Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー3 件(合計 3 件) 
日付2019-04-24情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県大阪府
題名中学生5人を違法に雇用/警備会社を書類送検/大阪府警
概要大阪府警は24日、高速道路で男子中学生5人を警備員として働かせたとして京都府八幡市の警備会社「大伸警備」の取締役の男(40)=大阪府四條畷市=ら2人と法人としての同社を労働基準法(最低年齢)違反の疑いで書類送検した。男は「中学生と分かっていたが人を集めないといけなかった」と容疑を認めているという。容疑は昨年4~5月、京都と兵庫の両府県にある高速道路のパーキングエリアなどで中学3年の男子生徒5人(当時14~15歳)を交通誘導員として違法に働かせたとしている。うち1人は午後7時30分~翌日午前4時、高速道路上で工事車両を誘導していた。府警によると、同社は昨年4~6月、この5人を含む計11人の中学生を雇っていたという。

日付2019-04-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県東京都
題名11年前の殺人で逆転無罪/精神障害で「心神喪失」/東京高裁
概要東京高裁(芦沢政治裁判長)で24日、東京都東村山市の都営アパートで平成20年、隣室にいた手島公子さん(当時73)を刺殺したとして殺人罪に問われた無職の女性(61)の控訴審判決公判が開かれ、芦沢裁判長は「当時、心神喪失だった疑いがある」として懲役8年6月とした1審東京地裁立川支部の裁判員裁判判決を破棄し無罪を言い渡した。1審判決は、女性は30代の頃から覚醒剤による精神障害だったとしたが、事件当時は発覚を防ぐため靴の上からポリ袋を履くなどしていたことから一定の責任能力を認める「心神耗弱だった」と認定していた。芦沢裁判長は、女性には当時、殺人を命じられる執拗な幻聴があったとし、「妄想、幻聴以外に犯行の原因が全くない」と判断。ポリ袋を履いたことは「人目に付きやすく犯行に支障もある」とし不合理な行動だったとした。

日付2019-04-24情報ソース 
手口その他建物用途貴金属・装飾店
都道府県神奈川県
題名貴金属店に車突っ込む/別の車で逃走/川崎市多摩区
概要24日午前2時20分頃、川崎市多摩区西生田の貴金属店に乗用車が突っ込み店のシャッターやガラスが壊されているのが見つかった。当時、店内には誰もおらず怪我をした人はいなかった。店に突っ込んだ車は現場に残されたままで、2人から3人ほどの人物が別の車で逃走するのを複数の人が目撃していたという。現場は、小田急・小田原線の読売ランド前駅の近くで、神奈川県警・多摩署は貴金属店を計画的に狙った窃盗事件とみて具体的な被害の状況を調べるとともに監視カメラの映像を分析するなどして捜査している。

現在  1 ページ(全 1 ページ)   ページ移動  | 1 | 

footer