Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

41 件ー60 件(合計 34107 件)前ページ | 次ページ
日付2019-02-05情報ソース 
手口盗難建物用途その他
都道府県広島県
題名盗まれた証拠品の現金約8,500万円は広島県警が補填へ
概要広島県警・広島中央署で2017年5月9日、会計課の金庫に保管していた詐欺事件の証拠品の現金約8,572万円が盗まれていた事件では内部の犯行とみて捜査しているが、発覚から1年半以上たったいまも未解決のまま。盗まれた現金は、詐欺事件の証拠品として押収されたもので、現在、行われている刑事裁判で詐欺の被害金と認められれば被害者に返還されることになる。しかし、盗まれた現金がいまだに見つかっていないことから広島県警は警察内部で現金を集めて補填する方針を固めた。幹部はポストに応じて金額を設定するなど具体的な方法を検討しているという。広島県警は税金による穴埋めは理解が得られないと判断したものとみられる。5日開かれた県議会の委員会で、広島県警察本部の宮尾豪範総務部長は「警察施設内で発生したことなどを重く受け止め、さまざまな可能性を見据え、その対応のための準備を進めている」と述べた。

日付2019-02-05情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県兵庫県
題名葬儀会社に66万円支払い命令/乳児遺体頭部にレジ袋/神戸地裁
概要神戸地裁(山口浩司裁判官)は5日、兵庫県丹波市で2017年10月、突然死した男児(当時5ヶ月)が司法解剖後に両親に引き渡された際、頭部にコンビニ店のレジ袋がかぶせられていたとして両親が遺体を処置した葬儀会社「平安」(神戸市中央区)に慰謝料などを求めた訴訟で葬儀会社に66万円の支払いを命じた。訴状などによると、17年10月4日未明、男性会社員(41)の次男正弥ちゃんが自宅で死亡。司法解剖後の翌5日に両親が兵庫県警・丹波署で遺体を引き取り自宅で頭部に巻かれていた包帯を取ると、頭部を覆うようにレジ袋がかぶせられていた。署は事件性はなく突然死の疑いと判断した。裁判で原告側は「礼を欠いた遺体の扱いで精神的苦痛を受けた」と主張。被告側は「体液漏れを防ぐため、やむを得ずレジ袋を使った」と請求棄却を求めていた。

日付2019-02-04情報ソース 
手口その他建物用途スーパー
都道府県神奈川県
題名女性のカードで引き出し/猛ダッシュで逃走も逮捕/神奈川県警
概要神奈川県警・多摩署は4日、神奈川・川崎市内の小田急線登戸駅前にあるコンビニのATM(現金自動預払機)で現金20万円を不正に現金を引き出した窃盗の疑いで22歳の無職の男を逮捕した。男は4日、川崎市多摩区の高齢女性のキャッシュカードを使ってコンビニのATMで現金20万円を引き出した疑い。男が女性の名前のカードで現金を引き出していたため警察官が職務質問したところ、「おばさんの」と答えた直後に走って逃げたが取り押さえられた。男は容疑を認めたうえで余罪もほのめかしているという。

日付2019-02-04情報ソース 
手口その他建物用途一般住宅
都道府県神奈川県
題名長男を装った嘘の電話で6千万円詐取される/神奈川県藤沢市
概要神奈川県藤沢市に住む70代の女性が4日、自宅に長男を装った男から「駅で会社の書類が入ったカバンをなくした。契約のための金が必要だ」などと嘘の電話があり、自宅に保管していたいわゆるタンス預金の6,000万円を騙し取られた。神奈川県警・藤沢署が詐欺事件として捜査している。男は電話で、「午後に契約があり、金が必要だ。上司が資金を用意してくれているが、自分でも用意しないといけない」などと現金を要求されたという。話を信じた女性は、自宅にあったいわゆるタンス預金から3回にわたって計6,000万円を持ち出し、受け取りに現れた男に渡してしまったという。女性はその後、実際の長男と電話で話して騙されたと気づいたという。

日付2019-02-04情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県大阪府
題名詐欺で東洋紡元部長逮捕/架空発注で数千万円着服か/大阪府警
概要大阪府警・天満署は4日、架空発注を繰り返し、東洋紡(大阪市)から1500万円余りをだまし取ったとして詐欺容疑で同社元医療機器事業部長の会社員の男(59)=東京都板橋区高島平=を逮捕した。男は容疑を認めているという。同署はさらに数千万円を着服した疑いがあるとみて詳しく調べる。男は2012~13年、取引先に医療機器の試作品を発注したと装い東洋紡に代金計約1,560万円を振り込ませ詐取した疑い。同署などによると、架空発注は男が決裁し協力させた取引先に代金を戻させて私的な飲食費やパソコン購入に使っていたという。取引先には05~13年に総額約9,000万円が支払われており同署は大半が着服されたとみている。

日付2019-02-04情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県埼玉県
題名遺族から82万円騙し取った元巡査に猶予判決/さいたま地裁
概要さいたま地裁(結城剛行裁判官で4日、死因の調査に費用がかかると偽り病死した男性の遺族から現金を騙し取ったなどとして詐欺と詐欺未遂の罪に問われた埼玉県警・草加署刑事課の元巡査の男(22)の判決公判が開かれ、結城裁判官は懲役2年6ヶ月、執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。結城裁判官は判決理由で、「警察官としての立場を悪用しており、犯行は悪質。被害金額も多額だ」と指弾。一方で被害者と示談が成立していることなどから執行猶予が相当とした。被告の元巡査は昨年9月27日、病死した父の届け出を行った女性に費用がかかると嘘をついて草加署内で現金82万円を詐取した。同10月18日にはさらに「200万円足りません」などと嘘をついて現金を騙し取ろうとした疑い。

日付2019-02-04情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途事務所
都道府県滋賀県
題名警官射殺事件で元巡査に懲役25年求刑/大津地裁
概要滋賀県彦根市の交番で昨年4月、県警の井本光警部(当時41、2階級特進)が射殺された事件で殺人と銃刀法違反の罪に問われた部下の元巡査(20)=懲戒免職=の裁判員裁判の論告求刑公判が4日、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)で開かれ検察側は懲役25年を求刑した。判決は8日の予定。元巡査側は起訴内容を認めた上で、心神耗弱を主張。公判では「まともに考える力がない、ふわふわした状態で拳銃の引き金を引いた」と訴えていた。元巡査は昨年4月11日午後7時45分頃、彦根市の河瀬駅前交番で井本警部の後頭部と背中に拳銃を発射して殺害。逃走する際、拳銃や実弾を所持したとされる。

日付2019-02-04情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県東京都
題名部長が2,900万円着服で解雇/全日空グループの「全日空商事」
概要全日空グループの「全日空商事」(東京都港区)は4日、同社の40歳代の男の部長が交際費など計約2,900万円を着服していたと発表した。同日付で部長を懲戒解雇とした。発表によると、部長は2012年3月から18年12月にかけて領収書を偽造したり私的な飲食費を請求したりして不正請求を約400回繰り返した。昨年末の社内監査で発覚し同社は警視庁・愛宕署に被害を相談したという。

日付2019-02-04情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県千葉県
題名小4女児死亡の母親も傷害容疑で逮捕/千葉県警
概要千葉県警は4日、千葉県野田市で小学4年生の女の子が自宅で死亡し父親が傷害の疑いで逮捕された事件で当時、自宅にいた母親も暴行に関与したとして傷害の疑いで逮捕した。県警は両親への取り調べを進め暴行の状況や心愛さんの死因などをさらに詳しく調べる方針。先月24日、千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さん(10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかった事件では父親(41)が暴行を加えたとして傷害の疑いで逮捕された。これまでの調べで、心愛さんは事件当日の午前10時頃から夜にかけて冷水のシャワーをかけられたり首付近をわしづかみにされたりする暴行を受けたとみられている。当時、自宅には母親の容疑者(31)と1歳の妹も一緒にいたということで、その後の捜査の結果、県警は、母親の容疑者も暴行に関与した疑いがあるとして4日午前、傷害の疑いで逮捕した。県警は、両親への取り調べを進め暴行の状況や心愛さんの死因などをさらに詳しく調べることにしている。

日付2019-02-04情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途一般住宅
都道府県千葉県
題名死亡した小4女児の母親も傷害共犯で逮捕へ/千葉県野田市
概要千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で千葉県警が傷害容疑で逮捕した父(41)と共謀し心愛さんに暴行したなどとして同容疑で母(31)の逮捕状を取ったことが4日わかった。4日朝から事情を聴いていて、このあと逮捕する方針。母は夫(心愛さんの父)と共謀し1月24日に心愛さんに冷水シャワーを掛けるなどした疑いが持たれている。県警は、母が夫(心愛さんの父)からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていた可能性があるとの情報を把握しており関与の度合いを慎重に調べる方針。

日付2019-02-01情報ソース 
手口盗難建物用途一般住宅
都道府県兵庫県
題名高級住宅街狙って空き巣/インターホン鳴らし留守確認/兵庫県警
概要兵庫県警捜査3課などは1日、高級住宅街を狙って空き巣をしたとして韓国籍の男2人を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕したと発表した。逮捕は1月31日。空き巣はインターホンを押して住人の不在を確認してから侵入したとみられ捜査員らは「インターホン男」と呼んで行方を追っていた。逮捕されたのは住所不定、自称自営業の男A(68)と無職の男B(51)。2人は1月18日午後0時20分~4時30分頃、ほかの人物とも共謀のうえ芦屋市の戸建て住宅に侵入し室内にあった腕時計やダイヤの指輪、ネックレスなど計15点(1,140万円相当)を盗んだ疑い。捜査3課によると、2人は現場周辺までタクシーで移動。男Aが見張りをしている間に男Bが住人の留守を確かめ侵入したとみられるという。インターホンや監視カメラの映像などから2人が関与した疑いが浮上した。今年に入り芦屋市と西宮市、神戸市東灘区、同市灘区の高級住宅などでも手口の似た空き巣被害が相次いでいるといい県警が関連の有無を調べている。

日付2019-02-01情報ソース 
手口強盗建物用途スーパー
都道府県福島県
題名コンビニ強盗/現場から15キロ離れたコンビニで似た男発見/福島県猪苗代町
概要1日午前1時50分頃、福島県猪苗代町壷楊のコンビニ「セブンイレブン会津志田浜店」で男が刃物のようなものを出してレジのカウンター越しに「金を出せ」と男性店員(22)を脅し現金4万800円を奪って逃走した。当時、店には客はおらず2人いた店員に怪我はなかった。現場は郡山市と会津若松市を結ぶ国道49号線沿いの店で通報を受けた福島県警は付近に緊急配備をしいた。そして事件発生の約40分後の午前2時30分頃、同じ国道49号線沿いにあり現場から約15キロ離れたコンビニの駐車場に止まっていた車に逃げた男と体格や服装が似ている男が座っているのを見つけ現在、事情を聴いているという。男は40代で現場の状況などから男が事件に関与した疑いがあるとみて調べている。

日付2019-02-01情報ソース 
手口強盗建物用途一般住宅
都道府県東京都
題名「アポ電」強盗被害は400万円/前日に現金確認の電話/東京・渋谷区
概要1日午前9時前、東京・渋谷区笹塚の住宅に男3人が押し入り80代の夫と70代の妻を縛って奪って逃げたのは、その後の警視庁・渋谷署の調べで現金400万円だったことがわかった。前日に息子を装った男から家にお金が置いてあるかどうかを尋ねる「アポ電」といわれる振り込め詐欺の手口で使われる不審な電話があり家に現金があるかどうかを聞かれたという。男らは1日午前、警察官を名乗ってインターホンを押したということで、その後、応対した夫婦を結束バンドで縛って現金の保管場所を聞き出したという。 渋谷区では先月11日に同じようにアポ電と呼ばれる不審な電話があったあと、住宅に男3人が押し入って現金2,000万円などが奪われる事件が起きている。こうした電話は振り込め詐欺で使われるもので同書は男らの特徴などから同じグループによる犯行の可能性もあるとして捜査している。

日付2019-02-01情報ソース 
手口強盗建物用途一般住宅
都道府県東京都
題名民家に強盗/高齢夫妻縛り数百万円奪う/東京・渋谷区
概要1日午前9時前、東京・渋谷区の住宅に警察官を装う男が押し入り高齢の夫婦を縛って現金数百万円を奪って逃走した。前日に“アポ電”といわれる振り込め詐欺の手口で使われる不審な電話があり家に現金があるかどうかを聞かれたという。警視庁・渋谷署が詳しい状況を調べている。 渋谷区内では先月にも住宅で高齢の夫婦が縛られて現金約2,000万円などが奪われる事件があり同署が関連を調べている。

日付2019-01-31情報ソース 
手口強盗建物用途パチンコ店
都道府県東京都
題名パチンコ店で強盗/元店員がSNSで共犯者を勧誘/警視庁
概要警視庁捜査1課は31日、パチンコ店の売上金約1,200万円を奪うなどしたとして埼玉県八潮市八潮1の職業不詳の男(35)ら男4人を強盗致傷などの疑いで逮捕したと発表した。全員容疑を認め35歳のの男は「SNSを通じて面識のない人を誘って強盗をさせた」と述べているという。捜査1課によると、逮捕容疑は昨年11月4日、東京都大田区西蒲田8のパチンコ店「キコーナ蒲田店」が入るビルの外階段で男性店員(48)らを押し倒すなどの暴行を加えて現金約1,200万円入りのバッグを奪い男性の足首などに4週間のけがを負わせたというもの。35歳の男は以前この店でアルバイトをしており、SNSで強盗を呼びかけ他の3人が応じたという。4人はこの日に初めて会ったという。見張り役だったもう1人も特定しているというが入院中という。

日付2019-01-31情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県茨城県
題名女子大生の遺体遺棄で35歳の男を逮捕/警視庁
概要警視庁は31日午前、東京葛飾区に住む女子大学生(19)=失踪当時(18)=が去年11月から行方不明になっている事件で女子大学生と最後に会っていた茨城県神栖市の無職の男(35)を遺体を遺棄した疑いで逮捕した。

日付2019-01-31情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県茨城県
題名不明の女子大生か茨城県内で遺体発見/聴取の男が供述
概要昨年11月から行方不明となっていた東京都葛飾区に住む女子大学生(19)=失踪当時(18)=について警視庁捜査1課が31日、任意で事情を聴いていた30代の男の供述に基づき茨城県神栖市内の畑付近で遺体を発見したことがわかった。捜査1課が女子大生とみて身元の確認を急いでいる。女子大生は昨年11月20日、午前中に通っていた都内の大学の授業に出席した後、東京都足立区の〄R綾瀬駅から電車で1人で茨城方面へ向かいJR鹿島神宮駅(茨城県鹿嶋市)で下車。その後、神栖市内の男の自宅周辺で目撃されたのを最後に足取りがわからなくなった。午後11時頃には会員制交流サイト(SNS)を通じた家族や知人とのやりとりも途絶えていた。同月22日に女子大生の家族が警視庁に相談。捜査1課が男の自宅を捜索し車を押収するなどして慎重に捜査していた。

日付2019-01-30情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県滋賀県
題名上司射殺の当時19歳元巡査が起訴内容認める/大津地裁
概要大津地方裁判所で30日、昨年4月、滋賀県彦根市河瀬駅前の交番で当時19歳の元巡査が教育係の上司を拳銃で撃って殺害した事件の裁判員裁判が始まり、弁護側は起訴された内容を認めたうえで、正常な判断ができる精神状態ではなかったと主張した。 当時19歳の元巡査は昨年4月11日、勤務していた彦根市の交番で教育係だった上司の井本光巡査部長(41)を拳銃で撃って殺害したとして殺人と銃刀法違反の罪に問われている。黒っぽいスーツ姿で法廷に現れた元巡査は目線を下に落としたままほとんど身動きせず、裁判長から認否を問われると、「その通りです。間違いありません」と述べ起訴された内容を認めた。このあと冒頭陳述が行われ、検察は「元巡査は仕事で叱責されたことでため込んでいた怒りや不満が爆発し、拳銃で殺害することを決意した。逃走する際に交番に鍵をかけて発覚を遅らせる行動を取るなど違法性を認識していた」と主張した。これに対し弁護側は、「書類の書き方について何度も叱責され、睡眠不足とストレスで頭が働かない状態になっていた。事件の日に親のことをけなされ上司が死ねば楽になれると考えた」などと述べ元巡査は犯行当時、正常な判断ができる精神状態ではなかったと主張した。10代の警察官が上司を拳銃で殺害した前代未聞の事件の初公判を傍聴しようと大津地方裁判所には裁判が始まる1時間以上前から多くの人たちが集まった。裁判所によると、一般の傍聴席44席に対して272人が傍聴を希望し抽せんの倍率は6倍を超えたという。

日付2019-01-30情報ソース 
手口強盗建物用途店舗 その他
都道府県秋田県
題名コインランドリー強盗で有罪判決、保護観察付き/秋田地裁
概要秋田地方裁判所(杉山正明裁判長)は30日、昨年7月、秋田県由利本荘市のコインランドリーで客の女性の口などをふさいで金品を奪おうとし女性に怪我をさせたとして強盗傷害の罪に問われている由利本荘市矢島町城内の無職の被告の男(50)の裁判員裁判で執行猶予のついた有罪判決を言い渡した。これまでの裁判員裁判で検察は懲役6年を求刑し、弁護側は執行猶予のついた判決を求めていた。30日の判決で杉山裁判長は、「コインランドリーに1人でいた女性に金品を奪うため暴行したことは卑劣で悪質な犯行で、生活に困っていたという動機も身勝手だ」と指摘した。一方で、「被告は反省の態度を示している」などとして懲役3年、保護観察がついた執行猶予5年の判決を言い渡した。

日付2019-01-29情報ソース 
手口盗難建物用途一般住宅
都道府県奈良県
題名解体工事で発見した約3,900万円盗んだ男3人逮捕/奈良県警
概要奈良県警・天理署は29日、民家の解体工事中に発見した現金約3,900万円を盗んだとして窃盗の疑いで大和郡山市西田中町の解体業の男(30)、橿原市東坊城町の会社員の男(58)、天理市櫟本町の会社員の男(24)の3人を逮捕した。同署は3人の認否を明らかにしていない。3人は昨年8月10日午後4時頃、兵庫県三田市の男性(69)が所有する田原本町の民家を解体工事中、現金約3,900万円を見つけ盗んだ疑い。同署によると、この家に住んでいた男性の兄が28年1月に死亡したため男性が解体を依頼。解体工事の際、現場にいた別の作業員が昨年10月、県警に「解体中に現金を発見して盗んだ」と申告していた。

現在  3 ページ(全 1706 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |前ページ | 次ページ

footer