Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー2 件(合計 2 件) 
日付2017-07-18情報ソース 
手口その他建物用途金融機関
都道府県香川県
題名ソニー生命元社員が計1億円超を詐取/保険契約装う
概要ソニー生命保険は18日、高松支社(高松市)の40代男性の元社員が少なくとも顧客6人から計1億3,521万円を騙し取ったことがわかったと発表した。2009~14年に生命保険などを契約したように装い保険料などを騙し取ったという。今年4月に被害者からの連絡で発覚し社内調査を進めていた。 元社員は社内調査に対して顧客を騙していたことを認め今年5月、自主退職している。同社は香川県警にも連絡しているが同様の被害がほかにもある可能性があるとして公表した。ソニー生命は契約者に対して不審に思うことがあればコールセンターに連絡するよう呼びかけている。問い合わせの電話番号は0120‐158‐821。年末年始や5月の大型連休を除く午前9時から午後5時半まで受け付けているという。

日付2017-07-18情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県東京都
題名「コストコ」のスロープ崩落、担当者ら再び不起訴/東京地検
概要東京地検は18日までに、東日本大震災で東京・町田市のスーパー「コストコ」の駐車場スロープが崩れて8人が死傷した事故で再捜査の結果、当時の担当者らを再び不起訴処分とした。この事故は、2011年の東日本大震災で「コストコ多摩境店」の立体駐車場スロープが崩落し2人が死亡、6人が怪我をしたもので警視庁は建築士4人を書類送検した。東京地検はこのうち構造設計をした1級建築士(70)を業務上過失致死傷の罪で起訴していたが2審の東京高裁が逆転無罪とし他の担当者らの責任について言及していた。昨年10月にこの判決が確定し東京地検は別の担当者らの再捜査に乗り出していたが18日までに担当者らを嫌疑不十分で不起訴処分とした。事故の刑事責任を問うのは難しいと判断したものとみられる。

現在  1 ページ(全 1 ページ)   ページ移動  | 1 | 

footer