山口県下関市に住む男(35)が入居者の男性のキャッシュカードを持ち出し郵便局のATM(自動現金預払機)から3回、計現金25万円を盗んだとして逮捕した。男は今年6月から7月にかけて勤務する老人ホームに入居していた男性(69)のキャッシュカードを無断で持ち出し近くの郵便局のATMから計現金25万円を引き出して盗んだ疑いがもたれている。被害者の男性は寝たきりで自分では財産の管理をできない状態で成年後見制度の保佐人がキャッシュカードがないことに気づいて警察に相談したという。男は「現金を引き出したことは間違いないが、3回目は相手に必要なお金を下ろしただけだ」と容疑の一部を否認しているという。

日付2014-08-07情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県岩手県
題名約3,100万円横領した薬剤師を告訴/岩手県洋野町
概要岩手県洋野町は7日、町立病院に勤務していた薬剤師が病院の医薬品を無断で持ち出して転売し約3,100万円を着服したとしてこの薬剤師を業務上横領の疑いで警察に告訴した。告訴されたのは洋野町種市にある町立の国民健康保険種市病院に勤めていた53歳の薬剤師。この薬剤師は15年前の1999年4月頃から病院の医薬品を無断で持ち出して県外の業者に繰り返し転売し約1億7,000万円を着服していたとみられている。町はこのうち、12年4月から昨年10月にかけての約3,100万円について業務上横領の疑いで7日、薬剤師を告訴した。薬剤師は町立病院に約30年勤務し10年ほど前から病院の医薬品の管理をほぼ1人で担当していたが町は問題が発覚後の昨年11月、薬剤師を懲戒免職処分にしている。洋野町の日當博治副町長は「これ以上時間がかかるとさらに町民に迷惑がかかるので、証拠がはっきりした分について告訴した」としている。

日付2014-07-29情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県福岡県
題名出所して2ヶ月、金がなく再窃盗の47歳男逮捕/福岡県警・小倉北署
概要福岡県警・小倉北署は29日、今月4日夜から翌朝にかけて福岡県北九州市小倉北区の病院の窓を割って侵入し現金約2万円を盗んだ疑いで47歳の無職の男を逮捕した。男は夜間に事務所を狙って100件を超える窃盗を繰り返したとして有罪判決を受けて服役し2ヶ月前に出所したばかりだった。男は容疑を認め「お金が無く、生活が苦しかった」と話しているという。

日付2014-06-20情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県神奈川県
題名病院中心に総額1,550万円の盗みか男2人追送検/神奈川県警
概要神奈川県警捜査3課は20日、建造物侵入と窃盗の容疑で千葉県茂原市箕輪の無職の男A(44)と横浜市鶴見区仲通の土木作業員の男B(28)=いずれも両罪で起訴=を横浜地方検察庁地検に追送検した。追送検容疑は今年3月21日午前1時5分から40分頃の間、千葉県君津市中野の眼科と薬局に侵入し計約5万6,000円を盗み、さらに同1時45分から3時15分頃の間、同市杢師のガス器具販売店事務所に侵入し現金3万円を盗んだとしている。2人は共謀し昨年7月中旬から千葉県や神奈川県を中心に1都5県で約90件(被害総額約1,550万円)の盗みを行ったとみられるという。2人は「生活費や遊興費に使った」と2人とも容疑を認めているという。2人は出入り口の窓ガラスをバールで破り侵入する手口で個人病院を中心に犯行を繰り返していた。男Aは「個人病院はセキュリティが甘く、お金がたくさんあった」と供述しているという。2人は10年にインターネットオークションを通じて知り合って意気投合。犯行場所はスマートフォン(高機能携帯電話)の地図機能を使用して決めていたという。

日付2014-04-21情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県兵庫県
題名女性看護員が患者のプリペイドカード盗み現金化/神戸市中央
概要地方独立行政法人・神戸市民病院機構(神戸市中央区港島南町2)は21日、神戸市立医療センター中央市民病院(同市中央区)に勤務する40代のアルバイトの女性看護業務員が患者2人のプリペイドカードを盗み現金計8,150円を引き出していたと発表した。女性は18日付で退職した。同機構によると、女性は今月4日と17日、入院中の男性患者2人からそれぞれテレビ視聴のため現金が課金されたプリペイド機能付きのセキュリティーカードを盗み院内の精算機で残金を引き出していたという。院内では昨年12月~今月4日、患者が紛失したプリペイドカード残金が引き出されるケースが相次いだことから同病院機構が精算機付近に監視カメラを設置。17日に患者が紛失したプリペイドカードを使って現金を引き出す女性看護業務員の姿が映っており4日の犯行についても認めたという。

日付2014-01-23情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県埼玉県
題名1千万円振込め詐欺で中学3年生を現行犯逮捕/埼玉県警・浦和署
概要埼玉県・浦和署は23日、東京都練馬区の区立中学3年生の少年(15)を詐欺未遂容疑で現行犯逮捕した。同日午前10時30分頃、埼玉県さいたま市浦和区の87歳の男性の自宅に次男を名乗る男から「病院に来たが現金1,000万円が入ったカバンを盗まれた。会社の取引きに使うため現金を用意してもらえないか」などと電話があり、不審に思った男性の通報を受け同署員が警戒していたところ少年が現金の受取りに来たため詐欺未遂の疑いで少年をその場で逮捕した。少年は「頼まれたから来ただけで現金の受取りとは知らなかった」などと話し容疑の一部を否認しているという。同署は少年が現金の受取り役として詐欺グループに雇われたとみて犯罪に関わった経緯を詳しく調べている。

日付2013-11-20情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県岩手県
題名薬剤師の医薬品横領は500万円超でなく1億7千万円/岩手県洋野町
概要岩手県洋野町は20日、町立病院に勤務していた薬剤師が病院の医薬品を横領して転売していたとして同日付けで懲戒免職処分にした。薬剤師は持ち出した医薬品は約1億7,000万円にのぼると話しているという。この問題は、洋野町種市にある町立の国民健康保険種市病院に勤めていた50代の薬剤師が病院の医薬品を横領して県外の業者に転売していたとして町が調査を進めていたもの。町では当初、横領は7年ほど前から行われ被害額は500万円以上としていたが、その後の調査で薬剤師は「持ち出しを始めたのは14年前の平成11年4月からで、金額にすると約1億7,000万円になる」と話していることがわかった。薬剤師はこの病院に約30年勤務していて10年ほど前からは院内の医薬品の管理をほぼ1人で担当していた。町では本人が事実を認めていることから20日、薬剤師を懲戒免職処分にした。 町では今後、告訴することも視野に転売した医薬品のリストを提出させるなど内部調査を進め今週22日の町議会の全員協議会で経緯を詳しく説明することにしている。

日付2013-11-19情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県岩手県
題名町立病院の薬剤師が医薬品転売し500万円超横領/岩手県洋野町
概要岩手県洋野町の「国民健康保険種市(たねいち)病院」で50代の男性薬剤師が数年にわたり院内の医薬品を勝手に転売し売上金を横領していた疑いのあることが19日わかった。転売先は県外の業者で被害額は500万円以上に及ぶとみられている。町は調査を進めるとともに告訴を検討している。現在、この薬剤師は自宅待機中で、売上金を生活費や遊興費に使ったと話し反省と弁済の意思を示しているという。同病院は町立で男性は町の職員として薬剤課長を務めている。

日付2013-10-13情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県福岡県
題名歯科医逮捕で不在の間にヒ素など盗難/福岡県糸島市
概要13日午前11時30分頃、福岡県糸島市二丈吉井の歯科医院から治療用のヒ素やクロロホルム、ハロセンなどの薬品がなくなったと福井県警・糸島署に通報があった。なくなった量はわかっていない。同署が窃盗事件として捜査している。経営する男性歯科医師(54)が12日午後1時頃、医院の様子を見にきたところ施錠してあるはずの棚の錠が開いていた。不審に思って調べると保管状況を記した帳簿ごと薬品がすべてなくなっていた。歯科医師が最後に確認したのは5月27日午後6時頃だったという。歯科医師は同29日に福岡県粕屋町の有料老人ホームにガソリン入りのペットボトルを投げ入れて放火したとして現住建造物等放火容疑で逮捕された。それ以降、医院は診療していなかったという。歯科医師は今月4日、福岡地裁で懲役5年の実刑判決を受けたが、なくなっているのに気付いた時は保釈されていた。

日付2013-09-19情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県福井県
題名コカイン盗んだ福井大病院の薬剤師を再逮捕/福井県警
概要福井県警は19日、福井大病院(同県永平寺町)でコカインが紛失した事件でコカインを盗んだとして窃盗の疑いで同病院の薬剤師の男(30)=別の窃盗罪で起訴=を再逮捕した。男は「自分で使用するために盗んだ」と供述し容疑を認めているという。男の再逮捕容疑は昨年7月下旬頃、勤務先の同病院薬剤部から麻薬に指定されている塩酸コカイン約1.5グラムを盗んだ疑い。同病院では薬剤部の無施錠の金庫に瓶に入れて保管していたコカインの粉末が昨年1月から7月の4回にわたって計11.8グラム減っていたことが発覚。昨年12月に紛失していたことを発表するとともに盗難届を提出した。コカインは紛失発覚後、瓶内で残量が増えており県警は犯人が戻したとみて調べていた

日付2013-09-09情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県熊本県
題名病院狙い連続盗み/レンタカーで移動/熊本県警・人吉署
概要熊本県警・人吉署は10日、盗み目的で熊本県人吉市や熊本市などの病院に忍び込んだ福岡市の男を窃盗未遂などの疑いで逮捕した。同署は病院を狙った窃盗犯とみて余罪などを調べている。逮捕されたのは福岡市中央区那の川に住む自称自営業の男(62)。男は8月24日、人吉市内の病院の更衣室でバッグの中を物色していたところを職員に見つかり何もとらずに逃走したとして窃盗未遂などの疑いが持たれている。同署が監視カメラの映像や逃走の際に乗っていたレンタカーのナンバーを調べたところ男が浮上し9日、山口県内の病院の敷地内にいたところを見つけ逮捕した。男は「生活費や遊興費が欲しくてやった」などと供述し疑を認めているという。男は熊本市東区の病院でも約3万円が入った患者の財布を盗んだことがわかっているうえ半年間で50回もレンタカーを借りていたということで同署は男が九州を中心に病院を狙ってレンタカーで移動し盗みを繰り返していたとみて余罪を追求している。

日付2013-08-19情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県福井県
題名大学病院の処方薬を盗んだ容疑で薬剤師逮捕/福井県警
概要福井県警は19日、勤務先の福井大病院(同県永平寺町)から血流を改善する作用がある処方薬4錠を盗んだとして窃盗の疑いで福井市高柳町の薬剤師の男(30)を逮捕した。男は「覚えがない」と容疑を否認しているという。同病院は昨年12月、麻薬取締法で麻薬指定されている「塩酸コカイン」を紛失したとして盗難届を提出。県警がこの捜査の過程で今年5月に男の自宅や車などを家宅捜索した際、錠剤が見つかった。男の自宅などからはほかに30種類以上、800を超える錠剤が見つかった。県警はコカインの紛失に関連がないかどうか調べている。コカインは紛失が発覚後、保管していた瓶内で残量が増えており県警は盗んだ犯人が戻した可能性が高いとみている。男の逮捕容疑は1月24日から5月17日の間に福井大病院薬剤部から脳の血流を改善する作用がある処方薬4錠を盗んだ疑い。

日付2013-07-25情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県高知県
題名入院患者の時計盗んだ看護師を懲戒免/高知医療センター
概要高知県・高知市病院企業団による高知県の基幹医療機関である高知医療センター(高知市池)は25日、窃盗容疑で逮捕された看護師の男(37)=処分保留で釈放=を同日付で懲戒免職としたと発表した。看護師は今年3月29~30日、入院していた男性患者の病室から腕時計1点(約100万円相当)を盗んだ疑いで高知県警・土佐署に6月28日逮捕された。

日付2013-07-22情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県福井県
題名介護タクシー利用者から100万円盗む/福井県警・福井南署
概要福井県警・福井南署は22日、介護タクシー利用者のキャッシュカードを使って現金を引き出したとして窃盗の疑いで元運転手の福井市岩倉町の無職の男(33)を逮捕した。男は「覚えていない」などと容疑を否認しているという。男は5月30日と6月6日、福井市内の病院で市内の60代男性名義のキャッシュカードを使ってATM(現金自動預払機)から現金を50万円ずつ計100万円を引き出して盗んだ疑い。男は市内の介護サポート会社で介護タクシーの運転手をしていた。その会社で週2~3回、介護タクシーを利用していた男性が「身に覚えのない引き落としがある」と同署に相談。同病院のATMで不正に引き出されていることがわかり監視カメラの映像などから特定した。同署は男が送迎中に何らかの方法で男性からカードを入手したとみている。暗証番号を知っていた経緯などを調べている。

日付2013-04-04情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県大阪府
題名筋弛緩剤紛失で病院麻酔部長を書類送検/大阪府警・曽根崎署
概要大阪市北区の北野病院が昨年7月、保管していた筋弛緩剤「エスラックス」5本(計250ミリグラム)を紛失した問題で保管庫を施錠していなかったとして大阪府警・曽根崎署が薬事法違反容疑で管理責任者の麻酔部長だった男性医師(54)と、法人としての同病院を書類送検していたことが4日わかった。エスラックスは薬事法で毒薬に指定され貯蔵時の施錠が義務づけられている。送検容疑は昨年7月4~7日、手術準備室にある保管庫で筋弛緩剤を保管する際に施錠しなかったとしている。医師は「頻繁に使うので施錠していなかった」と供述し無施錠が常態化していたとみられる。同病院によると保管庫には60本を常備。医師は昨年7月4日夜に60本あることを確認したが翌5日と6日は全体の本数を確認せず7日になって5本足りないことに気づいた。紛失した筋弛緩剤は成人16人分の致死量に相当するという。病院側は「誤廃棄の可能性が高い」と説明していた。

日付2013-02-05情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県長崎県
題名介護職員が患者の指輪盗む/余罪も追求/長崎県警・浦上署
概要長崎県警・浦上署は5日、勤務先の病院で入院患者の指輪を盗んだとして長崎市鳴見台1の介護福祉士の男(32)を窃盗容疑で逮捕した。男は「金に換えるために盗んだ」と容疑を認めているという。男は1月16~21日、長崎市内の病院で入院中の女性(91)から指輪1個(2万円相当)を盗んだ疑い。指輪はベッドの横の棚に置いてあったという。昨年5月頃から同病院の入院患者の現金や財布などが盗まれたという被害届が数件あり捜査していた。1月21日、近くの質屋から「盗品が持ち込まれた可能性がある」と通報があり男から事情を聴いたところ容疑を認めた。余罪についても追及している。

現在  2 ページ(全 13 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |前ページ | 次ページ

footer