Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー20 件(合計 34310 件) 次ページ
日付2019-04-26情報ソース 
手口強盗建物用途路上
都道府県東京都
題名3人組があおり運転と因縁つけ暴行・強盗/東京・足立区
概要26日午前8時頃、東京・足立区梅田の路上で軽貨物車を運転していた20代の男性が前を走っていた車に乗る3人組の男に暴行され、車内に置いてあった現金5,000円入りの財布やスマートフォンを奪われた。男らは、「お前、あおり運転をしたな」などと因縁をつけて男性を車から降ろしていた。3人は水色の自動車に乗って現場から逃走しているということで、警視庁は強盗事件として3人組の行方を追っている。

日付2019-04-26情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県鹿児島県
題名女子中学生が襲われた事件で男の身柄確保/鹿児島県出水市
概要26日午前7時25分頃、鹿児島県出水市高尾野町の路上で女子中学生が男に襲われ頭に怪我をした事件で、男の身柄が熊本県内で確保されたという。出水市教育委員会によると、女子中学生は登校中だったという。女子中学生は病院に運ばれ手当てを受けている。詳しい怪我の程度はわかっていないが意識があり命に別条はないという。鹿児島県警・出水署は目撃者の話などから1人で登校中に襲撃されたとみて捜査していたが現場から車で逃走したとみられる20代の男を熊本県内の山で確保した。男は生徒に怪我をさせたことなどを認める趣旨の話をしているという。同署は取り調べを進め、容疑が固まりしだい傷害などの疑いで逮捕する方針。

日付2019-04-26情報ソース 
手口盗難建物用途病院
都道府県東京都
題名病院に侵入し財布盗んだ53歳無職の逮捕/警視庁
概要警視庁・野方署は26日、今年2月に東京都内の病院に夜間出入り口から侵入しナースステーションの休憩室に置いてあった女性職員のバッグから計約3万円の現金が入った財布2つを盗んだ疑いで無職の男(53)を逮捕した。犯行当時、休憩室に職員はおらず監視カメラにはわずか6分の間に男が病院を出入りする様子が映っていたという。男は、「生活のため金が欲しかった」と容疑を認めていて、過去にも北海道や都内で病院荒らしをしていたことから同署が余罪を調べている。

日付2019-04-26情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県埼玉県
題名無免許運転の女性巡査を書類送検へ/埼玉県警
概要埼玉県警は、川越署の20代の女性巡査が無免許で警察車両を運転していたとされる問題で道交法違反(無免許)の疑いで女性を26日にも書類送検する方針を固めた。県警によると、女性は自動二輪車運転免許しか持っておらず、パトカーなどの運転に必要な自動車運転免許を取得していなかったことが判明。県警は女性らから事情聴取し調査していた。県警では毎年4月と10月の2回、自動車運転免許証の所持について自己申告に基づき確認するが女性は昨年10月、中型自動車運転免許を取得していると虚偽申告していた。

日付2019-04-26情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途路上
都道府県鹿児島県
題名女子中学生が路上で殴られ救急搬送/鹿児島県出水市
概要26日午前7時25分頃、鹿児島県出水市高尾野町の路上で「女子中学生が殴られて出血しているようだ」と同市消防本部から鹿児島県警・出水署に通報があった。県警や市教委によると、登校中だった市立中学校の女子生徒が市内の病院に救急搬送された。意識はあり、「知らない男の人に頭を殴られた」などと話しているという。県警が傷害事件とみて調べている。現場は出水市の中心部から南西に5キロほど離れた田畑に囲まれた住宅街。

日付2019-04-25情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県栃木県
題名声荒らげ「妻の居所を教えろ」とスタンガンで脅す/栃木県警・真岡署
概要栃木県警・真岡署は25日、同県真岡市若旅の無職の男(75)を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。男は同日午前10時35分頃、真岡市役所の市民課窓口で応対した男性職員にスタンガンを示してスイッチを入れて「やってやる」などと脅迫し職務を妨害した疑い。職員に怪我はなかった。男は「スイッチは入れたが脅してはいない」などと容疑を否認しているという。市によると、男は午前9時30分頃から窓口で、「妻の居所を教えろ」などと声を荒らげスタンガンもちらつかせたため市側が真岡署に通報。駆けつけた署員が取り押さえた。

日付2019-04-25情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県東京都
題名検察の準抗告を棄却 ゴーン前会長近く保釈/東京地裁
概要東京地裁は25日、会社法違反(特別背任)で追起訴された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の保釈を認める地裁の決定を不服とした検察側の準抗告を棄却した。ゴーン前会長は25日夜中にも東京拘置所から保釈される見通し。

日付2019-04-25情報ソース 
手口盗難建物用途店舗 その他
都道府県東京都
題名アポ電強盗殺人の前に店舗荒しで3人再逮捕/警視庁
概要警視庁捜査1課は25日、東京・江東区で2月28日に起きたアポ電強盗致死事件で同日未明に長野県のブランドショップで財布などを盗んだとして窃盗と建造物侵入の疑いで、いずれも住所不定、無職の男(27)、同(22)、同(22)の3容疑者を再逮捕した。3人は強盗致死と住居侵入の罪で起訴されていた。再逮捕容疑は2月28日午前2時30分頃、長野県佐久市の店舗にガラス窓を破って侵入しブランド品の財布など35点(販売価格計約230万円相当)を窃取した疑い。3人はいずれも「知らない」などと容疑を否認しているという。

日付2019-04-24情報ソース 
手口その他建物用途その他
都道府県大阪府
題名中学生5人を違法に雇用/警備会社を書類送検/大阪府警
概要大阪府警は24日、高速道路で男子中学生5人を警備員として働かせたとして京都府八幡市の警備会社「大伸警備」の取締役の男(40)=大阪府四條畷市=ら2人と法人としての同社を労働基準法(最低年齢)違反の疑いで書類送検した。男は「中学生と分かっていたが人を集めないといけなかった」と容疑を認めているという。容疑は昨年4~5月、京都と兵庫の両府県にある高速道路のパーキングエリアなどで中学3年の男子生徒5人(当時14~15歳)を交通誘導員として違法に働かせたとしている。うち1人は午後7時30分~翌日午前4時、高速道路上で工事車両を誘導していた。府警によると、同社は昨年4~6月、この5人を含む計11人の中学生を雇っていたという。

日付2019-04-24情報ソース 
手口殺人・傷害建物用途その他
都道府県東京都
題名11年前の殺人で逆転無罪/精神障害で「心神喪失」/東京高裁
概要東京高裁(芦沢政治裁判長)で24日、東京都東村山市の都営アパートで平成20年、隣室にいた手島公子さん(当時73)を刺殺したとして殺人罪に問われた無職の女性(61)の控訴審判決公判が開かれ、芦沢裁判長は「当時、心神喪失だった疑いがある」として懲役8年6月とした1審東京地裁立川支部の裁判員裁判判決を破棄し無罪を言い渡した。1審判決は、女性は30代の頃から覚醒剤による精神障害だったとしたが、事件当時は発覚を防ぐため靴の上からポリ袋を履くなどしていたことから一定の責任能力を認める「心神耗弱だった」と認定していた。芦沢裁判長は、女性には当時、殺人を命じられる執拗な幻聴があったとし、「妄想、幻聴以外に犯行の原因が全くない」と判断。ポリ袋を履いたことは「人目に付きやすく犯行に支障もある」とし不合理な行動だったとした。

日付2019-04-24情報ソース 
手口その他建物用途貴金属・装飾店
都道府県神奈川県
題名貴金属店に車突っ込む/別の車で逃走/川崎市多摩区
概要24日午前2時20分頃、川崎市多摩区西生田の貴金属店に乗用車が突っ込み店のシャッターやガラスが壊されているのが見つかった。当時、店内には誰もおらず怪我をした人はいなかった。店に突っ込んだ車は現場に残されたままで、2人から3人ほどの人物が別の車で逃走するのを複数の人が目撃していたという。現場は、小田急・小田原線の読売ランド前駅の近くで、神奈川県警・多摩署は貴金属店を計画的に狙った窃盗事件とみて具体的な被害の状況を調べるとともに監視カメラの映像を分析するなどして捜査している。

日付2019-04-23情報ソース 
手口盗難建物用途学校
都道府県兵庫県
題名部下の財布から現金盗む/給食のチーフ調理員逮捕/兵庫県警
概要兵庫県警・西宮署は23日、部下の財布から現金1万円を盗んだとして窃盗の疑いで同県西宮市立用海小学校のチーフ調理員の女(46)=同市神原=を逮捕した。容疑を認めているという。女は22日午前11時頃、同市用海町の同校更衣室で嘱託調理員の女性(31)のロッカーにあった財布から現金1万円を盗んだ疑い。同署によると、女性は以前から数万円の現金を盗まれる被害に遭っているといい同署が関連を調べている。同市教委によると、女は平成11年6月に市の正規職員として採用され24年4月から同校のチーフ調理員を務めている。

日付2019-04-23情報ソース 
手口強盗建物用途一般住宅
都道府県静岡県
題名アポ強盗で20歳と19歳逮捕/100万円被害/静岡県警
概要静岡県警・御殿場署は23日、静岡県小山町の女性(74)が3月、「アポ電」(アポイントメント電話)を受けた後、自宅で100万円を奪われた事件で自称神奈川県厚木市の造園会社従業員の男(20)と知人の少年(19)を強盗致傷容疑などで逮捕したと発表した。2人は共謀して3月16日午前4時50分頃、女性宅に侵入して現金100万円を奪い、その際、寝ていた女性を布団で押さえつけるなどして怪我をさせたとしている。前日の15日、女性宅の固定電話に息子を名乗る男から「100万円が必要」と電話があり女性は金庫に100万円を用意していた。同署は2人の認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、少年は容疑を認める一方、20歳の男は否認しているという。同署によると、3月19日に少年が「(事件に)自分が関連している」と出頭。女性の怪我の有無が不明だったため強盗容疑で逮捕した。少年の供述などから20歳のが浮上し4月23日朝に逮捕した。同署は電話をかけるなど他にも関与した人物がいないか捜査する。

日付2019-04-22情報ソース 
手口強盗建物用途スーパー
都道府県千葉県
題名コンビニ強盗/包丁見せて脅し約18万円奪う/千葉県松戸市
概要22日午前2時前、千葉県松戸市松戸新田のコンビニ「ファミリーマート松戸新田駅前店」で客を装った男がアルバイトの男性店員(37)に包丁のようなものを見せて「金を出せ」などと脅し、店員にレジを開けさせてレジに入っていた現金約18万円を奪って逃走した。当時、店内に客はおらず店員に怪我はなかった。男は身長約175センチの中肉で、青いトレーナーと黒いズボンを着ていて、白いマスクをつけて紺色っぽいキャップ帽を目深にかぶっていたという。千葉県警・松戸署が強盗事件として捜査している。

日付2019-04-21情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県兵庫県
題名男女2人死亡、6人重軽傷/神戸・三宮で市バス暴走
概要21日午後2時頃、神戸市中央区布引町4のJR三ノ宮駅前のフラワーロードで「市バスが歩行者をはねた事故が起きたが、兵庫県警・葺合署などによると、20歳くらいの男性が約20分後に死亡。心肺停止の状態だった20代の女性もその後死亡が確認された。このほか少なくとも6人が重軽傷を負った。兵庫県警は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで運転手の男(64)=神戸市長田区=を現行犯逮捕した。「バスが急発進して、人をはねてしまった」と供述しているという。

日付2019-04-21情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県兵庫県
題名路線バスが歩行者はね1人死亡、1人心肺停止/神戸市中央区
概要21日午後2時過ぎ、神戸市中央区布引町4のJR三ノ宮駅北側で「市営バスが歩行者をはねた」という119番通報があった。消防や警察によると、路線バスは路上で複数の歩行者をはね、1人が死亡、1人が心肺停止の状態だという。怪我人も複数いるという。兵庫県警はバスの運転手の男(64)を業務上過失傷害の疑いでその場で逮捕し詳しい状況を調べている。現場は神戸市中心部の繁華街に近く事故当時もたくさんの人通りがあったという。

日付2019-04-21情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県栃木県
題名17歳少年が手錠のまま逃走/約5時間後に自首/栃木県警
概要21日未明、栃木県足利市でオートバイで信号無視をしたとして栃木県警・足利署に逮捕された17歳の少年が両手に手錠をかけられたまま現場から逃走したが、約5時間後、手錠をしたまま足利署に出頭し身柄を確保された。20日夜、足利市内で数台のオートバイが暴走行為を繰り返していたため3台のパトロールカーが追尾するなどして停止を求めた。このうち1台が転倒したため21日午前0時過ぎ、同署は乗っていた17歳の少年を信号無視をした疑いでその場で逮捕し両手に手錠をかけてパトロールカーに乗せようとした。しかし、知人の男ら約20人が詰め寄ってきたため少年はその隙を見て両手に手錠をかけたまま逃走した。この際、詰め寄ってきた男1人が公務執行妨害の疑いで逮捕された。同署は逃走した少年の行方を捜査していたが約5時間後の21日午前5時30分、手錠をしたまま知人に付き添われて同署に出頭し身柄を確保されました。栃木県警察本部交通指導課の齋藤仁次長は、「捜査は適正に行われたと考えているが、被疑者が逃走したことで心配をおかけした。今後、事件の全容を解明していきたい」とコメントした。

日付2019-04-20情報ソース 
手口わいせつ建物用途薬局
都道府県大阪府
題名薬店で痴漢抑止バッジ販売、9割効果実感/コクミン
概要全国でドラッグストアを展開するコクミン(大阪市)が4月から関東、関西、福岡の40店舗で「私たちは泣き寝入りしません」と書かれた痴漢抑止を目的とした缶バッジ(540円)の販売を開始した。これまでは一般社団法人「痴漢抑止活動センター」(大阪市)が南海電鉄や大阪メトロ、コンビニの協力を得て大阪府内を中心に駅構内で販売していた。使用者の9割が効果を実感したことが販売化を後押し。企業が社会貢献として性犯罪の防止活動に参加するのは珍しく、同センターの松永弥生代表理事は「売り上げに結び付く商品ではないが、企業を巻き込んで社会の空気を変えていきたい」と話している。

日付2019-04-20情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県大阪府
題名容疑者が逃走した富田林署の改修工事完了/大阪府警
概要大阪府警・富田林署から無職の男(31)=加重逃走などの罪で起訴=が逃走した事件で、壊された同署接見室のアクリル板などの改修工事が終わり事件以降停止していた留置場での容疑者らの収容が再開されたことが20日わかった。起訴状によると、被告の男は昨年8月12日午後7時30分から同9時45分頃までの間、署2階の接見室の隔離用アクリル板を壊し逃走した。隔離用板は金属製の枠にアクリル板をはめ込み隙間を樹脂で埋めただけだったため押し破られたとみられる。改修工事では接合部を金具で固定し強化した。

日付2019-04-19情報ソース 
手口その他建物用途事務所
都道府県岐阜県
題名顔写真に「呪」の文字/50代警部補を処分/岐阜県警
概要今年2月、岐阜県警察本部の人事異動に合わせて報道各社に配られた異動対象者のうち1人の白いワイシャツの部分に「死ね」や「呪」という文字が書き込まれていた。県警は、パソコンで画像を加工したとして50代の警部補を19日付で戒告の懲戒処分にした。警部補は「恨みがあった」などと話し依願退職した。県警は職員による悪質ないたずらとみて調べていたが、警察署に勤める50代の男性警部補が平成26年、県警本部に勤務していた時に職場のパソコンで画像を加工していたことがわかったという。このため県警は19日付けで戒告の懲戒処分にした。調査に対し警部補は「恨みがあった。組織にも本人にも迷惑をかけてしまった」と話し依願退職したという。県警によると、いたずらをされた幹部がパワハラをしていた事実はなく、警部補が逆恨みをしていたとみている。

現在  1 ページ(全 1716 ページ)   ページ移動  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次ページ

footer