Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

101 件ー120 件(合計 33366 件)前ページ | 次ページ
日付2018-03-13情報ソース 
手口盗難建物用途その他
都道府県福岡県
題名高級車「プリウス」を狙い盗んだ男逮捕/福岡県警
概要福岡県警捜査3課は13日までに、鍵穴に差し込まず始動できる「スマートキー」を搭載したトヨタ自動車の高級車「プリウス」を電子機器を使って盗んだとして窃盗容疑で同県直方市の自動車整備業の男(36)を逮捕した。男は「人気のあるプリウスを狙った」と容疑を認めているという。捜査3課によると、男は工具でドアをこじ開けスマートキーの合鍵を作る「キープログラマー」でエンジンを始動させていた。男は「警報器がある車は避けた」と供述しており同課は「車内に入らせないためのセキュリティーが重要」と指摘しているという。同課は男が直方市周辺でプリウスなど11台を盗んだとみて捜査。男は昨年7~9月にプリウス3台(約610万円相当)を盗んだとして窃盗罪で起訴された。 

日付2018-03-13情報ソース 
手口その他建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名ユッケ集団食中毒で焼き肉店運営会社に賠償命令/東京地裁
概要東京地裁(鈴木尚久裁判長)で13日、ユッケを食べた客5人が死亡したチェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件で富山県内の遺族ら9人が運営会社「フーズ・フォーラス」(東京、特別精算中)と元社長らに約2億3,000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決公判があり鈴木裁判長は同社に約1億9,000万円の支払いを命じた。元社長らへの請求は棄却した。事件は2011年4月に富山、福井両県などの店舗で発生。腸管出血性大腸菌が付着したユッケを食べた181人が下痢や嘔吐を訴え、うち5人が死亡した。訴訟で原告側は「食中毒の発生を予見できたのに怠った」と主張していた。

日付2018-03-13情報ソース 
手口強盗建物用途貴金属・装飾店
都道府県東京都
題名ブランド品買い取り店の強盗で無職の男逮捕/警視庁
概要警視庁・千住署は13日、東京・足立区千住の貴金属・ブランド品買い取り店で今月2日、包丁を持った男が押し入り現金約5万円が奪われた事件で住所不定の無職の男(56)を逮捕した。男は今月2日、足立区千住にある貴金属・ブランド品買い取り店で店内にいた女性店員(53)に包丁を突きつけ「金を出せ」と脅し金庫の中にあった現金4万6,000円を奪った疑い。女性に怪我はなかった。男は前日にも現場を訪れていたが店内に男性店員がいたため犯行を思いとどまったという。男は調べに「現場付近の人通りが少なく、なんとかなると思った」と容疑を認めているという。

日付2018-03-12情報ソース 
手口誘拐建物用途一般住宅
都道府県東京都
題名朝霞少女誘拐の被告に懲役9年/さいたま地裁
概要さいたま地裁(松原里美裁判長)は12日、埼玉県朝霞市で2014年に行方不明になった当時中学1年の少女が約2年後に保護された事件で未成年者誘拐と監禁致傷などの罪に問われた被告の男(25)=千葉大を休学扱い=に対し懲役9年(求刑・懲役15年)を言い渡した。判決によると、被告は14年3月10日、少女に声をかけて車に乗せ千葉市稲毛区の当時の自宅に誘拐。16年3月まで同区と東京都中野区の自宅に少女を監禁し重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD )を負わせるなどした。被告は16年9月の初公判で未成年者誘拐罪などは認める一方、監禁致傷罪については「数日~数週間は監視したが、それ以降は彼女を家に置いてアルバイトに出るなどしていた」と述べ逃げ出すことは可能だったと主張した。公判では、弁護側の請求により裁判所が被告の精神鑑定を実施。相手の感情を感じ取ったり自分の行動の不適切さを理解したりすることが苦手な発達障害「自閉スペクトラム症」の傾向にあったとの鑑定結果が出たことから責任能力の程度が主な争点となった。検察側は、「自閉スペクトラム症の傾向にあるが、自身の欲望に従って犯行に及んだ。インターネットで中学校を物色して少女を追尾するなど計画的かつ巧妙な犯行だ」として完全責任能力が認められると主張。一方、弁護側は被告が事件までに統合失調症を発病していたなどとし「責任能力は限定的だ」などと主張していた。被告は昨年8月29日の判決公判で不規則発言を続けるなどして判決言い渡しが延期されていた。

日付2018-03-12情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県宮崎県
題名大崎事件で服役の原口アヤ子さん(90)に再審/福岡高裁
概要福岡高等裁判所宮崎支部は12日午前11時、殺人などの罪で服役した原口アヤ子さん(90)が無実を訴え再審を求めている大崎事件で再審を認める決定を出した。 昨年の鹿児島地方裁判所の決定を支持した。大崎事件は、1979年10月、大崎町の牛小屋で当時42歳の男性が遺体で見つかったもので、警察は殺人・死体遺棄事件として義理の姉の原口アヤ子さんら親族4人を逮捕。原口さんは殺人の罪などで10年服役したが一貫して無実を訴え再審を求めている。原口さんの再審請求は3回目で共犯とされた親族らの「自白」の信用性などが争点となる中、弁護団は供述の不自然さを分析した心理鑑定書などを提出。鹿児島地裁はその証拠価値を認めて昨年6月、「殺害行為も、死体遺棄もなかった疑いを否定できない」として再審を認めた。これを不服とした鹿児島地方検察庁が即時抗告したため福岡高裁宮崎支部が審理したが12日、高裁は鹿児島地裁の決定を支持する判断を示し原口さんの再審を認めた。また、福岡高裁宮崎支部は原口アヤ子さんの共犯とされた元夫についても再審開始を認めた。大崎事件では、農業の男性(当時42の遺体が自宅横の牛小屋で見つかり、男性の義姉の原口アヤ子さんと当時の夫、義弟の3人が殺人と死体遺棄容疑で、原口さんのおいが死体遺棄容疑で逮捕された。原口さん以外は容疑を認め、懲役1~8年の判決を受けた。原口さんは一貫して否認したが81年に懲役10年の判決が確定、服役した。

日付2018-03-11情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県北海道
題名保安検査やり直し/「刃物持った客いる」で/新千歳空港
概要11日午後9時30分頃、北海道の新千歳空港の国内線搭乗待合室で、「刃物のような物を持っている乗客がいる」との情報が空港関係者から北海道警・千歳署を通じて国土交通省新千歳空港事務所にあった。このため午後9時35分時点で出発していなかった羽田空港行きの全日空やエア・ドゥの計4便の乗客計約780人をいったん保安検査場外まで出し検査をやり直した。待合室の捜索や乗客の再検査の結果、刃物は見つからず、4便は最大2時間55分遅れで出発した。

日付2018-03-10情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県愛知県
題名無人駅で血流し外国人風の男性死亡/愛知県知立市
概要10日午後11時過ぎ、愛知県知立市にある名鉄三河線の無人駅の三河知立駅のホームで30代から40代の外国人とみられる男性が血を流して倒れているのが見つかり男性は外国人風で、病院に運ばれたが約1時間後に死亡が確認された。男性の頭などに複数の切り傷や刺し傷があったことから愛知県警・安城署は殺人事件として捜査本部を設置した。事件が起きた時間帯に駅のホームから10人前後が散らばるように走り去るのが目撃されていたという。駅の監視カメラにも手に何かを持った複数の人物が走り去る様子が写っていたという。捜査本部は男性の身元の確認を急ぐとともに外国人どうしのトラブルの疑いもあるとみて捜査している。

日付2018-03-09情報ソース 
手口強盗建物用途店舗 その他
都道府県栃木県
題名宝石など白昼強盗事件の2被告に懲役11年求刑/宇都宮地裁
概要宇都宮地裁(佐藤基裁判長)で9日、昨年5月に栃木県宇都宮市塙田の5階建てビルの3階にある美容院兼住宅に男らが7人が押し入り中にいた家族を脅して怪我をさせ宝石が入った金庫や腕時計など500万円相当を奪った事件で強盗傷害罪などに問われている7人のうち、北九州市小倉南区の建設業の被告の男(23)と同市門司区の塗装業の被告の男(22)の裁判員裁判論告求刑公判が開かれ、検察側は両被告に懲役11年を求刑し結審した。判決は12日。 検察側は「犯行で重要な役割を果たした。金欲しさからの卑劣な犯行。酌量の余地はない」などと指摘した。弁護側は「具体的な計画を知ったのは直前だったことなどから従属的な立場だったのは明らか」と情状酌量を求めた。起訴状によると、2人は仲間と共謀して昨年5月23日午後2時50分頃、宇都宮市塙田の店舗兼住宅の住宅部分に押し入り70代夫婦をバールで脅し、さらに夫婦の長男を組み伏せて重傷を負わせ宝石類など14点が入った金庫(時価約100万円)や腕時計(同400万円)などを盗んだとしている。

日付2018-03-09情報ソース 
手口盗難建物用途店舗 その他
都道府県神奈川県
題名高級ベビー用品を万引きしリサイクル店で転売/神奈川県警
概要神奈川県警・茅ヶ崎署は9日、商業施設で高級なベビー用品を万引きしたとして窃盗の疑いで横浜市中区松影町の会社員の男(37)を逮捕した。男は容疑を認めているという。男は昨年12月22日午前11時20分頃から午後1時10分頃までの間に神奈川県茅ケ崎市茅ケ崎にある商業施設2ヶ所で高級ブランドのベビー用品「抱っこひも」計10点(販売価格計約25万円)を万引きした疑い。同署によると、商業施設の監視カメラの映像から男の関与が浮上したという。男は犯行後、横浜市内のリサイクルショップで盗品を転売していた。

日付2018-03-09情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県群馬県
題名「悪魔祓い」で女児死亡させた女に懲役9年/前橋地裁
概要前橋地裁(鈴木秀行裁判長)で9日、群馬県前橋市のアパートで2011年に当時1歳4ヶ月の女児に暴行を加え死なせたとして傷害致死罪に問われた無職の被告の女(65)に対する裁判員裁判の判決公判があり鈴木裁判長は懲役9年(求刑懲役12年)を言い渡した。検察側は論告で、女児の母親は被告に特別な能力があると信じていたと指摘。被告は母親の不安をあおり、以前から女児の顔をたたくなどの「悪魔祓い」を繰り返していたと主張した。弁護側は、被告は現場におらず暴行する動機もないと反論。母親による虐待死の可能性を訴えた。起訴状などによると、被告は11年5月、前橋市内の自宅アパートで城田麻雛弥ちゃんを両脇から抱えて頭上に振り上げ床に投げ付けて死なせたとされる。

日付2018-03-09情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県埼玉県
題名熊谷6人殺害のペルー人被告に死刑判決/さいたま地裁
概要さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で9日、埼玉県熊谷市で2015年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判の判決公判が開かれ佐々木裁判長は被告の完全責任能力を認め検察側の求刑通り死刑を言い渡した。公判では被告の責任能力の有無や程度が争点となった。検察側は論告で、被告に被害妄想や追跡妄想があったとしつつ「物事の認知は正しくでき、社会的ルールに合わせた行動を取る能力があった」と指摘。事件後に遺体を隠すなど「自己の行為が犯罪だと理解し、対処する行動を取っている」などとして完全責任能力があると主張した。弁護側は、妄想により「追跡者から逃れるために家に入ったと考える方が自然」と強盗目的を否定し殺人と窃盗の罪にとどまると反論。その上で、被告の犯行だったとしても事件当時は統合失調症の影響下にあり「善悪の区別がついていなかった可能性がある」とし心神喪失を理由に無罪を主張した。被告の最終意見陳述は、証言台の前でうつむいたまま1分以上沈黙して終わった。事件では、さいたま地検が精神鑑定のための鑑定留置を行い、16年5月に責任能力があるとして起訴。一方、弁護側の請求による地裁の精神鑑定では統合失調症と診断された。地裁の鑑定を担当した医師は公判で「被害妄想や精神的不穏が影響を与えた蓋然性が高い」と証言した。起訴状によると、ナカダ被告は15年9月14~16日、金品を奪う目的で3軒の住宅に侵入し田崎稔さん(55)と妻美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)加藤美和子さん(41)と長女美咲さん(10)、次女春花さん(7)の6人(年齢はいずれも当時)を包丁で刺して殺害したなどとされる。

日付2018-03-08情報ソース 
手口盗難建物用途スーパー
都道府県福岡県
題名15歳少年が不正入手カードで350万円盗む/福岡県警・折尾署
概要福岡県警・折尾署は8日、窃盗(払出し盗)容疑で福岡県内に住む無職の少年(15)を逮捕した。少年は共謀し不正に入手した他人のキャッシュカードを悪用して昨年12月、6ヶ所のコンビニに設置してあるATMから現金合計350万円を引き出して盗んだ疑い。

日付2018-03-07情報ソース 
手口盗難建物用途その他
都道府県大阪府
題名ホンダのバイク「PCX」盗んだ容疑で男女5人逮捕/大阪府警
概要大阪府警捜査3課は7日、スクータータイプのホンダの人気バイク「PCX」を盗んだとして窃盗容疑で同府東大阪市加納の会社経営の男(31)ら男女5人を逮捕した。5人は共謀し1月24日夜、同市中石切町にあるインターネットカフェの駐車場で排気量125ccのPCX1台(時価15万円相当)を盗んだ疑い。捜査3課によると、東大阪市など府内東部では昨年1年間で少なくともPCX250台が盗難被害に遭っており同課が関連を調べる。5人はバイクの車台番号を変えてインターネット上で転売を繰り返していたとみられる。

日付2018-03-07情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途マンション
都道府県東京都
題名劇団員の女性殺害の39歳被告に無期判決/東京地裁
概要東京地裁(任介辰哉裁判長)は7日、東京都中野区のマンションで2015年8月、劇団員の加賀谷理沙さん(当時25)が殺害された事件で殺人などの罪に問われた被告の男(39)に対し求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。被告は15年8月25日午前1時頃、わいせつな行為をしようと考えて加賀谷さんの部屋に侵入。加賀谷さんの口を塞いで床に押し倒すなどの暴行を加え扇風機のコードで首を絞めて殺害したとして起訴されていた。検察側は、論告で「面識のない若い女性の家に侵入した通り魔的犯行で、極めて悪質」と指摘。弁護側は、被告には精神障害の影響で幻聴があり事件時も「倒せ」との声を聞いて殺害に及んだとし、わいせつ目的はなかったと主張していた。

日付2018-03-07情報ソース 
手口盗難建物用途店舗 その他
都道府県神奈川県
題名スマホ窃盗で男逮捕/自宅から64台押収/神奈川県警
概要神奈川県警と平塚署は7日、神奈川県平塚市の家電量販店で展示されていたスマートフォン2台を盗んだ容疑で横浜市の無職の男(28)を逮捕した。男は先月、平塚市にある家電量販店で店頭に飾ってあるiPhoneなどスマートフォン2台、計12万6,900円相当を盗んだ疑い。客として来店し店員の目を盗んで展示してあるスマートフォンを盗む手口で犯行を繰り返していたとみられ男の自宅からはスマートフォン64台が押収された。男は「転売目的だった。以前はSNSで売っていた」などと話し容疑を認めているという。

日付2018-03-06情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県奈良県
題名生後6ヶ月の長男を踏みつけ死亡させた母親の初公判/奈良地裁
概要奈良地裁(西川篤志裁判長)で6日、生後6ヶ月だった長男を踏みつけて死亡させたとして傷害致死罪に問われた母親のアルバイト従業員の被告(23)=奈良県川西町=に対する裁判員裁判の初公判が開かれ、罪状認否を問われた被告は「気付いたら踏んでいたということしか覚えていない」と述べた。検察側は冒頭陳述で、被告は育児などによるストレスから「長男の泣き声にいらだちを募らせ、犯行に及んだ」と指摘。弁護側は暴行が故意でなかったとしたうえで犯行当時は心神喪失か心神耗弱の状態にあったとし、「完全な刑事責任能力はなかった」などと無罪を主張した。起訴状によると、被告は昨年3月28日、自宅で長男の胸や腹部を複数回踏みつけるなどの暴行を加え内臓損傷による出血性ショックで死亡させたとしている。奈良県警は当初、被告を殺人容疑で逮捕したが、奈良地検は「殺意の認定は困難」として傷害致死罪で起訴した。

日付2018-03-06情報ソース 
手口その他建物用途一般住宅
都道府県兵庫県
題名認知症女性から6,800万詐取の男を逮捕/兵庫県警
概要兵庫県警や神戸西署などは6日、認知症の高齢女性から現金6,800万円を騙し取ったとして同県加古川市の運送業の男(57)を準詐欺容疑で逮捕した。県警によると、男はリフォーム工事などを通じて女性と知り合い身の回りの世話をして信用させ財産を「贈与」させて詐取したという。被害総額は約1億円に上る可能性があるとみて調べている。男は2013年5月、認知症で判断能力が低くなっていた神戸市西区の無職の女性(86)を騙し当時経営していた建築会社の口座に現金6,800万円を振り込ませて騙し取ったとしている。男は女性と「贈与契約」を取り交わした上で2人で金融機関の窓口を訪れ振り込み手続きをしたという。女性は12年ごろから認知症の症状が出始めていたらしい。県警は成年後見人制度に基づく女性の補佐人から15年2月に告発を受け捜査していた。

日付2018-03-05情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県和歌山県
題名介護職員が入所者に熱湯/寝なくて腹が立って/和歌山県警・橋本署
概要和歌山県警・橋本署は5日、勤務する介護老人保健施設で入所者の女性(96)に熱湯をかけて大火傷を負わせたとして介護職員の男(24=和歌山県高野町=を傷害容疑で逮捕した。男は容疑を認め「女性が夜中にずっと大声で叫び、寝ないことに腹が立った」と話しているという。男は1月9日午前1時20分頃、同県橋本市の介護老人保健施設でベッドで横になっていた女性の口元にコップに入れた熱湯をかけ唇や顎、胸などに約50日間の重傷を負わせた疑い。女性は認知症という。9日朝、別の施設職員が女性の火傷を発見。施設が当日勤務していた職員らに対して聞き取り調査を行ったが原因が分からなかったため1月29日に同署に被害を届け出ていた。

日付2018-03-05情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県大阪府
題名強盗殺人で45歳無職の息子を逮捕/大阪府警・豊能署
概要大阪府警・豊能署は5日、今月1日に大阪府豊能町の自宅で78歳の女性が背中などを刺されて死亡した事件で同居していた女性の無職の次男(45)を強盗殺人の疑いで逮捕した。次男は先月28日の夜から翌日の朝にかけて豊能町の自宅で母親の美代子さん(78)の背中などを刃物で刺して殺害しクレジットカードを奪った疑い。男は美代子さんの次男で同居していたが次男の部屋から血がついた衣服が見つかり事件当日から行方がわからなくなっていた。調べに次男は「仕事をしていないことで小言をたびたび言われ、腹が立った」などと話し容疑を一部否認しているという。

日付2018-03-05情報ソース 
手口強盗建物用途路上
都道府県東京都
題名路上強盗/女性に刃物突きつけ財布奪う/警視庁・滝野川署
概要警視庁・滝野川署は5日、路上で女性を羽交い締めにして財布などを奪ったとして強盗容疑で住所不定、無職の被告の男(48)=別の強盗傷害罪で起訴=を逮捕した。男は「全く身に覚えがない」と容疑を否認しているという。男は昨年12月14日午前1時50分頃、東京都北区滝野川の路上で徒歩で帰宅中の女性(30)を後ろから羽交い締めにして刃物を突きつけ「財布を出せ」などと脅して現金約1万円が入った財布やスマートフォンなどを奪った疑い。同署が周辺の監視カメラの映像などから犯行を特定した。男は今年1月26日、豊島区内のコンビニでおにぎりを万引きし逃走を図って経営者の40代男性をナイフで切りつけたなどとして警視庁・目白署が傷害の現行犯で逮捕。その後、強盗傷害罪で起訴されていた。

現在  6 ページ(全 1669 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |前ページ | 次ページ

footer