Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー1 件(合計 1 件) 
日付2017-07-22情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県愛知県
題名路上強盗、ひったくりが連続5軒/愛知県西三河地方
概要21日深夜から22日未明にかけて愛知県西三河地方の刈谷、大府、安城、岡崎の4市の路上で強盗致傷やひったくりなど未遂も含め5件が連続して発生した。被害総額は約5万5,000円で3人が軽い怪我をした。いずれも犯行や逃走に普通乗用車が使われ犯人は2人以上とみられる。同一犯の可能性もあるとみて県警は強盗致傷などの疑いで捜査している。21日午後11時55分頃、刈谷市野田町東屋敷の路上を歩いていた女性会社員(32)が肩にかけていたバッグを後ろから来た車の助手席側から奪われた。女性は転び左手に軽い怪我をした。この約5分後に約200メートル離れた路上で自転車に乗っていた女子大学生(21)が前かごのカバンを後ろから来た車に取られそうになったが未遂に終わった。22日午前1時19分頃、安城市三河安城町2で徒歩で信号待ちしていた男性会社員(47)が金属棒のような物で頭を後ろから殴られ約3万2,500円入りのショルダーバッグを奪われ軽い怪我をした。他に午前1時50分頃までの約2時間に大府、岡崎両市でもひったくりがあった。5件のうち4件で白っぽいセダンタイプの乗用車が目撃されている。一方、22日午前2時15分頃、岡崎市下佐々木町の矢作川の堤防道路で白色のセダンタイプの乗用車が燃えているのが見つかり全焼した。同市内で発生したひったくり事件で目撃された車と似ているという。県警が関連を調べている

現在  1 ページ(全 1 ページ)   ページ移動  | 1 | 

footer