Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

81 件ー100 件(合計 32852 件)前ページ | 次ページ
日付2017-09-21情報ソース 
手口盗難建物用途事務所
都道府県福岡県
題名大麻盗んだ福岡南署の警部補を懲戒免職/福岡県警
概要福岡県警は21日、同県警・福岡南署の警部補(42)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分理由は、今年7月29日、福岡南署1階にある証拠品倉庫から同署長管理下にある大麻約4.407グラムを盗んだ容疑と同日、JR竹下駅で大麻4.407グラムを所持していた容疑。この警部補は、すでに大麻取締法違反および窃盗容疑で逮捕、起訴されている。この事件では、当時福岡南署警部で現在は福岡東署警視(55)が本部長注意。このほか警視正、警視、警部の3人が処分となっている。

日付2017-09-21情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途書店
都道府県富山県
題名書店に怪我の男性/事件性の有無捜査/富山県警
概要21日午前7時30分頃、富山県射水市橋下条の書店「文苑堂書店小杉店」で従業員の30代男性が倒れているのを出勤した別の従業員が見つけ119番通報した。男性はけ怪我をしており、店の金庫が開いていたことから富山県警・射水署が事件性の有無を捜査している。男性は近くの病院に搬送された。一時は意識不明の重体とされたが現在は意識があり軽傷という。

日付2017-09-20情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県東京都
題名経理担当部長が横領4,100万円、逮捕/富士フイルム子会社
概要警視庁・麻布署は20日、富士フイルムの子会社「富士フイルムビジネスサプライ」の経理担当部長だった男が業務上横領の疑いで逮捕した。経理グループ長だった男(54)は2011年、会社の金420万円を横領した疑いが持たれていて調べに容疑を認めているという。10年間の着服総額は4,100万円にのぼるとみられ飲食代や遊興費に使っていたという。男は経理部門の責任者で自ら帳簿を書き換えていたため発覚が遅れたという。

日付2017-09-19情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県千葉県
題名女性が遺体で見つかった事件で宿泊所施設長の女逮捕/千葉県警
概要千葉県警は19日、千葉県市川市の無料低額宿泊所「さくらグリーンハウス市川」で8月、入居者の川久保儀子さん(当時84)が遺体で見つかった事件で宿泊所の施設長の女(55)を傷害致死などの疑いで逮捕した。県警は、女が日常的に入居者に暴行していたとみて調べる。逮捕容疑は施設内で8月4日、川久保さんを殴ったり蹴ったりするなどして同27日にも同様の暴行をして死亡させたとしている。女は容疑を否認しているという。県警によると、女は施設の運営法人の職員。昨年7月から住み込みで調理や施設の管理などをしていた。川久保さんの死因は司法解剖で特定できなかったが顔などに打撲痕があり県警は暴行を受け死亡した可能性が高いと判断した。女は別の入居者に川久保さんへの暴行を口外しないよう脅迫した疑いで逮捕されていた。施設はNPO法人「さくら福祉推進協会」(東京都中央区)が運営。高齢者や生活困窮者向けで事件当時、川久保さんを含む女性17人が入居していた。

日付2017-09-19情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県埼玉県
題名「豊田議員事務所が火事」虚偽通報か/大騒ぎに/埼玉県新座市
概要19日午後3時15分頃、埼玉県新座市にある豊田真由子衆院議員(42)の地元事務所が火事になっていると119番通報があった。所轄の埼玉県警・新座署のパトカー全4台などが出動したが火災の痕跡はなく、同署は虚偽通報の可能性が高いとみて軽犯罪法違反などの疑いも視野に捜査を進めている。同署によると、男性からの「火が出ている」との通報をうけパトカー4台のほか消防車や救急車など約10台が現場に駆けつけた。署員が事務所の職員に確認したところ「なぜ来られたのですか?」と不思議顔をされたという。同署は「注目が高い人だっただけに全パトカーを出した」と説明し、「もし虚偽なら、かなり悪質」と話した。豊田氏は6月、男性秘書への「このハゲーッ!」などの暴言と暴行が一部週刊誌で報じられ、その後自民党を離党。18日に新座市内で記者会見し、「今日をもって復帰したい」と議員活動の再開を宣言したばかりだった。

日付2017-09-19情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途マンション
都道府県東京都
題名碑文谷88歳女性切断遺体で初公判/29歳男が一部否認/東京地裁
概要東京都目黒区の碑文谷公園で高齢女性の切断遺体が見つかった事件で強盗殺人などの罪に問われた被告の男(29)の裁判員裁判の初公判が19日、東京地裁(石井俊和裁判長)で開かれた。男は「現金は奪っていません」と述べ起訴内容の一部を否認した。 検察側は冒頭陳述で、男が面識のない女性宅に深夜に侵入し強盗目的で殺害したと指摘。事件の3ヶ月前に仕事を辞め貯金を切り崩して生活しており事件直後に37万円を自身の口座に入金していたと主張した。 弁護側は「寝ていた女性を起こしてキャッシュカードの暗証番号を聞き出そうとしたが、大声を出されそうになり殺害した。部屋を物色しておらず現金は奪っていない」と訴えた。 起訴状によると、男は2016年6月、世田谷区の阿部祝子さん(当時88)の自宅マンションに侵入して首を絞めて殺害し現金約35万円を強奪。浴室で遺体を切断して公園の池に遺棄したとされる。

日付2017-09-19情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県神奈川県
題名自衛官養成学校の部費横領、陸自隊員2人を懲戒免職/陸自
概要陸上自衛隊武山駐屯地(神奈川県横須賀市)は19日、同駐屯地高等工科学校の生徒から集めた運動部の部費を横領したとして高等工科学校の男の自衛官2人を懲戒免職処分にしたと発表した。処分されたのは2等陸曹(33)と3等陸曹(28)。2等陸曹は2016年3月~12月、アーチェリー部の会計係をしていた際、約20回にわたって計約170万円を横領した。3等陸曹は今年1月、バレーボール部の会計係だった際に部費約28万円を横領した。調べに2等陸曹は「借金返済に充てるためと遊ぶ金が欲しかった」と話しているという。3等陸曹は整合性が合わなくなっていた出納簿の数字を合わせるため部の用品購入に関する架空の領収書と請求書を作りその分の部費を自宅に持ち帰ったという。高等工科学校は自衛官を養成する学校で、2人は生徒の教育を担当する隊員。いずれも全額を弁済したという。

日付2017-09-19情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県滋賀県
題名薬物依存症支援施設で同居男性を包丁で切る/滋賀県警・東近江署
概要滋賀県警・東近江署は19日、滋賀県東近江市沖野の薬物依存症回復施設「東近江ダルク」で共同生活していた男性(41)の首を包丁で切りつけたとして殺人未遂の疑いで同施設に入居している無職の男(27)を現行犯逮捕した。男性の命に別条はないという。同署によると、男は男性が寝ているところを切りつけたといい、「男性の生活態度が気にくわなかった」などと供述していて容疑を認めているという。男は19日午前2時15分頃、男と男性の居室で、男性の首を包丁で切りつけ殺害しようとした疑い。

日付2017-09-18情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県熊本県
題名アパートで女性殺害される/夫が犯人か/熊本市東区
概要18日午前9時30分頃、熊本市東区下江津のアパートの一室でこの部屋に住む女性(48)が殺害されているのが見つかった。夫(48)の同僚がアパートを訪れ遺体を発見し、「女性が倒れて動かない」などと110番通報したことで事件が発覚した。女性の夫がこの日、会社に出勤していなかったため同僚がアパートを訪れ遺体を発見したという。通報を受け熊本県警捜査1課や救急隊らが現場に駆けつけたところ首に絞めたような痕がある女性が倒れていた。女性は病院に救急搬送され搬送先の病院で治療を受けたが間もなく死亡が確認された。警察官らが通報で現場に駆けつけた際、夫は部屋いなかったという。その後、夫が何らかの事情を知っているとみて捜索したところ熊本市西区で車に乗っているところを県警が発見した。県警は女性の首には絞められた痕があったことなどから殺人事件と断定し捜査している。現時点では女性の死因などについての詳しい情報はわかっていない。

日付2017-09-18情報ソース 
手口強盗建物用途路上
都道府県大阪府
題名路上強盗/少年ら財布奪われ怪我/大阪・ミナミ
概要18日午前4時15分頃、大阪市中央区東心斎橋の繁華街の路上で建設作業員の少年(19)と友人の無職の男性(20)の2人に20代くらいの男数人が「うるさいんじゃ」と因縁を付け顔面を殴る蹴るなどの暴行を加えた。男らは2人から計約10万円を奪い逃走した。2人のうち少年は前歯の一部が欠けたがいずれも軽傷。大阪府警・南署が強盗致傷事件として捜査している。当時、酒に酔って路上に座り込んだ少年を男性が介抱していた。大きな声を出すなどしたところ、突然男らが殴りかかってきたという。男らが逃走した直後に少年が110番通報し事件が発覚した。

日付2017-09-16情報ソース 
手口強盗建物用途その他
都道府県京都府
題名強殺未遂で手配の男逮捕、駅で発見、拳銃所持/大阪府警
概要大阪府警は16日、大市浪速区と中央区で男女が相次いで襲われた事件で公開手配していた無職の男(77)=西区北堀江=を南海電鉄難波駅で発見し拳銃1丁を所持していたため銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。捜査1課は入手経路を調べるとともに手配した強盗殺人未遂容疑などで追及する。同課によると、16日午前9時30分頃、同駅構内で出勤途中の男性巡査長(35)が男を見つけ声を掛けた。男は別人を名乗り立ち去ったが近くの路上で再び職務質問を受けたところ拳銃を取り出したため、その場で現行犯逮捕された。拳銃には実弾6発が装填されていた。男は「自分のものではなく拾った。自殺しようと持っていた」と銃刀法違反容疑を否認しているという。男は14日未明、浪速区の路上で男性(59)を刺して財布などを強奪。さらに中央区の男性宅に侵入し同居女性(52)を脅して金を奪おうとしたとされる。同課は15日に男性への強盗殺人未遂容疑で手配していた。 

日付2017-09-16情報ソース 
手口強盗建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名牛丼店に強盗、カミソリ男を未遂で逮捕/警視庁・野方署
概要16日午前4時30分頃、東京都中野区鷺宮の牛丼店「松屋都立家政店」に男が客を装って入店し男性店員(33)に安全カミソリを突きつけて「売上金をわたせ」と脅した。店員が警備会社に通報したところ男は何も取らずに徒歩で逃走した。付近の路上にいた男に警視庁・野方署員が職務質問したところ、安全カミソリを所持していたため強盗未遂の現行犯で逮捕した。男は同区野方の無職の男(29)=いずれも自称=で「間違いない」と容疑を認めているという。店員に怪我はなかった。事件の約25分前には同店舗から約800メートルの路上でタクシーの運転手がカミソリを持った男に現金5,000円を奪われる強盗事件が発生しており同署で関連を調べている。

日付2017-09-16情報ソース 
手口強盗建物用途一般住宅
都道府県東京都
題名強盗未遂で銀座4千万円窃盗被告を再逮捕/警視庁
概要警視庁捜査1課は16日、東京都練馬区の住宅に強盗に入ろうとしたとして東京・府中市是政1の無職の男(20)=強盗罪で起訴=を強盗未遂などの容疑で再逮捕し仲間の男2人を同容疑で逮捕した。男は東京・銀座の路上で自営業の男性から現金約4,000万円を奪った強盗罪で起訴されている。他に逮捕されたのは府中市栄町3の職業不詳の男(21)と立川市砂川町5の職業不詳の男(23)の2人。逮捕容疑は4月21日午前1時頃、練馬区内の女性(82)方に侵入し刃物を突きつけて現金を要求したとしている。女性が自宅の外に逃げて110番通報したため無事だった。

日付2017-09-16情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途事務所
都道府県神奈川県
題名元検事の女性弁護士逮捕/カッターで同僚切る/神奈川県警
概要神奈川県警・相模原署は16日、カッターナイフで同僚の男性弁護士に切り付けたとして傷害の疑いで弁護士の女を現行犯逮捕した。女は同日午前3時15分頃、相模原市中央区相模原の事務所内で同僚の男性弁護士(33)の左腕に軽傷を負わせた疑い。同署によると、女は黙秘している。酒に酔った状態で事務所に来て書類を破るなどしたため揉み合いになった男性弁護士が同署に連絡した。事務所ホームページによると、女は東京地検や横浜地検川崎支部で検事を務めた。

日付2017-09-16情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県京都府
題名包丁手にした男に警官が威嚇発砲/書店経営の男
概要16日午前3時20分頃、京都市右京区梅津後藤町で住民から「誰かが玄関ドアを蹴っている」と110番通報があった。京都府警・右京署員4人が駆けつけたところ、路上に包丁を手にした男がおり向かってくるそぶりを見せたため男性巡査部長(35)が上空に向かって拳銃を1発威嚇発砲。男が包丁を捨てたところを銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。怪我人はなかった。発表では、近くの書店経営の男(66)。男は酒に酔っていた。調べに「人を脅すつもりで包丁を持っていた」と容疑を認めているという。拳銃使用について同署の塚田副署長は「適正だったと考えている」としている。

日付2017-09-15情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県千葉県
題名「人の認識ない」でひき逃げの村職員に無罪判決/千葉地裁
概要千葉地裁(楡井英夫裁判長)は15日、千葉県長生村で2014年1月、千葉市消防局職員の男性(当時29)が車にひかれて死亡したひき逃げ事件で道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた同村職員の男性(40)の判決公判で楡井裁判長は「人をひいたという認識はなかった」などとして無罪(求刑・懲役2年)を言い渡した。同公判で弁護側は「人をれき過したと認識することは未必的にも不可能」などと無罪を主張していた。同公判では職員が人をひいたとの認識があったかが争点。検察側は事故現場の路面状況や被害者をれき過した状況、衝撃、車両の破損状況のほか警察官らによる実況見分、裁判所による検証などから「人身事故でないと信じるような特段の事情はない。路上に横たわっていた被害者に衝突する時点で人かもしれないと認識できたはず」と指摘していたが、楡井裁判長は「深夜人通りのない村道で車道と歩道は明確に区分され、車道に人が侵入する可能性は低い。現場に人が横たわっていると想定することは困難」とし、「職員は車に相当強い衝撃を感じていたと推認できるが、ごみや木材、動物と認識し、人をひいたと認識していなかったと考えられる」と退けた。事故直後、信号待ちで職員が車を降りて車体の損傷状況を確認したことについては「ごみなどをひいたと思っていた職員が念のため確認しようとしたと考えられる」とし、「衝突の認識まで否認する職員の弁解は信用できないと言えるが、未必的なものであっても、故意とは認められない」と述べた。判決後、楡井裁判長は「今回は刑事責任を問えないが、別件では過失により死亡させた罪が確定している。相手の方々には誠意ある対応をしてください」と説諭した。閉廷後、弁護側は「判決を厳粛に受け止めたい」と話した。千葉地検の互敦史次席検事は「判決内容を精査し、適切に対処したい」とコメントした。職員は14年1月15日午前1時10分頃、同村宮成の村道で乗用車を運転。路上で横たわっていた男性を車底に巻き込むなどして肺損傷などを負わせる事故を起こしたが車を停止させて救護措置などを取らず、警察にも報告しなかったなどとして道交法違反の罪に問われていた。同事件で職員は昨年10月、自動車運転過失致死罪で同地裁から罰金50万円の有罪判決を受け刑が確定している。

日付2017-09-15情報ソース 
手口盗難建物用途事務所
都道府県東京都
題名事務官が収入印紙4億7千万円相当を横領、懲戒免職/法務局
概要東京法務局は15日、東京法務局の元事務官が約10年間にわたり約4億7,000万円分の収入印紙を盗んでいたことがわかったと発表した。元事務官は昨年12月、約29万円相当の印紙を盗んだとして懲戒免職となった。その後の内部調査で不正を繰り返していたことが判明したという。告発を受けた警視庁が業務上横領容疑などで捜査している。東京法務局によると、懲戒免職となったのは民事行政部で法人登記を担当していた63歳の男の元事務官。平成18年1月5日~28年12月9日、計2,778件の登記申請書に貼ることになっていた収入印紙(約4億7,293万円相当)を盗んでいた。過去の登記申請書から処理済みの印紙をはがし新しい登記申請書に貼る手口で不正を繰り返していたという。男は法務局の内部調査に「持病の治療のために金が必要だった」と話したという。東京法務局は「極めて悪質」として今年3月に警視庁・麹町署に刑事告発していた。

日付2017-09-14情報ソース 
手口盗難建物用途その他
都道府県大分県
題名窃盗容疑で男を逮捕/被害女性は遺体で発見/大分県警
概要大分県警は14日、今年7月に女性から現金などを盗んだ疑いで大分市の飲食店の従業員の男(26)を窃盗の疑いで逮捕した。男は今年7月、大分市内のビルで会社員の三宮万葉さん(31)から現金や手提げバッグなど約5万9,000円相当を盗んだ疑いがもたれている。三宮さんは同じ日の夜、現場近くの路上で遺体で発見されていて所持品はなかった。窃盗の犯行時間は午前8時6分から30分までの間とされていて三宮さんは同じ時間帯にビルから転落して亡くなったと推定されている。男は窃盗の容疑を否認しているという。捜査関係者によると、2人は顔見知りだったということで県警は三宮さんが死亡したこととの関連についても調べることにしている。

日付2017-09-14情報ソース 
手口偽造建物用途その他
都道府県愛知県
題名偽の旧1万円札100枚密輸図った男逮捕/愛知県警
概要愛知県警は14日、聖徳太子が描かれた旧1万円札の偽札を密輸しようとしたとして同県一宮市三条郷東藤の自称・解体業の男(66)を関税法違反(輸入禁制品の輸入未遂)容疑で逮捕したと発表した。男は7月14日朝、ジャケットの内ポケットに旧1万円札の偽物100枚を入れフィリピン・マニラから中部空港に持ち込もうとした疑い。男はベトナムの空港を出発しマニラで乗り継ぎ中部空港に着いた。税関職員が入国時の検査で札を見つけ押収して鑑定した結果、偽札と判明した。偽札は精巧な作りだったという。男は「ある日本人に頼まれベトナムから運んだ。手数料をもらう予定だった」と容疑を認めているという。県警は運び屋をしていたとみて偽札の入手経路や指示役などを調べる。聖徳太子の肖像が入った旧1万円札は1958~86年に発行され現在でも日本銀行や各金融機関で現行紙幣と交換できる。現行紙幣のように偽造防止のホログラム(見る角度によって浮かぶ図柄)が施されたり紫外線で発光する特殊インキが使われたりしていない。このため偽造が容易とされ各地で偽の旧1万円札の密輸、悪用事件が相次いでいる。

日付2017-09-14情報ソース 
手口強盗建物用途スーパー
都道府県福島県
題名コンビニ強盗/店員や客らが65歳男逮捕/福島県警・福島署
概要14日午前0時30分過ぎ、福島県福島市三河南町1のJR福島駅の近くにあるコンビニ「ファミリーマート福島駅西店」 男が押し入りカウンターにいた男性店員にナイフのような刃物を突きつけて現金を要求し奪おうとした。男は店員や客に取り押さえられ強盗未遂の疑いで福島県警・福島署員に逮捕された。逮捕されたのは住所不定、無職の男(65)。当時、店内には2人の店員のほかに1人の男性客がいて、客が刃物を取り上げるなどして3人で男を取り押さえ、まもなく駆けつけた福島署員に引き渡した。怪我をした人はいなかった。男は「金がなかった」などと供述し容疑を認めているという。

現在  5 ページ(全 1643 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |前ページ | 次ページ

footer