Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー2 件(合計 2 件) 
日付2018-05-15情報ソース 
手口盗難建物用途金融機関
都道府県東京都
題名職員の記念金貨窃盗で再発防止策公表/監督者も処分/日銀
概要日本銀行は15日、同行発券局の職員1人が都内の本店に保管されていた記念金貨を盗んだ事件を受け発券局長ら管理・監督責任者の処分と再発防止策を公表した。被害は天皇陛下御在位60年記念の10万円金貨など計38枚、375万円分で、2017年11月27日から18年4月2日の間に盗まれたとみている。すでに逮捕されている職員は4月20日付で懲戒免職となっている。日銀では、職員による不祥事を未然に防止できなかったことに加え、発見までに長期間を要したことから、「記念貨に関する事務処理体制には不備があった」と判断し再発防止策を策定、公表した。記念貨の鑑査作業は2人1組で行うとともに全体の管理者も置きビデオによる撮影も行われているが、新たに鑑査・収容状況を近距離から監視する専担監視者を配置するほかビデオ録画の内容を定期的に検証する。また、これまで監事と検査役が行っていた貨幣収容袋の開封による金種と枚数の確認を担当部署でも定期的に行うなど事務処理体制の整備・強化を図る。記念貨の取り扱いの確認・監視に「体制の整備あるいは現場の管理が不十分であったと認められる」として発券局長、同局日本橋発券課長、同課企画役の3人を譴責とし申し出を受けて給与を10%、3ヶ月間返上。他の同課企画役1人を戒告とする処分を4月27日付で行った。発券局担当理事に対しては総裁が厳重注意するとともに報酬を10%、3ヶ月返上する申し出を受理した。会見した吉岡伸泰理事は、日銀の根幹である通貨にかかわる業務で不祥事が発生したことは「痛恨の極み」とし、「再発防止策を早急に実施し、信頼回復に努めたい」と語った。

日付2018-05-15情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県新潟県
題名殺害関与認める供述/小2女児遺棄容疑の男/新潟県警
概要新潟市西区の小学2年大桃珠生さん(7)が殺害された事件で、死体遺棄・損壊容疑で逮捕された会社員の男(23)が新潟県警・新潟西署捜査本部の調べに殺害への関与を認める供述をしていることが15日わかった。捜査本部は供述の裏付けを進めるとともに一連の経緯と動機の解明を急いでいる。男は7日午後10時19~30分頃、西区青山水道の線路内に大桃さんの遺体を放置し列車にひかせたとして逮捕された。容疑を認めているという。捜査関係者によると、同容疑者は殺害についても関与を認める供述をしている。大桃さんは同日午後3時過ぎに友人らと一緒に下校し友人と別れ1人で自宅に向かう途中で行方が分からなくなった。遺体の状況から大桃さんは連れ去られた後、間もなく殺害されたとみられている。司法解剖の結果、死因は窒息と判明した。男宅と大桃さん宅は約100メートルしか離れていないが2人に面識はなかったとみられる。男は取り調べに淡々と応じているが反省の言葉はないという。一方、勤務先の電気工事会社社長によると、男は7日、無断欠勤し連絡が取れない状態だった。8日以降も連絡は取れるようになったが会社は休んでいたという。

現在  1 ページ(全 1 ページ)   ページ移動  | 1 | 

footer